「ほっ」と。キャンペーン

「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3442 2月10日(金):価格は高ければいいというものではない
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第2週目は主に「ビジネス専門力」に関する講座を提供しています。
※以下は「健康産業界を斬る(2017年2月)」です
b0113993_2027320.jpg

さて、月曜日と昨日は「おすすめ本」からの抜粋で「脱価格競争」について書いてきました。

だからといって私は「価格は高ければいいというものではない」と考えています。

というか、そう確信しています。

よくセミナー等で「まずは値上げすべき!」的なことを言う先生やコンサルタントがいます。

「〇〇専門と打ち出し、顧客を絞って、単価を上げろ!」とか。

実際、「商品を変えずに値上げしただけで売れるようになりました」という事例報告も多くあります。

これらは事実なのでしょうが、このような「打ち上げ花火」みたいな売り方が継続するはずがありません。

数年後には消えてなくなるか、「似たような違うビジネス」に変わっていると思います。

私は価格には以下の2つの「納得感」が不可欠だと考えています。

1つは「お客さまにとってベストな提案になっていること」です。

例えば、一般的な方々が1ヶ月に健康関連に投じられる金額が1~2万円だとします。
※実際はこんなに多くありません。

仮に2万円だとしたら、私なら1万円でフィットネスクラブに8回来てもらい、残りの5千円を栄養関係、残りの5千円を休養とかリテラシー向上に投資するようにアドバイスします。

FBL大学で説明するなら、私は「毎月の自己投資額は希望年収の5~10%」と言い続けてきました。

計算しやすく、かつ日本人の平均年収以上で600万円とすれば、毎月2.5万円~5万円の自己投資が必要です。

仮に5万円として、私は「全額をFBL大学に投じるべき」とは考えていませんし、これまでも「FBL大学以外にも投資すべき」と言ってきました。

だから、5千円~1.5万円まで4つのコースを用意しているのです。
※プレミアムコース(1.5万円)でも、まだ3.5万円あります。

もう1つはそれが「適正価格」であるかどうかです。

「適正価格」とは売り手も、買い手も、世間も納得する価格です。

当たり前ですが、「適正価格」だから事業が継続するのです。

私が「打ち上げ花火みたいな売り方が継続するはずがない」という理由がここにあります。

自分の売上を増やすためだけの理由で自らの商品を「高単価」にする姿勢は感心できません。

そういう企業や人は先々、顧客に見離されるだけだと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-02-10 20:28
<< No.3443 2月11日(土... No.3441 2月9日(木)... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧