「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2017年 12月 12日 ( 1 )
No.3747 12月12日(火):「雇われない生き方」をせよ!
こんにちは。遠藤です。今日の午前は横浜で伊藤さんとMTG。

相変わらずの秀逸さで助かりました。

で、そこからゴールドジムさんへ。

先週はゴールドさん休館日&出張&合宿にて1回も行けなかったので、その分を取り戻すべくしっかりトレーニングしてきました。

さて、多くの会社では役職者が転職してくることが当たり前に正当化されています。

各社の事情があると思うので、一概に否定はしません。

が、これほどまでにやる気がなくなる人事はないと思います。

特に20代、30代の人から見たときに「40歳を過ぎて、他社で役職者でした」なんていう人が転職してくるのは最悪です。

何故なら、次世代の人たちからすれば、確実にポストが減るわけだし、確実に従わなければならない人の数が増えるからです。

もちろん、その人が会社を大きくして、ポストを増やすということもあり得ますが、所詮はヒエラルキーを強化しているだけです。

こういうのはすべて「権力側の論理」だと思います。

私は一貫して言っていますが、社員というのは(リクルート社のように)一定のキャリアを積んだら起業すればいいのです。

そうすれば、ポストが空きます。

ここに若手が入ってくればいい。

上記とは「真逆」です。

本来、ポストを空けるのが仕事なんですよ。

50歳にも60歳にもなって役職者として居座り続けるなんていうのは迷惑千万だと思います。

メンタリティは政治家と同じです。
※ブランディングが「会社=自分」の場合は別。

大相撲では貴ノ岩関が「もうあなたたちの時代ではない」と言って、暴行を受けたとされていますが、そのくらいのことを言えないようではダメだと思いますね。

いつまでも経っても経営陣の顔ぶれが同じで、かつ、起業する人、独立する人がいないような会社は「私たちには人材を育成する能力がありません」と言っているようなものだと思います。

ただし、「リクルート社のように」とは言いましたが、この会社は独立した人がライバル会社を立ち上げたりしています。

また、「独立前提」ですから、もともとのロイヤリティも高くないように聞きます。

私はこのようなイメージはしていません。

これも常に言っていますが、別に会社を辞めなくてもいいのです。

また、会社を辞めたとしても、協力体制を強化することはできます。

必要なのは「雇われない生き方をする」ということです。

組織の中にいても「雇われない生き方」はできます。

問題は「雇われなきゃ生きていけない」という現実にあるのです。

40代役職者の転職にしても、結局は雇われなきゃ食っていけない人が、会社を変えて、再び雇われているだけの話です。

「安定」から「安定」に移っただけですよ。

自ら「不安定」を求める。

これからはそういう人の時代です。
b0113993_18095397.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-12-12 18:12



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧