「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3619 8月6日(日):現代社会の会社はいまだに「封建制」をやっている
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。先週から今週はFBL大学合宿からSPORTEC、人生最長の行列並び、オンラインセミナー撮影、出張などなどが重なり、かなり疲労しました。

さらに三男とのゴールドジムさん通いで、トレーニング頻度が週2から週3にアップしているわけですが、週末の睡眠等でなんとか立て直しました。

さて、先日の「ヒエラルキー」の続きです。

江戸時代の身分別の人口割合は(どの教科書を調べても)、だいたい以下の通りです。
※教科書に農民ではなく百姓と表記されているのでそのまま引用します。

①百姓:約85%
②武士:約7%
③町人:約5% 
④えた・ひにん身分:約1.5%
⑤公家・神官・僧侶:約1.5%

これって③と④を除けば「会社」とまったく同じであることに気づくと思います。

百姓が「社員」で、武士が「経営陣」、公家等は「会長や相談役」などでしょうか。

一部の「武士(経営陣)」が、「その他大勢」の「百姓(社員)」を従えている構図です。

で、その背後には「公家等(会長や相談役)」が存在しているという。

だから私は「こんな組織は時代錯誤だ」というのです。

百姓の仕事は「労働」です。

多少の自由はあったようですが「労働」が仕事です。

公の場で姓(名字)を名乗ることさえ、許されなかったといいます。

一方、武士は名字を名乗ることができ、刀も持っており、人を切りつけることさえ許されていました。

名字が「役職」で、刀が「権力」で、「切りつけること」が「人事異動」や「評価」といったところですかね。

で、この時の社会制度を「封建制」というのです。

「封建制」とは「上位の君主が、臣下に対して、その領地支配を認め、爵位を与え、臣従を義務づける社会制度」と意味づけされています。
※「臣従を義務づける」というのが実にヤバい。

現代社会は「封建制」が温存されたまま「資本主義」が導入されています。

だから、「売上や利益のためにひたすら労働する」という構図になるのです。

いずれにせよ、これらを復習すれば「現代社会の会社はいまだに封建制をやっている」と確信できるはずです。

この「圧迫」に対し、百姓が行なった反乱が「百姓一揆」です。

が、現代社会の「従順な社員」は「一揆」すら行ないません。

せいぜい陰で不満や愚痴を言うくらいで、あとはただひたすら「労働」や「圧迫」を我慢しています。

だから、「おしん」のような「徹底的に耐え忍ぶ系」のドラマが共感を受け、「サクセスストーリー系」はもっぱら「海外任せ」になっています。

私は「全員が武士になるべきだ」と思って活動しています。

もちろん、「全員」とは「全国民」ではなく、「現代の封建制のもとで単なる労働者として働くのは嫌だと思っている全員」です。

そこから脱するのは「簡単」とは言いませんが、必要な努力を継続すれば誰でもできます。

まずは目を覚ますこと。

そして、1日でも早く「これっておかしいんじゃね?」と気づくことです。
b0113993_14405785.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-08-06 18:31
<< No.3620 8月7日(月)... No.3618 8月5日(土)... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧