「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2012年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1605 1月31日(火):「目標」をマネジメントできなければ成長できない
こんにちは。遠藤です。今日は伊藤とのMTG。2時間半でしたが、昨日に続き、質の高い時間でした。

さて、早いもので1月が終了いたしました。

一年の1/12が終わったわけです。

ということで、「新年の目標」はどうなったでしょうか?

均等割りすれば、その1/12は進捗していないと「目標」は達成できません。

もっとも、「目標」というのは1ヶ月ずつ順番に達成されていき、12月に成就する性質ではありませんので、正確には1月終了時には「新年の目標の20~30%くらい」は感覚として達成されている必要があります。

2月というのは、その「上積み」を行動計画にして、目標の30%~40%を達成できるようにします。

そして、年の半分くらいを目途に目標を仕上げていって、残りの半期は「さらなる強化」や「リカバリー」、「(検証に基づく)次の目標の構築」などに向けるべきでしょう。

こういった感覚で目標の管理・棚卸をする必要があります。

月末は必ず、当月の検証をしてください。

そして、その達成度を考慮し、「新年の目標」に基づいた「2月の目標(計画)」を立てるのです。

3月とか4月になって、アタフタしているようでは「手遅れ」だし、これでは、毎年毎年「新年の目標」を立てては、再び、翌年の正月に同じような「新年の目標」を立てるという繰り返しになります。

しかしながら、大半の人達がこのサイクルに陥っていると思います。

実際は「3月とか4月」ならいい方かもしれません。

年に一度も棚卸をせずに年末を迎える人もこれまた多いからです。

こういったことを指導するのが「上司」の役割です。

「目標」をマネジメントできない人が成長する理由はありません。

ちなみに、「目標」とは「利益」とか「在籍」ではありません。

そんなのは「人生」でない。

では、皆さま、「最高の2月」を!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
by fitnessbiz-01 | 2012-01-31 22:37
No.1604 1月30日(月):リーダーには「自分のルール」がある
こんにちは。遠藤です。本日、「週刊フィットネスビズ新聞」をアップいたしました!本ページ左上のボタンからご覧ください。

今日は当社CTOの原田さんとのMTGでした。3時間に及びましたが、目指すものに対して「質」のある議論は時間を忘れさせます。

さて、来月、2月15日(水)に(株)クラブビジネスジャパンさん主催の「フィットネスビジネス勉強会」で講師を務めることになりました。

多分、2年振りの担当だと思います。

テーマは「経営者人材の育成方法」。

1月25日号の「特集記事」で、私も原稿を出しています。

当社の伊藤の成長過程を「実録物語」で記しました。

お読みいただいた方はご承知の通り、労基法無視の滅茶苦茶な内容でございます。

それでも、気鋭の若手経営者の方から「記事を読んで熱いものがこみ上げてきました」というメールをいただきました。

記事内にあることは「志に向かうことだけ」です。

「1日8時間労働」とか、「公休日に出勤したら振休」とかは皆無なのです。

何故、そんな内容に「熱いものがこみ上げてきました」というメールがいただけるのでしょうか?

その方が「必死で全力で生きているから」だと思います。

言うまでもなく、私は労基法等のような法律を無視していいと考えているわけではありません。

本気の人には「自分のルール」があると言いたいのです。

「国の決めたルール」ではなく「自分のルール」で働く。

それも結果が出るまで働き続ける。

それが「自立型人材」であり「リーダー」というものです。

私は「教育とは同志を育てることである」という言葉に共感しています。

特集記事にも記しましたが、人前で教えたり、レッスンの見本をすることが教育ではないと思います。

この続きに関心を持っていただける方は「フィットネスビジネス勉強会」でお会いしましょう!

詳細・お申し込みはこちらをクリックください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-30 22:21
No.1603 1月29日(日):ボーッとした一日。
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。本日はほとんど仕事をしませんでした。

ここ1ヶ月くらいは常に「各種資料」を作成していました。

大晦日も締切業務があり、スキー場でもパソコンに向かい続け、子ども達の顰蹙を買っていたという・・。

今日は「頭(脳)を休めよう」と思ったのと、「一日は何もしなくても問題なし」という状況だったので、あまり物事も考えないようにしていました。

とはいえ、夜になればブログもメルマガもフィットネスビズ新聞も完成させなければならないわけですが、日中はボーッとしていました。

私は基本的に「二度寝」をしないのですが、午前中にダラダラしていたら眠ってしまったくらいです。

そんなわけですから、最近、子どもから言われていたのは以下のような言葉の数々。

「最近、遊んでない」

「最近、出かけてない」

「最近、出張ばっかり」

もっとも、今日も次男、三男は終日練習だったので、これらが解決したわけではありません。

父親は「仕事で頑張っているところ」を見せているつもりでも(特段、私にそういう気持ちがあるわけではありませんが)、子ども達から見れば「退屈なだけ」なわけです。

長男が中学校を、次男、三男が小学校を卒業する3月後半に「卒業旅行」が計画されています。

長男は年頃ということもありますし、高校の練習参加などがあるかもしれないので、どうなるかわかりませんが、次男、三男は今から楽しみで仕方がないみたいです。

あと、来週の日曜日はミニバスの「親子大会」です。

昨年までは腰痛等で自粛していたのですが、彼等が最終学年の今年は出場するつもりなので、今週はジム通いと自主トレに熱が入りそうです!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-29 22:28
No.1602 1月28日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.34(通巻225)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回のご相談】 (イレギュラー版)
「今回は東京、大阪、名古屋で行った『自己実現』の勉強会でいただいたご質問やアンケート結果から、多くの方々に共通しているであろう課題を3つほどピックアップして記してみたいと思います。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「努力目標そのものが苦痛になってしまう」
例えば、私は「早起き」を薦めているわけですが、今まで7時に起きていた人が、5時半に起きようとしても、(最初の数日は「勢い」で達成できたとしても)、そのうち「苦痛」になってくるケースがあります。「苦痛」に感じたことを脳はやりませんので、こういう場合は努力目標を下げることです。躊躇せずに「6時半」に変更することだと思います。しかし、ここでのポイントは「自分がどうなりたいのか」という「上位の目標」は変えないことです。それができていれば、若干の軌道修正はむしろするべきだと思います。

「目標は達成したいと思うが、その過程で自信がなくなったり、自分に苛立ってしまったりする」
もっとも大切な観点は「自信をなくしたり、苛立っていて目標に向かうか?」ということです。答えは「何一つ役に立たないばかりか、将来の自分の不幸を自分で選択している」です。「そんなのはわかっている」という声が聞こえてきそうですが、実際に自分の言行をもう一段掘り下げて考えている人は希少です。「自信をなくしたり、苛立ってしまい困っている」というところで思考が停止している人が大半なはずです。こういう行為は「(自分にも周囲にも)公害を撒き散らしている」と考えたらよいと思います。まずは「悪」だと考えることからです。そして、その感情を忘れたり、そこから離れたりする術を身につけることです。その術については長くなるのでまたどこかの機会で。

「日常に忙殺されて、目標を見失ってしまう」
これは非常に多い意見ですね。だからこそ、「日々を設計すること」が大事なのです。例えば、「毎日読書をしよう」という思考方法では、一日でも仕事が忙しければ、「読書」はすぐに行動から漏れてしまうと思います。こういう毎日を続けることにより、気付いたら「目標を見失っていた」ということになるのです。「毎日読書をしよう」とするならば、手帳等に「この時間帯に何分間、何ページの読書をする」ということを書き込む必要があります。複雑な航路ほど、より綿密な計画図が必要なのと同じです。「日常に忙殺されて、目標を見失ってしまう」という方の気持ちはわかりますが、一方でこういう「準備」や「計画」を怠っているのも事実だと思います。

今回は以上です。

勉強会に参加いただいた方々は「うんうん」と大きく頷いていただけると思います。

そうであれば上記のような病状にはなることはないと思います!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-28 21:42
No.1601 1月27日(金):私の喜び。
こんにちは。遠藤です。今日は当社主催の勉強会で名古屋にお邪魔いたしました。

東京、大阪と続いた1月の勉強会も名古屋で最終です。

名古屋で行うのは「初」だったのですが、やる気のある方々に集まっていただき嬉しかったですね。

勉強会3回、中嶋経営塾、企業様の全社員研修等で講師を務めたこの2週間は、独立後約5年間でも思い出に残る期間でした。

自分なりに全力で取り組みました。

帰宅は深夜1時でしたが、構わず赤ワインを開けて、今日のところは自分を褒めてあげました。
※ブログアップ時刻は修正しています。

「思い出に残る期間」と思った大きな理由は、多くの「ピュア」な方々と再会できたり、出会えたりしたからです。

「ピュア」な方々と時間を共有すると、未来に希望を持てるようになります。

これは何よりも充実しています。

私はこの方々の中から5年後、10年後の業界リーダーが出てほしいと切望しています。

ご迷惑がかかるといけないので名前は出しませんが、参加いただいた中には数年後のフィットネス業界の「真の女性リーダー」になると私と伊藤で思っている方もいらっしゃいます。

その願いが実現することが、私の最大の喜びです。

「勉強会」という活動は今後も続けていきます。

当面は3会場で考えていますが、参加者を集っていただければ、北海道でも九州でも行きます。

次回は3月に実施する予定です。
※日程は2月早々に発表します。

テーマは「クラブ運営に必要なリーダーシップ」を取り上げるつもりです。

「自己啓発」に関するテーマが続いたので、具体的な「技術論」に入っていきたいと思います。

「リーダーシップ」は多くの方々が身につけたいテーマだと思います。

「私などが参加していいのか」、「参加してもダメ出しされるのではないか」と思って二の足を踏んでいる方も多いようですが、それが正しいかどうかは実際に参加してお確かめください。

東京と名古屋では学生さんが参加されました。

で、堂々と質問していました。

行動を躊躇しているような社会人は抜かれちゃいますよ!

今回はテーマが「自己実現」だったということもありますが、東京でも大阪でも名古屋でも「人生を見直す転機になった」という感想をいただいています。

行動すれば何かが起こるし、何かが起これば何かが変わります。

それまでに私もパワーアップしておきます!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-27 23:59
No.1600 1月26日(木):「本来の自分」であり続けるために。
こんにちは。遠藤です。本日、プロフェッショナルトレーナー原田一志氏の「間違いだらけのフィットネストレーニング」アップしました。当社ホームページトップか本ブログ下段のリンクよりご覧ください。

本ブログも1600回となりました。これも日々、お読みいただいている皆さまのおかげです。本当にどうもありがとうございます。

さて、東京、大阪で「目標達成」の勉強会を開催してきたわけですが、アンケートを読むと「疲れている人」が非常に多いような気がします。

当社主催の勉強会に参加いただける方は、大変意識の高い方々だと思っているのですが、そういう方々が「疲れている」となると、現場のムードもなかなか上がっていかないのかなと思います。

多くの方々が「日常の業務」、「目の前の業務」に忙殺されてしまい、「本来の自分」を見失っています。

そういう方々に私は「営業利益なんて達成したところで、何か楽しいんですか?」とか、「上司からの一方的な指示で仕事をして、ワクワクするんですか?」といった問いを平気で投げかけます。

すると、皆、「えっ?!」という感じで顔が上がります。

さらに「そんなもの一つも楽しくないですよね」と言いますから、「遠藤さんって、こんなことを言うんだ。業界誌等では利益とかに厳しい印象なのに」という雰囲気になります。

私達は人間なんですから、「入会」がどうとか、「利益」がどうとか・・そんなことよりもっと「上位」に位置付けられる目標がありますよね。

それがなくなったら自分が自分でなくなります。

要するにこういうことです。

「自分が自分であり続けるために、目の前の利益を死んでも達成せよ!」
※何かの歌詞みたいですが。

これが自分への「エール」です。
※フィットネスビズ新聞の「今週のエール」もよろしく!

「入会」とか「利益」をいうのは、自分が成長するための手段です。

誤解のないように補足いたしますと、「お客さまを増やすこと(入会)」が手段と言っているのではありません。

私は「フィットネスで人々を幸せにする」という上位の目標があってこそ、「入会促進」という業務を前向きに遂行できると思うわけです。

そんなことを考えながら、明日は開催前から熱気溢れる名古屋会場での勉強会にGOです!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-26 22:59
No.1599 1月25日(水):本気は「1%」 ~75%は不安感はあっても勉強しない~
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」に「プロテイン啓蒙ポスター」をアップしました。久々に実物のポスター付でアップしましたので、是非、本ページ右上のボタンからご覧ください。

今日は当社主催の定例勉強会(大阪会場)でした。

参加いただいた皆さまに心より感謝申し上げます。

今後も私なりの信念と方法でフィットネス業界に貢献していきたいと思います。

さて、今週のプレジデント誌は大前研一氏と橋下徹氏の対談です。

大変勉強になるその中身は現物を購入いただくとして、その中で、大前氏が橋下氏に「明治維新に参加したのは1%の人達である。ほんの数人が全力で駆け抜けるだけで必ず変化が起こる」とエールを送っていました。

「参加率1%」とは知りませんでした。
※無知。

でも、これは私が日頃から言っている「本物は全体の20%×20%×20%の0.8%しかいない(本当の本物は約1%しかいない)」という主張と合致しているなと思いました。

また、今回の同誌は「いる社員・お払い箱社員」という刺激的な特集なわけですが、その中に「不安感はあっても過半数は勉強しない人々」というデータ結果がありました。

なんと「全体の75%」が「不安だけど具体的な努力はしていない」という情けない実情です。

しかし、これまた「最初の振り分け条件」である「20%」と合致しています。

まぁ、こういうことだと思いますね。

やらない人はやらないんです。

だから、リーダーは「やることの必要性」を訴え(もちろん、影響力を発揮できるよう最大努力し)、自らがそれを率先したら、その後はやる人にはやる人の、やらない人にはやらない人の評価・待遇を与えるのが正しいのです。

仕方ないです。

やらない人が80%もいるんですから。

経験則で言っても、口だけで何もしない人が80%、やろうとする人が20%、その行動が継続する人が20%(4%)、それを自分の血肉にまで落とし込める人は20%(0.8%)というのは正しいと思います。

私の勉強会に参加いただけるのは、どう考えても20%の方々だと思います。

私自身も参加いただいた皆さまも、そこからさらに「4%人材」、「1%人材」に飛躍できるよう頑張っていきましょう!

★2012年1月27日(金)名古屋での「3時間勉強会」!
※定員が迫ってまいりましたが、まだお申込みいただけます。詳細はこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-25 23:59
No.1598 1月24日(火):リーダーとは「聖なる職務」である。
こんにちは。遠藤です。今日は関西出張。読書に熱中していたら、知らぬ間に富士山を通過していました。残念・・。

さて、昨日の「フィットネスビズ新聞」の推薦本コーナーの中で「進みつつある人のみ、人を教うる権利あり」という言葉を紹介しました。

繰り返しますと、これは「自分を高めることがより求められるのは、教わるほうではなく教えるほうであり、歩みを止めている人に教える資格はない」という意味です。

本日、読んだビジネス誌にも「自分を再教育できない人はお荷物になる」、「上司自身が成長していなければ、部下はついてこない」という記載がありました。

至極当たり前だと思います。

「リーダー」というのは「地位」ではありません。

単なる責任の違いであって、人間としては対等です。

別に社長なんて偉くもなんともありません。

なのに、高圧的な態度を取ったり、威張り散らしたり、はたまた現場も見ずに毎日、何をやっているかもわからないような経営者、経営陣は掃いて捨てるほどいると思います。

また、ペコペコする「ヒラメ社員(上役・上司を見てこびへつらう社員)」も、これまたたくさんいます。

こういう人達はどちらも「自分自身が成長している」とはいえません。

上司と部下をいうのはこういう関係性ではいけないんです。

お互いが刺激し合える存在を目指さなければいけません。

「自分を再教育できない人はお荷物になる」ということは、「それに異を唱えられない人もお荷物になる」ということです。

そんな一蓮托生でいいのかということです。

私が大切にしている言葉に「リーダーとは聖なる職務である」というものがあります。

この言葉にビビッとくる方は「進みつつある人のみ、人を教うる権利あり」という言葉を細胞にまで浸透させることです。

「人間力」と「仕事力」の継続的向上。

これが「聖なる職務」に就いている人の責任だと思います。

★2012年1月27日(金)名古屋での「3時間勉強会」!
※大阪会場は締め切りました。
※名古屋は定員が迫ってまいりましたが、まだお申込みいただけます。詳細はこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-24 23:59
No.1597 1月23日(月):「原理原則」が悩みをなくす!
こんにちは。遠藤です。本日、「フィットネスビズ新聞」をアップいたしました。今回は「プラスで終わろう!」、「心電図」などの内容です。本ページ左上のボタンからご覧ください。

さて、勉強会のアンケートを拝見すると悩んでいる方が非常に多いことがわかります。

私は「その理由の根本」は「物事の原理原則」が明確になっていないところにあると思います。

大上段から言うつもりはまったくありません。

何故ならば、私も同じように苦悩していたからです。

関西で支配人をしていた頃の私は「思い」だけが先行して七転八倒していました。

七転八倒だけならいいものの、その無駄の多い仕事ぶりからトラブルが続出し、その解決法もわからずに「うつ病」の一歩手前でした。

そこから救われたのが、「ビジネス・ブート・キャンプ」での厳しいマネジメント指導にあったことは本ブログ等で幾度か紹介してきた通りです。

これは数学や科学の公式のようなものです。

指導を受けて、実戦経験を積んでいくうちに、「この難問はこの角度から捉えると解に近づくな」というのが瞬間的にわかるようになってきたのです。

それまでは公式を知らないのに、難問に向かっていたわけです。

もちろん、仕事というのは公式だけで解決しません。

しかし、公式という「原理原則」があってこそ、その後の発展や応用につながることは間違いないと思います。

このことは羽生名人も同様のことをいわれていました。

羽生名人は「一手」に対し、「80通り」の攻め方から一気に「3通り」に絞り込むそうです。そして、10手先まで瞬時に予測するそうです。

羽生名人のように「原理原則(定石)」を熟知し、実戦経験を積むほど、思考の精度、質、予測度などが向上していくわけです。

私は「一つの施策」に「80」ものアイデアは出ませんが・・幾つかの可能性から「最善策」を一気に絞り込み、(これまた10手先までとは行きませんが)そこから先々の成否を予測する思考過程は同じです。

この「原理原則」を伝えられれば、私がそうだったように多くのリーダーを良好に救えると思います。

2012年は、そんなことができればいいなと思っています。

★2012年1月27日(金)名古屋での「3時間勉強会」!
※大阪会場は締め切りました。
※名古屋は定員が迫ってまいりましたが、まだお申込みいただけます。詳細はこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-23 22:07
No.1596 1月22日(日):20代の恋愛論。
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日はバスケの試合もお休み。都大会の決勝戦が地元で行われたので、(三男の要請もあり)観に行ってきました。

ちなみに次男、三男のチームに勝ったチームはベスト4をかけて敗退。その勝者が延長戦の結果、準優勝でした。

本大会に出たことで、自分達のポジションがわかったことは良いことでしょう。

さて、本日は「家族」というより、20代の「恋愛」について。

新年の【フィットネスビジネスEXPRESS】の新コーナー「20代でやっておくべき自分への負荷のかけ方」で「恋愛より一人前になることを優先せよ!」と書いたところ、「そういう男性が増えると女性の婚期が遅れる」と怒られて(?)しまいました。

それは真意ではないので少し説明します。

私が言いたいことは、恋愛の最中から、自身の主体的な考え方として「家庭より仕事を優先する」ということを実践し、理解してもらう必要があるということです。

と、書いてしまうと「私より仕事が大事なの!」と思われてしまうかもしれません。

しかし、そうではなく「あなたが大事だから仕事を優先するんだ」と考えるべきなのです。

仕事で一人前になれない人は、家族を幸せにはできないと思います。

「●●ちゃん、大好き!」なんて言っている男に限って、30才も過ぎた頃から「戦力外」になって薄給に泣き、彼女(奥様)を大切にできなくなるのです。

だから、「恋愛するな」とか「結婚するな」と言っているわけではないので、あしからず。

このことは男女が逆でも同じことがいえると思います。

女性が仕事で自立したいのであれば、男性は「俺より仕事が大事なのか!」なんて息巻いてはいけませんし、結婚後は「主夫」を手伝わなければいけません。

こういったお互いの価値観をぶつけあい、理解し合うのが「恋愛」だと思うわけです。

よ~く考えて欲しいのですが、結婚生活というのは30年も40年も50年も続くのです。

「●●ちゃん、大好き!」なんて言っていられるのは、最初の数年だけです。

年月が経てば、異なる価値観が互いを支え合うようになるのです。

こういった「価値観」を20代のうち(恋愛時代)から共有しておくべきだというのが私の考えです。

というわけで、弁明を終了いたします。

★2012年1月25日(水)大阪、27日(金)名古屋での「3時間勉強会」!
※名古屋、大阪会場とも定員が迫ってまいりましたが、まだお申込みいただけます。詳細はこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-01-22 22:42



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧