「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 08月 10日 ( 1 )
No.3623 8月10日(木):サラリーマンが「割の合わない給料」になる理由
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

今日は「とても楽しい一日」だったのですが、その模様は(ご迷惑がかからない範囲で)また明日。

さて、昨日は「給料なんて最低限あればいい」と述べました。

例えばですね。

「月額50万円必要だ」としましょう。

であれば、「月額60万円くらい稼げる方法」を考えたらいいのですよね。

だって、「月額50万円必要」なのですから。

それ以外に方法ありません。

が、ほぼ全員のサラリーマン社員にこの発想が皆無です。

自分がやっていることが「いくらの稼ぎ」になっているかをまったく考えていません。

で、会社の人事部が決めた「全社員をできるだけ平等に扱う制度」に基づいて、給料をもらっています。

だから、「来月は自分で50万円稼いできてください」といわれても「手も足も出ない」という状態になります。

この状態にもかかわらず、気持ちだけは「100万円欲しいです」みたいなことを言っています。

さらに、この隙に会社全体の売上を1億円、2億円・・とつり上げられていきます。

相変わらず自分は「50万円稼ぐこと」すらできないのにです。

こうやって、「やらされ感」と「疲弊感」が増大していくのです。

私は「月額50万円必要だ」と思ったら、それを越える方法を考え抜きます。

一過性のアイデアではなく、「ビジネスモデル」として考え抜きます。

で、そこを越えたら、あとは「ラッキー!」くらいでしかありません。

もちろん、ビジネスが劣化しないように最善の努力はしますが、それだけのことです。

が、多くの人は50万円の次は100万円、100万円の次は1000万円、1000万円の次は・・と考えていきます。

それが間違っているとはまったく思いません。

が、おそらく多くの人は「お金は欲しいだけあれば、あとは自由な時間があった方がいい」と考えるはずです。

だったら、その状態を目指せばいいだけのことです。

会社の給与制度というのは、どれだけ制度を細かくしようが、売上に人件費比率をかけて、それを従業員数で割ったくらいのものです。

仮に売上が1億円で、人件費比率が30%で、従業員数が10人なら、平均給料は300万円です。

「人手不足だから」と従業員数を15人にすれば、平均給料は200万円です。

15人で頑張って売上を1億2000万円にしても、平均給料は240万円です。

総人件費を全員で分け合っているだけなのです。

というようなことをもっと真剣に考えた方がいいと思うのです。

稼げないし、全体調整される。

サラリーマンが「割の合わない給料」になる理由がわかると思います。

もちろん、それでも生活はしていけます。

あとは自分が「一回しかない人生をどうしたいか」だけの問題です。
b0113993_21474156.jpg

****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-08-10 21:48



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧