「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 05月 02日 ( 1 )
No.3523 5月2日(火):会社を辞める2つの条件
こんにちは。遠藤です。本日は夕方にガソリンスタンドに行ったら長蛇の列。

以前も同じことがあったような気がしますが、そこでGWであることを思い出しました。

さて、昨日は「働いている人は、みんな、今の会社を辞めたい」というブログを書きました。

私は「絶対にそうだ!」と言い切れます。

「私は違います」という方もいるかもしれませんが、働き方も、給料も、ともに働く仲間も、お客さまも「最高」である職場(最高の職場)があれば、少なからず心が揺らぐはずです。

働き方といえば、勤務場所や勤務時間。

「人事異動」なんていうのは究極の奴隷制度です。

今は働く場所も働く時間も自分で選べる時代です。

何故、多くの人が「昭和の働き方」を当たり前に受け入れているのか不思議でなりません。

給料といえば、固定給。

これまで100回くらい言ってきましたが、「固定給」というのは「時給制度」のことです。

週40時間と働く時間が決まっていて、それに対して給料が「固定」されているのですから、どう考えてもこれは「時給スタッフ」です。

何故、これが「飼い社員(会社員)」の象徴であることに気づかないかと思います。

ともに働く仲間といえば、喫煙上司、肥満上司、運動しない上司。

このことの何がダメかわかりますか?

そういう体質の企業で働くというのは、お客さまに最高のサービスを提供できないということなのですよ。

そう考えれば、そんな上司とは袂を分かつべきだということがわかるははずです。

お客さまといえば、クレーム。

正しくビジネスをやれば、クレームなんて起きません。

毎日、クレーム処理に追われている役職者の方々には「ご愁傷さまです」としか言いようがありません。

私が尊敬し、大変お世話になっている教授は著書の中で「転職する条件」として以下の2つを挙げています。

・尊敬できる先輩、経営者がいない
・自分が成長できない

この2つの条件が揃ったら「いくら今の給料がよくても転職、または独立を考えるべきだ」といわれています。

その一方で「尊敬できる先輩、経営者がいる、自分が成長できる要因があるのであれば、仮に給料が安くても転職や独立に積極的になるべきではない」と続けています。

私は100万%賛同します。

多くの人が「2つの条件」が揃っているのに、従属に甘んじながら働いています。

そういう人が役職者の地位に就いているのは「犯罪」です。

また、意味不明な転職をしている人も「2つの条件」をまったく理解していません。

私は仲間たちと「最高の職場」を創ります。

その信念だけは誰にも負けないと思っています。
b0113993_21075739.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-05-02 21:09



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧