「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3689 10月15日(日):目指すは「自由」で「自在」であること
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。この週末はバスケ観戦もなし。

長男のリーグ戦が終わったので、しばらく「観戦なし」かと思いましたが、次男、三男(高校3年)の後輩たちの「秋の大会」がありました。

もはや変態の域ですが、22日から参戦予定です。

ちなみに、10月の勉強会は、各会場、2名前後は参加できるので、迷っている方は是非、ご参加ください。
※「行動」してください。
※大阪会場は明朝くらいに締切ります。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※あと5日後。

昨日は「現場スタッフがこき使われているのが見ていられない」と記しました。

というか、その状況を率先して認めている経営陣を「ギャフンと言わせてやれ」と思うわけです。

ただし、これは復讐ではありません。

私がいう「ギャフンと言わせてやれ」というのは、「三行半をつけろ」ということです。

妻が「これ以上、あなたとは生活できません」と手紙を置いて出て行ってしまうように、精神的にも物理的にも縁を切ればいいだけのことです。

問題はここからです。

会社の方針に不満だ、経営陣に不満だ。

ここで多くの人は転職か起業、フリーランス等を選択します。

が、この選択の結果、どれだけの人がうまくいっているのでしょうか。

転職の次は、また転職。

起業しても食えない。

フリーランスになったが、再び、前職に舞い戻った。

こういうケースが続出しています。

とはいえ自業自得。

強い目的も動機もないまま、その場の感情を優先して軽はずみな選択をするから、こういうことになるのです。

私はHPを通じて「FBL大学で自由を手に入れて欲しい」と述べてきました。

が、ある時から「自由」を「自由自在」という表現に変えました。

FBL大学の講座を創っているプロセスで「自由を手にしても、そこに『自在』が存在しない限り、意味がない」と思ったからです。

「自在」とは「自分が在る」ということです。

例えば、独立して自分のジムを開設して「自由」を手にしたと思っても、朝から晩まで働いて、おまけに薄給では「自在」は存在しません。

コンサルタントとして独立して「自由」を手にしたと思っても、やりたくもない相手と仕事をしているようでは「自在」は存在しません。

「自由を手にしたつもりが、かえって不自由になった」という状態です。

かくいう、私も独立したての頃は「そんなようなこと」をやっていました。

しかし、「今」は違います。

大事なことは現状に問題意識を持って、何かを目指すことです。

私は「自分が在って自由な状態(自由自在)」を目指しました。

だから、週末はバスケ観戦ができるし、平日は自宅で仕事ができるし、昼間のすいている時間にジムに行けるし、夜は家族と過ごすことができるようになったのです。

目指して、動かなければ、「永久に今のまま」です。

5年後、10年後の「自由自在」を目指すなら、動いてください。

動かないから変わらないのです。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_08321207.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-10-15 20:26
<< No.3690 10月16日(... No.3688 10月14日(... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧