「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3548 5月27日(土):学長に訊け!Vol.208(通巻398)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「少し前に「2つのジシン」というブログを書かれていました。『自分自身に自信がない人が多い』と。私もその状態です。『自信を持とう!』と思っても、会社に行くとそう思えなくなります。それを繰り返しているとしか思えず、嫌になります」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「自分に自信がない状態」を「自己肯定感が低い」といいます。

日本人は以下のトリプルパンチで、当然のように自己肯定感が低くなります。

1つは、幼少期から大人になってまで徹底的にダメ出しされることです。
b0113993_11370798.jpg


先生にも親にも「あれをやってはいけない、これをやってはいけない」といわれ、それに反すると怒られたはずです。

会社に入っても同じです。

経営者や上司には「何やってんだ」、「もっと頑張れ」、「俺の時代は違った」みたいなことをいわれ、徹底的に自信を失っていきます。

2つは、こういった「ダメ出し」とか「罵声」が美学のように扱われていることです。

私がもっとも腹立たしいのがこの部分です。

よく「鬼のような上司に何度もダメ出しをもらったり、『お前なんか辞めてしまえ!』といわれましたが、あの厳しい指導に耐えたおかげで今があります」とか言う人がいます。

こんなのは「上司も自分も無能です」と言っているようなものです。

こういう価値観を温存が存在すると、部下スタッフは自信を失ったまま耐えるしかなくなります。

結果、どんどん自己肯定感は低下していきます。

3つは個人が反発しないことです。

これも子どもの頃から「先生の言うことを聞け」、「親の言うことを聞け」、「年配者の言うことを聞け」と洗脳されるからです。

が、私からすれば、先生であろうが、親であろうが、年配者であろうが「バカはバカ」です。

で、この個人は会社では従順な割に、街を歩いていて肩をぶつけられたりするとムッとしたりします。

「怒るところが違うだろ!」と、突っ込みたくなります。

世の中には「自信をつける方法」みたいなものがたくさんありますが、私はその前に「基本的な方向性」が必要だと思います。

「基本的な方向性」とは「関係を断ち切る」か、「怒りを良いエネルギーに変えると決意するか」です。

私の場合は後者で「この納得できない状態からどうにかして脱したい」と考えてきました。

そういう「強い思い」があって、初めて行動が規定されます。

結果、つき合いたくない人たちとの関係性も断ち切れています。

多くの人がどちらでもない中途半端な状態で自己喪失しています。

まずは「どっちで行くか」を決めること。

「自信」を取り戻す第一歩はそこからだと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-05-27 18:46
No.3547 5月26日(金):政府の愚策がまた始まった
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ」で、今回のテーマは「60分de選書」でございます。

さらに今日はFBL大学の「フォローアップセミナー&語りBAR」でした。

実に楽しい時間を過ごしてまいりました。
※すみません、Hさん、ご帰宅後です。あと、Tさんはクレームで急遽キャンセル。ご愁傷さまです・・。
b0113993_00052391.jpg

b0113993_00053288.png
さて、政府が「キッズウィーク」の導入を発表しました。

これについて「クラブ運営に取り入れるべきか」的な質問を受けることがありますが、「何一つ、取り入れる必要なし。以上、終わり」です。

「キッズウィーク」など「政府の愚策がまた始まった」ということでしかありません。

その他では、既に「愚策確定」の「プレミアムフライデー」があります。

こちらは3月31日という年度末最終日が「プレミアムフライデー」だったことで完全に終焉したと思われます。

もちろん、こういうニュースは知っておくべきことではあります。

世の中の対応も見ておくべきです。

が、それ以上、やることはありません。

「キッズウィーク」などうまくいくはずがありません。
※うまくいったかのような嘘の報道をするでしょうが。

記事をコピペすると、これは「例えば、夏休みの8月のうち最後の週の平日の5日分の休みを短縮。その休みを別の月に移動して、親などの大人も一緒に休暇を取れるよう、政府が企業などに強く求め、前後の土日と合わせて家族などでそろって最大9連休が取れるようにする」というものです。

どのように思考すれば、このようなトンチンカンな結論になるのかと思います。

そもそも、お父さん達は「有給休暇」はもちろんのこと、「連休」すら、まともに取れないのです。

残業ですら100時間を基準に80時間だとか、60時間だとかやっているのです。

しかも、「労働生産性」は先進国ワースト。

なのに「最大9連休を取りましょう!」など、現場、現実が見えていないとしか言いようがありません。

さらに言えば、家族達も「お父さんと旅行に行きたい」なんて考えていません。

実に「余計なお世話」です。

こういったことの最大の問題点は「決めたことに従わせる」という発想から一歩も出ていないことです。

休みを分散させるのは悪いことではありませんが、結局のところ「この時期に5連休を分散させて9連休にしましょう」と誰かに決められるのです。

私は2010年12月5日の時点で「5連休くらいは国に頼らず、自分の都合で取れる人になれ!」というブログを書いています。
「プレミアムフライデー」も「キッズウィーク」も、所詮は「他人の敷いたレール」です。

こんなことに翻弄されている時間があるなら、「どうすれば、もっとお客さまの健康づくりに貢献できるか」を、自らが「主体」となって考える方が1億倍重要だと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



# by fitnessbiz-01 | 2017-05-26 23:58
No.3546 5月25日(木):高橋さんと山岡さんの「マイクロジム経営実践塾」
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

本日は元ハーレーダビッドソンジャパン代表取締役として成長を牽引した奥井俊史氏のセミナーを受けてきました。

テーマは「アリでも巨象を倒せる!27年間縮小を続けたオートバイ市場で24年間連続成長を達成した、ハーレーダビッドソンジャパンの業界ダントツナンバー1を勝ち取るマーケティング戦略」ですから、もうヤバい。

ちなみに120名ほど参加していましたが、(おそらく)業界人は私以外1名。
※それもFBL大学の方でした。

まーとにかく、フィットネス業界がやっていることの的外れさ、レベルの低さを改めて実感しました。

取り組んでいることの正しさ、納得性、徹底度などなどが言葉を失うほどに比較になりません。

今日の内容はできる限り、FBL大学内でシェアをかけたいと思っています。

さて、本日は「告知ブログ」です。
※昨日に「予定」とした内容は変更。

私の盟友である高橋順彦さん(株式会社nano代表取締役)と、山岡誠司さん(リアン株式会社代表取締役)が、「マイクロジム経営実践塾」を開催されます。

以下は高橋さんからのコメントです。

「マイクロジムの開業についてのセミナーは少なくないですが、『マイクロジム経営実践塾』は福岡などで「ピラティス&ヨガスタジオLien」を運営する山岡誠司社長、とnanoの高橋が社員雇用をして組織化、多店舗展開をするために必要なブランディング、集客システム作り、組織化、人材育成、評価制度等について講義とワークをしていく塾です。
・自分ひとりでは運営できているけれどスタッフを雇用したいと考えている方
・紹介に頼らない集客の仕組み作りをして店舗展開を視野に入れたい方
・マイクロジムの経営について1から勉強したい方、にぜひ参加していただきたいです」

今回が第2回目。場所は東京です。

日程は7月~9月の土日を活用した全6回です。

詳細は こちらをクリックこちらをクリックしてください。

最近はマイクロジムに加えてブティックジムというワードも登場しているようですが、つくづく「どうでもいい」ですね。

私は1%も関心がありません。

大切なことは2つです。

1つは「顧客に何を提供したいのかという信念」。

もう1つは「ビジネスとして適正な利益を上げ続ける能力」です。

この2つがあれば「業態」は自然と自動的に決まります。

「誰に何を提供したくて、それをビジネスにする」のが「業態」だからです。

翻って、フィットネス業界の「新業態」を見てくださいよ。

明らかに「業態」が先にあります。

誰かがやっているとか、どこかの国でやっているという「業態」が先にあって、それをまったく確立していない「ビジネスモデル」の上でやるものだから、「A店はうまくいったが、B店はうまくいかない」といったことが平気で起こります。

または最初の時点では「3年以内に10店舗!」などと息巻いていたのに、2店舗目が出なかったり、数店舗で尻つぼみということが頻発しています。

こうなる原因は「関係者が無能」の一言に尽きます。

だから、私は「誰から学ぶか」を重視すべきだと言い続けているのです。

学ぶ対象は自分が目指すビジネスで成功している人以外にあり得えません。

高橋さんは名古屋を中心に10年以上、山岡さんは福岡を中心に9年以上、ビジネスを成長させています。

だから、高橋さんのようなビジネスをやりたい人は高橋さんから学ぶべきだし、山岡さんのようなビジネスをやりたい人は山岡さんから学ぶべきです。

こういう「当たり前のこと」をやらないからうまくいかない人が多発するのです。

というわけで、関心がある方は こちらをクリックしてください。
b0113993_11403241.png


****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-05-25 18:07
No.3545 5月24日(水):同じ国で起きていることのギャップ
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「最新のマネジメント手法などない」ということを書きました。

詳細の説明はしませんが、「原理原則 農場の法則」で検索すると、私のブログが2番目にヒットしますから、もはやこの主張は「筋金入り」です。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、マンチェスターで悲惨な爆破テロが起きました。

私は隣国からミサイルが飛んでくるよりも、自分がテロに巻き込まれる確率の方が高いと思っています。

だから、数年前から人混みを警戒するようになっています。

特に利用することが多い新宿駅。

「狙われるとしたらここだな」と感じるポイントがいくつかあります。

スポーツイベントやコンサートなども「もしかしたら」と考えます。

危険なのはテロだけではありません。

先日も松戸の公園で刃物を持った男が暴れていましたが、こんな輩がいつ目の前に登場するかは予測不能です。

以前、新幹線で焼身自殺をした男がいましたが、私はその3時間くらい前に同じ車両に乗っていたこともあり、あの時も危機意識を強めました。

満員電車も危険です。

運転手が血迷ったら大惨事になります。

私は満員電車ほど狂った輸送手段はないと思います。

海外で列車やバスに人が溢れるくらい乗っている国がありますね。

あれを見ると「なんだこれ」って思うはずです。

日本は何事も整然としているからそう感じないだけで、実体はあれと同じです。

そんな中、マスコミは「ミサイルが飛んできたら地下道に逃げましょう」なんて信じられないことを報道しています。

いくら仕事とはいえ、あの人たちは自分たちが言っていることの「リアリティのなさ」に自己嫌悪にならないのかと思います。

その一方で、昨日は某駅で老人が駅員にいちゃもんをつけていました。

「切符が改札機に入らない。何故だ!」と怒っていましたが、ホント、クズ。

「ミサイルはお前に落ちろ!」と思います。

いずれにせよ、同じ国で起きていることのギャップに呆れるしかありません。

で、私は警戒しながら生きているという。

なんか、おかしいですね。

こんなことでは寿命が縮みます。

明日もこの続きです(予定)。
b0113993_08555575.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-05-24 18:37
No.3544 5月23日(火): 今後は「権力」なんて要らない!
こんにちは。遠藤です。良い季候の日々が続いております。

そんな晴天の中、私は午後からゴールドジムへ。
b0113993_18144984.jpg

が、気持ちがいいのはここまで。

第1種目の胸のトレーニングをやる際、思わず出た言葉が「あ~めんどくせーなー」です。

こんな苦痛に満ちたことをよくも30年近く続けているのものだと思います。

好きじゃなきゃ続かない。

必要じゃなきゃ続かない。

車の車検みたいなもので、完全に後者でございます。

で、嫌々、取り組んだトレーニングの最後にチンタラとウォーキングをしていたら(ランニングは疲れる)、テレビで韓国の裁判を放映していました。

テロップは「大統領から無職の被告人へ」。

ホント、この人は何をやっているんだろうと思います。

私の人生観である「人生末広がり」とは真逆です。

回復不能なレベルで「転落」しています。

見ていて思ったんですけど、結局は「権力」なんですよ。

「権力」が人間を腐敗させていくのです。

元大統領にしても母親が銃弾に倒れたとき、「将来の権力」があるから怪しげな人が近寄ってきたわけで。

大昔から「権力は腐敗する、絶対的権力は絶対に腐敗する」といわれている通りです。

日本の政治を見ていても「権力」が「やりたい放題」です。

ホント、腹立たしいですが、脅迫をしようが、忖度があろうが、裏金をもらおうが、失言をしようが、どういうわけだか、まったく腐敗しない(笑)

答えは簡単。

選んでいる国民がバカだからです。

マスコミ報道を見ていると「政治家はけしからん」的な感じがしますが、本当に「けしからん」のは選んでいる国民です。

だから、「こいつを辞めさせろ!」ではなく、「こんなヤツに投票するとは何事だ!」と報道しなければいけない。

いずれにせよ、「権力」など捨てたほうがいいのです。

というか、「権力」なんて古いんですよ。

「権力」というのは「上下の階層」があることで発生します。

でも、今後は「上下の階層」というものが不要になっていきます。

能力のある個人が、社会的価値が高い理念のもとに集うのが「今後の組織」の形です。

この組織は「限りなくフラット」です。

「責任」や「決定者」は存在しますが、そこに「権力」が出る幕はありません。

先ほど「選んでいる国民がバカ」と書きましたが、「権力」をふるっている経営者のもとで、いつまでも働いている社員もバカです。

こういう時代になっていること、そして、自分が「権力の歯車」になっていることに気づくべきです。

と、かなりジムの話からズレましたが・・。

私は「生涯、権力不要」。

が、「組織は必要」。

という感じで行きます。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-05-23 18:17



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧