「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2012年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.1879 10月31日(水):「腐った食材」は川越シェフでも調理できない
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」を更新いたしました。

今回は「お客さまから『スタジオプログラムをFAXしてほしい』と依頼されたのですが・・」です。是非、ご覧ください。
※「現場のミカタ」はこちらから!

さて、本日の日経新聞の稲盛和夫氏とカルロス・ゴーン氏の「リーダー論」はとても良い内容でした。

が、こういう記事を「擦り切れるほど読んだ方がいい人」は、新聞も読まずに出勤し、日常業務の前で忙殺されながら、「昨日と同じような今日」を過ごし、帰宅後はビール(発泡酒)を飲みながら、TV鑑賞で時間を浪費するといった毎日です。

で、口だけ雄弁で何も行動しない割には、自分は頑張っていると思い込んでいて、不平不満ばかり言っています。

私はこういう人は、食材に例えれば「腐っている」と思います。

「腐った食材」は川越シェフでも調理できません。

まぁ、多くの上司も「学ぶこと」をまったく求めることなく(自らも学ぶことなく)、「結果」だけを追求していますから、私に言わせてもらえば「どっちもどっち」ですが。

そういえば、何かの自己啓発書に「自己啓発書を読んでいる人の大半は『既に自己啓発書を読む必要のない人達』である」という表記がありました。

「そうなんだろうな」と思います。

異なる表現(書籍)を読むことで、脳を刺激し、新たな思考軸を作ったり、忘れかけていたことを思い出させたりしているわけですが、新聞記事にせよ、自己啓発にせよ、こういった「繰り返しの差」が「能力の差」になり「人生の差」になるのです。

今週のメルマガの「お薦め本」の中に「人生でもっとも尊いのは、自発的な意志を持って何かをしようとする人々である」という表記がありましたが、「その通り」と思います。

と、書いているうちに想定の文字数になってしまいました・・。

両リーダーの格言は明日以降に抜粋していきたいと思います。
※あくまでも予定。

では、明日をお楽しみに!

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-31 22:01
No.1878 10月30日(火):リーダーは「センターピン」を捉えよう!
こんにちは。遠藤です。定例勉強会が各会場(東京、名古屋、大阪)ともに定員に達しました。
※どうもありがとうございます。

お問い合わせ状況から、各会場ともあと数名はお受けする予定ですので、「調整中」の方はお急ぎください。

あとですね・・今日、親友の若林君に「数日前の大手とベンチャーの比較のブログで『ベンチャーは頭が悪く、仕事ができない人が多い』ってのは大丈夫なのか」とニコニコしながら言われまして、私は当然、「だから、当社をはじめとするベンチャー社員は、最低でも大手社員の4~5倍の努力が当然(※4~5倍は「ランチェスター時間戦略」に基づく)」という「行間」を込めたのですが、念のため(今更ながら)その旨を追記しておきました。

さて、最近、読んだ本の数々には勉強になる内容が満載なのですが、その中に懐かしい言葉がありました。

それが「センターピン」です。

(私の知る限り)、これはグッドウィルグループを破滅させた折口氏の著書に出てきた言葉です。

そんなこともあって自然と使わなくなってしまったのかもしれませんが、かつて私は「センターピンを外すな」とよく言っていました。

念のため説明しますと、これはボーリングの真ん中にあるピンのことで、「このピンにボールをあてない限り、ストライクにならない」ことから、「物事の本質や論点を捉える」という意味です。(私はそう解釈している。)

これは「良い表現」だと思います。

「センターピンを素早く捉えること」はリーダーに必須の能力です。

一方、所謂「仕事ができない人」は「センターピン」を外しまくります。

「ガター」なんてのも珍しくありません。
※でも、本人は「決まった」と思っている。

では、「センターピンを捉える能力」はどのように鍛えればいいでしょう?

この「参考解」は、今週の思考力強化マガジン「Power of Thinking」の「現状認識からの判断」の項に記しました。

多少、付け足すこともありますが、「ほぼ同じである」と思っていただいてよいと思います。

同マガジン読者の方々は「センターピンを外さないリーダー」になってください。

手前味噌ながら、こういうことが詳しく書いているは書物(マガジン?)は少ないと思うので、参考にしていただきたいと思います。

では、また明日!

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-30 22:22
No.1877 10月29日(月):「青写真」の重要性
こんにちは。遠藤です。本日、思考力強化マガジン「Power of Thinking」等を配信いたしました。

今回のテーマは「計画が苦手なA支配人(回答)」と「もし、あなたがアウトレットモールの営業責任者だったら?(出題)」です。思考力を鍛えたい方は本ブログ下段のアドレスよりお申し込みください。

さて、今日は「青写真」が進んだ1日でした。

「青写真が進んだ」というのはヘンテコな日本語ですが、正しくは「未来への青写真が少し鮮明に描けるような状態に進化した」といった感じです。

あらゆる「自己啓発本」に書いてあることですが、人間が目的、目標を達成する上で「青写真」は極めて重要です。

私の経験でいっても「自分はこうなりたい」と思うことで「青写真」が描けていることは、ほとんどが実現しています。

この時、「青写真」は鮮明で明確である必要があります。

では、「鮮明で明確」かが何で決まるかといえば、「想いの強さ」、「願望の強さ」です。

「こんな感じになりたい」というレベルでは、たいていが実現しないと思います。

また、「毎日、念じる」ほどの強いものであることが「絶対条件」です。

1週間に1回程度、「思っているようなこと」も実現しないと思います。

私は「自己実現系」の勉強会では上記のことを必ずお伝えします。

人間は「自分が思った通りの人」になるのです。

今日、「鮮明(気味)になったこと」は、(「気味」なので)「多分」、実現に向かうでしょう。

「青写真」は「不変」のものと、変化、進化を繰り返すものがあります。

後者については様々な諸条件が「丁度良いタイミング」で、「これだ」を思う瞬間が訪れます。

ただし、「これだ」と確信するには、「日々、勉強し、考え続けなければ」なりません。

言うまでもなく、「思いつき」は「青写真」にはなり得ません。

今日が「これだ」のタイミングだったのかもしれません。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-29 21:55
No.1876 10月28日(日): 濃密な1週間
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日は中学バスケの応援でしたが、残念ながら負けちゃいました。

要のキャプテンが骨折し、センタープレイヤーも謹慎だかなんだかで欠場の中、三男(中1)は最高得点を挙げて頑張りましたが(親バカ)、チーム全体としては難しい感じでした・・。

さて、この1週間(先週のこと)は、なかなか濃密でした。

出張が4泊5日。

うち3回が飲み会。

うち2回がカラオケ大会。

飲み会でない2日も新幹線で数時間の移動。

同時にフィットネスビジネス誌の原稿締切。

当社メルマガ「「Power of Thinking」も担当週。

まさに「朝から晩まで」でした。

それでもジムには2回行くことができましたし、読書もでき、DVD教材も見ることができました。

最終日の本日も応援に行くことができ、よかったです。
※まぁ、これは何があっても行きますが。

金曜日は縁あって「フィットネス業界関連の社長」とお会いしました。

素晴らしい活動をされており、会社も成長しています。

でも、所謂、「業界人」の方は、その社長の名前を誰も知らないと思います。
※私も一切公表するつもりがない。

その方は業界誌を読んでいないし、フェイスブックなどもやっていません。

それでも「顧客」の圧倒的な支持を受けています。

「一匹狼」を気取るつもりはまったくありませんが、業界会合にほとんど顔を出さない私としては非常に共感したし、「これが正しい姿だ」と思いました。

先日も上記とは別の社長が言われていました。

「フィットネス業界人における優先順位は、1位がお客さま、2位が従業員、3位がステークホルダー、4位が社会、5位がフィットネス業界である」と。

これも同感です。

順位付けは各社様々だと思いますが、どの産業も然り、トップの「業界活動」が上に来るほど「自社の衰退」は必至だと思います。

そんなことを考えた先週でした。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-28 23:49
No.1875 10月27日(土):フィットネスビズ兄に訊け!Vol.70(通巻261)
※毎週土曜日は「フィットネスビズ兄に訊け」です。

【今回のご相談】 
「業界誌などを読んでも、遠藤さんは『フリーのパーソナルトレーナー』に否定的な見解を示しています。その理由を詳しく教えてください。」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「フリーのパーソナルトレーナーに否定的」というよりは、「将来、食いっぱくれますよ、考えが甘いのではないですか」とアドバイスをしているのです(笑)。

最近は過去最大の「パーソナルトレーナーブーム」です。そこには「お客さまニーズ」があるわけですから、それにお応えするのは良いことだと思います。

しかし、「フリーのパーソナルトレーナー」となると話は別です。

多くの企業がフリー契約を選択しているのは「雇用したくないから」です。

「お客さまニーズがあるから売上が欲しい、でも社員解約すると固定コストが増える。また、パーソナルトレーニングしかできないような者は雇用したくない。社員に専門性もないことだし、それなら、相手も同意しているからフリー契約で歩率支払いにしておこう」と考えているのです。
※もちろん、すべてがそうではありませんが。

もっとも、企業としてこの考え方は正常だと思います。問題はそれに気づかず喜々としてフリー契約しているパーソナルトレーナー達のメンタリティにあります。

私はこういう人達は一定の年齢に達した時点で「固定給にしてほしい」と言いだすのではないかと思います。

それを拒否されたらどうする気なのでしょうか?その時の自分に「雇用される能力」があるかを客観視すべきでしょう。

この「デジャブ」はスタジオインストラクターです。彼等彼女等の多くに「マネジメント力」は皆無です。しかし、その「明らかな弱点」には蓋をしたまま、その自由なライフスタイルがもてはやされてきました。

その実情に対し私は「この人達の多くは加齢ともに身体を壊すか、レッスン減で食っていけなくなる」と公言してきました。

実際、この分野で成功したといえる人は「ごくごく一部」でしょう。

高い確率で「フリーのパーソナルトレーナー」もこうなると思います。

ちなみに私はフリーのパーソナルトレーナーは雇用せずに、すべて内製化しています。私は企業にとっても個人にとっても内製化がもっとも正しい選択だと考えています。

では、最近流行の「独立」はどうでしょう。

これも同じです。

一言でいうなら「マネジメントすらできない人間」が、「自分の店(会社)」など経営できるはずがありません。

その大半は「中小企業は10年以内に90%潰れる」という事実をそのままに歩んでいくか、薄給のまま終焉すると思います。

地道に能力を磨く者がもっと評価されるべきだし、各自はそこに価値を感じてほしいと思います。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-27 22:01
No.1874 10月26日(金):正しい「飲み会」の奨励
こんにちは。遠藤です。連夜の「カラオケ大会」で帰宅はAM1:30・・。明日の午前に予定していたジムはキャンセルかも・・です。
※更新時刻は調整してます。

さて、以前に本ブログで紹介した川口さんがフェイスブックにリンクをはってくださったのですが、(前述のとおり)、昨日はアイレクスさんの皆さまと韓国料理→カラオケ大会でした。
※フェイスブックをやられていない方も多いと思うので写真をアップします。撮影は大津部長。
b0113993_1451124.jpg

中央が川口さんで、右が「熱い男」の斉藤さん。左が「期待の若手」の久留さんです。斉藤さんのサザンは泣けます。

このような「飲み会」はいいですね。

私は「チームづくり」の講義の中に「結団式をやる」という原則を入れています。

要は「飲み会」です。

もっとも、これは「やるべき原則」を決められた数だけ事前実施することが前提であり、また、「飲み会」と言ってはいますが「お酒を飲めない人」もいますから、「単なる酒飲み会」ではありません。

「単なる酒飲み会」では泥酔する馬鹿者や、くだまき上司が登場しますが、こういう暇つぶし的な低質なものでもありません。

稲盛和夫氏も著書等で「コンパ」を奨励しています。

なんと!京セラ本社の12階には100畳の「コンパ専用ルーム」があるほどです。
※こちら!

記事には「同社が世界的な企業に成長したカゲには、酒を飲みながら本音をぶつけあうという、いってみれば『極めて単純で人間くさい行為』がある」と記されています。 

「コンパ専用ルーム」が必要かはちょっとわかりませんが、上記内容はその通りだと思います。

仮に仕事が「左脳的」だとすれば、「人間」が右脳です。

これすなわち、「効率(集中)と無駄(バカ騒ぎ)」のバランスです。

私はこの2つがなければ人も組織も機能しないと思います。

「飲みニケ―ション!」などと声高に叫ぶ気は毛頭ありませんが、チームづくりの「節目」には、「入会」とか「利益」などといった要素を頭から消して、「人間」として語り合う「場」が必要だと思います。

「単なる酒飲み会」はお金の浪費。

「正しい飲み会」は立派な「投資」です。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-26 23:59
No.1873 10月25日(木):成長人の「合言葉」
こんにちは。遠藤です。本日、プロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」がアップされています。

今回は「TVショッピング」です。どうもJPチャンネルか何かに出られたようですね。被写体として適正かどうかは私は知りません・・。
こちらからご覧ください。通常時は当社ホームページトップ(下部)か本ブログ下段をクリックください。

さて、今日は「楽しき1日」だったのですが、アルコール漬けにつき、その模様は明日のフェイスブック等で明らかにします。
※既に(私ではないところで)写真付でアップされております。

以下、話は変わります。

私はこれまで無料メルマガで毎週1冊、250冊以上の本を紹介してきました。また、当社HPでその大半をアップしています。

が・・実によく「何の本を読んだらいいですか」と聞かれます。

先日もある方から、(ご本人のために内容を一部いじりますが)、「今まで、本を全く読んでこなかった。現在、店舗の業績が良くなく、それをどのようにして改善していけばいいのか考えるものの、決まった考え方しかできない。参考になる本を紹介してほしい」というメールをもらいました。

何故、現在の自分の行動の質を深く考えることなく、「先ず、人に聞く」のですかね。

まさに「This is ニッポン」の教育の成果です。

私は「私のメルマガを読むか、当社HPを見てください」と淡々と返信をしましたが、本当に「甘い」と思います。

情報網が「まったく張られていない」。

本人はもちろん、「学ぶこと」を求めない周囲も責任大なんですよ。

求めなければ、何一つ始まりません。

まずは「求める」。
※「必要性」を教える。

その上で、行動しなかったら「評価」したらいいのです。

ヒントは身の周りにたくさんあるのに、「怠惰な個人」は自らを「圏外」にしているから何もキャッチできない。

「今日もバリサン」
※古いけど・・。

成長人の「合言葉」です。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
★私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-25 23:59
No.1872 10月24日(水):まずは「自分のこと」を心配しよう
こんにちは。遠藤です。本日、「現場のミカタ」を更新いたしました。

今回は「期限までに仕事を終わらせることが出来ません。スピードアップのコツは・・・」です。是非、ご覧ください。
※「現場のミカタ」はこちらから!

さて、割と多くの場面で「今後は『競争』ではなく『共創』の時代」というフレーズを目にします。

実に心地がいいフレーズです。

若手研修あたりで使えば「受ける」かもしれません。

そのこと自体には「一理ある」と思いますが、実にアブナイですね。

「共創」なんて言っていい人は「競争」に勝った人だけですよ。

または、その努力をしている人ですね。

これは個人の成長における「依存」→「自立」→「相乗効果(相互依存)」の段階に似ています。

「依存状態」の人が「周囲との相乗効果」など発揮できるはずがありません。

だから、いつも言うように「まず個人に要求すること」は「自立」なのです。

なのに「自立」もしていないような人を「リーダー職」に起用して「リーダーとは!」みたいなことを求めるから、チームが「ぶっ壊れる」のです。

また、「依存型リーダー職(リーダー「職」なだけでリーダーではない)」に限って、「自分のこと」より「部下のこと」を心配したりします。

その前に「自分のことを心配しなさい」と思いますよ、ホント(笑)

本人が「わかっていない」のですから、(心ある)上司は「こういうこと」を指導する必要があります。

個人に必要なことは「競争力」をつけることです。

そこで初めて「共創」という幸せな状態がやってくるのです。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-24 23:09
No.1871 10月23日(火):「孔子七十子」と「吉田松陰」
こんにちは。遠藤です。今日は非常に楽しき研修会と食事会でした。改めて「アラサー世代よ、時代を創れ!」と言いたいですね。

さて、昨日に続き、「教育」の話をします。

本ブログやメルマガで幾度か触れてきたと思いますが、「孔子七十子」という言い伝えがあります。

これは「孔子の弟子のうち才能の突出した70余人の学生のこと」です。
※72人といわれている。

では孔子には何人の弟子がいたでしょう?

答えは約3,000人です。

72/3,000は?

「2.4%」です。

常日頃、私が言っている「4%理論」とほぼ合致します。

「人材育成」とはそれくらいに難儀だし、常人にはできないことなのです。

また、孔子は「いつの時代の人」でしょう。

これが・・紀元前551年~紀元前479年です。

わけがわからないくらい昔です。

この言い伝えが今世紀でも「格言」として残っていることが奇跡だし、それは「不変の真理」だということです。

「人材育成・教育の達人」といわれている吉田松陰も同様です。

数多い「松下村塾」の弟子の中から、伊藤博文、山県有朋、高杉晋作、桂小五郎などを輩出していますが、それは「弟子全員」ではありません。

このように「人材育成」とは「最高の環境を提供すること」と、(昨日も記したように)「個々の内的動機を触発すること」だと私は思います。

そこから「志士」が出るのです。

「育てる」ではなく「育つ」。

一方、育たない者は(孔子を以ってしても)一定以上には育たない。
※20%くらいは「2.4%の次」がいたと思いますが。

私はそう思っています。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-23 23:59
No.1870 10月22日(月):「自発性の刺激」こそが「教育」
こんにちは。遠藤です。本日、思考力強化マガジン「Power of Thinking」等を配信いたしました。

今回のテーマは「計画が苦手なA支配人(出題)」と「もし、あなたがプロサッカーリーグの営業責任者だったら?(回答)」です。思考力を鍛えたい方は本ブログ下段のアドレスよりお申し込みください。

さて、独立以来、私は「人材育成」に関する講師を担当する機会が多々ありますが、その第一歩は「上司が部下を指導すること」ではなく、「個人の自立」だとしています。

したがって、上司が最初に指導することは「自立しなさい」です。
※当然、その意味も伝える。

「自立」に中には「基本習慣」が含まれているのですが、その中心的なことに「勉強をすること」と「礼儀正しくすること」があります。

「勉強」であれば、「毎朝、日経新聞を読みましょう」、「週に1冊は本を読みましょう」。

「礼儀」であれば、「研修を受けたら講師にお礼のメールを送りましょう」といったことです。
※それ以前に「挨拶もできないような人」が役職者の場合も多々、見掛けますが。

しかし、「やはり」平均的に80%くらいの人が「何もしない」ですね。

多くが「口」と「自尊心」だけがあって、「何もしない」。

こういう「基本」ができない人というは部下への影響力と言うものを勘違いしているのではないかと思います。

役職者が部下や周囲から見られているのは「行動」であり「人間」です。

「マーケティング」とか「セールス」とかではありません。

「力」や「立場」でもありません。

そんな中、実行に移す人もいます。

「これではいけない」と気づくのでしょう。

こういう人は共感できる仲間が増えることで、少しずつ人生が充実してきます。

この「自発性の刺激」こそが「教育」だと私は思っています。

そういう若手を増やすことも大切な使命と心得ております。

●2012年最後の定例勉強会
・テーマ「数字の見方」
「数字が苦手」は今年で卒業!遠藤が選ぶ「これだけは押さえよう!数字に強くなるための10の指標」

・11月20日(火)東京
・11月22日(木)名古屋
・12月12日(水)大阪
※いずれも時間帯は18:15~20:45
※詳細&お申込みはこちらから


*****************
★思考力強化マガジン「Power of Thinking」の詳細&ご購読のお申込みはこちらから!
★当社メルマガ「フィットネスビズ通信」の無料登録はこちらから!
※私のフェイスブックはこちらです!
★おすすめコラム!「間違えだらけのフィットネストレーニング(毎週木曜更新)」はこちらから!
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2012-10-22 23:01



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧