「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2011年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1513 10月31日(月):週刊「フィットネスビズ新聞」発行!
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。昨日のノックで筋肉痛が勃発しております。

さて、メルマガでも告知させていただいたのですが、11月7日(月)から本ブログの名前を変更します。

新タイトルは「遠藤一佳の人生をやろう!」です。

ブログスタート時は「フィットネスビスの仕事のきっかけ(←この名称が存在していてことを忘れていました・・)」という名称で、続いて、「物事の見方、捉え方」、そして、現在の「勇気の力!」です。

このあたりの変遷に私の心情も反映されているわけですが、少しずつテーマが大きくなっているので良しとしています。

本件のきっかけになったことは、「メルマガ」のリニューアルです。

私はこれまでも、若手の成長に役立つ情報をWeb配信したいと考えており、(単なる怠慢でできなかっただけですが)、この度、実行に移すことにしました。

名称は「週刊フィットネスビズ新聞」です。

同じく、11月7日(月)より、当社ホームページ内で自由に無料でご覧いただけるようにします。

長くなるので、メルマガ内には書きませんでしたが、初期は以下の内容を予定しています。

・今週のエール
・フィットネスビス兄の成長回顧録
・Thinking Hi↑
・今週のおすすめ本

詳細は配信をご期待ください。随時、内容は刷新していく予定です。

また、同ホームページには、営業施策の成功事例やフィットネスビジネスの考え方を紹介する「現場のミカタ」コーナーも新設します。

これらにともない、メルマガ「自立せよ」も、次週発行号より「フィットネスビス通信」に名称変更します。

内容は一新し、メインコンテンツとして、フィットネス業界動向の中から気になるニュースをピックアップし解説する「フィットネスビジネスの視点」をお届けする予定ですので、こちらも併せてご期待ください。
※メルマガはこちらから無料で登録いただけます。
※現在登録いただいている方々は、自動継続されますので何の手続きも必要ありません。

さらに、伊藤が「ビジネス・リフティング365」というブログを新たに開始します。こちらは、(私のブログと併せて)「週刊フィットネスビス新聞」の「日刊版」として、当社ホームページトップに毎日掲載します。

バージョンアップした「新聞」、「メルマガ」、「ブログ」を、今後ともよろしくお願いいたします。

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-31 20:30
No.1512 10月30日(日):「ブランク」を感じるも。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日は次週に迫った次男、三男の選抜大会の練習に同行してきました。

三男は選抜チームのキャプテンを務めることになり、最高の機会をいただけたと感謝しています。

また、本日はユニフォームも配布され、雰囲気も盛り上がってきました。

当然のことながら、女子の選抜チームもあるのですが、そこに幼稚園時代に一緒に過ごした子がいました。

このような場で再会できることは親としても嬉しいことですね。

帰宅後は留守番の長男を誘って家族で食事に行き、その後は、三男の要望もあって、近所の広場で野球をしました。

バスケでは丸っきり「いいところ」を見せられないので、お父さんは頑張りましたが、母校のコーチを引退してから25年くらい経ちますから、ちょっと厳しかったですね。

途中からノックをしたのですが、これがイメージ通りにいかない。

高校野球のコーチというのは、「ノックの名手」なんです。

私の母校も一応、全国制覇をしたことがある高校ですから、そこのコーチたるものは、ゴロからフライまで自在に操れなければいけません。

当時は「黒の専用ノックバット」までありましたからね。

初めてもらった時は、野球少年がグローブを買ってもらった時のように嬉しかったですよ。

なんか、「コーチの仲間入り」できたような気がして。

特に「試合前ノック」は見せ場です。

最後にキャッチャーフライを上げるのですが、コーチにとってはこれがなかなかのプレッシャーになります。(失敗する割合が高く、失敗すると観客に失笑されるから。)

別に「最後はキャッチャーフライ」と決まっているわけではないので、バックホーム等で切り上げてもいいのですが、ここに「登竜門」がある。

(今はどうか知りませんが)、昔は「キャッチャーフライで締めること」が一つのプライドだったのです。

でも、一週間くらい練習すれば、勘が戻るような気もしました。

と、まぁ、実にどうでもいいことを書いてしまいましたが、昨日は終日、デスクに向かっていたこともあり、私にとっては「貴重な生きる時間」なのです。

次男、三男への感謝の言葉を日記に綴って、今日という一日は終了しました。

******************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-30 23:04
No.1511 10月29日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.23(通巻214)
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回の内容】 
「先日の新聞で、セブン&アイの鈴木敏文会長が『私はセブンイレブンでレジを打ったこともなければ、品出しをしたこともない。店舗にATMを導入したが、利用したこともない。だから、素人目線で判断できる』といわれていました。遠藤さんの『経営陣は現場を見るべき』という考え方と相反しているように感じます。どう思われますか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
鈴木氏は「現場主義」的な発言をほとんどしたことがないと記憶します。

しかし、私は鈴木氏の主張が私と相反しているとは思っていません。

鈴木氏は著書で以下のように言われています。

「現場に行くことは悪いことではないが、どうして、現場を見なければ問題がわからないのか。」

これは常日頃、私が社内でいっていることと同じです。

四六時中、ジムの中にいるトレーナーこそが、独りよがりの未熟な発想に終始しながら、もっともジムのことを分かっていません。

だから、「現場にいる」、「現場を見ている」ことと、現場、つまり、お客さまへのサービスが良くなるということはイコールではありません。

また、鈴木氏は以下のようにも言われます。

「現場を見て初めて発見しているようではしょうがない。」

まったく、その通りだと思うわけです。

クラブスタッフの多くが「現場が大切」、「お客さまが大切」などといいながら、実際は「考えること」や「改善すること」を怠っています。

これらのことから考えれば、鈴木氏の観点と、(私が指摘する)多くのフィットネス業界経営者のそれはまったく違うことがよくわかります。

「現場も見ない」、「たまに見てはトンチンカンな指示を出す」というのが、当業界の実態だと思います。

もっとも、本件については、「セブンイレブン」だから、このようなことを言っていられるという側面もあると思っています。

典型的な立地産業であり、データー分析や品揃え、流通網の整備などが競争力の中心で、さらに既に13,000店以上もある状況では、「現場主義」などと声高に叫ぶより、鈴木氏の考え方の方が合理的だと思います。
※セブンイレブンのサービスなどお世辞にも良いとはいえない。

ちなみに、鈴木氏も日頃はセブンイレブンで買い物くらいはしているでしょうから、まったく現場を見ていないということもないと思います。

フィットネス業界にはフィットネス業界の「現場主義」や「マネジメント体制」が存在するということです。

******************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-29 23:55
No.1510 10月28日(金):関西セミナーが定員に達しました。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。間隔は正常なのに筋トレ重量が落ち気味です。なるほど、身に覚えもあり、まだまだ修行が足りないことを実感しています。

さて、11月16日の関西セミナーが定員に達しました。

お申込みいただいた皆さま、どうもありがとうございます。

心より感謝申し上げます。

業界には「関西は関東の60%の参加率」という定説があると聞いたことがあります。

しかし、正確には調べていませんが、クラブ数とか密集度を考えれば「もっと低くなってもおかしくない」と思うわけです。

もしも、「60%」なのであれば、熱気度は「関東<関西」ということになります。

いずれにせよ、関東でも関西でも北海道でも九州でも、大切なことは「燃え上がるような各自のマインド」です。

私はこの「熱きマインド」に貢献したいのです。

昨今は「任天堂の赤字転落」が報道されていますが、いつも言うように「フィットネス」とは、もともと任天堂にも負けない「史上最強の産業」なはずなのです。

「ゲーム」と「健康」。

どちらが財産でしょうか。

答えは明確です。

なのに、その提供者がタバコを吸ったり、肥満化してみたり、現場も見ずに数字だけ追いかけたり。

全部、「偽物」だと思います。

こんな小手先で産業が良くなるはずがないですよ。

私のセミナー信条は「ドラッカーの本に服の売り方は書いていない」という柳井正氏の言葉にあります。

目に見える事象の裏側にあることは何なのか?

成功したように見える事例の原理原則はどこにあるのか?

焦点は常にそこにあります。

だから、「明日に役立つような内容」はほとんどありません。

でも、「数年に渡って役立つ内容」はあります。

今回のセミナーも、愚直にその話をするつもりです。

(時間経過もありますから)、5月に同テーマにて東京で行った時よりも、パワーアップさせます。

ご期待くださいませ!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-28 20:30
No.1509 10月27日(木):「イタリアン」で再確認したこと。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。昨日「相反することを同時にできるのが一流」と書きましたが、実はその狭間でもがいている「不器用者」が好きな私です。

さて、本日は知人の友人が経営するイタリアンレストランへ初めてお邪魔してきました。

非常に楽しき時間でした。

ちなみに、今日の支払いでサイゼリヤ(同じイタリアン)に3~4回は行けます。

サイゼリヤの正垣会長は、私がベンチマークする経営者で、氏も言われているように、これは「優劣」ではなく、「ビジネスモデル」とか「商圏」の違いでしかないわけですが、その「双方の意義」を再確認できた時間でした。

「誰と何のためにどう過ごしたか」という「時間感」こそが「価値」になります。

(今日、お邪魔した)お店の経営者は、自身が従業員として働いていた会社が倒産の憂き目にあったそうです。

そこで「一念発起」して起業した。

共感しますね。

「一人ぼっち」から起業した私も似たようなもんですから。

こんな話もできちゃうわけです。

一方、サイゼリヤの店長とこんな話はできませんね。どう考えても。

でも、サイゼリヤの「ミラノ風ドリア」は、価格に対して抜群に美味しい。

子ども達は大喜び!

と、そういうことなのです。

「誰に何を提供し、その対価をいくらとし、どれだけの利益を得て、何年で投資回収するのか?」

大事なのはこれです。

正垣会長は、それを著書で明確に示しています。

「新業態論」も悪くはありませんが、上記の質問に矛盾も躊躇もなく答えられるフィットネス業界経営者を、私は数名しか知りません。

このあたりの「行き当たりばったり感」とか「曖昧さ」が、この業界の成長を頭打ちにしている一つの大きな要因かと思います。

気合いの入ったイタリアンレストランで、おいしいワインを飲みながら、改めて学びました。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーは こちらをクリック!あと数名様、大丈夫です!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-27 23:50
No.1508 10月26日(水):新「一流」の条件。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日の東京は「木枯らし一号」が吹き、一気に寒くなりました。早く「春一番」よ、来い!

さて、本日は「いい話」を学ぶ機会に恵まれました。

それが「新:一流の条件」です。

今まで、書いたことがない観点なので、あえて「新」とつけています。

が、私は「書いたことがない」だけで、潜在意識ではそう思っていました。だから、スッと腹に落ちました。

それは、一流とは「相反することを同時にできる人」ということです。

例えば・・

「楽しむこと」と「必死なこと」。

「優しさ」と「厳しさ」。

「真面目」と「ユーモア」。

昔(私の中学生時代)、竹中直人さんの「笑いながら怒る人」という「超面白いギャグ」がありましたが、これも該当です。
※ありました!これです!!

この観点で考えると、「片方」は「二流」。

どっちも「イマイチ」が「三流」ですかね。

その話の中の一例では、サザンオールスターズが「一流」とされていましたが、非常に納得できます。
※「いつか何処かで」や「旅姿六人衆」があるかと思えば、「エロティカセブン」や「マンピーのG★SPOT」なんていうトンデモナイものまである。

私はこの観点で「一流」でありたいと思っています。

「業界誌では堅めのことを書いているけど、カラオケに行くとバカ騒ぎする」といった感じです。

この「相反」こそが「人的魅力」だと思うからです。

もちろん、私など「まだまだ修行が足りない」わけですが、本日の話をきっかけに自然体の中でそのことをより意識していきたいと思った次第です。

でも、「マンピーのG★SPOT」は歌えないかな~・・。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーはこちらをクリック!あと数名様、大丈夫です!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-26 22:05
No.1507 10月25日(火):「不満スマホ」の顛末。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日は夕暮れの富士山が「いい感じ」でした。
b0113993_2012975.jpg

さて、以前に記しました「スマホ(au)への不満の件」ですが、何とか交換の運びとなりました。

これは、「簡易留守録機能」を希望した上で、「スマホ全機種に簡易留守録機能はありません」と案内されて購入したのに、実は「簡易留守録機能付機種」が存在し、にもかかわらず「機種交換」に応じないという話です・・。
※「留守番電話サービス」は一律32秒待ちですから、話にならない。

ここに至るまで、なんと「約60日」!

しかも、その内の半分は「代替機種」を持たされていました。

何故、代替機種かというと、「文句を言っている人(私です!)が実際に使っているスマホ現物をau本社に対して送ることが必要」という、丸っきり意味不明な理由によります。

しかも、この期間は「アプリのダウンロードは控えてください」という条件付き。

何なんですかね、これは。

稲盛氏の作った会社も、今やここまで官僚化が進んだかとガッカリしてしまいます。

で、そのスマホの普及率ですが、ググってみると、2011年8月段階で約10%なのですね。

到底、そうは感じない(もっと使用されている)ので、電車等でウォッチングしてみると、集計時期の時間差があるとしても確かに20%はいっていないかもしれませんね。

なので、私のような「(無知ゆえの)スマホ難民」は今後も出てしまうでしょう。

前職でお世話になった釈由美子さんも「iPhoneと間違えてiPod touchを購入してしまった」なんて、ネットニュースに流れていました。
※それもどうかと思うが・・。販売員も何やってんだ!

ちなみに、あくまでも私見ですが、シャープ製の機種がビジネスには「使いやすい」と思います。

私は、小型の「IS05」か、スライド式テンキータイプの「AQUOS PHONE 」から選ぼうと思っています。

私は移動中の「携帯」へのブログやアイデア等の文字入力が欠かせない日課でしたが、(指先が不器用な私にとっては)入力が不便になったので、めっきりその機会が減りました。

これは私にとって重大な「時間ロス」です。

「テンキー式じゃなくなってから、すっかりメールが短くなった(=雑になった)」と伊藤からも言われていますしね・・。
※実際、その通り。

未購入者の80%くらい(?)の方々は、私のような面倒な展開にならないようにご留意ください。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーはこちらをクリック!あと数名様、大丈夫です!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-25 20:07
No.1506 10月24日(月):「顧客満足度ナンバー1」というもの。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。週末から慣れない取り組みに集中しており、疲労気味でございます。

さて、本日は出張先で「顧客満足度ナンバー1」で定評のあるホテルに泊まったのですが、いつもながらの「不満足」です。

椅子(チェア)はこれだし。(銭湯じゃないっつうの・・)
b0113993_21564436.jpg

壁(柱)はガムテープ止めだし。
b0113993_2157124.jpg

おまけに長い髪の毛付。
b0113993_21571881.jpg

いくら、「低価格<サービス」といったところで、これではダメでしょう。

その他にもホテル内は「不便だらけ」だし、「汚れだらけ」です。

自慢の「枕」も夜にはない(欠品)です。

また、「快眠保証」といっても、前払いで、チェックアウト時はフロントに誰もいませんから、「まぁ、いいか」ってなります。
※廊下の音も普通に聞こえるし、カンブリア宮殿の内容とは大きく違います。

スタッフの方々には申し訳ないですが、「安いから、まぁ満足」という側面は無視できないと思います。

と、言いましても、特段、文句をつけたいわけではなく、ここ数ヶ月で3回くらい宿泊し「価格の考え方」を整理したかったわけなので目的は達成です。

客室稼働率も高いようなので、ビジネスとしては大成功!といったところでしょう。

が、おそらく、私は今後、利用することがないと思います。

既に、この椅子で腰は「テンパり気味」です。

前回の時は、異常に背もたれが倒れたのですが、まさか今回はそれが「ない」とは・・。
※標準化もされていない。

早く夜が明けて、外出の時間にならないかな・・。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーはこちらをクリック!あと数名様、大丈夫です!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-24 22:00
No.1505 10月23日(日):「数独」から学ぶ。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日は次男、三男の地区選抜チーム練習を見てきました。来月にJBL2の前座として会場アナウンス付で試合ができるので、良い経験になるでしょう。

さて、よく新聞等に「数独」というのがあります。

縦・横・同じマス内の「3つの範囲」に、1~9までの数字を1つずつ点在させ、すべての空欄を埋めるというアレです。

これです↓↓↓
b0113993_200767.jpg

実は、今まで私はやったことがありませんでした。

そんなところに、先日、長男(中3)から「やってみて」と問題を差し出されました。

「どれくらいでできるの?」と問うと「5分くらい」というから、ここは数学だけで大学に入った・・「血」が騒ぎ、すかさず挑戦!

しかし、1分半くらいで「これは5分ではできない・・」とわかったものの、「やり方」がわからない。

結果、5分後にできたのは・・、写真の通りの、「右側の縦一列だけ」でした。
※これすら、間違っている可能性が高い。

で、その後、長男がやっているのを見ると、(これも写真の通りですが)、「列」を埋めようとせずに、「7」という数字から埋めようとしていました。

これは重要なことで、要は正解に早く行き着くための「やり方」が違うわけです。

私は「やり方」を持っていないがために、頭の中がグチャグチャのままに思考を展開し、さらには用紙をメモで汚くしながら、結局、「解」に至らない。

長男は、自分で生み出した「やり方」を持っているから、用紙を汚すことなく、スマートに「解」に行き着く。

これは「マネジメント」も同じです。

「数独」には「正解」があって、「ビジネス」には「正解」がないということは決定的に異なりますが、この「やり方」を知っているかいないかは重要です。

私の数独と同じように、「頭の中がグチャグチャのままに思考を展開し、さらには用紙をメモで汚くしながら、結局、『解』に至らない」という人は、とても多いことでしょう。

この観点の正体が「原理原則を学ぶ」ということです。

私の数独も、「やり方」を習得した上で、あとは繰り返せば、簡単に解けるようになると思います。

少しだけ「お利口」になった気がします。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーはこちらをクリック!

*****************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-23 19:57
No.1504 10月22日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.22(通巻213)
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回の内容】 
「日頃、健康面で留意していることはありますか?あれば、是非、教えてください。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
私も気づけば47才ですから、健康の維持向上は常に意識しています。

それは、「運動・栄養・休養・生きがい・笑顔」です。1つずつ簡単に説明します。

・運動
96時間以内に筋力トレーニングと有酸素運動を実施することです。目的は筋肉量を増やし、体脂肪を減らすことです。これ以外にないと思っています。その他、毎朝の散歩も習慣です。

・栄養
五大栄養素を基本に「抗酸化食品」を強化し、さらに「サプリメント」を摂取しています。「サプリメント」はプロテイン+7種類です。これは、当社、CTOの原田さんから教わった「教科書通り」の理論です。内容詳細はセミナー等の場に譲ります。

・休養
これは「睡眠」と「ケア」です。睡眠は「早寝早起き」の6時間睡眠。「ケア」は(独立後に頻発し、1mmも動けなくなる・・)、「ぎっくり腰対策」です。これも原田さんの指導を受けて以来、「軽い腰痛レベル」で治まるようになりました。

・生きがい
家族、仕事、個人の3分野で「目的・目標」を持つことです。

・笑顔
笑顔というのは「微笑み」ではなく「バカ笑い」のことです。「笑い」が免疫力向上に役立つことは、既に証明されています。その逆の「陰気」、「神経質」は健康の大敵です。

と、いう感じです。

20才代の方々には実感もないでしょうが、35才を過ぎると、自分のイメージと違うことが身体に起こり始めます。

これらの実践と継続は、その対策・予防に確実な効果があります。

前述の腰痛だけでなく、風邪も引かなくなったし、外見的にもそこそこは若くいられるような気がします。

年齢に関係なく、健康を害することは、「人生の損失」です。

これからも、「5つの習慣」を強化していくつもりです。

※2011年11月16日開催!フィットネスビス関西「初」セミナーはこちらをクリック!

******************
★~成長を目指すリーダー必読のメルマガ~「自立せよ!」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-10-22 22:10



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧