「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 01月 17日 ( 1 )
No.3418 1月17日(火):「テンション」と「モチベーション」はまったく違う
こんにちは。遠藤です。1月も半分強が経過。

早、「1/24」が経過したということです。

この時点で何らかの変化をつくれていなければ、残りの期間も「同じような感じ」で終わると思います。

さて、本日も「おすすめ本」からの抜粋の続きです。

著名は名将といわれる方なのですが、日本のスポーツについて以下のようにいわれていました。
※日本人ではありません。

「例えば、大学ラグビーだと、試合前のロッカールームで怒号が飛び交う。そして、選手が泣きながら目を真っ赤にするが、戦いに興奮は要らない」

と、いわれても観る方もこの光景が大好きだったりします。

一緒になって感極まって泣いてしまったりします。

この光景に対し、著者(名将)は以下のように続けていました。

「初めて見た時、馬鹿馬鹿しいと感じた」

その理由はこうです。

「彼等がそういうことする理由は理解できる。試合に臨むにあたり、闘志をかき立てているのだろう。しかし、興奮によって得られた闘志がいったいどれだけ続くのか。せいぜい数分だろう。必要なのは冷静、かつ知的な闘志なのだ」

「あの怒りと涙に満ちた日本式の興奮がなければモチベーションが上がらないというのであれば、その人は闘い(ラグビー)には向いていない」

私がこれを読んで感じたのは「自己啓発研修もまったく同じだな」ということです。

ここで創り出されるのは「一時的な高揚」です。

いわば、「一時的なテンション」です。

プレゼントをもらって喜んでいるようなものです。

それも「作為的に創り出されたもの」です。

対して必要なのは「継続的なモチベーション」です。

「一時的と継続的」、「テンションとモチベーション」はまったく違います。

この違いがわかっていない人が多いように感じます。

が、ウケがいいのは「テンション」です。

自分が変わったかのように錯覚できるからです。

「モチベーション」は違います。

「モチベーション」は日々、継続するものです。

すなわち、そこには「習慣性」があります。

日々、自分との対話を地道に繰り返すことが、モチベーションを維持、向上させるための唯一の方法です。

だから、「キツイ」です。

だから、多くの人がやりません。

また、一回一回の行為が短期的な成果に直結するわけではないので、その価値が軽視されています。

わかりやすく言えば、成果が出るのは5年後とか10年後です。

故に「明日から結果が出る方法」に人気が集まります。

それこそ「馬鹿馬鹿しい」と思います。

「せいぜい数分」とはいいませんが、「一時的な高揚」で得られたやる気が続くのは「せいぜい数週間」だと思います。

少なくとも、私のまわりにそんな人は一人もいません。

成功、成長しているのは「一時的な高揚」などとは無縁で「日々の習慣」を確立している人だけです。

b0113993_9404230.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-01-17 18:46



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧