「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2011年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.1328 4月30日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.2(通巻192)
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※先週より、「フィットネスお悩み相談」は、「フィットネスビズ兄に訊け!」に名称変更し、毎週土曜日に掲載しております。

【今回の内容】 
「今回、自社セミナーを実施されますが、売上の一部を義援金にすることや、チャリティーイベント開催は考えましたか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
いいえ、考えませんでした。

義援金が必要なら、会社単位や個人単位で別途、行えばいいと思っているからです。

それを、自社のイベントと関連付けて、「その一部」を募金しますとするのであれば、事前に売上金額を見越して黙って寄付しますし、もしもやるのであれば、「売上の全部」にします。

そのような考え方を否定する気持ちは微塵もありませんが、私にはしっくりこないということです。

ところで、フィットネスクラブ内でもチャリティーイベント等をやりたいという声があるようですが、その方々が、どこまで本気で被災地等を心配しているのかは疑問です。

本当に心配している人は、このGWに公式な方法で現地に行き、ボランティア活動をやっているわけですから、「みんながやっているから」とか、そのような取り組みすることによる「自己満足感」が少しでもあるなら、やらないほうがいいと思います。

また、中には、節電運営を「コスト削減」に結び付けている馬鹿者も存在するようです。

言語道断だと思います。

地震からしばらく経過し、様々な情報も提供される中、計画停電というのは東電の愚策であったことが明らかになりつつあります。

このブログでも何度か書いてきたように、必要なのはピークを下げることであって、暖房需要も少なくなったこの時期に朝から晩まで電気を落とす必要などまったくないのです。

それを、不勉強感丸出しに便乗し、必要もない時間帯に必要以上に節電?している。

これは「節電」の名を借りた「顧客無視」です。

そんなクラブのフロントに「募金箱」でもあれば、それは「偽善箱」だと思います。

かつて、フィットネス業界は原油価格等の上昇に伴う「便乗値上げ」という「愚策中の愚策」を、談合的に実施しました。
※その後、原油価格が下がっても「値下げ(価格を戻すこと)」をしないのだから、軽蔑する以外にない。

その時、私はそのような決定をした経営陣とイエスマンの部下達を、公に強く批判しましたが、時を経ても、一部とはいえ「正義なき経営」は未だに存在しているわけです。

まぁ、こういうことを言っているとキリがないので、この辺で終わるとしまして、私は義援金等とはこのようなスタンスで向き合っています。

******************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-30 20:27
No.1327 4月29日(金):「クラブの魅力を高める」とは。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。世間はGWに突入しました。店舗勤務の方はなかなか難しいかと思いますが、可能な限り、旅行に行くなり、人と会うなりして、バンバンお金を使って感性を刺激すべきでしょう。

さて、本日の日経MJには「店舗・施設の魅力度調査(ストアブランド調査)」として、モスバーガーが首位にランクされていました。

モスバーガーといえば、業績が悪化し、ライバルにも差をつけられているというイメージしかなかったので、(ブランド調査とはいえ)意外な感じでした。
※ググってみても、少なくとも2008年度決算までは、売上高、営業利益、営業利益率など悲惨な結果です。最近は、少しずつ上向きのようですが。

外食業の業績部分は専門家ではないのでコメントしませんが、競合他社の値下げ攻勢に同調せず、独自性のある商品開発に注力していたことが、反転のきっかけになっているとすれば良いことだとは思います。

で、何が言いたいかといえば、「魅力度調査」にしても何にしても、評価をするにあたっては、必ず「判断指標」が存在しているということです。

本調査なら、「来店志向」、「時間消費プレミアム」、「購入、利用意欲」、「推奨意向」の4項目になります。

この「指標」が無ければ、物事を定量的に評価、判断することはできません。

だから、店舗スタッフに「サービスレベルを上げろ!」とか要求している上司達は、そのセットとして「指標(評価基準)」を示すことが当然です。

そうでなければ、その要求は、場当たり的で部分的なことを言っているに過ぎません。

フィットネス業界は、こういったことを驚くほどやっていないと思います。

御社のサービスと何ですか?

御社の魅力度とは何ですか?

リーダーには、こういったことに「論理」と「哲学」を持つことが求められているのです。

【フィットネスビス主催セミナーのご案内(本日で終了いたします)】
※本セミナーは定員に達しましたため、お申込み締切とさせていただきます。本当にありがとうございました。(※キャンセルの方が出ました場合、再度、ご案内させていただきます。)

■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※当日の内容はこちらです。(参考までに)

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-29 21:25
No.1326 4月28日(木):改めて「リーダーシップ」を定義する。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は他社さまの方々との前向きな会議、社内での構想力ある会議ができて良かったです。

さて、本日は改めて「リーダーシップ」を考えます。

本日も「リーダーシップ」というテーマが頭の中をよぎったのですが、それを私流におおまかに定義すると、「目的、目標を明示し、その最適な達成手段を、メンバー全員と共有すること」となります。
※これに対し、「成果を出す能力」が「マネジメント力」。

では、この発揮にどのような要件が必要かというと以下の3つだと思います。
※幾度か記していますが、経験とともに、多少、表現が変わる場合がありますので、ご了承ください。

1つ目は、「何としても目的地点に行くんだ!」という「志」や「信念」、「情熱」を持っていることです。

これらを有しない人にメンバーはついてきません。

ついてくるのは、同じように「何も持っていない人」です。

2つ目は、「目標に到達するための手法を持っているかどうか」、所謂、「戦略力」です。

志や情熱等だけがあっても、それは面倒なだけ、暑苦しいだけで、周囲にも迷惑です。

3つ目は、その手法をメンバーに「伝える力」です。

「伝える力」というのは「話しておいた」とか、「説得した」という類のものではありません。

心底から納得してもらい、「目標に向かってこの手法で戦おう!」と、メンバーの気持ちを前向きに導く力です。

リーダーの一機能である「リーダーシップ」とは、この完遂のことです。

これは社長であれ、クラブマネージャーであれ、求められている結果責任に違いがあるだけで、やるべきことは同じです。

だから、クラブマネージャーは、自分が最高責任者のつもりで「リーダーシップ」を発揮すべきなのです。
※現実は「イエスマン」が多い。

本ブログが、多くの皆さまの「リーダーシップ」を再考する機会になれば幸いです。

もちろん、私も磨いていきます!

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※本セミナーは定員に達しましたため、お申込み締切とさせていただきます。本当にありがとうございました。(※キャンセルの方が出ました場合、再度、ご案内させていただきます。)

■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※当日の内容はこちらです。(参考までに)

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-28 23:13
No.1325 4月27日(水):「働く20%」になろう!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。5月27日(金)実施の当社主催セミナーが定員に達しました。お申込みいただいた皆さま、どうもありがとうございました。当日は「最高の成長時間」を皆さまと共有できるように最善を尽くさせていただきます。

一昨日、「勉強は1日700時間」と記しましたが、(極端な例ですが)、私は「年間700冊」の本を読んでも、それだけでは勉強したことにならないと思います。

必要なことは「刺激を受けること」であり、「考え抜くこと」だと思います。当日は「この環境」を創出したいと思っています。

さて、新聞等の書籍紹介に「働かないアリに意義がある」という書籍がPRされているのを見た方も多いと思います。

私は読んでいませんが、紹介コメントによると、「アリの7割は休んでいて、1割は一生働かない。しかし、「この割合こそが巣を守る」と記されています。

なので、日頃、「自分は組織の中で主流ではない・・」などと感じている人は、これを読んで多少なりとも安堵感を得ることができたのかもしれません。

しかし、この種の話でいつも私が疑問なのは、「私たちは人間である」ということです。
※本書が疑問と言っているわけではありません。

栄養ドリンクなどでも、「●●のエキスを採取」とかありますが、それは「●●」だからそうなのであって、私たちは「人間」です。(しつこいけど)

空も飛べないし、四足歩行でもない。

何故、動物の特徴を人間に置き換えたがるのかと?

ならば、「史上最高の生き物」である「人間様」の「脳」を、ゾウやキリンに置き換えるとか。

「パソコンをやるゾウ」とか。

「将来を心配するキリン」とか。

動物園の名物にならないですかね?

話戻って、私たちは人間ですから(また言ってますが)、働くことをしない結果として、企業組織において「その他大勢の7割」や、「まったくダメの1割」に該当している人が、肯定される理由はまったくないと思います。

少なくとも、この「7割」から、リーダーを選んでしまうようなことだけは、絶対にしてはいけません。

いずれにせよ、「パレートの法則」通りに、「2割(20%)が働いている」という部分は、人間もアリも同じようです。

私は、各自の目的、目標は、「この20%になること」だと思っているし、そういう「志」を持った方々に対してメッセージを出しているつもりです。

「まずは、20%リーダーになろう!」

これが「合言葉」ですね。

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※本セミナーは定員に達しましたため、お申込み締切とさせていただきます。本当にありがとうございました。(※キャンセルの方が出ました場合、再度、ご案内させていただきます。)

■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※当日の内容はこちらです。(参考までに)

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-27 22:11
No.1324 4月26日(火):「表面的」対「本質的」。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は多観点で自己磨きができて良かったです。

さて、日経産業新聞に「フィットネス既存店テコ入れ」というタイトルで、大手5社の取り組み等を紹介する記事がありました。

このような「自業界」の記事を読むと、その内容が如何に表面的で論点を外したものかがよくわかります。

これは、ビジネス誌についても、自業界記事を読むと同じ感想を持ちます。なので、私は一般ビジネス誌をほとんど読まなくなったのですが、この位の掘り下げ加減であるならば、せいぜい新聞情報くらいに触れていればよく、それ以外は「情報ソースを絞ること」が大切だと思うわけです。

もっとも、素人の記者が書いた内容がこの程度なのはいいとしても、各社の取り組みについても「どうなのかね?」と思います。申し訳ないですが・・。

相変わらず、「行き当たりばったり」で、「脇道」みたいなことばかり考えている。

もうちょっと「唸らせてよ!」って感じですね。

こういったことを考えている方々は、フィットネスクラブに通って、自分でサービスを受けているのでしょうか?

現場に不足していること、多くのお客さまの「信」を裏切っていることは、記事のような取り組みではないでしょう。

「出店数が減った」ということも同様です。

現在のスキームでは、出店数は減るに決まっています。
※人の成長を重視しないモデルについては増える。

今後は閉店も増える一方でしょう。

こういったことについて、私は公言してきましたし、(私でなくても)あらかじめわかっていたことです。

これは経営陣の責任です。

経営陣にフィットネスビジネスを真摯に学ぶ気がないから、企業改革やクラブ改革が遅々として進まないのです。

また、大企業系に見られる、親会社から出向パターンは真剣に再考すべきでしょう。

一部の例外的な方を除いて、この手の社長の思いつきのようなアイデアは企業の競争軸をぶらし、後世に禍根を残すだけだと思います。

こういう方々は、日経新聞に出ていた、藤井純一氏(元北海道日本ハム社長)が変わらぬプロ野球界(スポーツ界)の体質に警笛を鳴らした、以下の言葉の意味をよく考えるべきでしょう。

「球団の本質的価値を高めていかなければ、集めたお金やファンは逃げていく。」

今、フィットネス業界がやっていることは「本質的価値を高める取り組み」でしょうか?

「程遠い」と、私は思います。

「日ハム」はここ5年間で観客数は約145%増です。

一方、この5年間、「不況だ!」、「家庭用健康機器がライバルだ!」などと言い続けてきた、フィットネスクラブの会員数は???

そういうことです。

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※定員まで「あと1名」です!
※追記です。本セミナーは定員に達しましたため、お申込み締切とさせていただきます。当日は参加いただいた皆様と「希望」を共有したいと思います。本当にありがとうございました。(※キャンセルの方が出ました場合、再度、ご案内させていただきます。)

■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-26 21:19
No.1323 4月25日(月):年間700時間。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は右前腕部にヒビが入ってしまい、春の大会(バスケ)を棒に振ってしまった長男のギブスが取れ一安心でした。

さて、本日、伊藤と月曜定例MTGで、日頃の「勉強量」についての話をしていた時のこと。

私と伊藤の納得できる結論は「年間700時間」でした。

要するに「1日2時間」です。

このことは、大前研一氏も「だいたいどんな人でも年間700時間の勉強を5年間続ければ、世界に通用する人材に必ずなれる。しかし残念ながら、こういう発想をする人はあまりにも少ない」と言われています。

まぁ、世界に通用する人材の手前としても、「一人前」になりたければ、「1日2時間」の勉強は自らに課すべきでしょう。

朝から晩まで会社にいて「仕事をした気」になっていたり、さっさと帰宅してTVを見たりしているようでは、「三流」、「四流」が当然だということです。

大前氏もいわれる通り、「こういう発想をする人」は、本当に少ないと思います。
※特にフィットネス業界は・・。

多くが「週に1~2時間あるかないか」だと思います。

成長、向上したいなら、まずは「1日30分」からでも、始めることです。

この実行は簡単です。

「あらかじめ、手帳に書き込む。」

それだけです。

しかしながら、こう言うと、「シフトや仕事が長引いたりで、なかなか予定通りに行かないんです!」などと真顔で反論されます。

ならば、こう言います。

「シフトが長引かないような仕組みをつくりなさい。」

「仕事スピードを、今の1.5倍にする努力をしなさい。」

こういう人達は、まっとうな努力をしていないで、「できない理由」ばかり言っています。

要は、もともと実行する気がないのに、理由をつけてくるわけです。

こういう人は、いつまでたっても「三流」、「四流」のままです。

今回、私たちがご提供する以下のセミナーは「2.25時間」に貢献します。

なので、あと「年間697.75時間」は、ご自身で頑張ってください!・・ということですね!(笑)

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※定員まであと僅かです。お急ぎくださいませ!

■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-25 20:22
No.1322 4月24日(日):長渕剛さん 被災地へ。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日は長男と自転車で井の頭公園へ行ってきました。リラックスには最高の場所の1つです!
b0113993_211214.jpg

b0113993_21122666.jpg

さて、私はTVをあまり見ないのですが、昨夜の番組で長渕剛さんが被災地を訪問していたことを知りました。
※その後、ユーチューブでチェックすると、結構、報道されていたようです。

先日、「言葉は力だ」というブログを記しましたが、まさに「歌は力なり!」という感じで、そこには素晴らしい光景が報道されていました。
※もっとも感動したのは「日テレ」の「スッキリ!」で報道されたものです。約20分と長いですが、これは出演者のテリー伊藤さんの意向もあったことと思います。是非、最後まで見てください。
長渕さん被災地へ①
長渕さん被災地へ②
長渕さん被災地へ③

長渕さんからハーモニカをもらった子どもが笑顔になり。

「とんぼ」を聴いたご老人が涙を流し。

1500人の自衛隊の方々が「乾杯」で、肩を組み、全員で熱唱し、そして、拳を突き上げる。

被災地に訪問する人はたくさんいます。

しかし、(番組内でテリー伊藤さんも言われていますが)、自衛隊に真正面から向き合った著名人は長渕さんが初めてではないでしょうか。

自衛隊の方々は、日々、「遺体を探す」という、この世で最も残酷で過酷と思われる任務にあたっています。

一部の政治家からは「暴力装置」などと言われている自衛隊ですが、長渕さんは、その献身的姿勢を「日本の誇り、僕の誇り」とし、迷彩服を着て現地に入り、激励の歌を贈りました。

長渕さんの歌を聴いた後の、自衛隊の方々のコメントは本当に涙が出ます。

素晴らしいアーティストになっていると思いました。

実は、私は20才代に長渕さんのファンクラブに入っていたくらいです。

でも、大麻所持で逮捕される前後から人相が変わってしまい、それも退会し、応援しなくなりました。

でも、長渕さんは、その後、肉体改造に代表されるように、自分をゼロから鍛え直し、まさに生まれ変わったような活動をしています。

顔つきも魅力的になり、外見も30代のころより若くなっています。

だから、ここ5~6年くらいは、また応援しています。
※さすがに、ファンクラブには入っていませんが(笑)

今回の報道を見て、「応援してきてよかった」って思いました。

流れるようなメロディーにのった歌も心地いいと思います。

何を歌っているかわからないような曲も、若者には受けるのでしょう。

しかし、私が長渕さんの歌が好きなのは、「立ち上げれ!」というメッセージが込められているからです。

そして、それが心に届き、魂が揺さぶられるからです。

私は人間とは「生存せよ!(生き残れ!)」の遺伝子を持って、この世に生を受けたと信じています。

「チンタラ生きるわけにはいかない。」

そう思いました。

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※定員まで数名になりました。迷われている方は、お急ぎくださいませ!
■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-24 21:33
No.1321 4月23日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.1(通巻191)
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※今週から、「フィットネスお悩み相談」は、「フィットネスビズ兄に訊け!」に名称変更し、毎週土曜日に掲載いたします。理由は「お悩み」とか「相談」というワードが、私のコンセプトと合わなくなってきており、「訊け!」の方がしっくりくるからです。「遠藤に訊け!」だと、何となく過激なので、NEXT誌での呼称になっている「ビズ兄」を使用させていただきました。土曜にしたのは、プライベート編が日曜の方が書きやすいからです。

【今回の内容】 
「以前は週5回、行っていたトレーニングが、現在は週2回ということですが、これは『トレーニング頻度が減った』ということでよいのでしょうか。だとした場合、それは、遠藤さんの中で『良くないこと』ですか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「良くないことではない」と思っております。

何故なら、怠慢で2回にしたわけではないからです。

週5回、行っていたのは20代後半の時ですが、私はまだ独身でした。もちろん、独立もしていません。

「自分」のことだけを考えて、生活していればよかったのです。

その時に比べると、現在は「責任」が増えています。

「父親」、「夫」、「会社代表」、「アドバイザー」、「執筆者」、「専門学校講師」などなど。

トレーニングは「減った」けれど、責任は「増えた」とこういうことです。
※人生の経過とともに、誰もがそうなると思います。

私にとって、こういった「責任」をまっとうしていくためには、週2回のジム通いが「ちょうどいい」のです。

ここが重要なのですが、「2回しか行く時間がない」のではなく、「2回がちょうどいい」のです。

だから、時間があっても、2回しか行かないと思います。

おそらく、他のことをやります。

もっとも、ジムでのトレーニングが週2回というだけで、それ以外に「カラダを動かす機会」は増えています。

今は、当時ほど「筋肉を増やすことへの欲求」もありませんから、それ以外の時間で、ウォーキングやストレッチング、加圧ウエアで成長ホルモンを出したりしています。

本ブログでも幾度か記していますが、私は「ワーク・ライフバランス」という言葉がしっくりきません。

佐々木常夫氏(東レ経営研究所特別顧問)が言われるように、「ワーク・ライフマネジメント」の方がいいですね。

朝、起きればやることがあるし、午前中も午後もやることがある。当然、夜もやることがあるし、週末もやることがある。

今、週5回もジムに行けば、生活、ひいては人生の「マネジメント」が狂ってしまいます。

今年、47才になる私が、家族と仕事と自分を最高の状態に持っていくために優先順位をつけた時、ジム通いは週2回でよいと考えているのです。


【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
※定員が近づいてまいりました。迷われている方は、この週末にお申し込みください!
■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

******************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-23 20:07
No.1320 4月22日(金):言葉は「力」だ!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は20才代の男女の方々と飲み会で楽しかったです。今年47才の私も、なかなか頑張ってますね。

さて、毎日新聞で仙台在住で作家の伊集院静氏が、自らも被災された震災に向けて以下のように語っていたのを知りました。

「新しい人よ。今は力不足でもいい。しかし、今日から自分を鍛えることをせよ。それが新しい社会人の使命だ。それが新しい力となり、21世紀の奇跡をつくるだろう。ハガネのような強い精神と、咲く花のような優しい心を持て。苦しい時に流した汗は必ず生涯の宝になる。ひとつひとつのハガネと、一本一本の花は、美しく強い日本をつくるだろう。美しくて強い日本人、職場をつくろう。その時こそ、笑って乾杯しよう。」

私は感動しました。

詳細は省きますが、ハガネと花も東北地方の大切な文化なんです。

言葉というのは、たかが活字でも、これほどまでの「力」を持つのです。

「言葉の力」といえば、本日の日経新聞に掲載されていたカズ選手の「日本中が変わろう」コラムも胸をうつものでした。

これは本ブログには書き切れないほどの深いメッセージでした。

このように、言葉には、人の心を揺さぶる力がある。

私などは連載等の機会をいただいているわけですから、「言葉」は重要な仕事になっています。

私なりに、読み手の方々が流れの中で読め そして「熱きもの」を感じていただけるように意識はしています。

だけど、「まだまだだよな・・」って思いました。

くしくも、セミナー告知をしている最中。

当日は突き動かす内容をお届けしたいと誓い直しました。

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-22 23:59
No.1319 4月21日(木):成長は「外」に出ること、「動く」ことで始まる!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は(多分、人生「初」だと思う)、財布を忘れて外出してしまい、気づいた時にはPASUMOもチャージ切れ寸前。しかし、何と親友の「若ちゃん」が、奇跡的に近くに居てくれ助かりました!

さて、昨日、セミナー開催の告知をさせていただきましたが、お申込みいただくにあたり「私などは分不相応ですが・・」というコメントをいただきました。

私は日頃、辛口のイメージがあるようなので、「自分などが参加していいのか・・」とか、「そんなことも知らないのかと思われるのではないか・・」と、二の足を踏む方が少なからずいらっしゃるのではないかと自覚しています。
※「優しき中高年」であることが伝わっていないのは誠に遺憾である。自分が悪いんですが・・。

しかし、私はそのように二の足を踏んでいる方にこそ、一歩を踏み出し、参加していただきたいと願っています。

何故なら、成長というのは「外」に出ること、「動く」ことで始まるからです。

この逆で考えれば、この意味は明らかです。

・毎日、同じ人と接している。

・毎日、同じ場所でじーっとしている。

これでは、何も起きません。

私は独立準備中に、このことを肌感覚として理解しました。

当たり前ですが、この時、収入は0円です。

会社設立資金で少ない貯金も出ていってしまうし、収入0円期間は貯金で生活するしかありませんから、お金は「底」に向かいます。

ではどうしたらいいかというと、「家」で「どうしたら自分は食っていけるのか」ということを考え抜き、その考えに基づいて、「外」に出て、「人」と会い、「議論」をし、「情報」に触れ、そして、また考え抜くということを繰り返すしかありません。

考え抜き、外に出て動く!そして、また考え抜き、外に出て動く!

これが「成長への活路」です。

私たちが提供できるのは、そんな「環境」の一助です。

躊躇されている方は、是非、一歩を踏み出していただきたいと思います!

【フィットネスビス主催セミナーのご案内】
■テーマ
リーダーの方、次世代リーダーを目指す方、必見!
「フィットネス産業の歴史から現在、そして未来を考える ~今後、必要とされるクラブ像や個人像を考えよう~」

■日時
平成23年5月27日(金) 18:30~20:45

※セミナー詳細はこちら!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-04-21 20:36



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧