「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2010年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.874 1月31日(日):フィットネスお悩み相談Vol.126
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「若い人を多く見られていて、成長する人としない人の分岐点はどこにあると思いますか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
ありきたりですが、「志」と「努力」の差だと思います。

「こうなりたい!」と真剣に思っているかどうかが、「向学心」の差につながり、ひいては「成長」の差になると思います。

社会人というのは、所属企業等には違いはあれど、「勉強する環境」というのはほぼ平等に与えられています。

同じ本を読めば、書いている内容は全く同じです。

同じセミナーに行けば、耳に入いる内容は全く同じです。

同じことをしているのにもかかわらず、そこから吸収する段階で「差」が生じるのは、「真剣度」の違い、「志」の違い、そして、それらを実現するための「努力」の差としか言いようがありません。

東大合格を目指して死にもの狂いで勉強している人と、合格したら儲けものくらいの意識で勉強もどきをしている人では、結果に差がついて当然です。

むしろ、この「もどき」パターンが60%前後いるのではないでしょうか。
※20%が「真の志」。60%が「志もどき」。残りの20%が「志なし」。

いつも言うことですが、それでも「お金」が貰えるからおかしくなるのです。

経験や人脈といったものは確かに重要です。

しかし、ボーダレスでハイスピードな現代社会は過去の経験が明日に役立つということはありません。

大切なことは「こうなるぞ!」と心に決めて、「学ぶことをやめないこと」です。

そんな若手は間違いなく「成長」し、「独走(独創)」すると思います!

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-31 20:52
No.873 1月30日(土):「人付き合い力」が仕事のベース。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は筋肉の「超回復」を実感できラッキー037.gif!でした。

さて、昨日、「若手」につい記したわけですが、彼等彼女等に意識してほしいことの1つに「人付き合い力」があります。

「ビジネススキルを磨かないといけない!」なんて考えていると、この「人付き合い力」が忘れ去られてしまいます。

「面倒だな~」と思っても、二次会にも付き合わなければいけない時もあります。

苦手なカラオケを歌わなければならない時もあります。

波長が合わない人とも、楽しく同席しなければならない時もあります。

懇親の場で黙っていてはいけません。

率先して楽しい会話で盛り上げないといけません

料理やお酒の注文にも気を配らねばなりません。

こういうことが「笑ってできて」、はじめて「人の幅」がつくられていくわけです。

当社のように社員が若い会社は特にですが、人生の経験を重ねた上司がこういうことを叩き込まないといけません。

「仕事」とは、この「人付き合い力」をベースに「能力」を加味するものです。

「人付き合い力」のできない者は、お客さまにも鈍感です。

すべてのベースが「人付き合い力」なのです001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-30 21:36
No.872 1月29日(金):若手は「龍馬」のように!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は夜景が絶景のレストランを知ることができラッキー037.gif!でした。

さて、最近は業界内の若手で交流会が実施されているようで、そのような流れは大変好ましいことです。

今年46才ながらも「若手」を自負している私はまったく呼ばれないのですが、当社社員も声を掛けていただいた際は参加しているようです。

そんな中、少なからず「閉塞感」というのが存在する会社もあるみたいです。

この「閉塞感」というのは、モチベーションを下げる最大要因だと私は思います。

経営陣が「うちの社員はモチベーションが低い・・」と嘆き、「モチベーション向上策」、例えば、目標管理制度とか、社内大学、社員交流イベント等を次々と実施するケースも見かけますが、奥底に「閉塞感」が漂っていては効果がありません。
※何もせずに放置状態の会社が大半かとは思いますが・・。

「閉塞感」の最たるものは、発言機会がない、社長がなんでも決める、提案しても「まだ早い的に」跳ね返される、年功序列の幹部が多いなどなどです。

私自身もこういうことに抵抗を感じて、企業を飛び出したことがあります。
※あくまでも私の感覚においてです。

私は「給料」とか「立場」はモチベーションの中心でないと思って会社を経営しています。
※「重要」な一部ではあります。

「志」を掲げ、「同志(仲間)」と、「夢」に向かう!

これが原点ですね。

若手にはせっかく交流会をやるのであれば、単なる情報交換にとどまらず、そのことを忘れてほしくないと思います。

まさに「龍馬(伝)」のように001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-29 23:59
No.871 1月28日(木):洗練されたリーダーに!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は4月並みの温暖気候ということでラッキー037.gif!でした。

さて、本日は当社社員の小川とランチをしました。

「遠藤は社員と食事ばっかりしてるな」と思われるかもしれませんが、大切なことなのであしからず。

小川は某クラブでのアルバイトスタッフから、昨年4月に社員として参入しました。

実は入社前に名刺交換をしたことがあって、そこには「パーソナルトレーナー」と立派に書いてありました。

で、入社後ですが、七転八倒です。

これまで自身がどれだけ不勉強だったかを思い知ったことと思います。

小川は自分の意志で毎週、読書論文を提出してくるのですが、残念ながら、最初の頃は小学生レベルからのスタートでした。アーメン・・。
※まぁ、今も昔もほとんどがそうですけど。

「パーソナルトレーナー」などという名刺を持って歩く前に、やることがあるだろうという話です。

ここから3年間が勝負になりますが、若いし、性格も明るく真面目だし、周囲とのコミュニケーションも良好なようなので、「猛勉強」を自らに課し、日々の基本習慣を地道に継続できれば、必要能力を習得していくと思います。

ただ、小川については1つ納得がいかないことがあります。

それは、「いなかっぺ大将」に出てくる、西一(にしはじめ)に似ていることです。

※西一氏↓↓↓(現在の小川は短髪でまさに「うりふたつ」。)
b0113993_14335591.jpg

何といっても「いなかっぺ・・」ですからね・・。

小川には是非とも「洗練された」素晴らしいリーダーに育ってほしいと期待しています001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-28 20:44
No.870 1月27日(水):実社会に出よ!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は紛失したと思い込んでいたモノが、魔法のように再出現しラッキー037.gif!でした。
※どうでもいいモノですが。

さて、(今日もそんな話になったのですが)フィットネス業界には、将来、専門家になりたいからと社員にならずにアルバイトを続けたり、より学ぶためにと学校を転々とする人が少なからずいるように思えます。
※何をもって専門家なのかよくわかりませんが・・。

しかし、それって本当に必要な行動なんでしょうか?

私からしたら、そんなことに時間を費やすより、さっさと「実社会」に出たほうがいいと思います。それも社員で。

学校とか勉強だけに「専念」していいのは、せいぜい25才が限度でしょう

理由は2つです。

1つは、社員として組織に属さないと社会人の「ベース」がまったく身につかないことです。

社会というところは「正しいことが常に正しい」という理論の世界ではありません。周囲との人間関係や、協力、礼節などなどで成り立っています。それを社員という一定以上の結果責任を負った上で、様々な経験を積むことで、人は成長していくのです。自分の世界に入り込み、どれだけ「専門性」を磨いたところで、実社会では使いものにならない人間になるばかりです。

もう1つは、学校の知識よりも、実戦から掘り下げていった実践ノウハウの方がよほど財産になるからです。

世界一の職人で、世界中から工場見学者が後を絶たないといわれる岡野雅行氏(岡野工業)は、著書「勉強だけではメシは食えない」の中で「学歴なんてなくたっていい」といわれており、自身は「小卒」です。

これからの時代は、知識や学歴では食っていけません。

先輩たちは若者達にそういった価値観も指導していくべきでしょう001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-27 20:50
No.869 1月26日(火):あれから2年と数ヶ月・・。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は子供が持っていたガムの懸賞が「あたり」でラッキー037.gif!でした。

さて、本日は当社の田中と食事をしました。

田中とは前所属企業が同じだったのですが、その時は話したことがありません。

大阪からフィットネストレーナーを目指して一人上京し、(前所属企業で)アルバイトトレーナーをしており、その後、社員になったのですが、そのタイミングで私は退職することになったので、ほとんど接点がないのです。

その後、諸々で進退を考えている時に、大久保進哉さんに連れられて私のセミナーにやってきて、セミナー後の飲み会で私と話をし、その内容で入社を決意したという、そういう男です。

それから2年と数ヶ月が経過したわけですが、あの時からは確実に逞しくなったと思いました。
※フィットネスビジネス誌(2009年11月号)にも「業界識者」で出ていましたし。

田中には、昨年の9月からマネージャーを任せています。

苦しんでいますが、それで初めて、自分がチーフトレーナーという立場でどれほど楽をしてきたかを身をもって理解したことと思うし、私が「マネージャーをやらないと真の実力はつかない」と言っている意味もわかったと思います。
※もちろん、「マネージャーをやる=実力がつく」ではありません。

田中には彼の「志」となっている「現場と数字をつなげることが出来る、真のハイブリッドトレーナーになること」を何としても実現してほしいものです。

そして、1才違いの伊藤とフィットネス業界に「若手革命」を起こしてほしいと願っています001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-26 20:57
No.868 1月25日(月):覚えない人。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は「脳の構造は12才までにほぼ決まる」の疑問点を知ることができラッキー037.gif!でした。

さて、私は常日頃、「同じことを繰り返す人は仕事ができない人である!」と断じていますが、そもそも、それ以前に「物事を覚えない」という人がいます。

そういう人々を見ながら、「どうして、覚えないのだろう?」と考えるわけですが、以下の2つしか思い浮かびません。

・頭が悪い。
・覚える気がない。

「覚える気がない」というのは「プロになる気がない」ということですから、これを縦横のマトリクスにすると以下の四分類になります。

・頭が悪く、プロも目指していない。
・頭はいいが、プロを目指していない。
・プロを目指しているが、頭が悪く覚えられない。
・プロを目指しており、頭もよく覚えがいい。

ところで、「あなたはプロになりないですか?」と質問すると、ほとんどの人が「はい」と答えます。

しかし、現実は6~8割くらいが「覚えない人」です

では、何故、こうなるかといえば、フィットネスという仕事は「知らなくても困らないから」です。

本で読んだようなことを言っていれば、お客さまに納得してもらえるし、給料も貰える。

だから、それ以上の努力をしなくなるのです。

経営者もトレーナーもこのことへの問題意識が希薄過ぎると思います。

だから、いつまでたっても「施設勝負」で、フィットネスの価値は国民に広まらない。

特にトレーナー達には経営陣を突き上げるくらいの猛勉強を促したいと思います001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-25 23:59
No.867 1月24日(日):フィットネスお悩み相談Vol.125
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「フィットネスビス社ではサービスの一部に『お客さまスペース』だけでなく、『事務所』を入れられていますね。当クラブは館内の清掃にはこだわりますが、マネージャーを中心にデスクの上は書類だらけです。私はそうならないように努めていますが、その部分には関心がないようです。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
まず、当社が「事務所」をサービスの1つに入れている理由をご説明します。

大きくは2つです。

1つは、自分の身の回りのことをキレイに出来ない者が、人様の利用するスペースをキレイになど出来るはずがないこと。

もう1つは、「事務所をキレイにする(=整理する)」ということこそが、「仕事力の基本」だと確信しているからです。

前者から掘り下げますと、事務所が汚いクラブは「館内をキレイにしよう!」というのが単なるスローガンになっており、細部まで徹底されていないと思います。

例えば、よく見かける光景として、掲示版のポスターが曲がっている、画鋲が統一されていない、館内の時計が微妙に狂っている、スタッフの名札の位置が違う、挨拶が元気なだけで統一されていないなどなど。

こういうのを「サービスを重視している」とは言いませんが、大丈夫でしょうか?

後者ついては、「事務所を整理する」ということは、そこのデスク上、引き出し、棚、書類、パソコンなどなど様々なモノが関与してきます。

普通に考えればわかることですが、1枚の書類がどこに置いているかがわかるのと、100枚の書類の中に埋もれているのでは、前者の方が「スピードが速い」のが当然です。

これは棚の中から、パソコンの中まで、すべて同じことです。

要するに「整理」という概念は「スピードを上げるため」にあるのです。

某調査によると、仕事中に探し物をしている時間(年間)は、なんと「6週間」とのことです。

社会人の多くが、こういう「仕事の基本」を教わっていません。

教わっていないのに「スピード」や「結果」を求められています。

公式を教わらずには数学の問題は解けません。

つまり、「事務所の整理」には「お客さまの満足度を高めること」と「スタッフの成長」という2つの効果があるわけです。

あなたのクラブのリーダーがそのような観点に立っていないことは残念なことですが、まぁ経験的にいえば、99%の人は頭ではそうだと思っても実行はしません。
※当社社員も似たようなものです。繰り返し確認しないとできるようになりません。

自身がリーダーになる時をイメージして、嘆かず、しっかりと実力を磨いておきましょう!

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-24 23:10
No.866 1月23日(土):ホームページを更新しました!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は突き抜けるような青空から、たくさんのエネルギーを感じることができラッキー037.gif!でした。

さて、ご覧の通り、ホームページを更新いたしました。
※ブログもホームページ内へ。

ホームページから本ブログに入っていただく方もいらっしゃると思うので、事前に告知しようと思っていたのですが、諸事情から、万が一、告知したのに更新できなくなっては良くない・・などと考えて躊躇してしまいました。

旧ホームページは独立以来、使ってきたので愛着というか想いが詰まっているのですが、どんどん文字量が増えてしまい(爆)、はっきり言って汚くなってきたので・・一新しました。

また、2010年は「気持ちも新たに様々なことにチャレンジしていくぞ!」と決めているので、その気合いも込めました。

出来栄えはいかがでしょうか・・・?!

また、(当社として大きな変更なのですが)今回から「コンサルティング」という言葉を使用するようにしました。

私は「コンサルティング」という言葉からは、「実践」、「実学」なき「机上の正論」を連想するので、意図的に使ってこなかったのですが、我々が提供しているのは試行錯誤や辛苦の繰り返しから会得した「結果になったリアルな実学」のみなので、そこにプライドを持って、私たちなりにこの言葉を使っていこうと思うに至りました。

ちなみに、ホームページは「手作り」でございます。

もちろん、専門的な部分はお願いしますが、レイアウトから写真選び、リンク、解析ツールの設定などなどは人任せにせず、地道な作業を行なっております。

なので、そこそこ評判が良いと嬉しいなぁ~!

というわけで、これを機会に、また新鮮な気持ちで行動していきたいと思います001.gif

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
★スタッフブログ「ムサコ物語」はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-23 21:00
No.865 1月22日(金):「勉強軸」と「実行軸」。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル。)

こんにちは。遠藤です。今日は歯医者さんが予想より痛くなくラッキー037.gif!でした。

さて、人の「能力」というものを考えると「勉強軸」と「実行軸」があることに気づきます。

図にしてみると、こんな感じです。
※以下表をブログに書くのは実に難しい・・。

実 |勢い型 | 優秀型 |
行 |_ _ _ _ _ _
軸 |負け型 | 理屈型 | 
   ― ― ― ― ― ― 
      勉強軸

この業界には体育会系、運動系の人が多いわけですが、まず「勉強癖」がついていません。その「癖」は社会人になっても変わらずです。

よく、運動系の人が「体力には自信があります」、「根性には自信があります」といいますが、最近、そういうのはほとんど強みにならないと思うようになりました。

だとすれば、野球選手やサッカー選手だけでなく、ボクサー、ランナーなど、とんでもない体力と根性を誇るスポーツマンは「全員、仕事ができるようになる」ということになりますが、そんなことはありません。

(話戻って)、「勉強癖」同様に、欠落しているのが「実行力(軸)」です。

とにかく、「すぐやる!」という習慣、「まずやってみる!」という習慣がない。

これらを、マトリクスに沿って整理しますと、

・勉強もせずに、行動もしない人は当然の「負け型」。
・体育会系のノリで元気はあるが、ロジックに欠ける人は単なる「勢い型」。
・勉強熱心で理論はあるが、経験や実行が乏しい人はもっともタチの悪い「理屈型」。
・そして、勉強熱心で行動する人のみが「優秀型」。

なかなか優れた理論では?!038.gif038.gif038.gif

皆で「優秀型人材」を目指しましょう001.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!info@fitness-biz.net
★フィットネスビズスタッフのブログ「ムサコ物語」はこちら!
★フィットネスビズのメルマガ「L&M大学」の無料登録はこちら!
by fitnessbiz-01 | 2010-01-22 21:04



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧