「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3777 1月11日(木):会社員は「勝者の数が限定されている」
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、昨日は「オリンピック枠など限定枠を実力の拮抗した複数名で争う場合、性格が悪化しても不思議ではない」ということを記しました。

その一方で「会社員もたいして変わらない」とも。

何故かといえば、会社組織が「ヒエラルキー型」になっているからです。

「ヒエラルキー型組織」というのは、上に行けば行くほど人数が少なくなることを意味しています。

わかりやすく言えば、ヒエラルキーのトップである社長は「一人」です。

「社長が5人います」という会社は聞いたことがありません。

で、例えばですが、役員が3人、部長が5人、課長が10人、主任が15人、その他大勢が100人といった具合に、どんどん増えていくわけです。

上に行けば行くほど人数が少なくなるということは、少ないパイを奪い合っているということに他なりません。

皆さん、このことを理解しているのですかね。

同期が15人いるとすれば、その15人で「3枠」とか「5枠」を奪い合うのです。

実際、会社の中には「同期一番出世」みたいな概念が自慢げに存在しています。

私は「実にくだらない」と思います。

少ないパイを奪い合うというのは「勝者の数が限定されている」ということです。

もちろん、「出世=勝者」などとは1%も考えていませんが、ここではわかりやすくそういう表現にしておきます。

現実を見ても高収入を得ているのは経営陣だけで、その他大勢の社員は「日本人の平均給与前後」の給料で絶妙にお茶を濁されています。

そうではなく、私は「全員を勝者にすべきだ」と考えています。

全員を社長にして、全員の給料を最終的に1000万円くらいにすべきだと考えています。

会社というのは社員数10人くらいが一番まとまるし、楽しいのですよ。

それを超えたら、どんどん細胞分裂させていけばいいのです。

社員10人の会社が10社あれば100人。

ここに社長は10人います。

で、その10人の社長が共同体となればいいのです。

対して、社員100人の会社が1社でも100人。

ここに社長は一人。

完全な「ヒエラルキー」です。

「ヒエラルキー型組織」でやっていれば、個人は部品になるだけです。

そんな組織からは脱して「鶏口牛後」となるべきだと思います。
b0113993_16441052.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-11 18:07
<< No.3778 1月12日(金... No.3776 1月10日(水... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧