「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2011年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1298 3月31日(木):明日(4月1日)の「リーダー」の行動は。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は朝6時30分の電車に乗ったのですが、ラッシュ並みの大混雑です・・。

運行本数減だけでなく、それに起因して急行電車が激減しているので(運行本数減に急行を混ぜてしまうと、乗車できる人(駅)の数が減ってしまうからでしょう)、超満員になってしまうわけです。この状況で夏が来ないことを祈ります。

さて、明日から、多くのクラブが「企業の元旦」である新年度を迎えます。

今回の大震災はそんな矢先に起こりました。

各リーダーは出鼻を挫かれたどころではないと思います。

しかしながら、だからといって、「無策」では困ります。

(壊滅的な被害を受けたクラブを除き)、状況はおおむね見えてきたわけですから、大震災が自店に及ぼしたマイナス要因を考察し、戦い方を具体的に変換することが必要です。

「(大震災の影響で)売上や入会が減った分、計画より赤字になります」では話になりません。

こういう人は、直ちにリーダー職を辞するべきでしょう。

何でもそうだと思いますが、リーダーの力量はピンチの時に問われるわけです。

明日の朝礼はリーダーが新年度の指針を語らなければなりません。

明日の朝礼にいないようなリーダーは失格です。

支配人やマネージャーでなくても、明日の朝礼に自主参加しないような社員も自覚が足りません。

ましてや、「遅番」でノコノコ出てくるような人は論外です。

まぁ、私の予想では上記のような行動をとるリーダーは20%くらいでしょう。

新年度は既に始まっているわけで、スタート地点に立っていない人は、当然ことながら後れを取ることになります。

リーダーやリーダー候補の自覚度は明日の朝を見ればわかります。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-31 23:53
No.1297 3月30日(水):人事はトップの「メッセージ」である。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。東京では桜も芽を吹き、わずかずつながら・・日常が戻ってきているように思えます。

さて、昨日に続き、Oさんとのランチで印象に残った言葉を紹介します。

それは、「人事はトップの『メッセージ』である」というものです。

Oさんは「社長の仕事」を幾つかに定義されているのですが、その中の1つに「役員、幹部の人事」を挙げられています。

そして、「強い組織」のリーダーは、必ずや「厳しい人事」を実行していると言われます。

それは私も同感です。

ほんの一例ですが、都知事選に立候補された渡邉美樹氏は、ワタミグループの創業メンバーであり、まさに寝食を共にした同志2名を、その後、取締役から課長に降格させました。

渡邉氏の妻を含む4名は、会社が軌道に乗るまでは、生活費を極力抑えるため、2LDKの部屋で共同生活をしていたほどなのです。

それでも、「降格人事」を断行する。

同志2名のうち、1名は袂を分かってしまいますが、もう1名の方は、現在、グループ企業の経営者(経営陣)を務めているはずです。

また、昨年の6月に新社長になった桑原豊氏も、かつては降格経験を持っています。

落ちたら、再び、這い上がればいい。

単純にそういうことです。

それ(まっとうな競争と評価)がなければ、「組織」とは言えないと私は思います。

(私も降格経験を持っていますが)、「強い組織」、「強い個人」をつくろうとしたら、「降格・降給」など当たり前だし、そこから再起できない人間など、そもそも使い物にならないのです。

そこに「情実」は不要です。

もちろん、成長だけが正しいとは言いません。

しかし、企業が成長しなければ、そこに従事する「人」は成長しません。

そして、そのメッセージは、社員に伝わるのです。

そして、その結果が業績になるのです。

トップが厳しいメッセージを送れば、組織はそれに適応し、強く成長する。

一方、トップが「情実」に流されれば、組織は「ぬるま湯化」し、そのメッセージをかぎ取った優秀な人財から(組織を)去っていく。

Oさんの教えは、まさに「真実」だと思います。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-30 20:32
No.1296 3月29日(火):「人間の一生」
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。「日本代表」対「Jリーグ選抜」。やはり、カズ選手はやってくれましたね!

さて、本日は、以前から可愛がっていただいている、人生、および経営者の大先輩であるOさんにお誘いいただき銀座でランチをしました。

Oさんは、名だたる企業で社長を歴任され、年齢は私より30歳も年上です。

私は(失礼ながら)ご高齢の方には「若い世代に代わってください」という物言いをよくするわけですが、Oさんはというと、同一企業で一定の経営者経験をされた後は、いつまでもそこに居続けることをせず、今をもってして「2年契約」で組織を立て直していく、まさに「プロ社長」です。

現在の会社も就任から1年で、株価がなんと「7倍」になっています。

そのような方にお誘いいただけることは光栄の一言です。

ちなみに、私は(常日頃、公言していることでもありますが)、いつかはOさんのように、どこかの斜陽企業を「社長」として立て直してみたいという気持ちを脳の片隅で持っています。

で、話をランチに戻しますと、私はこういう「場」では、「質問魔」&「メモ魔」となります。

今日も様々な質問をしましたが、Oさんはすべて即座に、かつ論理的に見解を述べてくださいます。

その中で、私が「業態の違いによるマネジメントの違い」について質問した際、Oさんはそれらの違いを述べられた後に、「この1年は反省が2つあるんですよ・・」と仰いました。

「なるほどね~」と思いました。

詳細は記しませんが、あくなき向上を続ける方は、常に「具体的」に自己反省をされ、その行為を連続させているのです。

いつも言うことですが、死んだような20代、30代もいれば、Oさんのように活き活きした70代もいる。

前者は自己反省もせずに、退屈で怠惰な毎日を繰り返すわけです。

この違いが「収入の違い」、「仲間の違い」、「人生の違い」になるわけですが、それは必然だと思います。

そういえば、Oさんから今年いただいた年賀状には、以下の記載がありました。

「最近、目にした文章の一説です。・・・『40歳から10年頑張るのです。すると、50歳までには群を抜くでしょう。ここで息を抜かずに、新しい気持ちでまた10年頑張るのです。60歳ともなれば、もう相当に実を結ぶでしょう。そこから、さらに10年頑張るのです。すると、70歳の祝いは盛大にやってもらえるでしょう、しかも、それからまた、10年頑張るのです。このコースが人生で一番おもしろいと思います』・・・。少し元気をもらいました。」

私もそんな「人間の一生」を送りたいと思います。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-29 22:45
No.1295 3月28日(月):国も企業も未来はリーダー次第。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。毎年この時期は「花粉情報」の確認が欠かせませんが、今年は「放射能情報」です。たまりません・・。

さて、「今、私たちにできること」というフレーズが多方面より聞こえてきます。

私は、個々が「当たり前に」やるべきことは、以下の3つだと思っています。

1つ目は「節電」です。特に「ピークを下げる」という観点が必要だと思うので、「寒い日」や「夜」の時間帯は「我慢」が必要です。

2つ目は「募金」です。何でも、ファーストリテイリングの柳井正氏が、「私財10億円」を投じたとのこと。ユニクロと合わせると、21億円ということで、これは日頃から言われている「CSR(企業の社会的責任)」を言行一致で実行したわけで、素晴らしいことだと思います。最近は一部で「独裁者」などと批判されているようですが、日本では突出した存在になると、すぐに叩かれますから仕方ないですね。もっと、「実績」や「軌跡」が取り上げられるべきだと私は思います。

3つ目は「経済活動」です。これは「稼ぐこと」と「使うこと」です。自粛ムードで経済活動が停滞することが、「スパイラル」の観点から、もっともよろしくないことだと思います。

もっとも、現状を見ると、政府がこういう「当たり前のこと」を一生懸命に啓蒙しています。

国として、あまりにも「無策」だと思います。

例えば、大前研一氏は「電力部分」に関して、いち早く、以下のような国策を提言しています。

1.4月からサマータイムを採用し、時間を2時間早める。
2.企業や工場は週5日間を選択制で操業し電力需要を平準化する。
3.夏の甲子園を中止、または春か秋に変更する。
4.電力の東西グリッドの完全接続を実現する。
5.料金単価が安く設定されている大口顧客には、逆に「高い」、もしくは「普通」の金額設定に納得してもらう。
6.国民一人ひとりに「15%削減ルール」を設定する。(過去3ヶ月の平均使用量を基準として、目標達成度に対して割増課金する。) 

などなど。

各策の正当性を論じたいわけではなく、必要なのは「現状認識」に基づく、「具体的施策」の明確化なわけです。

これが幾度も述べてきた、「リーダーシップ思考」だと思います。

少なくとも、総理は「意気込みだけ」で、こういったことを一言も言っていません。

これは企業も同じです。

経営陣が、「一生懸命、皆で力を合わせて頑張ろう!」などと言っているようでは話にならないわけです。

国と企業の未来は、それぞれのリーダー次第で如何様にも変わっていくと思います。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-28 21:52
No.1294 3月27日(日):「プロ野球」と「Jリーグ」のリーダーシップ。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。日曜恒例の「お悩み相談」は4月から再開いたします。

さて、最近、「リーダーシップ」ということを繰り返し述べていますが、震災後、その「差」が露呈したのが、「プロ野球」と「Jリーグ」でしょう。

「Jリーグ」はトップがいち早く、3月中のリーグ中止と4月23日からのリーグ再開を決定しました。

その後、各チームから、リーグへの不満は聞こえてきません。

「早く決める」ということは、=(イコール)「その後の行動を早く決められる」ということです。

選手一同はチーム単位で募金活動等を率先しました。

世界各国で行われている試合からも、日本へのメッセージが送り続けられています。

そして、今月末に予定されていた国際Aマッチを「日本代表対Jリーグ選抜」のチャリティマッチに変更し、世界各国から代表選手が集結しました。

日頃は「国際試合」でさえ、自軍選手の招集を嫌う欧州等の各チームが、「チャリティマッチ」に選手を送り込んだところに、サッカーというスポーツの根底に社会的精神が深く流れていることを感じさせられます。

さらに、Jリーグ選抜には「カズ」が招集されました。これなどは、今回の震災に対する「チャリティマッチ」の実施意義を考えた場合、不可欠かつ素晴らしい演出だと思います。

人間としても選手としても「超一流」である、「カズ」のプレイは国民の脳裏に深く刻み込まれることだと思います。

また、Jリーグ選抜で出場する中澤選手も中村俊輔選手も、まるで「ワールドカップ」を前にしたかのようなコメントを出しています。

一方、「プロ野球」はどうでしょう。

まず、信じ難いことに「セリーグ」と「パリーグ」の開幕時期が異なるという愚としかいえない決定をしました。

現場首脳からは、機構への不平不満が噴出し、選手会にまで反旗を翻される始末です。(※当たり前だ。)

殿様チームの長老は、被災地感情を無視するような暴言を平気で吐いていました。

こんなチーム、二度と応援しないと心に決めました。
※もともと、この10数年は野球中継をほとんど観ていませんが。

その周囲で、そういう暴論に反論することもできずに、召使いのように仕えている大物たちも同じようなものです。

その後、二転三転し、結局は「圧力に屈する形」で、渋々「セ・パ同時開幕」を決定。

当然のことながら、サッカーのように、世界の一流選手が、日本に帰国するような動きは微塵もない。

イチロー選手、松井選手、松坂選手などが帰国して、日本選抜と試合をするなど想像もできません。

自軍の金儲けに必死で、そんな「発想」すらないでしょう。

「開幕する・しない」の正邪より、そこに至るまでの過程があまりにも醜いのです。

「野球人気」が凋落して当然です。

(惜しくも初戦敗退してしまいましたが)、創志学園、野山キャプテンの爪の垢でも煎じて飲めと思います。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-27 21:34
No.1293 3月26日(土):日本IBMの「リーダーシップ」。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は次男・三男のバスケ活動が再開され、体育館を動き回る子ども達の姿を見て、未来への希望を感じました。

さて、本日の日経新聞に「日本IBMが今回の震災で、地震発生の4分後に対策会議を作動させ、1時間後には状況をほぼ把握し、翌12日には救援物資の補給体制確保や、被災顧客への対応を始めた」という記事がありました。

対策会議と同時に、災害対応に全権を持つ「全社災害対策本部」を立ち上げ、副社長を本部長として、30人の全社横断専門チームをつくったといいます。

さらに、地震当日に福井県にいた社長は、(満席の空路を諦め)陸路東京へ向かい、12日には社員全員の無事を確認すると、社員の激励に回ったということです。

これは「有事のリーダーシップ」として、「素晴らしい」の一言ではないでしょうか。

私は本ブログで、「リーダーシップ思考6法則」を示しました。

繰り返しますと、それは以下の6法則です。

1.現状認識
2.目標設定
3.達成手段
4.優先順位
5.役割分担
6.施策展開

今回の震災で、日本の総理は1つもやっていないことは既に記しましたが、日本IBMはすべてが正しく機能していたことになります。

企業や個人の「体質」というのは、今回のような「有事」や「危機時」に曝け出るものです。

(個人については)、前職を辞める時に、そのことを痛感しました。

そういう時の感情は一生忘れないものです。

そして、今回の有事は企業としての対応が問われるものです。

社員が自社経営陣に対して、どういう印象を持つか。

その判断には十分過ぎる出来事だったということです。

日本IBMは本業では苦戦中のようですが、(その原因等は理解していませんので、無責任を承知で申せば)、有事で見せたスピード力を活かして業績を向上させていただきたいと思います。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-26 21:19
No.1292 3月25日(金):私たちには「成長する責任」がある。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。昨日は大阪で、今日は東京で「前を向いたMTG」ができました。この気持ちが何よりの原動力だと思います。
※大阪の新聞一面が「阪神タイガース!」で思わず笑ってしまいました。

さて、今日の日経新聞でカズこと三浦知良選手が非常に大切なことを述べられていました。

カズ選手は今回の悲惨な現実を前にして、自らに以下の問いかけをしたということです。

「生きていることとはどういうことなのだろう?」

「サッカーをする意味とは何なのだろう?」

「必要なものから順番をつければ、スポーツは一番に要らなくなりそうだ。」

「試合がなく、観客もいない今、オレには価値がない。」

実は、私も同じようなことを考えていました。

「生きる意味とは何なのだろう?」

「仕事というのは何のためにあるのだろう?」

「地震によって、その存在が根底から揺らぐようなものに、人生に大半の時間を投じている意味がどれほどあるのだろう」

「そもそも、お金なんてただの紙切れに過ぎないわけで、これなら、家族で平和に暮らしていられれば、それでいいんじゃないか?」

などといったことを。

もっとも、このことを突き詰めていくと、「自給自足生活」にまで行ってしまうんです。

でも、そういうのは効率的でないから、人類はお金というものを考え、スポーツというものを考えた。

結局は同じことなわけですね。

だからこそ、カズ選手もこう続けているのです。

「僕はサッカーが娯楽を超えた存在であると信じる。人間が成長する過程で、勉強と同じくらい大切なものが学べる。サッカーは『あった方がいいものだ』と。」

私たちの毎日もまったく同じことだと思います。

私たちには生きている以上、「成長する責任」があるのです。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-25 22:29
No.1291 3月24日(木):「状況範囲内で最善の行動を」という感じです。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。東北・関東地方の同志の皆様、前を向いていますか?!今を乗り切れば、今後の難局など屁でもないと思って精進しましょう。

さてさて、今度は「水問題」が起こりました。

空中を飛んでいるので予想できる展開ではあるものの、朝から該当クラブの電話は結構、鳴ったのではないでしょうか。

「プールの水は大丈夫なのか?!」

「お風呂は水は大丈夫なのか?!」

「その証拠はあるのか?!」

「何かあったら責任は取れるのか?!」

などなど。

このことへの対応は、(念のため、衛生局などのコメントを取った上で)、毅然として「大丈夫です」というのが良いと思います。

責任に関しては、実際にそうなった時に、明らかな因果関係が証明されれば対応する準備があるというしかないと思います。

と思っていたら、東京に関しては制限が解除がされました。

素早く状況に対応するのは良いことですが、水に限らず風評が広がるのは政府の発表方法にも一因があります。

例えばですが、「通常の4倍の量が検出された」とやるからパニックになるわけで、「健康に悪影響が出るレベルの1/100が検出されました。この程度で済みましたので安心してください。1年間飲み続けなければまったく問題なし。大丈夫です!」とやれば、少しは冷静な行動を促せると思います。

あとは、情報と見解を一本化してほしいところですね。

枝野官房長官も原発専門家ではないわけで、それ故に慎重に言葉を選んで話していますが、結果、腹に落ちない内容にもなっており、ここはその道のプロに見解を統一してほしいところです。

それを受けて、TV等でいろいろな人がいろいとなことを言うから、素人間で枝葉がついて、とんでもない話になってしまうという・・。

これは、先日、「リーダーシップ思考」の第5法則で示した、「役割責任の明確化」です。

こういう一大事に、東京電力のように記者会見する人が、次から次へと変わってはいけないのです。

いずれにせよ、当面は状況の範囲内で最善の行動を選択し続ける毎日が続きそうです。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-24 23:42
No.1290 3月23日(水):「フィットネスクラブ」は人生そのもの。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は朝、起きてから1時間以内に地震が3連発。まったく勘弁してほしいです。

さて、今週からジム通いを再開したのですが、ゴールドジムさんは電灯を半分くらいにして、BGMも流さずに、サウナも自販機もタンニングも、すべて「使用中止」にしていました。

これは当然のことであり、会員としても賛同します。

しかし、(ゴールドジムさんではないですが)、中には、「その分、会費を返せ」と主張する人もいるようで、本当に虚しい気持ちになります。

もっとも、これは「ジム」や「スタジオ」といった「運動エリア」に価値をつくらずに、「温浴」や「サウナ」に依存してきた結果ともいえます。
※そう考えれば、「ジム」に価値を持たせている数少ない存在であるゴールドジムさんは、上記のような声が上がりづらいはずです。

フィットネスクラブは「運動するところ」です。

業界としても考えを刷新するタイミングだと思います。

ところで、今回のように1週間以上、トレーニングから遠ざかると、何となくカラダが毒された感覚になり、不健康になった気がします。

これこそがフィットネスクラブの基本価値です。

(今月のメルマガで著書をピックアップしている)渋沢栄一氏は「学問と精神と健康があれば、人は自分の力で生きていける」という主旨のことを言われていますが、まったくその通りだと思います。

私はこれに1つ加えて、「学問と精神と健康とビジネス能力があれば、人は自分の力で生きていける」と思っている(もちろん、そこから派生する家族や仲間を含む)のですが、このことこそが昨日に記した「生活仕訳」の「仕訳されない方」だと私は考えるわけです。

ここに「お金」を投じるのです。

これが「投資」です。

「衣食住」などは、意図的に縮小させることはないですが、身分相応でよく、これは「必要消費」と考える。

そして、「浪費」はしない。

そう考えれば、「フィットネスクラブ」というものが、「最高の投資」であり、「人間の人生そのものである」ということがわかるはずなのです。

業界関係者は今こそ、そういう「信念」を持つべきではないでしょうか。

時間経過とともに「元の営業体制」に戻るだけでは、今回の大惨事から何も学んでいないことになります。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-23 22:11
No.1289 3月22日(火):「生活レベル」を仕訳しては?
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は電車が高架の上を走行中に「緊急地震速報:強い揺れに注意」というメールが来て、少しビビりました。

さて、週末は「牛乳」が、スーパーから姿を消しました。

もっとも、この背景は、酪農家自体や紙パック工場等の被害、計画停電の影響、燃料不足による配送ルートの不安定などなわけですが、ちょうど、報じられた放射線問題の影響で、その動きに拍車がかかったことは間違いないでしょう。

私は牛乳でプロテインを飲むのですが、「スッカラカン」だったため、その横であり余っている「豆乳」を買いました。
※「豆乳割り」は合う!

どうしても「牛乳を飲みたい!」という人は、「豆乳」にノンシュガーでも入れて(においが気になる場合)、雰囲気を味わいつつ、さらにカルシウムのサプリメントを少量、放り込めばそれで事足りると、私は思います。

このように、店頭には「何もない」のではなく、「まったくないもの」と「余っているもの」がはっきりしています。

その時に、「欲しいものがまったくない!」とパニックになる前に、「余っているもので代替えできないか」とか、「そもそも、欲しいものがないことが、そんなに問題なのか」と考えてもいいと思います。

現在は「不要なメールや電話を自粛しよう」という運動も起きていますが、私などは「この状態が普通でいい」と思っています。

はっきり言って、人との会話中や自転車に乗っている時にまで、忙しそうにツイッターやメールをチェックしている人など「病気」だと思います。

要は、「贅沢過ぎ」、「便利過ぎ」、「余計なことをやり過ぎ」なのです。

私の予想では、現在の自粛ムードは一時的で、今回の件が一段落すれば、おそらく何もなかったように「元通り」になると思います。

政治では「事業仕訳」というのがありましたが、私たちの「生活レベル」を仕訳してもいいのではないでしょうか?

そして、「向上しながら生きていくために必要なこと」に対して、もっと深く経済活動(お金を使うこと)をすべきだと思うわけです。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-03-22 21:07



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧