「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2009年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.751 9月30日(水):働いて給料をもらう!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。本日で(一般的な)上半期が終わりましたが、「卍固め」のように会社からロックされた「予算」をただ追いかけるような人生からは、早目に脱出することをお勧めする遠藤です。

さて、様々な経営改革の著書でも有名な(株)武蔵野社長の小山昇氏がメルマガで面白いことを書かれていました。

それは【変革】について。ほぼそのまま引用しますと・・。

【今の時代、会社が変化をする一番の対策は、人を変えることです。人を変えないと変革はできません。人を変える、やり方を変える、同じ人ではできませんから、人を変えるのです。そして、今と同じやり方をしないこと。人間は過去に囚われるので、新しい人でやること。新しい人の能力が少しくらい低くても、とにかく人を変える。過去を知っていると、人間的なしがらみや情がからみ、変えることをためらってしまいますが、変革とは、お客様の都合に合わせて会社の組織を変えることです。武蔵野は、それをやり続けて、増収増益を達成しているのです。】

まったく同感です。

人を変えるといっても、なかなか人は変わらないのです。

私は一年やって成長しない人は、その後も「成長伸びシロ」は極めて少ないと思います。

だから、人を変えることで組織を変える。

そして、さらに同感なのは「新しい人の能力が少しくらい低くても、とにかく人を変える」ということ。

能力がつくのを3年も5年も待っている間に、「競争劣位」で置いていかれちゃいますよ。

「給料をもらって働く」という良き時代はもう終わったのです。

「働いて給料をもらう!」という価値観を心に刻み行動する者に、チャンスはガンガン訪れるのだと思います001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-30 21:19
No.750 9月29日(火):「プラスの集団」に!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。ショルダープレスを久々にやったら、重量ダウンしていた遠藤です。

さて、昨日のことなのですが、「呼ばれていない」当業界パーティーに訳あって乱入し(笑)、すっかり楽しんでまいりました。

実をいうと、会場を集合場所に指定されたので向かったに過ぎず、何が行われていて、どなたがいらっしゃるのかもさっぱりわかっていませんでした。

しかし、会場へ着くと、新たな出会いがあったり、久々の方と情報交換ができるなどとても有意義でした。
※●●社長、ありがとうございました。

やはり、動くこと、顔を出すことは重要なことです。

また、ある大先輩から今回のフィットネスビジネス誌の連載内容を非常に高く評価いただき、大変光栄でした。

このようなパーティーは、ほとんど「前向きな方々」が参加されています。

「前向きな方々」というのは、「プラスのエネルギー」に溢れています。

このような「気」の中に身を置くことが、業績アップの原点であることはいうまでもありません。

リーダーが神経質っぽいな顔をして、「ダメだ・・」とか、「業績が悪い・・」とか口癖のようにいっていれば、暗くてネガティブな雰囲気が大量拡散!され、それはインフルエンザ菌のように周囲に伝播します。

「よしやるぞ!」、「楽しい!」、「次は何をやろうか!」

「プラスの集団」はこのような会話が尽きないのです。

そして、大事なことは、たとえ苦しくてもそう口にしているところです。

私の周りも常にそんな集団、エネルギーにしていなければなりません001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-29 20:34
No.749 9月28日(月):読書より大切なこと。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。更新が遅れ申し訳ない遠藤です。

さて、先日、読書の重要性を説いたわけですが、誤解のないように「読書以上に重要なこと」を明記します。

それは、「考えること」です。

「読書」より「考えること」の方が重要です。

当たり前のことですが、この世のすべての物質が考えることによって創出されたものです。

いくら年間1000冊の本を読んだところで、それは他人の意見に支配されているだけで、その時点ではほとんど意味がないと思います。

大切なことは、そこから自分で考えること、それも考えて考えて考え抜くことです。

そして、その考え抜いた結論を行動に移すことです。

教育の本質とは「考える力がある個人」をどれだけ創れるかということだと思います。

しかしながら、本気でやればやるほど、その難しさに直面します。

ノウハウ本やセミナー等でいわれている程、それは簡単ではありませんね・・。

いずれにせよ、「考える力」=「思考力」。

考えることは疲れることですが、TVを見ている暇があったら考えたほうがいいです。

成長する人材の基本要件だと思います006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-28 23:59
No.748 9月27日(日):フィットネスお悩み相談Vol.104
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「私の会社は『社員はタバコを吸ってはいけない』という方針ですが、親会社の幹部はタバコを吸います。当社の幹部(上司)は親会社の幹部に頭が上がらないようで矛盾を感じます。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
悲しきサラリーマン社会の極致ですね~。

・無神経でサービスマインドが皆無であろう親会社幹部。
・そんな親会社幹部にビビって無言を貫く上司(自社幹部)。

私が近寄りたくないタイプであります。

でも現実は、そういう人が大半なのですよ。

もっとヒドイ幹部もたくさんいますよね!

上司の前では「借りてきた猫」みたいになるのに、本社の裏やクラブの近隣でタバコを吸っているような人達が本当に存在するのです。

このような体質を放任し続けることで、「ものを言えない部下」と「裸の王様の社長」の両輪が形成されていき、組織が官僚化していくのです。

大袈裟かもしれませんが、これは「生き方」の問題だと思うのです。

端的にいえば、このような方々の生き方は「部下には厳しくしながら、上司に迎合している自分を許せる」、「自分が正しくないと思っていることでも、上司が間違っている場合は許せる」、「上司の前でだけ『いい子』を演じている自分が許せる」、というものです。

あとは「そういう生き方の人間」と行動を共にできるかできないかという「あなたの人生感」の問題じゃないでしょうか。

私は「タマラン」ですけどね・・・。

そもそも、「禁煙」が「フィットネスクラブ従事者の方針」になっている時点で、レベルが低すぎるのです。

親会社から時限立法でやってきた経営者や、サイドビジネスでそこそこやっているような経営者に「自分たちが居るところではない」とわかってもらうには、より真摯で本質的な姿勢やマインドを持ったリーダーが、フィットネスクラブの原点となる価値観(新しい価値観ではない)を自身の行動で実証していく以外にありません。
※私はやります!

あなたがすべきことは「それは方針と矛盾している。親会社幹部の喫煙を認めないか、それができずに親会社の喫煙を認めるなら、(100万歩譲って)『タバコは自由!』と方針を変えましょう。」と上司に伝えることです。

3ヶ月待っても、その上司が親会社に伝えなければ、直接伝えればいいと思います。

自身の役割責任下で結果を出すことに注力しながら3年間行動して、それでも状況が変わらなければ、転職を考えればいいでしょう。
※ただし、この業界は「タバコOK」の会社ばかりですけど。

その想いの強さの如何が、現在のあなたの矛盾を解消に向かわすか否かを決定することと思います006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-27 18:42
No.747 9月26日(土):「ゆるんだ規律」の先は。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。間もなく今年が終了すると思っている遠藤です。

さて、原監督に大監督の風格が出てきたように思えます。

私はリーダー研修で(前回退任する前から)原監督の就任挨拶をケーススタディで用いているのですが、その頃から素晴らしいリーダーになるのでは・・と予感しておりました。

その理由はここでは掘り下げないとして、その原監督がシーズン中、若手投手に呈した苦言が新聞に書かれていました。

「●●はアスリートなのにタバコをやめられないなど意志が弱い。」

その後、この投手は禁煙をし期待に応えたようですが、ここには「当たり前すぎる」2人の存在があります。

・間違った意識と習慣を指摘する上司
・それをやめた個人

で、これを「幹部が平気で喫煙できる我々フィットネス業界」に置き換えるとどうなるでしょう。

・規律を厳しく指導できない経営者
・プロ意識のかけらもなく甘えたままの個人

タバコを吸う吸わないは自由なので勝手にすればいいですが、ここで大事なことは「そんな組織(チーム)が強くなるわけがない」ということです。
※原監督が証明しています。

そのような真剣味のない組織、上司のもとに、情熱や能力がある若者が集う可能性など皆無なのです。

こういう状態を放置しながら「業績悪化を嘆く」というのは、本末転倒もいいところ。

「ゆるんだ規律」は、そのあたりを覚悟の上で認めましょう006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-26 21:24
No.746 9月25日(金):「努力なき者、食うべからず」
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。本の購入への出費がとどまることを知らない遠藤です。

さて、それと関連して、24日付の日経新聞に「読書への支出」というコーナーが掲載されていました。

それは、収入と読書量が相関しているということで・・・。

●年間50冊以上、本を読む人
・年収800万円以上は11%。
・年収400万円~800未満は10%。
・年収400万円未満は6%。

●月平均の書籍購入額
・年収800万円以上は2910円。
・年収400万円~800未満は2557円。
・年収400万円未満は1914円。

「へぇ~っ!」という感じです。

年収800万円以上の人でも、年間50冊以上、本を読む人はたったの11%しかいないんですね。

平均でみれば、2910円ですから、2冊程度/月です。

これは褒められたもんじゃないですね・・。

ちなみに国税庁の調査によると、年収2000万円以上の人の割合は給与所得者の「0.5%」で、(別調査では)1日平均40分読書をするとのことなので、努力した人が「独走」する理由がよくわかります。
※月間何冊かは不明ですが、1日40分なら少なくとも10冊以上にはなるでしょう。肝心なのは時間管理をして、毎日読んでいるということです。

一方で、上記調査を逆から見ますと、「年収400万円未満でも6%の人が年間50冊以上の読書をしている」ということもわかります。

もちろん、読書がすべての解決ではないし、年収が高いことが立派なことではありません。

しかしながら、このような自己投資の有無が「差」になっていくのは必然だと思います。

「努力なき者、食うべからず」

薄給に泣いてから、格差を嘆いても遅いのです006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-25 23:46
No.745 9月24日(木):始まりは「前向きトーク」から!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。ドラッグストアでサプリ(医薬部外品)を買うと、「お大事に!」といわれますが、とっても元気な遠藤です。

さて、シルバーウィーク中は(←あまり、ワクワクするネーミングじゃないですね)、頭のリセットも欠かしませんでした。

私は家族、仕事、自分の3分野に目標を掲げていますが、それぞれの取り組みを見直したのです。

「家族」
中身は秘密ですが、子供と話し合って某習慣の見直しをしました。父親としては大事なことでした。

「仕事」
本を読み返しながら、会社の進むべき道を再整理しました。明確化できたので、実現できると思います。

「自分」
私は簡単な日記をつけているのですが、書き方を変えました。これも内容は秘密です。

こういう時間はものすごく大事です。

そのおかげで、本日10時から伊藤とミーティングをしたのですが、開始1秒から「尽きないトーク」ができました。

この「尽きないトーク」が大事なんだと思いますね。

経験上も目標や志が高い人は「前向きトーク」が尽きません。

一方で、そうでない人はネガティブなことを言っていたり、怒っていたりと、要は生産性のないことに時間を費やしています。

プラスの雰囲「気」からしか活況は生まれません。

すべての始まりは「前向きトーク」からだと思います001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-24 21:55
No.744 9月23日(水):ハッスル!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。シルバーウィークは大半を「父親業」に注いだ遠藤です。子供たちは「宝」です。

さて、新政権誕生から1週間ほどが経過しましたが、各大臣(起用が疑問な一部を除く)は「ハッスル!」してますな。

今まで政治家がまったく言わなかったり、ぼやかしていた部分にガンガン踏み込んでいくので、気持ちがいいです。
※各政策に賛同しているわけではないので念のため。

この光景を見ていて、昔の私を思い出しました。

私は「支配人やらしてください!」としつこく直訴して抜擢的に起用された際、「フィットネスクラブとはこうあるべき!」、「ビジネスモデルはこうだ!」、「強みはこれです!」といったようなことを雄弁に語っていたものでした。

各大臣の「ハッスルぶり!」はその自分の姿と被るのです。

で、その結果、私はどうなったでしょう?!

・・・・・。

見事なまでの惨敗!(爆)

何1つ結果が出ない!(爆×2)

スタッフもまとまらない!(爆×3)

最悪です!!!

見事なまでに現実の厳しさに直面するわけです。

理論より実践!ってことです。

実をいうと、そこまでが被るのですね。

大丈夫なのかな~?!なんて。

とにかく、大事なのは「実行力」。

成否は別にして、「言行一致」でやり切ってほしいものです001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-23 20:03
No.743 9月22日(火):いつも心に「ときめき」を!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。近所の西友に一人ショッピングに行くのが苦にならなくなってきた遠藤です。多分、「西友版KY」が浸透してきており、何となく楽しいのだと思います。学べます!

さて、昨日、ONについて記したわけですが、その続き的な「いい話」を。

昨年末くらいに王さんの特番があったのですが、その時、「人生で一番大切なことは何ですか?」というインタビュアーの質問に対する王さんの答えが忘れられません。

何だと思われますか?

私は努力とか闘志とか辛抱とか、そういったようなワードを予想したのですが・・。

答えは何と・・・「ときめき053.gif」。

不断の努力と精神力で世界一のホームランバッターになった方が「ときめき」と言われたのです。

大げさでなく、私は衝撃を受けました。

でも、これは納得がいくのです。

例えば、最近の政権交代を見ていても、政治家の見た目は若いと思います。
※高年齢者が役職に就くことの正否は別にして。

藤井財務相なんて77才で、あのシャキッとした感じと、眼力(めぢから)や言葉の強さなどは「この爺様はとんでもなく凄いな!」と思ってしまうのです。
※主義主張の正否は別にして。

また、私は長渕剛さんが好きなのですが、過去に大麻で捕まってしまったのは実によろしくないとして、53才でのエネルギッシュぶりは凄いと思います。
※森光子さんも凄い!

みんな、「ときめいている」のですよ。

だから、私は昨日、王さんも長嶋さんもTVにどんどん出てほしいと書いたのです。

その方が「ときめく」と思うから。

私も1回しかない人生を「ときめき」、かつ「真剣勝負」で生きたいと思っています001.gif

※まったく知らなかったのですが、本日、王さんが腸閉塞と胆石の手術を受け成功したというニュースを目にしました。驚きましたが、過去に手術をした胃がんの転移もないということで、本当によかったと思います。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-22 22:37
No.742 9月21日(月):ON(オーエヌ)の時代!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。目覚まし時計を買い替える際、音の大きいのを買うようにいわれたものの「そんなのにしたら、うるさくて起きちゃうじゃん!」と発言し、家族一同のひんしゅくをかった遠藤です。

さて、昨日のNHKスペシャル「ONの時代」は、私世代以上の多くの方々が感慨深く見たのではないでしょうか。

王選手と長嶋選手はあまりにも恰好よすぎました。

背番号1と背番号3。一塁手と三塁手。左利きと右利き。一本足打法とまったく型にはまらない打撃フォーム。世界のホームラン王と世界の勝負強さ。

番組内では当時のVTRや写真が紹介されましたが、(よく報じられる)昭和43年の阪神戦(甲子園)での王選手へのピンボール騒動は凄いです。王選手に対する危険球の連続から乱闘が起き、その投手(バッキー)は退場。そして、交代した投手から今度は本当に頭部直撃の死球を受け、王選手が担架で退場するという信じられない展開。メラメラという感じで打席に入った「燃える男・長嶋茂雄」がなんと本塁打をかっとばすのです。そして、長嶋選手は両手をあげたまま笑顔もなく淡々とベースを一周します。その場にいたら鳥肌どころではない高揚感を味わったことでしょう。

これほどまでのスーパースターは金輪際現れないと思います。

(時代背景もありますが)、その理由はONがファンや子供たちの夢や希望、期待をすべて背負ったスポーツ選手だったからです。

現在の野球選手やサッカー選手等のように、自由奔放にチャラチャラしたり、いい加減な受け答えをするようなことは許されなかったのです。

国が発展し、スポーツが多様化、ボーダレス化した現在で、この重責を背負うという状況自体がありえないとは思いますが、もしあったとしてもその状況を受け入れ、結果を出し続けていく選手はいないでしょう。

番組内では「天才長嶋、努力の王」というファンやマスコミからの期待やイメージに応えるために、必死で自分を変えていこうとするONの苦悩が描かれていました。

王さんは「人格者・王」について「虚像ですね」と笑っていました。

来週は「監督時代のON」が放映されます。

王監督(ダイエー時代)がスタンドに「王やめろ!」と横断幕を掲げられ、タマゴを投げつけられながらも「プロとして結果を出せない自分が悪い」と言われていたのは忘れられません。

この時、TVで張本勲氏(長嶋さん引退後、巨人でOH砲を組んだ)、このファン達に対し「世界の王さんを愚弄している!許せない!土下座して謝れ!」的な感じで怒り狂っていたのを見て、私は一気に張本氏が好きになったのですが、多くの人が同じ気持ちだったでしょう。

昨日の番組の最後で、長嶋選手の引退試合の試合終了時に王選手と長嶋選手が肩を組んでベンチに戻ってくる場面が放映されました。

この場面は鮮明に覚えています。子供ながらに「感動的な光景」に映ったのです。

今年からONのユニフォーム姿が見られなくなりました。

ゆっくり休んでほしいですが、そんなことをするとONのような方々は老けこんでしまうのだと思います。

だから、これからも元気な姿をファンの前に見せてほしいと思います001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2009-09-21 18:19



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧