「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3808 2月11日(日):友人からフィットネスクラブへのクレームをもらいました
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。先週の金曜日は高校野球部時代の友人たちと集まって飲んでいました。
b0113993_13005632.jpg

唯一の難点は喫煙者がいることですが、今回は女性陣の英断で「室内禁煙」。

ベリーグッドです。

さて、その際、フィットネスクラブへのクレームを2つもらいました。

ともに皆さまが絶対に知っている会社です。

1つ目は大型総合スボーツクラブ。

もともとこのクラブはトレーナーといわれる人が、話しかけることも、アドバイスすることもないので、私がLINEで減量指導していました。

結果、友人が15kgの減量に成功したことは、本ブログでも触れたとおりです。

が、そこから2年強。

相変わらずの放置状態が続いたところに、友人は怪我をしてしまい、しばらく足が遠のいていたそうです。

で、「もういいか」と思って退会手続きに行ったところ、実に事務的に作業が進められ、しまいに担当者がパソコンを眺めながら「〇〇さん、しばらく来館していなかったのですね。もったいないですね」と言ったそうです。

友人は憤慨していましたよ。

「普通は来ない時点でフォローすべきだし、退会届に怪我と書いているんだから、それに触れるべきだ。なのに、フォローしなかったことを詫びることもせず、怪我の心配すらしない。せめて、『〇〇さん、お怪我の具合はいかがですか?』くらいは言うのが当然だ」と。

当たり前です。

友人は一流企業の経営幹部です。

そういう常識から見れば、この対応は「あり得ない」といったところでしょう。

「二度とこの系列のクラブには入らない」と言っていました

もう1つは「24時間ジム」です。

私はよく知りませんが、見学する場合はネット予約が必要ということで、友人はそうしたようです。

で、約束した日時にジムに行ったら話が通っておらず、無愛想なスタッフに「見たいならご自由に」的な対応をされたということでした。

まったく「実質、無人なのはジムだけにしてくれよ」という話です。

怒った友人は、友人は本社にクレームの電話をしたそうです。

そうしたら担当者が謝罪に来たそうなのですが、そこにやってきたのが到底、幹部には見えない30歳手前くらいの女性だったらしいのです。

男女差別でも、年齢差別でもなく、相手(友人)の情報は把握しているのだし、この場合は「背広を着た男性幹部」、または「見た目からしっかりした女性幹部」が来るのが常識でしょう。

呆れた友人は「こういう会社だから、こういう対応になるのか」と思い、見た瞬間に話もせずに席を立ったといいます。

そういえば、飲み会の帰り道にたまたまそのジムがあり「ここだけは入らない方がいい」と口コミ活動をしていました。

私はサービスを根掘り葉掘り突っついて、文句を言っているのではありません。

こういう会社は新業態を出しましたとか、店舗が増えましたということばかりが報じられています。

あたかも、それが素晴らしいことかのように。

その一方で、このような細部の教育やサービスをまるっきり軽視しているメンタリティが、ムカついて仕方ないのです。

どうせ本社の人間たちは日々、現場を見ることもせずに、業績拡大を目指して好き勝手な議論をしているに違いありません。

これは業界全体の風土であり傾向です。

そんな人間たちの発言等から学ぶことなど一つもありません。

だから私は業界人がいる場所に自分から行くことをしないのです。

友人にも不愉快な思いをさせてしまい「ごめんなさい」という感じです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック




by fitnessbiz-01 | 2018-02-11 18:22
<< No.3809 2月12日(月... No.3807 2月10日(土... >>



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧