「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3415 1月14日(土):「いきものがかり」は「10年単位」
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。本日の「学長に訊け!」はお休みです。

さて、少し前のことですが、人気グループの「いきものがかり」が「放牧宣言」として活動休止を発表しました。

世間では不仲説とかいろいろな憶測が飛んでいますが、私が共感というか同意できるのは「10年間という目標を持ってやってきて、そこに到達した」という点です。

10年間も「まったく同じ仲間」でやってくれば、何らかの葛藤や問題が起きるに決まっています。

さらに人気者となれば、各自が独立的に活動したいという想いも芽生えるはずです。

なので、放牧にせよ解散にせよ、また3人でやりたくなったら復活すればいいと思います。

ファンにとっては残念だと思いますが、これは仕方ありません。

と、芸能評論家のようなことを言いたいわけではなく・・。

私がフォーカスしたいのは「10年単位」ということです。

「5年単位」でも「10年単位」でもいいのですが、一定の単位で自己革新を図っていくことは、極めて自然な感情だと思います。

先日、ポッドキャストで尊敬する教授のインタビューを聴いていたら、「私は7年単位で飽きます(笑)」といわれていました。

決して、転職とか会社を辞めることを肯定しているのではありません。

一定の期間が経過したら「新たな挑戦」をしたくならないのかなと。

ちなみに私の企業所属歴は3年、4年、6年、3.5年と「7年」すら持ったことがありません。

驚くべきこととして、自分で設立したフィットネスビズの社長ですら、7年持ちませんでした・・。
※良い後輩がいてよかった!

が、仕方ないですよ、これは。

物事が良い継続しているということは、その期間内で自分が成長している可能性が高いといえます。

当然、世の中も変わります。

そうであれば、成長した自分が変わった世の中を見て「もっと、こんなことができるのではないか」と考え出すはずなのです。

逆にいえば、そう思えない人というのは成長が起きていないのだと思います。

「言われたことだけをやる」ということに慣れてしまい、自分が主体となって何かを仕掛けていく神経が死んでしまっているのだと思います。

おそらく、「いきものがかり」の各メンバーは、ここからさらに個性を発揮して、それぞれの分野で輝き続けると思います。

理由は「プラスの状態」から「プラスの挑戦」をするからです。

対して、業界内でよく見かける「平行移動」みたいな転職は「マイナスの状態(またはゼロ評価)」から「横滑り」をしているだけです。

「だからうまくいかない(何も変わらない)」のです。

そうではなく、もっと一定単位で結果を出すことに集中すべきなのです。

結果も出せずに、1つの会社で「40年単位」の人生などおかしいでしょう。

「いきものがかり」に倣って、「10年単位」という活動を一考するのも悪くないと思います。
b0113993_713678.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-01-14 18:29
<< No.3416 1月15日(日... No.3414 1月13日(金... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧