「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 02月 09日 ( 1 )
No.3441 2月9日(木):「価格競争」は例外なく誰かの犠牲の上に成り立っている
こんにちは。遠藤です。こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、2日間、空いてしまいましたが、今日と明日は「今週のおすすめ本(有料メルマガ)」からの抜粋を続けます。

そこには「価格競争は例外なく誰かの犠牲の上に成り立っている」という記載がありました。

私もこれまで当社媒体で「価格競争をしている企業は従業員が幸せそうにしていない」と繰り返してきました。

私自身も「価格競争(=安売り)」を推奨したことは一度もありません。

それでもこの表記には「なるほどね」と大きく頷きました。

「価格競争」をするというのはコストを抑えるということです。

単価減で売上、利益が下がるわけですから、1円でもコストを下げるのは当然です。

このしわ寄せが従業員に来ます。

サービス残業、長時間労働、休日出勤、低賃金などなどはすべて「利益に余裕がないこと」が原因になっています。
※あとは経営者の人間性。

また、「コスト削減」は取引先にも影響します。

今も昔も取引先を価格のみで「天秤」にかけ、「もっと安くしろ!」と恫喝するようなやり方が当たり前に正当化されています。

要は相手を「カネ」でしか見ていないのです。

私は「最低」だと思います。

実際、私は多少高くても信頼関係がある企業(というか「人」)に仕事をお願いするようにしています。

信頼を重視した方がフローでは「お金以外」の様々な利益がもたらされるからです。

で、この「価格叩き」の末路がどうなるか?

「手抜き工事」、「手抜き商品」となって消費者へ還元されるのです。

従業員は疲弊し、取引先は圧迫され、消費者にはベストな商品が納品されない。

これが「価格競争は例外なく誰かの犠牲の上に成り立っている」ということです。

では、この「主原因」はどこにあるか?

すべては「経営者」にあります。

経営者によって展開されている「利益の出ない経営」が従業員を心身ともに疲弊させているのです。

また利益が出ていても、それを一部の経営陣が独占しています。

こういう会社(経営者)は一早く辞める(見捨てる)べきです。

どれだけ頑張ったところで「コストの一つ」に過ぎない従業員の給料は月額3000円くらいしか上がりません。

月額3000円上がったって、賞与で上昇分を減額されれば年収では同じです。

「これでいいのか?」という話です。

「自分は誰のために何のために働いているのか」ということを今一度、よく考えるべきでしょう。

だからといって私は「価格は高ければいい」とはまったく考えていません。

この続きは明日に述べようと思います。
b0113993_18232486.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2017-02-09 18:24



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧