「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.1695 4月30日(月):「本物」への道
こんにちは。遠藤です。本日、「週刊フィットネスビズ新聞」をアップいたしました。今回は「土台のない人は・・」、「1万円」などの内容です。本ページ左上のボタンからご覧ください。

さて、先日の日経新聞のカズ選手のコラムは、とても良い内容でした。

それはカズ選手が15才でプロサッカー選手をめざして単身、ブラジルへ渡った時のこと。

日本でまったく勉強していなかったカズ選手は(そう書いたあったので・・)、諸々の環境から「学校くらい卒業した方がいいのかも」とブラジルでの高校入学を考えたそうです。

その時、相談した恩師に言われたのが以下の言葉。

「卒業証書が欲しいのか、勉強がしたいのかどっちなんだ。大事なのは勉強することだろう。ブラジルまで来て、形だけ学校に行ってもしょうがない。」

いい「恩師」だと思います。

これでカズ選手は間違いなく「本物」への道に進んだはずです。

ご記憶の方もいるかと思いますが、私は2012年3月号のフィットネスビジネス誌に同じことを書きました。

「世には数々の資格がありますが、要は『資格』が欲しいのか、『知識』が欲しいのかということです。『知識』が欲しいのなら、教科書を借りて勉強すれば終わりです。『糖尿病のことが表面的にしかわからない●●指導士』と『糖尿病について知り尽くしている無資格トレーナー』」。さて、どちらを重宝しますか?」と。

要は「見栄え」より「中身」にこだわることが大事だということです。

もちろん、資格に価値がないと言っているのではありません。

私は資格というのは「名称」というより、合格までの努力過程に一定の価値があると思っています。

しかし、合格に安堵し、その後、大した努力をしないならば、その価値も喪失します。

資格だけでなく、すべてのことは現在と未来を結ぶ過程の「点」に過ぎません。

その過程でどれだけ「中身」にこだわれるか。

「本物」と「偽物」の差は、まさにここにあると思います。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みはこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-30 21:39
No.1694 4月29日(日):企業も学校も「リーダーシップ」で決まる
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。GWに突入しましたが、凄惨な事故が続発しています。それでも猛スピードで裏道を走っているバカ者がいますから、事故も減らないはずです。

さて、今日は高校バスケを観戦(長男の高校)に行ってきました。

ここ10年で8回、関東大会へ出場している高校だけあり、厳しく鍛えられていました。

攻守の切り替えは速いし、全員がとにかく走る。

ドリブルであがる選手もほとんどいなく、パスでガンガン攻めていく。

そして、ボールがまったく止まらない。

私はバスケど素人ですが、今までミニバスや中学バスケを見ながら、「もっと、こう攻めたらいいんじゃないかな」と思っていたことをそのままやっている感じでした。

早い段階で次男、三男(中1)にも見せたいと思います。

と、この高校が鍛えられているのはスポーツ部だけではありません。

昨日は保護者会で妻が高校に行ったのですが、生徒が礼儀正しいことに感心していました。

このことは私も感じています。

これまでも合格発表日などの在校生とのふるまいが実によくできているのです。

私は驚いたのですが、この高校には「経営企画室」があるんです。

入学式でも「経営企画室長」が挨拶をしているという(笑)

こうやって学校の魅力を磨いているんです。

「文武両道」だし、キャンパスは緑に囲まれている。

お子さまを持つ方々は「進学させたい」と間違いなく思うはずです。

これが「リーダーシップ」であり「環境の力」なのです。

企業も学校も「リーダーシップ」で決まり!です。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みはこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-29 23:19
No.1693 4月28日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.46(通巻237)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回のご相談】 
「スポーツの世界では、良いプレイヤーが良い指導者(リーダー)になるとは限りません。フィットネス業界において、マネジメントと現場の両方を行う場合、『良いプレイヤーになった上で良いリーダーを目指すべきか』、『良いリーダーであり、良いプレイヤーになるように努力すべきか』。遠藤さんはどうお考えですか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
まず、スポーツの世界で「良いプレイヤーが良い指導者(リーダー)になるとは限らない」というのは当然のことだと思います。

理由は「求められる能力が明らかに違う」からです。

特にプロスポーツの一流選手は性格的には「我」が強く、身体的にも素質に恵まれている人が多いと思うので、このような資質の方々が「良い指導者」になるとは考えづらいです。

ファン獲得のために元人気選手を監督に起用するのでしょうが、本来は無名選手(または選手経験がない人)でも「名監督」になれるはずですし、現監督(元人気選手)でも継続的に結果を出すのは、考えるタイプの人や二軍監督で経験を積んだ人になると思います。

よって、スポーツとビジネスを関連づけて考えることに、そもそも大きな意味はないと思います。

では、「ビジネスの世界」において、「良いプレイヤーになった上で良いリーダーを目指すべきか」、「良いリーダーであり、良いプレイヤーになるように努力すべきか」ですが、率直に申せば、このような「AになってからB」、「BになってからA」というような順番の問題ではないと思います。

単純に「リーダー」になるべきなのです。

「リーダー」に必要な能力を身につけていく過程で、自分の強みとなる能力を見つけ磨き続けるということが大切だと思います。

それも「リーダー半分・プレイヤー半分」ではなく、屈強なリーダーとなりつつ、独自の武器を身につけるというイメージです。

その武器とはトレーナーとしての専門知識でもよいし、マネジメントでもよいし、ホスピテリティでもよいと思います。

私は多くの企業で「トレーナー職」と「マネジメント職」を分けすぎていると思います。

しかし、この分類で分けたところで、「中途半端な専門職」にしかならないことは、周りを見れば明らかだと思います。

「リーダーになる!」

これが正しい方向性だと思います。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みはこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-28 22:40
No.1692 4月27日(金):「再現性」の次は「有意性」
こんにちは。遠藤です。本日は親族の告別式に参列しました。

死ぬのは嫌ですね。自分の可能性を最大に発揮し、人様や周囲に迷惑をかけないように死んでいくのが目標でございます。

さて、昨日「再現性」について記しましたが、同様に「有意性」という概念も大切です。

「有意性」とは、大雑把にいえば「統計学上、確率的に偶然とは考えにくく、意味があると考えられること」です。

昔、日本体力医学会や日本肥満学会などの学会活動をしていた時、ドクターや教授などが「有意性」という言葉をよく使っていました。

当たり前のこととして、「有意性」の認められないことは研究発表には値しません。

もし、そんな研究発表をすれば、一笑に付されるだけです。

もっとも、私には自分の研究の正当性を証明するために「有意性」という言葉を活用(利用)しているように見えたし、「何と暇な研究をしているのだろう」と思っていたのも事実です。

とはいいつつも、フィットネス業界には「有意性がないこと」が多過ぎると思うわけです。

そもそも、「再現性」とか「有意性」とか言っている人は数名しかいないと思います。

物事の「有意性」を証明するには、一定の根拠に至るまでに何度も何度も実験を繰り返すと同時に、あらゆる角度から理論の裏づけを試みる必要があります。

それに該当しなければ「偶然性が高い」ということです。

何らかの要因でたまたま上手くいっていると考えるべきなのです。

何が言いたいかというと、自分のやっていることに対しては「これは偶然じゃないか」と考えた方がいいのです。

少なくとも私はそういう考え方でやってきました。

プロスポーツでも、1回優勝しただけでシーズンオフに監督が本を出しますよね。

でも、そこから勝ち続ける監督は、(プロ野球なら)かつての広岡監督などごく一部です。

そのように勝ち続ける監督の書には決まって「原理原則」とか「論理」が書いてあります。

「一発屋」の監督の書には「事例」とか「選手のこと」とか「精神論」が書いてあります。

「結果を出せるリーダー」を目指すなら、何をすればいいのかは明らかだと思います。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みはこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-27 20:01
No.1691 4月26日(木):「再現性」の高い理論まで
こんにちは。遠藤です。本日、プロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」がアップされています。

今回は「スポーツ障害」です。トレーナー諸氏は意図の熟読をお願いします。
こちらからご覧ください。通常時は当社ホームページトップ(下部)か本ブログ下段をクリックください。

さて、(一部、本ブログ記載の通り)先週、今週とセミナーや企業様勉強で講師を務める機会が多くありました。

テーマは、「フィットネスビジネスの解剖学」に始まって、「キャプテンシー」、「人材育成」、「シフト作成」、「パーソナルトレーナーの課題と未来」、「館内セールス」などなどです。

これだけ多彩なテーマをやると「浅く広い」と思われるかもしれないですが、私は自信を持って深く掘り下げているといえます。

では、どこまで掘り下げるかと聞かれたら、「再現性の高い理論になるまで」と答えます。

私はそこに強くこだわっています。
※これを「原理原則」と呼んでいる。

私が業界誌等を読んでいて疑問に思うのは、明らかに再現性の低い内容を成功事例として発表している人が多いことです。

A店でうまくいったことは、B店でも、C店でも、D店でも、一定の成果が証明できるものでなければ公表には値しません。

見学入会率が90%になりました。

紹介入会が5倍になりました。

退会率が1%台になりました。

会費外収入が10倍になりました。

こういう事例でいいなら、私は200でも300でも出せます。

先日も業界誌に出ていた事例を「はるか遠く上回る結果」を出しました。

しかし、どこかが良くなれば、どこかが悪くなるのがマネジメントです。

また、良い結果がなかなか継続しないのがクラブ運営をいうものです。

私が勉強会をしたり、各企業様で研修会を実施しているのは、「そういった小手先ではダメだ」ということに、一人でも多くの方に気づいてほしいからです。

もちろん、「再現性」がないのがビジネスです。

しかし、逆から見れば、それをしないから年間10,000企業も倒産するのだと思います。

以前、私は業界外の中小企業の集まりに出たのですが、恐ろしいまでに感覚的な経営をしていました。

でも、フィットネス業界各社はこれを笑えないはずです。

私の見る限り、現在の幹部の多くは「感覚型」だし、「過去の遺産型」です。

各企業は20代、30代の次世代リーダーを育てないと、この先とんでもないことになると思います。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みはこちらをクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-27 09:43
No.1690 4月25日(水):「現場」と「スピード」
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」の「マネジメントの基礎知識」に「見学案内の第3局面と第4局面」をアップしました。本ページ右上のボタンからご覧ください。

さて、業界内外を問わず、巷には「ミステリーショッパー(以下MS)」というのがあります。

実は・・今日は懇親会(本当に真面目なMTG。ただし酒あり)がありまして、そこで「MS」の話に少しなったんです。

が、私は(懇親会MTGを見込んで)、あらかじめブログを書いており、以下の話が懇親会MTGとどうリンクするのかが微妙なのでアップをためらったのですが、正論と信じてそのまま行きます。

MSについては、効果を出したいなら、一定の条件を満たすことが不可欠だと思います。

まず、根本的な問題点は以下の3つです。

・経営陣が自分で見ていない
・後日に報告書に基づいた紙の議論をしている
・当然のことながら、後になって対策を講じている

もう少し、わかりやすく分解すると以下の流れです。

・主婦等のアルバイトさん(登録スタッフ?)が評価している

・それを現場から帰った後に報告書にまとめる

・後日、報告書を提出する

・それを幹部が読む

・それを現場に伝える

・対策が検討される

・対策が決定する

これでは日が暮れちゃいますね。

「遅い」です。

こうなると日常のマネジメントも「遅く」なるはずです。

「遅い」というのはビジネスにおいて致命的です。

せっかく、やるなら以下の条件を満たしている必要があります。

・経営者、社内でもっとも厳しい視点の人、または外部の超一流視点の方が評価する
・その場で指摘する
・可能なことはその日のうちに改善する
・その一連を報告書に残す

実際、私たちはそうしています。

基本は「3現主義」です。
※フィットネス業界の多くの人々はこれを知らないのですが・・。

「現場」、「現実」、「現物」
※私が習ったのは「現認」を加えた「4現主義」です。

「現場」で起こったことを追って「紙」にまとめて、「現場」から離れた「会議室」で、「現場」を見ていない人達が議論をし、しかも「後日」になって対策を講じて・・ということです。

「現場」は「スピード」です!

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みは以下をクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-25 23:26
No.1689 4月24日(火):「インターネットとメール」は止めよう!
こんにちは。遠藤です。「夏日」の本日は実に快適に過ごせました!

さて、先日の日経新聞には「ビジネスマンのプライベート時間の活用方法」という記事がありました。

それによると、「インターネットやEメール」が一日平均68分。
※当然、SNS関連はここに入っている。

「自己啓発」が22分でした。

「ビジネスマン」というのが具体的にどのような属性なのかがわかりませんが、いずれにせよ、これは酷い結果ですね。

しかも、2000年との比較では「インターネットやEメール」が110%増なのに対し、「自己啓発」は66%に低下しています。

まさにネット中毒加速。

このような生活をしていれば「バカになっていくだけ」だと思います。

もちろん、それらを自己啓発や情報発信につなげるのならわかります。

また、eラーニング等で学ぶのならば、実に素晴らしいことです。

しかし、暇つぶしの如く、もともと知っている人達と「今日はこんなことをしました」とやることなど「時間の無駄」以外の何物でもないと思います。

さらに、そんな「無駄時間」と勉強のような「自己投資時間」とのバランスが「3:1」というのでは話になりません。

ちなみに、「自己啓発時間(=勉強時間)」について、私は「一日2時間」と言っています。

「22分」で成長などあり得ませんが、実際は「これ以下」の人が大半なはずです。

ここから先は自分の問題です。

上記に基づくと、インターネット関連(68分)と自己啓発時間(22分)を合わせて「90分」です。

ということは「90分」は確保できているわけです。

ならば、まずはインターネット等を30分にして、自己啓発を60分にすべきでしょうね。

こうやって、同じ時間数でも、それを何に配分するかによって人生は変わってしまいます。

毎日をダラダラ過ごせば、人生もダラダラする。

毎日を計画的に過ごせば、人生も計画的になる(=目的、目標に近づく)。

身の周りの事実からも明らかだと思います。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みは以下をクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-24 21:38
No.1688 4月23日(月):「つくられた人」ではいけない
こんにちは。遠藤です。本日、「週刊フィットネスビズ新聞」をアップいたしました。今回は「自分には常に・・」、「組織変革レポート(最終版)」などの内容です。本ページ左上のボタンからご覧ください。

さて、昨日のJATIさんセミナーは夜の「もつ鍋会」まで突入しました。

私は本セミナー等を通じ、「真摯に勉強している人が多い」と正直に感じました。

フィットネス業界の「最新のエクササイズは何だ」とか「あそこのクラブがどうした」という表面的な話とはまったく異なっていました。

「お客さまへの成果」というものを、比較にならないくらい真剣に考えていると思いました。

そんなこともあり、私は「そのような真摯に学び、具体的行動をしている方々が、もっと脚光を浴びてもよいのではないか」と尋ねてみました。

社会性の欠片もないような身なりで、業界誌等に出ている人達は「一体、何なのか」と私は思います。

私の質問への答えは「マスコミに出ているような人達には『つくられた人』が多い」ということでした。(※あくまでも「多い」ということ)

まぁ、そうでしょう。

「自己プロデュース」ってやつですね。

もっとも、それ自体は悪いことでもありませんが、そんな人達のメッキは「いつか剥がれます」。

私は(本日発行のメルマガにも記しましたが)、1997年に某業界誌に「フィットネスクラブは21世紀の国民の健康づくりの受け皿である」という記事を寄稿しました。

そこには私の「想い」がこもっています。
※ただし、その内容は社内で「始末書」になりましたが。

同時に、「しかし、今のままのような表面的な取り組みでは2010年を境に低迷期に入る」とも明記しました。
こちらです

予言は的中しました。

この業界は「リーマンショック」で低迷したのではありません。

現実と向き合ってこなかったから、こうなっているのです。

あれから15年経過しても、私が一定の影響力を発揮できているのは、明確な目的や目標を掲げ、それをブラさずに言行一致で行動しているからです。
※多勢に無勢ですが・・

タバコは吸います。
※酔っ払うとタバコを吸う人間も同じ。

腹は出ています。

運動はしません。

何故、こんな人達でもやっていけるのでしょうか?

何故、部下たちは黙ってついていくのでしょうか?

怖いから? 出世できないから? 実は上司が親分肌でいい人だから?

そして、キーワードといえば、「最新の・・」、「どこどこの成功事例は・・」、「今後のトレンドは・・」。。。

もういい加減にしてくれ・・。

だから、「つくられた人達」が評価されてしまうのです。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みは以下をクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-23 21:20
No.1687 4月22日(日):JATIさん主催「九州地区研修・交流会」
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日は「お仕事バージョン」で。

本日は福岡に行って、JATIさんの「第3回地区研修・交流会 (九州)」で講師を務めてまいりました。(※写真に私はいません)
b0113993_18201468.jpg


(当たり前のことですが)、フィットネス業界の勉強会等とは異なる方々が参加されます。

私は午後の部の担当だったのですが、午前の基調講演はサントリーサンゴリアス(ラグビー)のコンディショニングコーチである若井正樹さんでした。

こんなラッキーはありません。

サントリーといえば、前々監督が清宮氏で、前監督がエディ・ジョーンズ氏です!

念のため説明しておきますと、ジョーンズ氏は2003年ワールドカップで母国オーストラリアの監督で準優勝。2007年大会は南アフリカのコーチングスタッフとして世界一に貢献し、10年度からはサントリーの監督となり、清宮氏をもってしても低迷していたチームを就任1年目で日本選手権優勝に導きました。

で、ジョーンズ氏は今年から日本代表監督に抜擢されています。
※それでもコンタクトスポーツの極致であるラグビーで日本が勝つのはなかなか難しいと思いますが。

若井さんは両監督に仕えています。

私は清宮氏にもジョーンズ氏にもとても関心があるので、その「リーダーシップ」の方法論等について、若井さんを質問攻めにしました。

いや~「至福の時」でしたね。

当然、セミナーも全力で行いました。

メインテーマは「フィットネスクラブから見たパーソナルトレーナーの課題(1時間)」、「トレーニング指導者がビジネスマンとして成功するためのポイント(1時間)」についてです。

日頃の「持論」をストレートにお伝えしてきましたので、問題意識のある方には届いたと思います。

最後になりましたが、この場をお借りしてJATI関係者の皆様に心より御礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みは以下をクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-23 19:36
No.1686 4月21日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.45(通巻236)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回のご相談】 
「以前、『数字の結果に対しては叱らない』といわれていましたが、では、『叱る場面』とはどのような時でしょうか。私が数字の結果で叱られてばかりなもので・・。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
例えば、「何故、入会が悪いんだ!」と叱って、明日から入会が増えるのであれば叱ります(笑)

でも、地球上でそういうことは起きません。

私が叱るのは「やるべきことをやっていない場合」です。

もっとも、「やるべきことをやっていない」などと書くと、それっぽく聞こえますが、その実態は「手を抜いている」、または「怠慢」です。

社会人にもなれば「遅刻」のような、わかりやすい「手抜き」や「怠慢」は目立たなくなります。

バカ学生のように、教室で寝ているような者もいません。

しかし、仕事を完遂できない者はたくさんいます。

ほとんどの場合、その大きな原因は本人の「努力不足」です。

自分が可愛い本人は、なんだかんだと理屈をつけますが、基本的には「努力不足」=「手抜き」、「怠慢」です。

これを容認することが、企業にとっても、個人にとってももっとも「悪」なことだと思います。

そういう社員に限って、「もっと褒めてほしい」とか言います。

私は「意図的に褒めない」ということはしませんが、「褒められることでモチベーションが上がる」などと言っている人に「リーダー」の資格は無いと思います。

何故なら、「リーダー」になったら、誰も褒めてくれないからであり、「孤独に強いこと」がリーダーの精神的条件だからです。

ちなみに、態度が悪い者や、チームワークを乱すような言行をする者に対しては、「叱る」のではなく、「辞めてもらう」です。

素直さに欠ける人間に対しても同様。こういう人と一緒に行動する意味はありません。

というわけで、以上のように「叱る」を自然体の中で、使い分けています。

★2012年5月16日(水)大阪会場、17日(木)東京会場にて、定例勉強会「強いチームの創り方」を実施します。
※詳細、お申込みは以下をクリックください。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-04-21 22:30 | Comments(0)



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧