「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2008年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.447 11月30日(日):フィットネスお悩み相談Vol.68
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「チェーン店でマネージャーをしております。フィットネスビジネス誌2008年11月号で書かれていた『退会率が低い=いいクラブか?』に目から鱗の思いでした。何故なら、会社が評価するのは影響要因に関係なく、『退会率の低いクラブ』だからです。これからもより良い情報の提供をよろしくお願いします!」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
ありがとうございます。と言いましても・・・記したことは当たり前のことであり、何故、会社がこういう視点に立たないか不思議です。

仮にチェーン数が30店なら、30店の退会率を比較して表彰しても意味がないと思うのです。

表彰するなら「オペレーションの徹底度」を数値化し、その最高点のクラブを評価すべきです。そのクラブの退会率が「全店ワースト」だとしてもです。

店舗の実力と評価は「やるべきことをやりきる体質」にあるのです。「やるべきことをやらないで数字がいい」のはマーケットがいいからであり、「やるべきことをやって数字が悪い」のはマーケットが悪いか、本社の策が悪いか、その両方かです。

以前このようなことがありました。

退会率が「1%」のクラブがあって、マネージャーを筆頭にそのクラブのスタッフは「うちはサービスがいい!」とか「スタッフには自信があります!」と自慢していました。

しかし、そのクラブは閉鎖に追い込まれます。いくら退会率が低くても、会員数がダウントレンドであれば業績悪化は当然です。

結果、私の所属していた会社が営業を引き継ぐのですが、間近で見るスタッフの意識は信じがたいほどに低く、営業権が変わることを知ると大半のスタッフが離脱。一部残留した幹部も「会員数が多過ぎて、満足な接客ができない」と言って、2週間くらいで消えていきました。

あなたのチェーンにこの閉鎖クラブがいれば全国ナンバー1でしょうね!なんせ「退会率1%」ですから。でも、これは正しいでしょうか?

こうなる原因は大きく3つです。
・経営者がフィットネスビジネスを理解していない。
・マネージャー経験がなく、経営感覚希薄な者をスーパーバイザーとかに起用している。
・現場スタッフが正当に会社を突き上げる論理力、発言力、勇気などを有していない。

「目から鱗です!」で終わっているなら、何も意味がありません。かえって「害」です。

そう思ったなら何か行動しましょう!物事は「行動し結果を変えなければ」意味がないのですから!

PS:退会率を減らす努力(お客様にフィットネスを継続いただく努力)は死に物狂いで取り組むべきです。誤解のないように念のため。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」 こちら! 
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録 こちら! 
by fitnessbiz-01 | 2008-11-30 20:03
No.446 11月29日(土):充実した土曜日!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。本日は以下の写真に中にいたのですが、一体、何でしょう?の遠藤です。※答えは最後に。
b0113993_22154935.jpg

さて、今日は土曜日です。土曜日の存在は重要です。

余韻があるうちにその週を総括し、翌週の戦い方を決める必要があるからです。

この有無で翌週はまったく違ったものになってしまいます。この総括と対策なしに週が切り替われば、変化のない毎日が続くことになります。

ちなみに、私は基本的に土曜日は朝からジムに行きます。

ジムで筋トレをしてバイクをこいでいると、不思議なくらいアイデアが出てきます。

昼からは当社板橋オフィス(お決まりのファミレスですが・・)で伊藤とミーティング。

来年の戦略とそれに沿った営業施策の見直し&追加を行いました。

これも朝のジムが効いてます!

フィットネスビズ3年目となる来年は「ソフト」を固めるつもりです。

1年目は「方針の理解」。2年目は「マネジメント」が重点事項でした。

私も業界歴20年以上にして、やっと「ソフト」というものを体系化して説明できるようになってきた気がします。

来年も楽しくなりそうです006.gif
※答え:「ンシマグンニンタ」の逆さ読み。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-29 22:19
No.445 11月28日(金):価格政策、疑問アリ!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。妻の誕生日プレゼントを未だに贈っていない遠藤です(2月です・・)。

さて、皆様も目にしたと思われる昨日の日経新聞!↓↓↓
※会社名は消しておきました(笑)
b0113993_2234986.jpg

各社、いろいろ考えてのことだと思いますので、批判をするつもりも異論をはさむつもりもありませんが、あくまでも私個人の意見としてはこれは「キツイ」と思います。
※新聞にも「会員減の懸念」なんて書かれてるし。

商品の価値を何一つ変えず、まして、こんな経済下で、さらに、「在籍減」という内部要因を補う理由で価格を上げれば「顧客離れ」が進むことは明白です。

「値上げ金額×全国の会員数=売上増」という目論見でしょうが、仮に、この値上げで入会力が10%程度低下し、0.5%程度(200名に1名)の顧客離れが起きれば、売上は半年くらいで元に戻ります。

「経営努力だけでは補えない」と書いてありますが、大手クラブは本社の人数を半分にするとかやったのでしょうか?(多くの企業で本社スタッフの半分くらいは生産性に貢献していなくムダだと思います。)さらに、サービスやオペレーションの徹底見直しなどをやることは山ほどあると思います。

3月くらいにも大手が横並び的に一斉に値上げしましたが、私は呆れ返っておりました。

この値上げが、その後の業績向上につながっていなければ(つながってるわけないけど)、決定に関与した権力者は「戦犯」です。

「原油価格の上昇などで値上げ」などと言ったわけですから、逆に原油価格が下がった今、その分は値下げするべきでしょう。

一方で、日経記事には「入会金無料キャンペーンは当たり前で赤字店舗が全国で増えている」と書いてありました。

フィットネスビジネス2008年11月号でも「入会ダンピングは悪!」という論調が目立ちました。

私はこの点についてはそうは思いません。

もちろん、「バナナのたたき売り」のような、意味なきダンピングはその通りでしょう。

しかし、そうではない場合もあります。

「入会金を取ればやめない!」というのは、消極的発想であり、逆に「在籍が減る」と思います。

その理由はヒミツで・・・028.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!

by fitnessbiz-01 | 2008-11-28 22:18
No.444 11月27日(木):フィットネスビジネス誌に感激!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。出張用カバンのガラガラの音が日本一うるさい遠藤です。

さて、3日間の関西出張から帰宅すると、フィットネスビジネス誌が届いていました。
b0113993_0524183.jpg


今回の巻頭特集は「ハイブリッドプロフェッショナル」です。光栄なことに私も取り上げていただいております。

その特集で、業界の大先輩として、さらに経営者の大先輩として尊敬している、中嶋社長、亀田社長、手塚社長(雑誌登場順です)と一緒に選出いただいたことは、私にとってこの上なく光栄なことであり感無量です。これは本当に本当に嬉しいです。

さらに、自分のこと以上に嬉しかったのが「ヘミング伏見」さんの特集です。
※上の写真(表紙)も「ヘミング伏見」さんです。

ヘミングさんとは今年からパートナー契約を締結いただき、力を合わせてリニューアルプロジェクトや営業改革に取り組んでいます。

で、特集は「想いが叶うクラブヘ」という題名で、なんとカラーで6ページ!

籔内社長、岩元さん、波多野さん、西田さんもなかなかナイスな顔でした!

そして、古屋編集長の素晴らしい文才が、記事に「魂」を吹き込み私は感動しました!

記事内で籔内社長は「当社は成長の途中」と語られています。

これは(成城石井の大久保社長も言われている通り)、「経営改革には一年かかる」ということと同義語だと思います。

(記事内にある通り)クラブ名である「ヘミング」の由来は「老人と海」の著者アーネスト・ヘミングに由来しているとのことです。

素晴らしいですね!

ヘミングさんはこれからも成長へのさらなる「航海」を続けていくことでしょう058.gif058.gif058.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-28 01:04
No.443 11月26日(水):「黄金の卵」へ!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。昨日はブログ会社さんの事情(サーバ工事)で本ブログが長時間見ることができなかったようでスミマセンでした040.gif040.gif040.gif
閲覧数も半減し(当然ですが・・)、私も悲しんでおります007.gif

さて、本日は大阪産業創造館さん主宰のセミナーで講師を務めさせていただきました。

すごく豪華な会場に驚き!(開始約30分前)
b0113993_21215738.jpg

こんな垂れ幕も初めて!
b0113993_21223076.jpg

すごい参加者数!(140名とか)
b0113993_21244340.jpg

セミナーは田村さん(シンコンサルティング代表)と一緒です!経営・運営の見方や考え方で大きなヒントをいただけました!
b0113993_21263898.jpg

私もファイト!(撮影:伊藤友紀さん。セミナーで大事なことを言い漏らし、伊藤さんにしばかれました。)
b0113993_21271768.jpg

プログラム満足度も「97.6%」ということでよかったです001.gif

もっとも、セミナーに出たからと言って、明日から業績が上がることはありません。

セミナーというのは「きっかけ・気づきの場」です。

日頃から考え続けている自立した個人と、自立した講師の相乗効果により、まさに卵が産まれるかのように「何か」が生じるのだと思います。

本日のセミナーが「黄金の卵」のきっかけとなれば嬉しい限りです。

本日の機会を与えていただいた大阪産業創造館様、担当の高山様、ご厚意に感謝申し上げます。ありがとうございました!

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-26 21:29
No.442 11月25日(火):これぞ「教育」!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。さて、先日、本屋に行きましたら西武渡辺監督の著書がありました。
b0113993_22463710.jpg

実は先週のメルマガで渡辺監督ネタに触れたのですが、その時は本を出版していることも知らなかったので、すかさず購入しました。

渡辺監督は苦労の人です。前橋工業から鳴り物入りでプロ入りしましたが、晩年は西武を自由契約になりヤクルトへ。それも一年で自由契約に。その後は台湾へ渡り、プレーイングコーチ、コーチ、そして西武二軍監督を経て、一軍監督に就任しました。
※この「多様性」と、1つ1つ階段を上がっている「たたき上げ」の事実は指導者としては最高のキャリアを積んでいると思います。

「寛容力」という内容通りに、中身は渡辺監督の優しさや誠実な人柄がにじみ出ていました。サブタイトルには「怒らないから選手は伸びる!」なんて書いてあり、怒ること(正確には「叱る」です)が多い私などは学ぶべき点が非常に多く、赤面してしまいます。

しかし、この本にはきちんとした「肝」があります。

それは、渡辺監督が「一軍と二軍では指導を分けている」と言っているところです。

「一軍は叱らないが、二軍は叱る」と。

また、入団時(初期2年間)に、(若い方は知らないかもしれませんが)広岡達朗監督の厳しい指導を受けなければ、15年間も現役は続けられなかったと書いていました。

広岡監督といえば、「管理野球」、「海軍式野球」などと言われ、食生活から私生活まで厳しく指導することで知られていました。

実際、渡辺監督も「蹴飛ばされたり、怒鳴られたり」しながらも「プロというものを叩きこまれた」と振り返っています。

しかし、この厳しい指導により、万年最下位だった西武は一気に「常勝チーム」に変容し、その後、黄金時代を築くのです。

私も同じ考え方です。一軍選手には叱りませんが、二軍選手には厳しくします。それ故、昔から部下の反発が付きものですが、仕方ないと割り切っています。

社会人初期というのは「プロとして給与をもらっているアマチュア」です。つまり、「二軍」なのです。だから、上司は社会の規律、仕事のルールを厳しく教え、本人達も一軍を目指して、死に物狂いで努力するのが当たり前なのです。

そこで、開幕から一軍に上がるか、一生、二軍で終わるかは本人の努力としか言いようがありません。

実際、広岡監督の指導を「受け入れられず」に、反発した中堅、ベテランも少なくなかったようです。

しかし、それから20年たった今、その指導を「受け入れた」渡辺監督が苦労を経て西武の監督となり、そしてアジアチャンピオンとなって、自らの著書で感謝の意を述べていることには、さすがの広岡監督も感無量に違いありません。(長髪とモンペみたいなユニフォームは容認しないと思いますが・・。)

いい話です。これぞ「教育」だと思います006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」は こちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-25 22:52
No.441 11月24日(月):今日は撮影会だ!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は来年の販促媒体等で使用するイメージ写真の撮影会(第2回)でした。朝も早から準備中・・・。
b0113993_21121148.jpg

モデルさんは、当社がイメージガール(フィットネスガール)をお願いするタレントの小池さちえさんです。撮影後の1ショット!
b0113993_21123269.jpg

以前、第1回撮影会の模様や経緯を本ブログで「ご興味のあるクラブはご紹介しますので、ご一緒にどうですか?」と呼びかけたところ、某クラブ様に来月にお伺いしての撮影が決まりました!

とにかく、イメージガールとしてはぴったりの方だと思います。

美貌やスタイルが抜群などは当然として、人柄が素敵な方です。

今日の撮影会も長時間に及びましたが、最後まで疲れた顔一つ見せず、かつ笑顔を絶やさない姿勢は素晴らしく、さらに撮影が円滑に進むように、周囲スタッフを気遣っていました。

多くのクラブが広告会社の写真を使い回したり、コンセプトなく外国人モデルを使っていますが、大金を投じるにはもったいないと思います。

興味のある方はご一報を006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-24 21:16
No.440 11月24日(日):フィットネスお悩み相談Vol.67
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「以前、セミナーを受講したものです。経歴の中で、『収益感覚のない会社を退職した経緯』を話されていましたが、私のクラブも利益は経営者だけが知っており、現場は在籍を追求する様に言われています。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
こういうクラブが多いようですね。私には理解できませんが、このようなクラブは大きく以下の2つの特徴があります。

1、ワンマン経営者である。

2、「フィットネスクラブの収入の大半は在籍数で決まるから、そこを重視すればいい。経費はほぼ固定なので大きく変動しない。」という考え方をしている。

1は共産国家のようなものです。情報は一部の経営陣が管理し、スタッフは経営陣の決定通りに従順にふるまう。こういう組織(個人)が生存できるのは、競争環境がない場合だけです。共産国家や(私が退職した財団法人)は国内や組織内で物事が完結しているからいいですが(今はそうも言えませんが・・)、民間クラブは競争環境に置かれていますから、いつか必ず崩壊します。

2は相変わらず「この業界は施設中心の単純な産業です」と言っているだけだと思います。私はフィットネスクラブの収益構造は「在籍を管理していれば事足りる」というほど簡単ではないと思っています。「在籍が一定」という条件下でも・・単価が下がれば売上は落ちるし、回収率が1%落ちればアルバイトさん数名分のコストが増えたと同じ、入会数と退会数のバランスが変われば売上は変わります。その他にも影響因子はたくさんあります。経験からも「数字が読めないマネージャー」が担当するクラブの業績がよかったことはありません。

何よりもこのような環境下で社員は成長できるのでしょうか?もっとも、この業界には「現場大好き!数字大嫌い!」というスタッフが多いので、管理する項目が少ないほど喜ぶ人が多いかもしれませんが、30才も過ぎてマネジメントスキルを磨いていない者は、存在価値を減じていくばかりです。これは流行のパーソナルトレーナーにしても同じことです。

もっとも・・一番大切なことは「自分は将来どうなりたいのか?」というあなた「志」です。

そのような環境で安住し続ければ、自分のポテンシャルも発揮できぬまま、そこそこの生活レベルで一生を送るか、大手クラブに買収されて居酒屋で「後の祭り」を愚痴るか、はたまた、クラブが閉鎖して路頭に迷うか、といった将来が濃厚です。

行動というのは「志」の強さによって、自動的に決まるものです。

ただし、業界内に溢れる安直な転職は奨励しません。A社で活躍できない者が、B社、C社と転職したところで、変わったのは環境だけで、その人の思考や習慣は変わらないからです。

もしも、あなたが「利益感覚が必要」と思うなら、経営者に直談判し、可能な数字を公開してもらい、自分の出来うるコミットをし、「行動」してみてはいかがでしょうか?現環境下でもできることはたくさんあると思います。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら! 
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-23 23:02
No.439 11月22日(土):本日は「勉強」×「行動力」
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。本日は業界の方と意見交換した後に、ゴールドジムへGO!
b0113993_221561.jpg

さて、その方とは今日が初対面でした。ありがたいことに私のブログやメルマガに共感いただき、「ご挨拶だけでも事務所へお邪魔させてください」とメールをくださったのです。

私はそんな恐縮いただくほど偉くないですし、私もこれまで会いたい方には自分から連絡して会っていただいてきた経緯があるので、「いつでもOKですよ!」とお返事し、新宿の某ホテルラウンジでお会いしました。

非常に問題意識が高く、現在の責任ある役職にも全力で取り組んでいる方でした。転職を繰り返したり、組織に順応できずにフリーになったり、マネージャーから逃げ回ったりしている人が多い中で大変価値あるキャリアを積んでいると思いました。是非、夢を掴んでほしいと思います!

このような「行動力」は非常に大事だと思います。

「社内」や「仲間」の枠を出なければ、自己の価値観は極めて狭い中で完結します。

愚痴、人事の話、上司の自慢話、昔話、説教などに終始する「社内飲み会」の類はまったく意味がありません。早く帰って寝たほうがいいです014.gif014.gif014.gif

成長を目指す人は「行動力」を磨こう!

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-22 22:08
No.438 11月21日(金):今日は「勉強」×「目標」
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。本日は昨日の「生徒」から一転、専門学校で教壇に立っている遠藤先生です。授業風景!↓↓↓(ガイコツちゃんあまり見ないでね。)
b0113993_23165690.jpg

さて、言うまでもなく、学生たちの本分は「勉強」にあるわけですが、その効果は「何かを達成したい!」とか「目指すべき自分になりたい!」という気持ちが強いほど高まります。

従って、目標や志が低ければ「勉強」は効果的に成立しないわけです。

もしも、今、私が大学に行けば、教科書を食べるくらい勉強すると思います。勉強に飢えているからです。しかし、情けないことに、そこまでのモチベーションは大学時代にはありませんでした。

こう考えると、このような「目標教育」的なものを、早い段階、できれば小学校くらいから教えるべきではないかと思います。
※教えるのは「目標を持つこと」ではなく、「目標を持つことが大切だ」ということです。もちろん、目標を持てる人(子供)は持った方がいいです。

世の中には、大人になっても「目標を決められない」という人がたくさんいます。

言われなければ新聞も読まないようない人もたくさんいます。

それは「自分はこういう風になりたい!」という「志」や「目標」がないからです。

または、あっても真剣にそう思っていないからです。

私は44才で「勉強に飢えている」わけですが、その感覚に24才でなっている人がいたらどうなるでしょう?!

私が20年かかった道のりを5年くらいでショートカットするに違いありません!

意識改革は早いに越したことはないのです006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2008-11-21 23:21



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧