「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3502 4月11日(火):「閉じたコミュニティ」が諸悪の根源
こんにちは。遠藤です。今日の東京は気温10℃。
※しかも、雨で強風。

再び、冬物コートのお世話になりました。

さて、有料メルマガの「おすすめ本」からの抜粋を続けます。

その中で著者は「閉じた共同体」という表現を使っていました。

そして、「閉じた共同体こそがいじめの温床であり、あらゆるトラブルのもとである」と述べていました。

「まったくその通り!」と思います。

拍手喝采を送りたいです。

「閉じた共同体」とは「閉じたコミュニティ」のことです。

代表的なものが「家」、「学校」、「会社」でしょう。

より的確にいうなら「部屋」、「教室」、「オフィス」という具合になります。

これらの特徴は「狭い」、「閉鎖的」、「同じ顔ぶれしかいない」といったことです。

「狭い」とは空間的な意で、「閉鎖的」は精神的な意です。

で、こんなところにいたらどうなるか?

以下の2つの方向以外にありません。

・「超」仲が良くなる
・「超」ウザくなる

実際、そうなっているでしょう。

日々、狭くて閉鎖的なコミュニティの中で、同じ顔ぶれと同じような会話しかしていなければ、相手を好きになるか、ウザくなるかしかありません。

結婚にしても仲がいいのは最初だけで、時間とともに不仲になるのは「狭くて閉鎖的で同じ顔ぶれ」だからです。

結婚といえば、私は昔から「いい会社」の指標として「社内結婚が多い」みたいなことが報じられるのが疑問でなりませんでした。

で、地元にマイホームを建て、会社がお金を貸し付けていたりするのです。

私には「完全な会社の奴隷」としか思えません。

念のため言っておくと、社内結婚を否定しているのではありません。

「閉じたコミュニティ」から出ないこと、出ようとしないこと、出そうとしないことが問題なのです。

「出そうとしない」でいえば、多くの経営者が社員を「社外」に出そうとしません。

私のように「仮に私(遠藤)や伊藤さんから学べることが多いと思っても、積極的に外に出るように」なんて言っている人は珍しいはずです。

これは経営者が心の奥底で「閉じたコミュニティ」を歓迎しているからです。

こうなる理由は「管理しやすい」からです。

学校も同じです。

高校スポーツを見れば明らかなように教師が「閉じたコミュニティ(手っ取り早く管理できる方法)」を歓迎しているのです。

この代償として起きるのが学校なら「いじめ」で、会社なら「うつ病(精神疾患)」です。

こんなのは古いし、時代錯誤も甚だしいといったところでしょう。

関係性など緩やかでいいのです。

そして、必要なときは「尋常じゃない気迫」で協調、共同する。

それが今後の「個とコミュニティの関係性のあり方」だと思います。
b0113993_07475431.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-04-11 19:32
<< No.3503 4月12日(水... No.3501 4月10日(月... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧