「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2008年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.386 9月30日(火):常に総括をして進む!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。本日は末日営業お疲れ様でした。遠藤でございます。

さて、本日で(一般的にいわれるところの)上期が終了しました。

で、ただ終わってはいけません!「総括」は大丈夫ですか?!

仕事においてはいつ何時も「総括」が不可欠です。

例えば、1日単位なら、「朝、手帳を見て、その日をシュミレーションし、寝る前に総括する。」

1週間単位なら、「週の最初に今週のゴールを設定し、平日の取り組みと成果を週末に総括する。」

と、いった感じ。

常に「出来たことと出来なかったこと」を整理し、目標達成に向けて今後の行動(計画)を具体化する必要があるのです。

なので、上期であれ下期であれ、決算月には、その期の計画と成果を総括し、下期の準備をする必要が絶対にあります。

少なくともマネージャーとかチーフとかの役職者は「言われなくても自分で考える」ことが欠かせません。

こういったことを習慣にしている人と、同じような毎日をただ繰り返している人では、長年の間に雲泥の差がつきます。

何の差がつくかといえば、「能力の差」がつくわけですが、「能力の差」とは長い目で見れば「人生の質の差」になります。

「人生の質」とは、自分の可能性を最大に発揮して生きている人に与えられるもので、これは「家族や子供たちに自分の背中を見せることができるかどうか」といったことにもつながっていくものだと、私は考えます。

というわけで、この時点で年内や来年の3月までの取り組みをイメージして明日を迎える人とそうでない人では、既に差がついているわけです。
※期の途中でバタバタやっている人がたくさんいますが、それでは遅いのです!

本ブログの読者の皆様は「大丈夫」と信じています072.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-30 23:43
No.385 9月29日(月):リーダーシップを考える。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。昨日は目をつむったつもりが眠ってしまい014.gifブログ更新遅延の遠藤です。

さて、週末は多くのTVが王監督の勇退を取り上げていました。
※王監督勇退は先日も本ブログで記しましたが、あまりにもいい話シーサーだったので。

数々の方々がコメントを出している中で、イチロー選手が神妙な表情で語っていたのが印象的でした。

「WBCで監督と選手として過ごせた時間は僕の宝物です。偉大な成績を上げた選手はたくさんいます。しかし、偉大な人間はそうはいません。」

ちなみに、イチローの8年連続200本安打というのは100年振りの偉業です。100年振りって・・・100年に1人ってことですよ。あの世界最高峰のメジャーリーグで100年に1人というのは凄すぎませんか?!・・・と1年に100人レベルの私は驚くのでした。

そんな、プロフェッショナルを極めているイチロー選手の言葉だけに本当に重みがあります。

さらに、王監督は記者会見で「「昨年オフに『自分の監督集大成となる2008年は絶対に優勝しよう』と選手に言ってしまったことで、彼等に余計なプレッシャーをかけてしまったかもしれない。」と語っていました。

ここまでに「人のせいにしない」。私なら選手(部下)を責める場面かもそれません。

ただ・・、本当にそうであれば残念です。ソフトバンクの選手はそんなプレッシャーに負けることなく、栄冠を掴み取ってほしかったです。もっとも、松中選手や小久保選手は責任感や生真面目さが発言などからにじみ出ている感じなので、その通りなのかもしれません。

西武ライオンズ渡辺久信監督の優勝コメントなど、野球界から「リーダーシップ」について考えさせられることが多い週末でした。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-30 07:38
No.384 9月28日(日):フィットネスお悩み相談Vol.59
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「私の通っているクラブではトレーナーに『重いものを上げることでエンジンが大きくなります』と、重い負荷をかけた筋力トレーニングをすることを勧められます。そのトレーナーたちも『私はベンチプレスが何キロ挙がります』ということをよく話してきます。私は筋力トレーニングにあまり興味がないのですが、やはりトレーナーたちの言うようにエンジンは大きい方がいいのでしょうか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
私は(いくつかの専門資格は持っていますが)、既にトレーニングの専門家ではないことをまずお断りいたします。

しかし、専門家ではないとはいえ、「ジムやトレーニングの方針をマネジメントすること」は専門家なので、その前提で聞いて下さい。

まず、私はトレーニングの目的とは「カラダをより良くする」、「日常生活を快適に過ごせるカラダにする」ことにその主旨があると思っています。

ジムやトレーナーがその目的達成をお客様に提供する時に「重いものを上げてエンジンを大きくしましょう」というのはあまりにも内容が偏っていると思います。まして、自分の使用重量を公開するというのはあまり意味がないように思えます。

スポーツ選手を見ても筋肉だけを大きくした選手がその後、怪我に泣いたりしていることは明らかです。

おそらく、そのトレーナーは以下の3つの要素をクリア?していると思います。
・年齢が若い。
・ボディビル好きである。
・専門的な機関で勉強していない(これは私の推定だと90%くらいがそうですが・・。)

もっとも、私自身も似たような考え方でした。これまでを振り返っても、若さに任せて筋トレを繰り返し、かつ、専門資格を取得しながらもそれらは試験に受かっただけで「カラダについての正確な知識」については知らずじまい。結果、この一年で2回も「ギックリ腰」を経験し、身動きできなくなる始末。現在はカラダを見ていただいているトレーナーから、理に適った説明のもとにベンチプレスの実施を自粛する様に指導されています。

と、横道にそれましたが、質問に答えますと、私は以下のように考えます。
・腰痛や膝痛や糖尿病等にならないように体重管理をする。
・同じく、怪我をしないように「柔軟性」を重視する。
・筋トレは高重量にこだわる必要はない。日常より強い力を出せば十分。
・少しづつ時間を延ばして30分くらい有酸素運動もやりましょう!

さらに細かく書くと大変なので、この続きはお通いのジムで、そのトレーナー以外に質問を(笑)!

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-28 21:55
No.383 9月27日(土):やるかやらないかだけ!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル。)

こんにちは。本ブログの冒頭挨拶を「気候に触れるバージョン」に変更しようと思ったのですが、しっくりこないので僅か2日でやめることにしました遠藤です。

さて、昨日以下のようなことを記しました。

「結果を変えるには行動を変える。行動を変えるには考え方を変える。考え方を変えるには物事の捉え方を変える!」

と、いうようなことを言うと以下のような反論にあいます。

「長年かけて形成された考え方は簡単に変わるもんじゃない。仮に行動を変えたって結果が変わるまでに挫折する人もいる。そんなのは理想論である。」

それに対する私の反論は・・。




















まったくその通り!

だから差がつくんです。それだけのことです。

101回目くらいの紹介になりますが、ここで勝間和代氏の「0.8%理論」を思い出しましょう!

「自分から情報を取りに行っている人」はビジネスマンの20%。
そこから、「自分の考えを持つ努力をしている人」はその20%(つまり4%)
そこから、「その考えを行動に移す人」はその20%(つまり0.8%)

従って、(昨日のように)私が「フィットネスビジネスを自費購読しよう!」といっても、行動するのは多くて100人に20人(20%)。

それを熟読の上、線を引いて自分の考えにまで落とし込む人は4人(20%)

そこから、明日の行動を変えられる人は0.8人(20%)

というわけで、「真の成長者」は100人に0.8人。

考え方や行動は後天的に変わると思います。だから、できない!できない!と諦めるのがもっとも良くない。

要は強く意識してやるかやらないかだけ。

やりましょう006.gif

※購読はこちらから!今すぐ行動!
http://www.fitnessclub.jp/about/backnumber/fitnessbusiness/38.htm

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-27 22:46
No.382 9月26日(金):業界への提言を読んで!
★このブログは毎日更新の意気込みです(※天候は私のいる場所です。)

こんにちは。遠藤です。今日は午後からの中途半端な雨057.gifに濡れてしまい、うっとおしかったです。

さて、フィットネスビジネス誌が発売されました。

まず、成長を目指す本ブログ読者の皆様は自宅購読を始めましたか???

業界で1冊しかなく、かつ、僅か2500円/冊の経営情報誌を購読していないようでは、成長など望むべくもありませんので、自費購読しましょう。

本号で注目すべきは古屋編集長の冒頭コラムにあった「1通のメール」でしょう。(古屋さん、顔が怖いです!)

当業界の現状を辛らつに批評したこの「メール」は「遠藤さんが書いたのではないか?」と言われてしまうような内容です。
※私は実名で書きますから、私ではありません!

古屋編集長は「このメールに反論したい読者もいるかもしれないが、顧客視点で冷静に考えてほしい」と書かれていますが、私などは反論どころか「まったく、その通り045.gif」と思いました。

当業界にはこういった根本的な切り口と意識改善が必要なのです。

(あまり詳しくは書きませんが)、業界人の言っていることの方がよほど反論したいことが多いし、中には私のようにトレーナーから何年もかかって叩き上がった者に言わせてもらうと、「こんな簡単なことで結果が変わるわけがないだろう」と思う内容もあります。

私はこのブログの右上にもアップしている通り、以下の考えがあります。

「結果を変えるには行動を変える。行動を変えるには考え方を変える。考え方を変えるには物事の捉え方を変える!」

目先の行動だけ変えても、大した意味はないように思うんです。

なかなか多くには伝わらないようですが。。。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-26 23:22
No.381 9月25日(木):未来を語ろう!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。遠藤です。今日の東京は朝方は肌寒かったですが、日中はポカポカで気持ちよかったです!

さて、今日は当社の今後について役員の伊藤とゆっくり話ができました

もっとも、「ゆっくり話ができた」といっても、双方が移動する合間の90分くらいでしたが、グッと中身のある会話ができたと思います。

「3年後の目指すべき姿」を確認したのです。

私は「仕事の時間」においては、①一人で思考する時間、②作業する時間、③会議などでディスカッションする時間、の3つが必要と考えているのですが、最近は何かと忙殺され、①と③、とりわけ①は大きく不足したので、その隙に?伊藤がきちんと考えてくれているので助かりました。

将来の夢や理想を語ることは、何よりも有効な時間です。

ただし、「考えること」と「行動すること」は別物です。先に読んだ本にも「人生や自分の方針について遠大な理想を練り上げる能力がある人物でも、書斎を一歩出れば、その理想を具体的に実現できない・・」という一文がありましたが、まったく同感です。

だからこそ、行動を起こすことが大事なわけですし、これまでもそうしてきたつもりです。

自分を信じ、仲間を信じ、これからも誠実な挑戦を続けていきたいと思っています。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-25 23:05
No.380 9月24日(水):野球少年と王選手。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。遠藤です。本日は多くの方が悲しみ、同時に「ゆっくり休んでください」と感じているであろう王監督の勇退について。

私は小学校3年生の時に、ジャイアンツの背番号8番、青いグローブの高田繁選手(現ヤクルト監督)に憧れて野球を始めました。

ちょうど、ジャイアンツのV9(9年連続日本一)くらいの年で、その翌年に長嶋選手が引退しました。

その後、王選手はベーブ・ルースやハンク・アーロンの本塁打世界記録を塗り替えていくのですが、それらは全部覚えています。

ところで、王選手が有名だったのはホームランだけではありません。

それは「ちびっ子達のサインを断らない」ということです。
※もちろん、その他にも数え切れないほどに立派なことはあると思いますが。

野球少年の私がジャイアンツの練習を見に行ったときも、王選手だけは車が発車する直前までサインに応じていました。
※高田選手をはじめ、他の有名選手は明らかに疲れている感じで、サインをしてくれませんでした。

ちびっ子やファンを大切にする姿勢やお人柄は、ホークスに行かれてからもまったく変わらないのは報道などで明らかです。

成績不振でファンに卵を投げつけられた時も、「結果を出せない自分が悪い」とコメントされたのは崇高な人格の極みだと思いました。

以前、一部ブログにも記しましたが私はオリンピックの監督は野村監督や森監督がいいと思いますが、WBCは王監督しかいないと思います。

その理由は、世界最高峰の舞台の指揮官は王監督しか務まらないと思うことと、イチロー選手が残した「王さんは信用できる」というコメントに選手からの尊厳が凝縮されていると思うからです。
※もちろん、今となってはゆっくり休んでほしいです。

これほどまでの人格と結果を備えたプロフェッショナルは二度と出ないのではないでしょうか。

相撲界を見るまでもなく、スポーツ業界においては、現役中、または引退後に生活が荒れる人がいますが、これらは真のプロフェッショナルとはいえません。

テレビで見る王監督は本当に痩せてしまいました。

王監督にはゆっくりと静養いただき、何としても健康体を取り戻してほしいというのが国民の総意だと思います。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-25 00:54
No.379 9月23日(火):失敗の法則。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。新サービス導入につき、明日にもホームページをリニューアルいたします遠藤です。

さて、多くの人々が「成長したい」とか「充実した人生を送りたい」と思っているわけですが、それについては少し前も「インサイドアウト」の考えを記しましたが、てっぺん大嶋啓介さんのメルマガにも面白い内容がありましたので紹介します。

【失敗の法則】
「成功者に法則はなく、失敗者のみに法則がある。確かに計画をきっちり立てて成功する人もいれば 計画なんか決めずにうまくいく人もいる。成功者に法則はなく、失敗者のみに法則がある。失敗する人に必ず共通するという、たった一つの法則を知っておくことは とても大切である。失敗者のみに共通する法則とは…

『問題を人のせいにする 習慣』

商売に失敗した人は、『仲間の信頼が得られなかったから』とか『店の場所が悪かった』とか『取引先が倒産したから』など、必ず問題を何かのせいにしている。」

また、名著「思考は現実化する」には以下のような記載もあります(我流抜粋)。

「失敗する人の多くは常に過去について、常に失敗について話しており、生き方は過去形である。一方、成功した人々は未来形で話しをする。彼らの目は過去にではなく、常に未来へ注がれている。成功者は常に上向きの話をする。」

前職時代くらいから数多くの経営者さんと出会うようになりましたが、こういう人が率いているチームは、例外なく崩壊に向かうか、うまくいっても短期的だと思います。

「賢人達の教え」はあまりにも重要な教訓を示唆しているのではないでしょうか。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-23 21:34
No.378 9月22日(月):規律と習慣。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。腰痛の原因がどうやらハムと胸椎の硬さにあることが濃厚な遠藤です。

さて、今日は毎週月曜日恒例の社内研修会でした。

最近は、仕事の都合上、なかなかスタッフと十分なコミュニケーションがとれていなかったのですが、彼等彼女等と会うとモチベーションが上がります。

なんて素直なんだろうと思うし、当社の定める基本習慣も実践しているようで、一年がかりでやっと成長のスタートラインまでは来たようです。これからが楽しみですね006.gif
(※もっとも、●ート君が大失態を演じたため、上司の伊藤友紀さんは殺し屋のような顔を終始崩しませんでしたが…。)

ちなみに、私は下積み派ではありません。

しかし、若いときのある一定期間は仕事の基礎をひたすら習得する時期があっていいように思えますし、その環境はできるだけ厳しいほうがいいと思います。

ただし、私のいう厳しさとは「規律と習慣」です。上司が怖いとか、そんなんじゃありません。

しかし、残念ながらこのような価値観は万人受けしません。

それでも、若手には「規律と習慣」を叩き込むことです。

それらを習得した者は勝手に伸びていくし、習得しない者はいつまでもたっても自立できない。

そういうものです。

後輩達には目先のハウツーではなく、将来に向けて役立つ本質的なことを継続的にを伝えていきたいと思います。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-22 23:38
No.377 9月21日(日):愛ちゃんおめでとう!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。遠藤です。本日(毎週日曜)の「フィットネスお悩み相談」は事情により休みでございます

何故、お休みかというと、本日は当社の愛澤茂さんの結婚式だったからです。

ジャ~ン!053.gif
b0113993_19584428.jpg


気取った感じや妙な飾り気がなく、新郎新婦のあたかかく優しい人柄がにじみ出た素晴らしい結婚式だったと思います016.gif
※愛ちゃん、タンニングの成果出てますね。

スピーチでも述べさせていただきましたか、愛ちゃんには新しい「夫」という役割を立派に果たすとともに、社内でもチャレンジを続け逞しく成長してほしいと思います。

さて、私はというと今回は初めて親側の気持ちになって式に参加している自分がいました。

「いつか、うちの子供達も旅立っていくんだなぁ~」と切ない気持ちになりました・・007.gif

「時間が止まればいいのに。」

最近はいつもそう思っています。

でも現実は動く!

だから、その日常に追いて行かれぬよう頑張るしかないのだ!

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
by fitnessbiz-01 | 2008-09-21 20:07



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧