「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 02月 06日 ( 1 )
No.3438 2月6日(月):フィットネス業界が価格競争に陥る理由
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「一部」について簡単にコメントします。
※コピペするわけではなく新たに書き直します。

今回は「おすすめ本」から抜粋します。

そこでは著者の見解を中心に「価格論」について述べました。

著者によると「おそらく100%の人々が『自分たちは価格競争をしたくない』と答えるはずだ」ということでした。

しかし、実態はどうか?

なんと、81%の企業が「価格競争」に陥っており、「価値」で勝負できている企業は19%しかないということでした。

つまり、世の中の81%の企業が「価格が安いことでしか勝負できない」のです。

ご多分に漏れず、フィットネス業界企業も大半が「81%企業」です。

その証拠といっては何ですが主要各社のキャンペーン情報をチェックしてみてください。

私は「新春キャンペーン」から見ていますが、全社が「安売りキャンペーン」で勝負(?)をしています。

これが「フロントエンドオファーである」と言い切れるのであればよいですが、多くのクラブは入会手続きをした後は、実質、顧客を放置しています。

推定99%のクラブの支配人、社員は前日に入会した方の名前すら知らないはずです。

関心があるのは「数」だけです。

おそらく、犬を入会させても「入会1名です!」と本社に報告すると思います。

こういう体質のクラブはさっさと「無人化」、「ロボット化」を進めるべきでしょう。

人間がいる意味がありません。

いずれにせよ、このようにフィットネス業界が価格競争に陥る理由は実に簡単です。

それは提供しているサービスがどこも同じだからです。

同じような施設に、同じようなマシンを置いて、同じようなプログラムを用意し、同じようなインストラクターと、同じようなアルバイトスタッフが、同じようなサービスを提供しているからです。

既に「ドラックストア」と同じです。

もちろん、「ドラックストア」には価値があります。

「同じものが1円でも安く買える」という価値です。

つまり、「価格競争」に陥っているクラブは「安いこと」を望む顧客にのみ価値を提供できるということです。

こうなればクラブの質はどんどん低下します。

クレームも増えるし、単価減から利益も圧迫します。

それでも経営陣は「何をやっているんだ!」と檄を飛ばします。

こういう競争に巻き込まれている人は永久に幸せになれません。

自分が価格競争の餌食になっていることに気づき、早くそこから脱してほしいと思います。
b0113993_1814642.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-02-06 18:15



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧