「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2010年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1208 12月31日(金):2010年の「まとめ」。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は高速道路走行中に予想外の富士山を見ることができてラッキー!でした。

さて、本日は大晦日です。そこで、(恒例のようになっている)、当社が今年、力点を置いた5分野について、簡単に「まとめ」をしてみたいと思います。

1、クラブ運営
独立以来、一人のOBとしてフランチャイズ権を取得し、経営してきたルネサンス目黒店を6月で閉店しました。一部では「業績悪化」のように思われたようですが、私たちとしては、きちんと利益を出した上での、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)に基づく、「選択的撤退」であり、「戦略的撤退」でした。お客さまには大変申し訳ない思いがありましたが、社員と会社の将来を考えた「経営判断」としては正しかったと思っています。ちなみに、(自分でいうのもなんですが・・)「OBが多額の投資をしてフランチャイズ権を買い取り経営する」というのは勇気ある画期的行動だと思うのですが、それに対し、あまり評価を受けられなかったことには寂しい思いがありました。

2、JV運営
上記に伴い、8月から「JV運営(共同運営)」という新たなスキームをスタートさせました。現在は従来からのパートナー企業であった板宿開発株式会社様(ブランド名:VIVA板宿さん)と株式会社スカイ様(ブランド名:ヘミングさん)に当社社員が役職者等で向かっています。私はこの方式は双方の得意分野が、双方の不得意分野を補完する素晴らしい方法だと思っています。一部では劇的に利益改善するなど、「コトラーの企業変革法則」に基づく「短期的成果」を達成しました。この「成果」を基盤(自信)としながら、ここから先どれだけ「利益」と「お客様満足」を向上させられるかが勝負です。2011年は協力関係を推進し、一切の妥協をせずに「運営力」に磨きをかけるつもりでいます。

3、マネジメント指導
パートナー企業さまの会議に参加し、「利益」と「サービス」をマネジメントしています。本社の会議に出る場合は前者、店舗の会議に出る場合は両方が達成目標になります。業界全般の傾向として「マネジメント」の精度が低すぎると思います。何年も言い続けていることですが、週次の会議をやっていないとか、コストのマネジメントは月に1回ですとか、サービスチェックの基準がありませんとか、これで「業績向上」を口にすること自体が間違っているのです。自社に課題があると感じている企業さまは、当社のサポートのもと、マネジメントの根本を見直してはどうかと思います。経営陣が本気ならクラブは確実に変わります。当然、甘ければ表面しか変わりません。

4、開業・リノベーション集客
2011年に新規オープン・リノベーションオープンする複数物件の準備をしています。これも業界全般の課題だと思うのですが、この種の「オープン」に対しては課題があり過ぎると思います。「新業態論」も結構なのですが、もっと「やるべきことは何か」という部分を追及する必要があります。いつも言うことですが、市場力、商品力、収益力、集客力、運営力の5要素が相乗効果を発揮しない限り、事業は上手くいきません。その各要素を厳しく追及することなく、単なるラッキーを「成功」と勘違いしたり、明らかな能力不足、判断ミスによる「人災」を「立地が悪い」、「業態が悪い」などと結論付けるのは実に問題があると思います。

5、ビジネスリーダー育成
今年は業界セミナーだけでなく、企業さまから「社員研修講師」としてお呼ばれする機会が増えました。その中で、私が強調するのは「自立」です。何故なら、子どもから大人になるのと同じで、人に依存しているうちは、何1つ自己実現などしないからです。しかし、多くの企業の教育はそうなっていません。「自立」、つまり、日々の「基本習慣」を厳しく求めることなく、マーケティングとかセールスとかを教えたり、多能な職務を覚えさせたりするのは本末転倒です。若い時期からサバイバル競争を生き抜く能力を鍛える必要があるのです。来年からはメルマガテーマも「自立」とし、「自立型リーダー」の育成支援に力を入れるつもりでいます。

考えてみれば、現状のフィットネス業界に対し、一貫して厳しめの提言を続けている私が、上記のような分野で仕事をさせていただけるようになったということは、幸せなことであると同時に不思議なことであるとも思っています。

しかし、それは自社の現状に危機感を持ち、「本当にいいクラブをつくるにはどうしたらいいか」ということを真剣に考え出した経営者・経営陣が増えてきたことの表れだとも思っています。

来年は独立4年目となります。

当社にとっての第2ステージは、そういった経営者・経営陣の皆さまと、「フィットネスこそ最高のライフスタイル」という価値観を人々に広めていきたいと思っています。

本日が本年最後のブログになります。

私には「つぶやき(ツイッター)」は向いていません。

自分の言葉は140字では表現できないし、携帯電話(携帯端末)に主体があり、それを四六時中チェックしているような生活をしたくないからです。

今後も自分という軸を持って、家族や社内外を問わない同志(仲間)と「人生」をやっていきたいと思います。

2010年も本ブログをご愛読いただきありがとうございました。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-31 17:04
No.1207 12月30日(木):2011年は自己「大」変革だ!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日はジムでの筋トレ納めが快調でラッキー!でした。

さて、最近は「大倒産時代」とか「破綻の真相」とかいうフレーズを使ったので、私が将来を「悲観」していると思われたかもしれませんが、そんなことはありません。

正確には「悲観」も「楽観」もしていません。

いつの時代だって、「まっとうな努力」をした者は生き残り、怠惰な者は脱落する。

当たり前に、そう考えているだけです。

それに一言、付け加えるなら、昨今は一昔前の「窓際族」みたいに「脱落しても雇用が確保されるような甘い時代ではないですよ」ということですね。

脱落者は食えなくなるってことです。

では、「まっとうな努力」とは何かといえば、「常に自己否定をしながら、自己変革し続けられるかどうか」という一点です。

1850年代にダーウィンが語った「この世に生き残る生物は、最も強いものではなく、最も知性の高いものでもなく、最も変化に対応できるものである」という、所謂、「進化論」は、それから約160年が経過した現代社会においてもまさに真実なのです。

身の周りを見ても、「変化に対応できない者」、要するに現状に安住していたり、過去の自分に依存して生きている者は、人間だから姿形(すがたかたち)が見えるだけで、その存在は「ないも同然」になっています。

そんな中、自分自身についていえば、2010年は「自己変革」という点で大いに課題が残りました。

まったくダメでしたね。

攻めに転じづらい事業上の背景もあったので仕方ない面もあるのですが、「守勢」に回ってしまい、「成長」に欠けました。

「攻撃は最大の防御なり」の通り、攻めなきところに「引き分け」はあっても、「成長」はありません。

来年は自己を叩き直さなければいけないと思っています。

自己の「大変革」に向けて、その誓いを確かなレベルに高め、強化しているところです。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-30 20:21
No.1206 12月29日(水):破綻の真相。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は来年の目標設定がしっくりした言葉に落とし込めラッキー!でした。

さて、連日、登場となっている「日経トップリーダー」には「破綻の真相」というコーナーがあります。

今回は「6年間の間に2度、会社を倒産させた人」が取り上げられていました。
※もちろん、実名です。

その社長の特徴は、「アイデア先行で内実が伴わないビジネスモデルを強引に押し進める」、「物事を修正せずに実行する」ということでした。

では、そんな社長が何故、ビジネスを興せるかというと「人たらしで、天才的に金を集めるのがうまい。座持ちもうまく、アイデアマンで情熱家だから、それにほだされてしまう人が多い」とのことでした。

で、この社長は1回目の倒産時に、その理由を「元役員の12億円の横領が発覚し、運転資金が底を突いたため」と説明したそうです。

横領はお気の毒ですが、要は「現状認識」がまったくできていないわけあり、この「ズレ加減」が2回目の倒産につながっているのです。

まぁ、「思いつきレベル」とか「検証しない」とか「人たらし」とか「問題を人にせいにする」とか、古今東西、会社を潰す社長は同じような特徴なんだろうなって、思わず笑ってしまいました。

それと、もう1つ私が注目したのは、その社長が「つい先日」の2010年2月に某出版社から「本当のスタートはこれからだ!」みたいな本を出版していることです。

実は、この出版社は私にも「出版」の話を持ってきました。

しかし、驚いたことに「宣伝するから1000万円で自費出版せよ」というのです。

こんなことで「金儲け」をするなんて詐欺みたいなものです。

馬鹿馬鹿しいので二度と会いませんでしたが、「出版会社なんて、売上だけが欲しくて、ソフトへのこだわりは皆無なんだな」と思ったものです。

大切なことは事業とか物事の「本質」をひたすら地道に追及することですよ。

記事になった社長だけでなく、その出版社も、また、巧みな営業に引っかかって自費出版する人も、「本質」を見失えば、その末路は惨めになるだけだと思います。

というわけで、2010年もあと2日。本ブログもそういうモードに変えていきます!

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-29 23:21
No.1205 12月28日(火):「所有」と「運営」の分離。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は年内最後の社外MTGが非常に前向きな内容でハッピー!でした。

さて、昨日も少し触れた「日経トップリーダー」には、星野リゾートの星野社長のコメントとして、「所有と運営の分離」ということが記されていました。

それは、日本の旅館やホテル運営は「所有と運営が一体化」されているのが一般的だったが、海外のホテルでは1970年代から「所有と運営の分離」が進んでおり、星野リゾートもその考え方を取り入れてきたというものです。

その他にも参考となる内容がたくさんありましたが、私はこの記事を読むまでもなく、同様の考えを持っていました。

その理由を細々と記すことは控えますが、それが非常に理に適ったスキームだと思っているからです。

また、そこには「施設、立地、料金」という「開発重視」のフィットネス業界とは一線を画したいという考えもあります。

「開発」に課題があっても、「運営」を変えることで、経営が立て直される。

それが「本来の姿」ですよ。どう考えても。

大手系企業が、その信用力を担保にお金を借りて、その一方でお目付け役として「社長」や「幹部」を派遣したり、土地オーナーが素人状態で権限を有すなど、中途半端に「所有」と「運営」が混ざることは、まったく競争力にならないのです。

当社がパートナー契約を締結させていただいている板宿開発株式会社様(武貞知範社長)が所有する「VIVA板宿」さんは、前述のスキームです。

はっきりと「所有」と「運営」が分離されています。

しかし、このスキームには「条件」があります。

それは、運営者が「プロ」でなければならないということです。

実は、私たちはそれができていません。

当社から泉川を起用していますが、私たちの能力不足のために、十分な貢献ができていないのです。

忸怩たる思いです・・。

これは志、信念、覚悟、哲学といった、すべての要素を投入してこそ実現できることです。

つまり、当社にそれらが圧倒的に不足しているのです。

2011年は「運営のプロ」に近づく年にします。

志、信念、覚悟、哲学なき者は、職を失うことになるでしょう。

そして、最高の「WIN×WIN」を創出したいと考えています。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-28 22:14
No.1204 12月27日(月):「大倒産時代」がやってきた。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。昨日のことですが、次男、三男(ともに小5)のバスケットチームが地域大会で優勝しハッピーでした。

レギュラー5名中、5年生が4人のチームで、6年生相手に本当によく頑張ったと思います。親バカですが、嬉しさの余韻は本日もありました。

さて、昨日の日経新聞に「国内景気が改善傾向」、「二番底懸念和らぐ」という見出しが躍ったかと思ったら、本日に目を通した「日経トップリーダー」の特集は「大倒産時代到来」、「経営者は二番底の予兆を見抜け」でした。

どちらが真実に近いかといえば、後者に決まっています。

基本的に日経新聞というのは「大企業情報誌」です。

今や、その多くは「国外」に需要を見出しており、企業は儲かっても、「日本人」に大した恩恵はありません。

一方、「大倒産時代」の論拠となっているのは、グローバル経済に対応しない政治、中小企業金融円滑化法や緊急保障制度などによる倒産先送り、円高&不況などですですが、私の視点は、とにかく国内企業が「自立していない」ということです。

政府に「守ってもらっている」ような発想ではダメなんです。

本来、政治というのは「最大幸福社会」を創出すべきなのに、今も昔も政府は「最大不幸社会」なんていって、国から競争力を削ぎ落とし、寄らば大樹の陰の国民を育成しています。

これはフィットネス業界も同じことです。

以前も何かに記したことがありますが、昨年のIHRSA東京大会では業界大手の経営陣から「行政支援を求める発言」がありました。

これなど「旧態依然思想」の最たるものなのです。

その場にいた、私と伊藤は「これ以上、くだらない研究に税金を使うな!」と言いたかったくらいなので、耳を疑いました。

そもそも、行政に頼って上手くいった産業なんてあるんでしょうか?

フィットネス業界の経営陣も、「回数会員」とか「時間会員」などのその場しのぎの会員種別の設定に頭を使う時間があるなら、「大倒産時代」に備えて、価格に対して価値をどれだけ盛り込めるかという「価値創造」を考え抜くのが本来の務めだと思います。

もちろん、私たちは有言実行で、その主張の正当性を結果で示していくつもりです。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-27 21:16
No.1203 12月26日(日):フィットネスお悩み相談Vol.178
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「遠藤さんはリーダーの3要素として、リーダーシップ力、マネジメント力、人材育成力を挙げていますが、『人格』というものは求められないのでしょうか?求められる場合は、どこに含まれるでしょうか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
私は「人格」というのは、何よりも必要な原点だと思っています。

リーダーシップ力とかマネジメント力というのは、「機能」であり、努力をすれば後天的に獲得可能な能力です。

しかし、「人格」というのは「機能以前」の、「人間性」を表します。

つまり、「人格」が必要条件で、「機能」が十分条件ということです。

この2つが合わさって、「卓越したリーダー」といえるのではないでしょうか。

業界誌等では「機能面」に重点を置いて書くので誤解があったかもしれませんが、上記のような見解です。

ところで、当業界にかかわらず、「人格」が備わっていない人というのはたくさんいますね。

だから、このようなご質問も出るのだと思います。

ちなみに、私は「人格形成」には、以下の5つの要素が関係し合っているのではないかと思っています。

1.親が礼節を重視した教育をしている。

2.少年~青年期に何か1つのことに打ち込んでいる。

3.社会に出てから、恩師と呼べ、厳しく自分を指導してくれる上司に出会っている。

4.これらの過程を通じた挫折経験がある。

5.また、これらの経験を結果(自信)につなげている。

親の教育、突き動かされて打ち込んだ経験の有無、恩師の存在、挫折の経験、結果達成力の獲得。

例えばですが、日本屈指の人格者ともいわれる王貞治さんなどを見れば、それはわかりやすく理解できます。

厳しい父親、野球一筋の青春時代、一本足打法を伝授した荒川博コーチの存在、「王!王!三振『王』」と野次られ活躍できなかった新人時代や、生卵を投げつけられた監督時代、そして、世界のホームラン王と、監督としての日本一経験。

こう考えると、人格とは、その人の喜楽と辛苦の総称であり、「人生そのもの」ということができます。

私など「まだまだ」もいいところです。

「リーダー力」同様、一生磨き続けなければいけないと思っています。

******************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-26 23:30
No.1202 12月25日(土):今年のサンタは感動的・・。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※毎週土曜日はプライベートなことを気楽に綴ってみようかと思います。

こんにちは。遠藤です。今日は珍しく家族そろっての休日でラッキー!でした。

さて、本日はクリスマスです。「クリスマスイブ」にとどまらず、最近は「クリスマスイブイブ」なんていう用語が流行っていますが、本当のクリスマスは25日です。

昨年のクリスマス関連ブログでは、「いつか、我が子たちはサンタクロースの正体が『親子の絆』であることを知るのです」という名言を残し(自画自賛!)、関係者の感動を誘った私ですが、今年は私が感動いたしました。

発端は三男です。

昨夜、自分が寝る直前に、私のところへコソッとやってきた三男は小声でこう言いました。

「今日、お父さんはお母さんより遅く寝る?」

「うん」と私。

そうすると、自分が母親にわからないように裁縫していた(学校の授業で習得)、ミニクッション(妻の好きなデザインを縫い付けていた)を私に渡して、「これをお母さんの枕元に置いてほしい」と言うのです。

なんと・・。

私でなくても、親ならこれはキマスよ・・。

三男は私のブログは読んでいませんが、まさに「親子の絆」です。

まさか、こんな「逆サンタ」が登場するとは思いもしませんでした。

私は妻の枕元に「宝物」を置いて、就寝しました。

そして、続いてのサプライズがありました。

今朝、起きたら、三男は私にも「はい」とミニクッションを手渡してきたのです。

そこには野球のボールと、「ハッピー」という言葉が縫い付けてありました。
b0113993_23124285.jpg

「優しい子に育ってくれて、よかった」って思いました。

2010年12月25日は、朝から最高に温かく幸せな空気が遠藤家を包みました。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-25 23:16
No.1201 12月24日(金):「言ってくれる人」がいない怖さ。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は「THIS IS IT」を地上波でも観ることができてラッキー!でした。

さて、最近、つくづく感じることは、いいことも悪いことも、「言ってくれる人がいない」とうのは恐ろしいことだということです。

特に、「指摘してくれる人」がいないことは大きな問題です。

社長や役職者がそうなれば、単なる「裸の王様」。

若くしてそうなれば、単なる「天狗」であり、「井の中の蛙」です。

私は典型的な後者だったわけです。

しかし、(これまで諸々の機会を通じて、繰り返し述べてきた通り)、小さな組織で天狗になっていたところを、ルネサンスさん入社で自分の実力が通用しないことを思い知り、高崎さんという上司に厳しく鍛えていただいたお陰で「今」があるわけです。

あのままのレベルでいい気になっていたら、今頃、どれだけ「みっともない自分」になっていたかと思うと、それこそ恐ろしいです。

あの時はあの時で、業界誌等にも出ていましたから、それなりの出会いもありましたが、あのまま自己を改めることをしなければ、伊藤との出会いもないし、現在、パートナー契約をしている大好きな社長さまたちとの出会いもなかったと思います。

そんな経験を経て、社長になった今では、側近の二人の人達が、私への指摘を忘れません。

それは、伊藤と妻です。

これは大変助かります。

誤解のないように説明しておけば、伊藤は直接的に「ダメです」と言ってくるわけではありません。

そこに、最低限の礼節や敬意がなければ、関係は成立しません。

言い回しや表情などから、「これは私の考え方がおかしいのだな」と察するのです。

もっとも、目に余ると、「大変申し上げにくいんですが・・」という出だしで改善点を言ってきます。それで私は傷付くわけです(笑)。

伊藤の「仕事面」の指摘に対し、妻は、「人格面」です。

しかも、こちらは直接的に・・。

「自分勝手だ!」

「こんな社長で田中さんとか泉川さんとかの社員は可哀そうだ!」

「(セミナー講師を担当した際)、『素晴らしかったです』という感想をもらえる理由が理解できない!」

などなど。

まぁ、これもありがたいというか、何というか・・。

いずれにせよ、苦言を呈してくれる人が側近にいることは、真の成長に不可欠なのです。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-24 21:36
No.1200 12月23日(木):私たちが考える「事業」というもの。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は朝から3兄弟のバスケ応援三昧でラッキー!でした。

ちなみに、本ブログも1200回目を迎えました!

さて、そんな節目は、私たちの「事業」というものに関する見解を記してみます。

(当業界でいえば)、クラブを持ったり、不動産を所有したり、借金をしたり、人が作ったモノをたくさん売ったりすることが「事業」にように思われますが、私たちはそういうことそのものが「事業」を指すという考えは持っていません。

しかし、現実は、そういうことが「事業スケール」と解釈されているように思えます。

私たちは「どういうビジョンを持って、何を販売し、何を生み出しているか」を問われるのが「事業」の本質だと信じています。

借入(借金)が多いから、または、自分でクラブを経営しているからリスクを張っているというのは極めて前時代的思想だと思っています。
※そうやって破滅した人は星の数ほどいる。

私たちでいえば、「フィットネスの普及を通じて日本を元気に変える」というビジョンを持って、「マネジメント」という「独自の基幹商品」を創り、それを中心に、結果を変え、利益を増やし、顧客を創造し、リーダーを育てています。

まだまだ「十分」には程遠いですが、それでも、具体的で目に見える成果を生み出しています。

また、プロジェクト対応のものは成功報酬部分を大きくし、約束した結果にならなければ1円もいただかないようにしています。

さらに、私たちは経営者の私自らが「業界のあるべき姿」を積極的に発信することで、他者から批判されやすい立場を自らに課しています。

私たちは、「これこそが事業である」と確信しており、その環境下で結果を出すことに「誇り」を持っています。

今後は会社の成長ステージに合わせて、その軸を強化していかなけれないけません。

それにはプロフェッショナルを真剣に目指す人材を、社内外を問わずに求めていく必要があります。

そのためには、ひたすら自分たちを向上させ続けること。

それしかありません!

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-23 23:49
No.1199 12月22日(水):「真っ直ぐ」生きよう!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は何といっても「冬至」でラッキー!でした。これから日中が長くなり、毎日も楽しくなる一方です。

さて、本日はフィットネスビジネス誌の古屋編集長、NEXT誌の岩井編集長、そして、20年来の同志である上田浩之さんとの「望年会」でした。
※撮影、岩井智子編集長。
b0113993_06541.jpg

上田さんとは約4年ぶりの再会でした。

私と上田さんは同じ年なんですが、(上田さんは)日本フープダンス協会を立ち上げるなど、活動的な人生を創られており、それがとても嬉しく、また、「自分も頑張ろう!」って思いました。

業界で20年近くトップにいる方々の言葉は、質があるし、経験に裏打ちされているし、理想論とか軽さがまったくないです。

本当に本当に楽しかったです!

超特急の4時間でした。

皆さまに共通していることは、「真っ直ぐ」、もっというなら、「自分のビジョンを達成するためには金なんか要らない」くらいに思っていることですね。

逆にいえば、「愚直」というか、あまり「器用でない」というか・・。

でも、私は「愚直」で「不器用」な人が好きなんですね。

「小利口」に生きている人、「八方美人」的に生きている人には、「本当の友」ができないと思います。

ありがたいことに、私の周囲には「真っ直ぐ」な人しかいません。

「本物の同志とやってやる!」

改めてそう思えた貴重な時間でした。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2010-12-22 23:59



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧