「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3404 1月3日(火):元日の朝から「皆、同じ」では・・
こんにちは。遠藤です。現実社会に戻ってまいりました。

年末のコラムで原田さんも書いていましたが、我々人類にはDNA的に自然の中で生きることが植えつけられています。
b0113993_9593977.jpg

土のない街で、緑のない空気を吸い、ストレスを浴び、睡眠不足の生活をする。

ビル、コンクリート、電車、車・・こんなところばかりにいたら、人間としておかしくなっていくだけだと思います。

3ヶ月くらい仕事をしたら、1ヶ月くらい自然の中にいるくらいだと丁度いいと感じます。

さて、年末年始を過ごしたホテルでの朝食時のこと。

元日の朝から典型的な光景を目にしました。

朝食は7時から10時の間に用意されていて自由に摂る方式なのですが、皆さまであれば何時くらいに行こうと考えますか?
※夜は時間指定の予約制で、朝は自由形式。朝、混雑するのは目に見えている。

「皆さまが」ではなく、「一般的には」という質問でもOKです。

私はだいたい「7時30分から8時ちょっと過ぎくらい」ではないかと思います。

だから、それまでに朝風呂を済ませ、7時15分くらいにレストランに集合するようにしました。

妻も子どもたちも同意して、その通りに行動します。

結果、「待ち時間ゼロ」で入ることができました。

で、私たちの食事が終わる8時くらいには「30組待ち(30~40分待ち)」になっているのです。

そこで私は子どもたちに「ほら、皆、同じ行動をするだろ。考え方が同じだからだよ」と語りかけます。

すべてはこういう感じです。

とにかく、何も考えていない人が多過ぎます。

日頃、わざわざ同じ時間帯に満員電車で会社に行く発想と何も変わっていません。

もちろん、意図して行列に並びたいのなら、それでもいいですが、見る限り、そんな家族は一組もありません。

もう1つ子どもたちに言ったのは「最初の数分の初動の違いが、ゴールの数十分の違いになる」ということです。

「やっている行動・努力(この場合は食事)」はまったく同じです。

なのに、ゴールに到達する時間に差が出るのです。

これが「さっさと始めること」の意味です。

混雑を避ける云々、すぐやる云々というより、同努力におけるゴール到達時間が遅くなることが問題なのです。

だから、私は「初動の違いによって、結果に差がつくことは、さっさと始めるべきである」と考えています。

逆に急ぐ必要のないものは「後回し」にします。

中には急いでやらない方が、結果が良くなることもありますので。

とはいえ、そのホテルに行っている時点で、私も同じ行動をしているわけですが・・。

が、この考え方を追求していくと、何もできなくなるので。

少なくとも「自分の人生」をやっている人で「人と同じこと」をやっている人はいないということです。

元日の朝から「皆、同じ」では、その人の2017年は決まったようなものだと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-01-03 18:33
<< No.3405 1月4日(水)... No.3403 1月2日(月)... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧