「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1726 5月31日(木):「真似ぶ」と「丸呑み」は違う
こんにちは。遠藤です。本日、プロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」がアップされています。

今回は「成果を出す過程」です。

「お客さまにただ単にテキトウなトレーニングをさせても結果が出る」ということが、問題意識のもとに書かれています。どうにも、この状況は20年経っても、30年経っても変わりませんね・・。
こちらからご覧ください。通常時は当社ホームページトップ(下部)か本ブログ下段をクリックください。

さて、今週は「考える」ということについて記してきましたが、今日は「学ぶ」について。

「学ぶの語原は真似ぶである!」と、まことしやかにいう方が多くいます。

正しいか正しくないかでいえば、正しいのだと思います。

では、そんなことを言っている方に「『守破離』の意味は分かりますか?」と問うと、まったくわからなかったりします。
※実際はそんな意地悪な質問はしませんが。わからないであろうことは会話の中でわかる。

「守破離」とは、以下の通り「修行における順序」を表す言葉です。

「守」とは、師に教えられたことを正しく守りつつ修行し、それをしっかりと身につけ
ること。
「破」とは、師に教えられしっかり身につけたことを自らの特性に合うように修行し、
自らの境地を見つけること。
「離」とは、それらの段階を通過し、何物にもとらわれない境地のこと。


私の考えでは「真似ぶ」という表現を使うことを許されるのは「守」の段階にある人です。

つまり、「師」を持って、「修行」によって高みを目指している人です。

したがって、本に書いていることや、人の言っていたことをそのまま「真似」ているようなことは「真似ぶ」とはいいません。

これを「丸呑み」というのです。

また、一方では「守」の段階をすっ飛ばして、「個性」や「独自性」を主張する人もいます。

残念ながら、「丸呑みの人」も「間違った独自性の人」も、真の能力は何も身についていません。

「何も身についていない人」を認めてくれるのは「何も身についていない人」だけです。

私は「真似ぶ」なんて軽くいうべきではないと思っています。

その前に「師に従事すること」や「修行の覚悟を決めること」の方がよほど重要だと思います。

※フィットネスビズの正社員募集ページはこちらをクリックください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-31 23:48
No.1725 5月30日(水):「仮説」と「検証」で1セット
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」の「現場からのQ&A」に「競合の進出等もあり、会員数が2年前から1000名以上減ってしまいました」、「結婚を考えているのですが、現在の給料ではこの先に不安があります」をアップしました。本ページ右上のボタンからご覧ください。

新メルマガ発行後も「現場のミカタ」は続行しますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

さて、新メルマガでは「出題」→「回答」をひたすら繰り返していくとご案内しています。

これには理由があります。

それは「検証」を習慣化していただきたいからです。

「回答」を示すことで、学生の試験のように「答え合わせ」をしていただきたいわけではありません。

「正しいか正しくないか」ではなく、自分の頭で考えた「仮説」を「他人の意見」の比較することが大事なのです。

私はこの繰り返しです。

日頃、せっせと考えたことを外に向かって投げ掛けていく。

すると、違いが生じることで思考が進化します。

むしろ、最初は「エイヤー」であっても、「検証」を繰り返し、「次の仮説を磨く」ことの方が大切だと思うくらいです。

しかし、多くの人が「検証」を軽視しています。

例えば、間もなく6月ですが、6月をスタートさせるには「5月の検証」が不可欠です。

自クラブはこれをやっていますでしょうか?

「終わったことはいいから、次のことを考えよう」というのが、もっともよろしくないと思います。

ちなみに、「検証」は「ほじくり返し」とは違います。

「ほじくり返し」とは、「何故、できなかたんだ(怒)!」というやつです。

昨日も記したように、「自分の意見、感覚、感性」は人とのディスカッション等を通じて磨かれていきます。

新メルマガでは「サイバー空間」とはいえ、私を皆さまの「ディカッション仲間」に入れていただくことで、「これ」をやりたいのです。

是非、多くの方々にご参加いただければと思います。

※フィットネスビズの正社員募集ページはこちらをクリックください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-31 12:39
No.1724 5月29日(火):「考え抜いている人」にチャンスは来る!
こんにちは。遠藤です。先週、「新宿戦争(ティップネスさん対オアシスさん)」について記しましたが、超大型駅であるJR新宿駅はご覧の通り。
※スゴイですね~
b0113993_21561050.jpg

「がんばれ、ニッポン!」かと思ったのですが、「五輪イヤー」はコナミさんやセントラルさんなど「有名選手輩出企業」にとっては「特需」ですから、これを逃す手はありません。

他クラブもここは「便乗商法」が良いと思います。

さて、今週の「お薦め本」で紹介した「仮説思考」の中にはBCG(ボストンコンサルティンググループ)の成績優秀社員が「優れた仮説を思いつく瞬間」が記されていました。

順位は以下の通りです。

1位:ディカッションを通じて
2位:顧客へのインタビュー
3位:突然ひらめく
4位:じっくり考えているとき

これは順当だと思います。

上位2つが「ディスカッション系」というのも頷けます。

日頃から「考え抜いている」から、会話という具体的な刺激を受けて仮説が生み出されるわけです。

私は「今、考えよ!」とよく言うのですが、「(あとで)じっくり考えます」なんてのが4位なのも「そうだよね」という感じです。

これらの対極にいるのが会議や打ち合わせで黙っている人です。

(上記の通り)、仮説創出の絶好の場なのに「黙りこくる」。

「黙りこくる」ということは「いないのと一緒」ですからね。

帰ってくれたっていいのです。

この時、「黙りこくる人」には以下のような事情があります。

・私なんかが発言していいのか・・
・自信がない・・
・発言しても否定されるのでは・・

しかし、厳しいかもしれませんが、これらは同情を買うための言い訳に過ぎません。

こういうタイプから「リーダー」は生まれません。

要は「考えていない」のです。

不平とか不満は山のようにあっても「考えていない」。

人と会うも、本を読むも、すべて「考えるため」のものです。

「考えていない人」にチャンスは来ません。

目的・目標に対し「考えている人」、いや、「考え抜いている人」にチャンスは来るのです!

※フィットネスビズの正社員募集ページはこちらをクリックください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-29 21:58
No.1723 5月28日(月):「新メルマガ」の料金です
こんにちは。遠藤です。本日、「週刊フィットネスビズ新聞」をアップいたしました。今回は「常に今が最高という・・」、「朝に考える」などの内容です。本ページ左上のボタンからご覧ください。

なお、2012年7月からの「新メルマガ(有料版)」発行にともない、「週刊フィットネスビズ新聞は本号(5月28日号)を最終号とさせていただきます。

一部コンテンツは「新メルマガ」でも継続いたします。引き続きのご愛顧を何卒よろしくお願いいたします。

さて、本日はその「新メルマガ」の料金をご案内いたします。

5月29日(火)発表とご案内しましたが、本ブログ(5月28日付)は実質、5月29日(火)に読んでいただけると思うので、本日に記させていただきます。

「新メルマガ」は、月額1,260円でご提供させていただきます。
※価格は税込です

2012年6月4日(月)~30日(土)の期間にお申込みいただいた方々は全員、月額1,050円とさせていただく予定です。
※6月4日の正式ご案内時に締切を「6月28日(木)」に変更しております。

こちらはお読みいただく限り「永久」です。

1,050円の場合、1週間で252円です。
※年間50週発行として。

1日あたりだと36円です。

これが高いか安いかは、6月4日のサンプル版を見てご判断ください。

「学べる」とお感じいただけたら、どうか、この金額をご準備いただけないかと思います。

内容は「考えること」に絞ります。

(再度ご確認いただくために記しますと)、具体的には「業界外」と「業界内」からテーマを選定し、週毎に「思考力強化トレーニングの問題」を出題します。

「業界内」のテーマは、読者の皆さまが現実に悩んでいるリアルな問題にもお答えします。

出題の翌週には「私達の考え方」を図解等を混ぜながら具体的に説明します。

この継続により1年間で、約50のテーマについて「100回」の思考と確認を繰り返すことになります。

このような努力を続けることによって、始める前とは「別人」になります。

「1日36円」で、やっていない人とは「埋めようのない差」が生じるのです。

何よりも「自分自身の変化」が実感できるようになると思います。

「会社に頼らず自分で立つ!」

今こそ、全員が「覚醒した個人」になりましょう!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。


by fitnessbiz-01 | 2012-05-28 22:27
No.1722 5月27日(日):本日は「仕事バージョン」で
こんにちは。遠藤です。女子バレーの五輪出場が決定してよかったですね。今回のチームは「育ってきた感じ」がして好感が持てます。個人的には江畑選手を応援しています。

さて、「日曜日はプライベート的な内容」に反して、本日は思いっ切り「仕事バージョン」で。

フィットネスビスは正社員を募集中でございます。

いうまでもなく「ジムスタジオ型クラブ」での勤務になります。

この業態こそが「今後のフィットネス業界の星」です。

多くの企業がこの「必要な段階」をすっ飛ばして、「個別」とか「最新」に走っていますが、私は様々な意味で疑問があります。

採用の話に戻りますと、お付き合いのある企業様には「一緒にやりたい方々」が、たくさんいるんですけどね。

つくづく、「レンタル制度」があるといいなと思います。

「環境が変わる」、「外部の価値観を知る」ということは、個人の成長を加速させると思います。

そのような方と3年間、一緒にやらせていただければ、ピカピカにしてお戻しする自信があります。

という非現実的な話はこの辺にしまして・・、社員募集についての基本的な考えは以下の通りです。

・社員中心で「本当に良いフィットネスクラブ」を創りたい
・できれば、現在、フィットネス業界で働いていて、問題意識を持った方と行動したい


多方面からの情報によりますと、「フィットネスビスは厳しい」というような印象が独り歩きしているようです。

が、それは「本当」です。

ただ、「厳しい」が違うと思います。

「成すべきことを成す」

要求はそれだけです。

それをできる人だけが「成長」を手にするのです。

以下の「正社員募集ページ」をご覧いただき、「チャレンジしてみたい」と感じていただけた方は、是非、お問い合わせをいただければと思います。

私達と一緒に日本の未来を創っていきましょう!

※正社員募集ページはこちらをクリックください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-27 23:59
No.1721 5月26日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.50(通巻241)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回のご相談】 
「遠藤さんは『会社は誰のもの』だとお考えですか?当社の社長は『会社は株主のためのもので、君達社員のものではない』と言うのですが、非常に違和感があります。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
これは個人の考え方によって、結論が大きく分かれる問題だと思います。

実際、多くの著名人が色々な意見を持っているのが事実です。

が、私の中では(ある程度)はっきりしているので以下に示しますが、あくまでも参考程度にしていただければと思います。

まず、「持ち主」という観点でいえば、「株主のもの」です。

「株主」が出資することにより会社が出来たわけですから、これは「絶対的なこと」だと思います。

もしかすると、貴社の社長さんもその部分を述べたのかもしれません。

また、フィットネス業界従事者の多くは、「株」とか「出資者」という感覚に疎すぎるので、この「ぬるい状況」に対し、あえて「君達のものではない!」と言い放ったということも推測できます。

「株主のもの」、「お客さまのもの」、「社員(従業員)のもの」・・。

私もいろいろ考えてきましたが、現時点においては「社会のもの」という考え方です。

会社というのは「社会に貢献するため」に生誕し、存在しているものだと思います。

なので、「社会のもの」だと思うのです。

もちろん、この概念に「お客さま」も含まれますが、「社会全体」という単位がしっくりきます。

さらに、もう1ついうならば、「その理念に責任をともなって参加した人達のもの」となります。

ここで「株主」が出てきます。

会社の理念や目的に価値を感じ、それを実現するために自費を投じて参画した人が「真の株主」です。

だから、私は自社の社員に「理念実現に本気なら出資すべきだ」と幾度も言っています。

でも、この感覚がわかる人はほとんどいません。

したがって、私の方針下においては、自費を「投じる」ことなく、給料を「貰うだけ」の社員は「会社は君達のものではない」と言われても仕方がないと思います。
※あくまでも、トップの私がそのような考え方の当社における価値観です。

「良い会社」の本を読むと「会社は従業員のもの」とよく書いてありますね。

多くの従業員はこのような言葉を待っているのでしょう。

しかし、その考えは「もっとも甘い」と私は思います。

だからといって、「大切にしなくていい」ということではありません。

ただ、会社というものを論理立てて考えれば、そのような結論には至らないということです。

以上、繰り返しですが、あくまでも参考にしていただければと思います。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-26 22:15
No.1720 5月25日(金):「成長」は三歩進んで 二歩さがる!
こんにちは。遠藤です。今日の日経産業新聞には「快眠」の重要性が記されており、今さらながら「できていないこと」があったので、今日から修正したいと思います。

さて、今週平日の「締めくくり」は「考える」ということにおける「パワー」について持論を展開します。

ご多分に漏れず、トレーニングの世界では以下の公式が成立しています。

「パワー」=「スピード」×「力」

これは「考える」という分野でもまったく同じ公式だと私は考えています。

「考えるパワー」=「考えるスピード」×「考えの質」

です。

問題点や解決策を、早く発見し、早く仮説を立て、早く修正する。

これが「スピード」です。

しかし、「早ければいい」というわけではありません。

ここで問われるのが「質」です。

「ただ考えればいい」ということでは困ります。

特に「的外れ」、「浅はかな思考」は問題です。

大切なことは「結果につながる思考」ができるか否かです。

ちなみに、「理屈っぽい」と「結果につながる思考」は決定的に違います。

「理屈を述べる人」、「正論を述べる人」とは数多く出会ってきましたが、「結果につながる思考」ができなければNGだと思います。

まとめますと、結果につながる「質」の高い思考(発想や問題発見や問題解決策)を、「スピーディ」に行えることが、「考えること」における「パワー」だと考えます。

これができる人が「今後、求められる人財」であり、「仕事ができる人財」といえます。

では、どうすれば「考えるパワー」を身につけることができるか。

答えは1つ。

「多面的な思考と実行の繰り返し」です。

新聞を読んで考える。

本を読んで考える。

人と会って考える。

そして、実行し、前進と後退を繰り返す。

「365歩のマーチ」です。

一日一歩 三日で三歩!

三歩進んで 二歩さがる!
※休まないで 歩け~!

これをやらない人は「窓際族」になると思った方がいいです。

実際、役職(肩書き)と年齢でしか勝負できない実例(諸先輩)は身の周りにたくさんいると思います。

6月4日のお申込み開始に先がけて、5月29日(火)には有料版の料金をご案内します。

是非、新メルマガを「考えるツール」の仲間に入れていただきたいと思います。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-25 22:15
No.1719 5月24日(木):だから、やる!
こんにちは。遠藤です。今日は実に楽しき研修会と懇親会(飲み会)でした。

最終の新幹線に飛び乗りましたが、時が経つのを忘れますね。

本日、木曜日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」がアップされています。

今回は「現場と会議室」です。

原田さんの言わんとしていることは「その通り」なのですが、文中の「現場はトレーナーがもっともよく現状を知っている」だけは違いますね。

「現場トレーナー」が「現場」、または「お客さま」を知らないから、「会議室」に負けるんです。

したがって、原田さんが最後に記している、「現場人よ(もっと)立ち上がれ!」が、(上記の)「その通り」ということです。(原田さんはそれ(現状は知らないこと)を含んで書いているわけですが)
こちらからご覧ください。通常時は当社ホームページトップ(下部)か本ブログ下段をクリックください。

さて、昨日、「メルマガ有料版」のご案内をする中で、「私達の考え方を示します」と記しましたが、「一体、どのように示すのか?」という疑問があると思います。

これは、PDF資料で10ページ以上のボリューム感です。

なので、1年で「500ページ以上」の参考書になります。

ご自身の考えと照らし合わせながら、気づき等を書き込んでいただければ、「オリジナルのテキスト」になり得ます。

「塵も積もれば山となる」といいますが、仮に3年続けていただけたとすれば、「1500~2000ページ」のテキストとなります。

この「継続の蓄積」こそが自身を支える「原動力」であり、「財産」だと思っています。

この資料(教材)において、私達は頭の中で起こったことをできるだけ具体的な文字や文章にして表現したいと思っています。

が、ここを公開するのは、「裸」を見られるくらいに恥ずかしいことでもあります。

何故なら、レベルが露呈するからです。

でも、「こここそ」が重要だと考えているのです。

だから、やります。

独立当初、私のブログの読者数は5~6名の方々でした。

メルマガも同様です。

私は「名刺交換した方」に、ご本人の同意なくメルマガ等を送るということを1回もしていません。
※そのこと自体が問題だという意ではありません。

数少ない方々に真剣勝負のメッセージを一貫して送り続けてきたと自負しています。

結果、5名が10名になり、15名になり、50名になり、100名になり・・・、毎日ブログを書き、毎週メルマガを書き、「成長を目指す個人の輪」を地道に増やし続けてきました。

「有料版」はそのような真摯な方々に送る、私からの「感謝の便り」です。

現物を見ていただくために、6月4日には(メルマガにもブログにも)「サンプル版」を添付します。

期待して待っていてください!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-24 22:50
No.1718 5月23日(水):重要なお知らせです
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」の「マネジメントの基礎知識」に「店舗のサービス管理(その2)」をアップしました。本ページ右上のボタンからご覧ください。

さて、本日は「重要なお知らせ」をさせていただきます。

今朝のメルマガでも配信の通り、2012年7月よりメルマガを「有料」にすることにしました。

誤解のないように先に述べておけば、従来の無料版も続けます。

以下はメルマガと同内容ですが、私なりに考えた文章なのでそのまま記載させていただきます。

「有料版」を実施する理由は「真剣に勉強したい方々」に「より掘り下げた情報」を提供したいと強く思うようになってきたからです。

テーマは「考える力の強化」です。

私達が生きているのは「答えのない時代」です。「答えのない時代」に生き抜いていくための唯一の力は、発想力、問題解決力、論理思考力などの「考える力」です。

この「考える力の強化」以外に、今後、個人が人生を楽しんでいく術はありません

今後、必要とされる「人財」は、人より早く問題発見でき、人より早く最適解を導ける人です。

しかし、多くの方々が「考える力」をトレーニングする機会を得られないまま、悶々と悩んでいます。

それ故、人の物真似をしたり、人から答えを教えてもらっています。

そうではなく「自分の頭で考えること」が大切なのです。

有料版では思考トレーニングのコンテンツを毎週1テーマずつ配信します。

具体的には、

「もし、あなたがこのケースの責任者だったらどう対応しますか?」

「このケースは将来どうなると思いますか?」

「このケースは何故、こうなっていると思いますか?」

など多面的な思考形式を用い、「業界外」と「業界内」のテーマを隔週で出題します。

例えばですが、先般の勉強会では参加者の皆さまに以下の問いを投げかけました。

「もし、あなたがスタッフに危機感の欠片もない開業10年の赤字クラブの支配人を任されたら、どのようなアプローチでチームを強化していきますか?」

こういった課題に経験値や感覚値でなく、ロジカルに対応することが求められます。

「業界外」のテーマは、主に現在進行中のニュースを扱います。

「業界内」のテーマは、読者の皆さまが現実に悩んでいる課題を募集します。

これに対し、翌週に「私達はこう考える」という「フィットネスビズの考え方」を公開します。この「考え方」の提供にエネルギーを注ぎ込みます。

つまり、以下の思考トレーニングを繰り返すことになります。

・1週目:「業界内」テーマの出題
・2週目:「業界内」テーマの回答&「業界外」テーマの出題
・3週目:「業界外」テーマの回答&「業界内」テーマの出題
・4週目:「業界内」テーマの回答&「業界外」テーマの出題
※以降はこの繰り返し。出題のみなのは「第1回目」のみ。

これを自分の頭で考えるだけで1年間で、約50のテーマについて「100回」の思考と確認を繰り返すことになります。

また、「業界外」と「業界内」のテーマを扱うことによって「複眼的」な思考力が身につきます。

このような努力を続けることによって、始める前とは「別人」になりますし、そうでない人とは短期間で埋めようのない「差」が生じます。

費用はどなたにでも参加いただけるような安価を予定しています。

詳細のご案内&お申込みスタートは6月4日(月)の予定です。

「考える力」を強化して、仕事を通じて成長していきましょう。

本ブログ読者の方々のお申し込みを心よりお待ちしております。

※3月の当社主催勉強会で一部の方々にご案内した内容より先に上記を実施します 。ご了承くださいませ。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-23 21:47
No.1717 5月22日(火):新宿戦争!
こんにちは。遠藤です。今日は将来有望な若手達とご一緒できて楽しかったです。

是非、組織で良好に突き抜けてほしいですね。

さて、今日は「業界ネタ」を。

2週間くらい前のこと、新宿を歩いていたらティップネスさんが「駅ジャック」をしていました。
b0113993_2213762.jpg

「これだけの広告を出したら、当社は明日に潰れるな」と思って眺めていました。

で、昨日、同じ場所を歩いていたら色合いが変わっていたので、「ティップネスさんもスゴイな~(お金があるな~)」と思って、よく見たらオアシスさんでした。
b0113993_2215683.jpg

そうでした。この場所は駅を挟んでティップネスさんとオアシスさんが競争しています。

オアシスさんはこんな大型ポスター(横断幕?)も。
b0113993_2221635.jpg

業界大手同士による「最新のジム」対「新宿最大級」の戦いです。

かつての「宇都宮家電戦争」等には及ばないと思いますが、緩やかな競争環境でやっているクラブがこの地に来たら「ビックリして風邪をひく」ことでしょう。

この立地タイプは、とても広告宣伝費がかかります。

同時に新宿ですから家賃などの負担も大きい。

また、商圏が通常より広いと思うので、会員数を安定させるのにも並々ならぬ努力が必要です。

場所柄、各種トラブルも多いのではないかと予想します。

両クラブとも一般的なフィットネスクラブの3~4倍の会員数だと思いますが、この規模を運営するのは労力が大きいし、同時にこの売上(会員数)がなければ、とんでもないことになってしまいます。

つまり・・「大変なクラブ」だということです。

新宿には娯楽だけでなく、他の「周縁産業」も数多いですから、是非、日本を代表する「都心」でフィットネス産業に勝利を収めてほしいものですね。

訴求が「ハード中心」になるのは致し方ないと思うので、それを見て来館(入会)されたお客さまを現場スタッフは是非、継続に導いてほしいと思います!

※明日の「重要なお知らせ」をご期待ください。もっとも、「成長したい方」には重要ですが、「そこそこでいい」という方には重要ではないのであしからず。

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-05-22 22:04



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧