「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2012年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1787 7月31日(火):ジムの価値を再確信!
こんにちは。遠藤です。本日(31日)で「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの受付を締め切らせていただきました。

ご購読申込みいただいた皆さま、ありがとうございます。ともに成長しましょう。

よく言われていることですが、最近、読んだ本にも「自己の能力開発に取り組むのは総人口の5%程度である」と書かれていました。

皆さまは間違いなく「5%人材」です。

さて、今日は久々にジムに行くことができました。

トレーニング記録を見たら(見るまでもないですが)、7月2日以来・・。

こりゃ、業界人失格だ。

もっとも、この間、トレーニングのための隙間時間は「なかった」ので、今回ばかりは仕方ないです。

久々のジムには、一般会員の方の「リテンション」に対する気づきが幾つかありましたので、そこから3つほど記します。

まず、当たり前ですが、「トレーニングしないと太る」ということです。

そもそも、身体を動かさなくなるので消費エネルギーが減ります。

で、トレーニングしないことで筋量が落ちます。今日も10RMの重量が7回しか挙がりませんでした。

また、トレーニングしないと活動量(自然と動く量や歩く量の意)も落ちる気がします。

このため、トリプルパンチで太ります。

こういったことを説得力を持って「バシッ」とお客さまに伝えられるのが「良いトレーナー」です。

また、トレーニングしないと「心身」が汚れている気がしますね。

その改善にと(あくまでも気持ちの問題ですが)、私は普段は使わないサウナに2回も入り、デトックス?に注力しました。

最後は「ジムは圧倒的に効率がいい」ということです。

家庭でのトレーニングも結構ですが、継続環境も成果環境も低いです。

「ジムに行く」のが最高でしょう。

こうしてジムを出ると「再生」されたような気になります。

これが「フィットネスの力」であり、日頃、私が「フィットネスクラブとはガソリンスタンドのような場所(エネルギー注入所)」という理由です。

「明日から頑張ろう!」という気になりましたし、改めてジムの価値を確信することができました。

*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-31 21:48 | Comments(0)
No.1786 7月30日(月):運動場100周マネジメント
こんにちは。遠藤です。思考力強化マガジン「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質、本日」ですので、検討中の方はお急ぎください。

さて、同マガジン内の「フィットネスビジネスの視点」で取り上げようと思ったものの、誌面の都合で見送ったのですが、中高生のスポーツ中の「熱中症」が多発しています。

この暑さから考えて相当に気をつけなければいけませんが、これが「人災」となると話は別です。

何でも、栃木県の中学校で教諭が「運動場を100周しろ!」と生徒に命じ、結果、5人の生徒が熱中症になったということです。

この教諭は「生徒の体力と精神を鍛えたかった」と言っているそうですが、日頃、中学校教諭の「使えなさぶり」を見ている私からすると、驚くこともなく呆れるばかりです。

あまり詳しくは書けませんが、私の部下だったら「3日と持たない」ような先生がたくさんいます。

とにかく、「リーダーシップ」とか「マネジメント」といった勉強をまったくしていません。

と、ここで翻って、当業界を見てみれば、この事件を笑うことはできません。

「運動場100周マネジメント」が確かに存在しています。

「入会はどうした!」

「退会を減らせ!」

「コストも減らせ!」

こんなことをやっていれば、熱中症にはなりませんが、「うつ病」にはなります。

上記の教諭を反面教師にすれば、「他に指示の方法はないのですか?(他に体力と精神を鍛える方法はないのですか?)」ということです。

その分野を勉強することなく、自分の経験と過去の経験から「俺(私)は違った」、「昔は違った」とやるのが、「運動場100周マネジメント」、別名、「レガシー(遺物)マネジメント」です。

学校も当業界も「マネジメント問題」は深刻といえそうです。

というわけで、以下は本日締切です!
↓↓↓
★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-30 23:15
No.1785 7月29日(日):「心をつかむ」ということ
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質あと2日」ですので、検討中の方はお急ぎください。

さて、この3週間は出張に次ぐ出張で、ジムにも行けず、ベストな習慣(コンディション)が確保するのがなかなか難しい状況でした。

身体を休めることに専念した週末は、日頃、昼寝をしない私が、オリンピックと高校野球を眺めながら、気づくと寝てしまっているという感じでした。

そんな中、高校野球西東京大会決勝の日大三高vs佼成学園の試合は最後まで見入ってしまいました。

日大三は言わずと知れた名門ですが、佼成学園は勝てば38年ぶりの甲子園。

佼成学園は、私の球児時代(30年以上前ですが)の強豪校で、また中学野球部時代のチームメイトのI君が進学しレギュラーで出ていたので、親近感はあるものの、最近はあまり名前を聞きませんでした。

試合は1対0のまま、9回表の日大三の攻撃も2アウトランナー一塁。

このランナーが牽制球で間一髪アウトになりそうになります。

私は「強豪校はここからが強い、簡単には負けない」と言いながら、次男、三男と画面を観ていました。

続く、バッターが四球を選び、バッターは3番のキャプテンになりました。

そして、この選手がライトオーバーのツーベースをかっ飛ばし、逆転。そのまま、9回裏の攻撃を押さえて、優勝を決めます。

うまく文面にはできないのですが、様々な要素が凝縮された「凄い試合」でした。

私達の頃から著名な指導者だった名将の小倉全由監督は試合後のインタビューで「長い監督生活で、こんな試合は経験がない」と人目をはばからず男泣きしました。

そういう試合だったのです。

真剣勝負の野球は、オリンピック競技に負けないくらい面白い。

私もそこで育ったわけですからね。

ちなみに、今年の日大三は夏の甲子園を制覇した昨年ほどの力は(見るからに)ありません。

その日大三の選手は近年、必ず「監督を男にしたい」と口にします。

小倉監督は以下のようにいわれます。

「もちろん理論は大切ですが、高校生は心をつかむこと。それがなければ絶対に育たないです」

あまりにも深い言葉だと思います。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-29 21:26
No.1784 7月28日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.59(通巻250)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。
※「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質あと3日」です!

【今回のご相談】 
「勉強会に参加させていただきました。今回は必ず質問をしようと決めていたにもかかわらず、また、冒頭で遠藤さんが『質問歓迎』の方向を出していただいたのに、尻込みしてしまいました・・。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
それは残念なことでした。

質問が出ないのは「日本人共通の課題」ですが・・、もし、「質問したい自分」がいるのであれば、そこ(尻込み)からは1秒でも早く卒業すべきです。

私は「発言する意味」は3つあると考えています。

・度胸がつく
・頭の中で整理される
・言ったことを覚える

黙っている人はこの逆ですから、いかに発言した方がよいかがわかると思います。

私は支配人時代、大人数が参加するの支配人会議で、最初の頃は黙っていたのですが、「度胸をつけなければいけない」と思って、後半は中身に有無にかかわらず、必ず手を挙げて発言するようにしていました。

今の私からは想像もつかないかもしれませんが、人前で話すとブルブルと口が震えているような有様だったからです。

よって、自分の経験だけでいうならば、「尻込み癖」は克服できると思います。

あと、勉強会は「他流試合の場」ですよね。

だから、社内よりもさらに度胸がつくし、これは「どこに行っても物怖じしない自分になるチャンス」だと思えばよいのです。

勉強会はそのような感覚やセンスを磨く場でもあります。

というわけで、次回は是非、発言を!

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーン実施中!
7月は「創刊記念キャンペーン」として、お得な「第二次特別割引」でお申込みいただけます。締切は7月31日(火)です。是非、期間内にお申し込みください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-28 23:20
No.1783 7月27日(金):鋭く楽しいリーダーに!
こんにちは。遠藤です。「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質あと4日」ですので、検討中の方はお急ぎください。

さて、今週の平日は5日間のうち、4日間を「勉強会活動」に投入いたしました。

「遠藤さんのモチベーションは何ですか?」という類のお問い合わせもいただいたのですが、このような「仲間」や「同志」の存在は間違いなく大きいです。

昨日も今日も楽しき飲み会だったのですが、なんでも「人類は一万年前からアルコールと親しんできた」とのこと。

もちろん、お酒が飲めない方もいるし、現実逃避のお酒もあるし、アル中なんてものありますから、すべてを肯定するわけではありませんが、人間にとって「酒を酌み交わす場」は必要ということです。

そんな中、今回、私が一貫して発したメッセージは「どこに行っても結果を出せる人材になろう」ということです。

現在、多くのクラブの業績が低迷しています。

「古い」、「不便」、「狭い」、「小さい」などなど、理由はいくつもありますが、根本的な問題は「リーダー」がいないということです。

「ビジネスモデル」も「新業態」もいいですが、「リーダー」がいなければ話になりません。

「リーダー」がいないところに、それらを放り込んだところで効果はあっても最初だけです。

まずは「一人のリーダー」が必要です。

そうなるためには、皆、もっと「自分」を持たなければいけません。

「状況を変える」ということは、「私はこう思う」という考え方を持つことです。

大手企業系社員に見られるように、わかったような顔をしているのがもっともダメですね。

必要なのは「良識ある強烈な自己主張」です。

その結果、昼は鋭く仕事をし、夜はお酒等を酌み交わしゲラゲラ笑う。

そんな感じが楽しいと思います。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-27 23:59
No.1782 7月26日(木):「怠惰な自分」との格闘
こんにちは。遠藤です。「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質あと5日」ですので、検討中の方はお急ぎください。

本日、プロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」がアップされています。

今回は「膝とラン」です。「超GOOD」です。ジムにトレッドミルを並べたがる経営陣には「こういうこと」に関心を持って欲しいですね。だから、参加率が伸びないんですよ。
こちらからご覧ください。通常時は当社ホームページトップ(下部)か本ブログ下段をクリックください。

さて、3日間の「勉強会キャラバン」から、今日も楽しき「勉強会&飲み会」だったのですが、どうも、私は「部下にも自分にも厳しい」という印象を与えているようです。

関連して、私は「完璧主義者」と思われることも多いです。

しかし・・私は「完璧主義」という言葉は、むしろ「嫌い」です。

「つまらない」ですね。

あえて言うなら、私は「徹底主義」です。

「ポイント」を決めたら、そこだけは「徹底」するし、してもらいます。

なので、その部分では「厳しい」かもしれません。

しかし、それ以外は「超いい加減」です。

もともと、私の場合、仕事が好きなわけではありませんからね。

が、一方で、1回しかない人生なら、自分の好きな分野で、最大限の能力を発揮したいという気持ちが働きます。

(迷惑なことに・・(笑))、「死ぬまで生きろ!」という指令が、体内のどこからか飛んで来るんです。

日々、この矛盾した感情との戦いです。

が、最後は「最善を尽くしたい自分」が勝つ。

幾世紀を生き抜いてきた「人間」ですから。

明日も「怠惰な自分」との格闘です。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-26 23:03
No.1781 7月25日(水):「自己成長なき上司」に部下を嘆く資格なし
こんにちは。遠藤です。「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンの締切が「実質あと6日」ですので、検討中の方はお急ぎください。

また、本日、「現場のミカタ」を更新いたしました。

今回は「独立するかについて悩んでいます」、「フィットネス業界を1回やめました。再度復帰するか悩んでいます・・」です。
※「現場のミカタ」はこちらから!

さて、東京、名古屋、大阪の勉強会が終了いたしました。

今回のテーマは「中間層6割の育成」だったわけですが、参加された方々の多くが問題点として挙げていたのが、「考えない社員が多い」ということです。

謙虚な方が多いので「私もできていませんが・・」という前置きがついてしまうのですが、「考えない社員が多い」のは「各社共通」のようです。

もっとも、こうなる理由は明らかだと思います。

私は勉強会内で以下を原因として示しています。

・OJT型
・1対1型
・先輩対後輩型
・社内限定型
・単発型

詳細説明については「勉強会限定」として・・、これら個々に意味がないとは思いません。

局面においては「必要」です。

しかし、これらだけでは「デメリット」の方が大きくなっています。

むしろ、「考えない社員を積極的につくっている」と考えた方がよいでしょう。

こういう疲労した制度を温存しながら、「考えない社員が多い」と嘆くのは矛盾しています。

新鮮な視点を持った次期リーダー層が、大胆に制度を変えなければいけません。

一方で、嘆いている側の上司は「考えている上司なのか?」という問題もあります。

「過去の経験」、「社歴」、「年齢」、「ムード」。

「考えない上司」の強み(?)は、こういった類です。

自分を「縦方向」に伸ばしていかない限り、指導とか育成といった「拡がり」は出ないと思います。

自分が週に1冊の本も読んでいないで、「当社の部下は考えない・・」って、これおかしいですよ。

部下を嘆く前に、自己成長せよ!

これが絶対法則です。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-25 22:23
No.1780 7月24日(火):10mができて、18mができる
こんにちは。遠藤です。今日は「名古屋勉強会」でした。今後の「名古屋」は注目ですね。モチベーション&問題意識が高い方が多く、私も刺激をいただきました。

さて、勉強会では基本動作について「型にはめること」の必要性をお伝えしています。

そのことについて、本日の日経新聞で工藤公康氏が同様の主旨のことを言われていました。

高校2年生時にエースとして出場した甲子園大会で自滅した工藤氏は、「二度と同じことを繰り返すまい」と自分に誓い、その後の練習で10メートルの距離から10球連続で狙い通りに投げる練習を繰り返したということです。
※ちなみに、投手から捕手までの距離は約18mです。

10mができたら、11m。それができたら12mといった具合。

プロに入った後も不調になると、当時の練習法に立ち返ることがあったということです。

要は10mが繰り返しできない人に、18mはできないのです。

工藤氏のような「超一流」が、この「考え方」です。

翻って、フィットネス業界の現状はどうでしょうか。

5mができない人に、20mを求めていますね。

この時、最大の問題点は「5mを確実に成功させる方法を教えていない」ということです。

教えないで、嘆いてはいけません。

工藤氏も初期は「教わったことをそのまま実行した」ということです。

その「土台」の上に創意工夫が乗ることで「進歩」につながったといいます。

これが「基本の力」です。

私のような凡人は基本を強制的にでも「型にはめないと」、いつまで経っても身につきません。

これが無ければどうなるか?

答えは簡単。

「一流」どころか、「二流」にも「三流」にもなれないのです。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-24 22:57
No.1779 7月23日(月):まずは「量」ありき
こんにちは。遠藤です。今日は「東京勉強会」でした。勉強会は明日、明後日と続きますので、そこで総括させていただきますが、まだまだ、実力が足りないな・・と痛感、反省した次第です。

さて、本日は「思考力強化マガジン Power of Thinking」の配信日でした。
※「創刊記念キャンペーン」は2012年7月31日(火)は締切です!。本ページ下部よりお申し込みください!

私が同マガジンを通じて、読者の皆さまに会得していただきたい能力の1つに「私と同じ文章量を書けるようにする」というのがあります。

もちろん、「文字量」=「質の高さ」ではありません。

とはいえ、「自分視点」で構わないので、自分の考えを整理し、一定量以上アウトプットするというのは、「思考力強化」のための土台となるはずです。

これは重要なポイントです。

昔話ですが、著名な先生の「トレーニング研修」を受けたトレーナーが、「すべて知っている内容だった」と言ったことがあります。

しかし、そのトレーナーが同じ時間、同じ内容を話せるかと言ったら100%無理です。

人の話を聞いて「それは知っている」と言うのは簡単ですが、自らが起点となって「わかりやすい内容」を発信するのは、その数十倍、数百倍難しいと思います。

もしも、毎週の設問に対し、私達と同じ量の文章をアウトプットするのは現実的ではないかもしれませんが、もし、いらしたら素晴らしいことです。

その取り組みは「レポート1枚」でも良いと思います。

その「量」は確実に脳に蓄積されます。

そして、その「量」が、どこかで「質」に転換されます。

ここが「ブレイクスルーポイント」です。

「ブレイクスルー」とは「現状突破」という意味です。

是非、そこまで活用していただければと思います。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーンは2012年7月31日(火)が締切です!お急ぎください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-23 23:52
No.1778 7月22日(日):「幸せ」な時間
こんにちは。遠藤です。本日は夏合宿中の長男を除く4人で、久々の関西旅行にやってきました。

私達は5年間、この地に住んでいましたが、長男が小学校入学時に東京に戻ってきたので、次男と三男の記憶にはほとんど残っていないようです。

私は仕事で毎週のように関西には来ているわけですが、「まさに大阪」といった場所は久しぶりでした。

お約束①
b0113993_2181918.jpg

お約束②
b0113993_2184739.jpg

その後はメインイベントのこちらへ。
b0113993_21133817.jpg

USJは大人でも結構、楽しめます。

が、メインゲートから「丸見え」のこれが・・。
b0113993_2192786.jpg

まさかの・・。
b0113993_2194855.jpg

阪神高速(爆)!


これがTDLとの決定的なクオリティの差ですね。

明日は妻と子ども達を残し、私は一人寂しく帰京です。
※明日は東京勉強会!

今回は急遽、バスケの練習が休みになったことなどからの強行軍でした。

とはいえ、子ども達の楽しむ顔を見て、私も幸せ感に浸りました。

明日からもしっかり人生をやろうと思います。

★「Power of Thinking」創刊記念キャンペーン実施中!
7月は「創刊記念キャンペーン」として、お得な「第二次特別割引」でお申込みいただけます。締切は7月31日(火)です。是非、期間内にお申し込みください!
※詳細&ご購読のお申込みはこちらから!

*****************
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-07-22 23:15



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧