「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2013年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.2305 12月31日(火):「個」の総括
こんにちは。遠藤です。間もなく2013年が終わります。

さて、年末恒例の「個の総括」を簡単に記します。

「家族」、「仕事」、「自分」です。

●家族
長男が高2。次男、三男が中2。全員、バスケットボールを続けています。今年は親として大きなターニングポイントになりました。理由は全員が「親離れ」に入ったからです。もう「可愛い」の段階は完全に終わりました。ここからはどう「自立」を支援するか。「人生」で勝利させるためのサポートを必要な量でどうしていくか。子ども達には本当に学ばされますよ。すべて見られていますからね。ここからは、「人間」として向き合っていくステージに変わっていきます。

●仕事
私の誕生日である9月1日にフィットネスビス社長を退任し、伊藤社長をはじめとする若い世代に会社を任せました。その後の推移を見ても、私という「そうは言っても気を遣う存在」が抜けたことで、全員がハツラツとやっています。本当に正解だったと思いますね。

いつも言うことですが、フィットネス事業は30歳代でできるんですって。「私がいなければできない」なんて思っている経営陣は思い上がりもいいところだと思いますよ。そういう人が「現在の地位」でボトルネックとなっているから、若い世代が出てこないんですよ。さっさと引退するか、他のことをやりなさい!断言しますけど、経営陣が何年も同じ顔ぶれの会社からは絶対に優秀な次世代リーダーは出ません。「ダメだこりゃ」ってことで、辞めていくのが当然の選択肢です。

私はといえば、新たに(株)個のサポーターズクラブを設立し、10月からFBL大学をスタートさせました。念願の「企業間の垣根」を取り払うための行動です。たかが4000億円の売上げしかないんだから、「各企業」なんて米粒みたいなものなわけです。その小さな小さな自社の中で競ったところで「米粒みたいなリーダー」しか出ないでしょう。来年はさらに新たな行動をします。皆さんも乗ってきてください!

●自分
「自分事」はまったく封印ですね。それに費やす時間はないです。平日は仕事が楽しいし、土曜日は原稿書き一色で、日曜はバスケの応援三昧ですからね。これが少なくともあと3~4年は続きます。オートバイくらいは復活させたいですが、それよりも旅行ですかね。旅行は非日常なので、もう少し充実させたいと思っています。

ということで、2013年も終わり。

人生、まだまだこれからですよ。

私達が世の中に対して、やるべきことは山のようにある。

それを引っ張っていくのは誰だ?!

2014年「も」、それが一緒にできる仲間と私は出会いたいと願っています。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-31 16:52
No.2304 12月30日(月):2013年は何に時を刻んだか?
こんにちは。遠藤です。私は今日から年末恒例の雪山です。
※今日、明日は早めにアップします。

今年ほど一年が早く感じた年はないですね。

まさに「あっという間」です。

特にFBL大学の始動が大詰めに入ったお盆明けからは超特急でした。

とはいえ、やりたいことを実現した時間ですので、とても充実していました。

このように人生というのは「何に時間を使ったか」によって質が決まります。

睡眠が1日6時間とすれば、人生の1/4は寝ているわけですから、残りの3/4を何に使ったかで人生が決まるのです。

このような考え方をしている人は少ないと感じます。

大半の人は「会社に行くこと」にしか時間を使っていません。

さらにその中がグチャグチャなため、「何に時間を使っているか」がわかっていません。

「忙しい」、「やることが多い」で1日が終わるのです。

これは「貧乏への道」です。

面白いものでちょうどそんなことを考えていたら、昨日の片づけ中に2011年のプレジデント誌から以下の記事を見つけました。

「年収1500万円以上の人と、年収400万円台の人の時間習慣」です。

緑が「あてはまる」で、オレンジが「ややあてはまる」です。

緑を比較するのが「差」を見るにはいいでしょう。
b0113993_16152623.jpg

このように年収が低い人ほど「自分が何に時間を使っているか」がわからないのです。

「目標設定」も同じです。

以下のデータなどは、私がFBL大学でお伝えしていることの裏付けになります。
※拡大したため見づらくなりスミマセン。
b0113993_16155525.jpg

もちろん、このような資料を見て話しているわけではありません。私がお伝えしているのは継続的な実践で効果が認められる血肉ともいうべき内容のみです。

このデータで重要なのは「やることを決めている」の違いが最も小さいことです。

だから、いつも言うように「やることを決める」なんていうことは猿でもやるんですって。

問題はそこからなんですよ。

それが「習慣」であり、すなわち「何に時間を使うか」です。

今の自分の姿は「何に時間を使ってきたか」の証拠品です。

周囲の上司や部下スタッフに堕落した人間しかいなければ、それは自分が堕落した時間を過ごしてきた結果に過ぎません。

私は勉強会などで講師を務めると「衝撃を受けた」という感想を多くいただきます。

しかし、それは日常が「ぬるま湯」なだけです。

勉強会の私など「超優しい」ですからね。

残念ながら、「茹でガエル状態」になっているのです。

それが嫌なら「時間配分」を変えましょう。

今年もあと1日。

ド真剣に考えるべきです。

さもなくば、代わり映えなく新年が始まり、例年通り、代わり映えなく一年が終わっていくことになります。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-30 16:20
No.2303 12月29日(日):新しいことはスペースを空けないと入ってこない
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。本日は自宅の仕事部屋の片づけをしました。

「片付け」=「捨てる」です。

片づけを「レイアウトを変えること」だと思っている人が多くいますが、それは二の次です。

メインは「捨てる」です。

家族にとっては迷惑なことですが、今日はこんな感じ。
※分別!
b0113993_19111381.jpg

捨てることが大切な理由は「捨てないと入ってこないから」です。

私は今まで過去の手帳(本体は替えないので中身のみ)を取っておいたのですが、今年は全部捨てました。

「過去との決別」ですね。

私は新しい知識や情報はスペースを空けないと入ってこないと考えています。

洋服だってそうですよ。

捨てないと「新しいファッション」は入ってきませんよ。

で、捨てない人はどうなるか・

「どんどんたまっていく」んです。

「どんどん溢れていく」んです。

これは仕事人として最悪の状態です。

私はデスク周辺が汚い人は仕事ができないと思っています。

これについては多くのビジネスパーソンが同じ見解だし、日本マクドナルドの原田会長も著書「掟破り」の中で「机の上にほとんどモノがなく、すっきりしている人は仕事も早い。このような人は物理的な整理整頓はもちろん、志向の整理や情報の整理にも長けている」と述べています。

冷静に考えれば、当たり前のことです。

どう考えたって、探すのに時間が掛かるわけですよ。

ということは、30分で終わるものが当たり前の結果として35分かかるんです。

「仕事が遅い」、または「時間が掛かる」のです。

が、「残業が当たり前」という腐った職場風土で仕事をしていると、そのこと自体が問題になりません。

ここがおかしいんですよ。

仮に100万歩譲って「汚くてもいい。どこに何があるかわかるから」というふざけた言い訳が通用するとしましょう。

その場合は「自宅でやれ!」ということですね。

その人が上司的立場なら、部下スタッフへの示しがつかないし、部下スタッフを持つ資格さえないと私は思います。

さらに言えば「それが許されるレベルの仕事しかしていない」ということです。

2014年に「何かを得たい」なら、身の周りのものを捨てましょう!

まだ間に合う!

そして、スペースを空けて2014年を迎えましょう。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-29 20:08
No.2302 12月28日(土):そもそも、自然界に「保証」なんてものは存在していない
※「フィットネスビズ兄」でもあり、そうともいえない立場になったので、土曜企画の「フィットネスビズ兄に訊け」は、しばらくお休みします。復活は未定です。

こんにちは。遠藤です。ぼちぼち、多くの方が年末年始休暇ですかね。

今年はいい日程ですね。28日(土)から5日(日)まで8連休も可能です。

まぁ、現場勤務の方はなかなかそうもいかないでしょうが。

私も元旦から出勤していたのを思い出します。

さて、FBL大学の「1月スタートコース」のお申込みは明朝(29日早朝)で締切ります。

自己投資をして学ぼうとしている方がいるのは大変良いことだと思います。

「生きる」ってことは「成長」なんですよ。

これは証明されていることだと思います。

よく自然界の生物に喩えられますね。

当たり前ですけど、成長しない生命体は滅びます。

だから、柳井正氏がいわれる「成長しなければ死んだも同然」というのは正しいんです。

でも、人間は成長しなくても生きていけます。

何故なら、「保証」されているからです。

自然界で保証されている生物なんていないわけです。

保障されているのは飼われている生き物ですかね。

飼い犬。

飼い猫。

飼い鳥。

首輪につながれていたり、鳥かごに入れられている。

まぁ、犬や鳥ならそれでもいいでしょう。

でも、人間は違います。

「保障」してもらう代わりに、自由を失う。

「智慧」という犬や鳥にないものを持っているのに、実質、飼われている。

役職が社長でも、飼われている人間は飼われている。

年齢が何歳でも、飼われている人間は飼われている。

何を言ったところで飼われているものは飼われている。

つまり、どういうことか。

「保証」に甘んじた瞬間に人生は終わるんですよ。

生物で考えればわかりますよね。

そもそも、自然界に「保証」なんてものは存在していないんですよ。

「保証」というのは企業が個人を奴隷化させるために考え出した制度に過ぎない。

それを「従業員のために」なんて言っていますが、これこそが「ペットを飼っている感覚」だと思います。

「保証」と引き換えに自身の戦闘能力をダウンさせるんですよ。

私はそんな人生は御免だと思い続けてきました。

次世代の方には「保証」なんて「クソ」だと思って欲しい。
※汚くてすみませんが、その程度のもの。

そんなものに頼らず、戦っていける個人になってください。

※FBL大学の「1月スタートコース」は明朝までです。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-28 23:55
No.2301 12月27日(金):腹をくくれ!さもなくば●●をくくれ!
こんにちは。遠藤です。今日が今年最後のトレーニング。
b0113993_18551357.jpg

トレーニング手帳によると今年は90回やっていますので、平均7.5回/月でした。

疲労がたまっている時は休む場合があるので、こんな感じですかね。

さて、FBL大学の「1月スタートコース」は本日(28日)で締切ります。

成長を目指すなら、とにかく腹を括って行動すべきですね。

全体的な傾向として、ここが弱いわけですよ。

口だけはよく動く。

だから、「皆、同じ」になるんです。

そういう人は周囲と自分を比較してみたらいいのです。

何もかも同じだから。

違うのは性格くらい。

仕事に関しては給料も、仕事内容も、勤務時間も、考えることも、全部「同じようなもの」です。

何故なら、「同じような努力しかしていない」からです。

これを「どう思うか?」ですね。

自社社員(フィットネスビズ社)でも、腹を括った者がいます。

私は「腹を括った瞬間」を知っているので、そう言い切れます。

結構な時間が掛かりましたけどね・・。

今までは口では「頑張ります」と言っていたけれど、腹は括っていなかった。

だから、「やらされ感」しかない。

腹を括った瞬間から、一気に表情も仕事ぶりも良くなりましたよ。

過日のクリスマスイベントではこんな姿ですから。
※仮面はホントにしてます。
b0113993_18554441.jpg

肉体にも自信が反映されてきたわけです。

ここで大事なのは、これは個人が勝ち取ったものであるということ。

もちろん、私達は成長を願って指導をしてきましたが、あくまでも、個人の意識変革の結果であるということです。

結局、「変わろうとする個人」と「環境」がセットになって「成長」が起こるわけです。

なかなか自分だけでは変われないから、環境を使う。

環境だけではダメだから、個人は変わろうとする。

そういうことです。

ホント、腹をくくれない人は、ビジネス人生としてはクビをくくることになりますからね。

必要とされなくなったら終わりなんですよ。

2014年は「個」として腹を括ってください。

では、FBL大学でお待ちしております。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。締切まで「あと1日(28日まで)」です。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-27 20:54
No.2300 12月26日(木):「目標がない大人」は終わっている
こんにちは。遠藤です。本日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。
こちらからご覧ください。

本ブログも「2300回」となりました!パチパチパチ038.gif038.gif038.gif

さて、FBL大学の「1月スタートコース」の受付締切まで「あと2日」です。

迷っている人は行動してください。

「私は大丈夫」という人は、今のままでいいです。

私は12月のオンライセミナー(FBL大学専用)で「目標設定」についてお伝えしました。

「目標を決めない限り、行動は決まらない」と。

これは当たり前です。

しかし、企業に属して「給料保障という従属に甘えながら、ご多忙な日常を過ごしている」と、途中から夢遊病者のようになり、自分を失っていきます。

この時、周囲の仲間たちも大半は夢遊病者になっています。

だから、お互いに励まし合って、「集団夢遊病者」になります。

「This is サラリーマン集団!」の誕生です。

それ故、いい歳をこいて「目標がわかりません」という状況に陥る人が続出するわけです。

読者の皆さまは本田圭佑選手の以下の小学生時の卒業論文をご存知ですか?

これを読んで何も感じないようでは、人間としての成長は終わっていると思います。
※写真の下に青い字で再現します。
b0113993_167810.png

「将来の夢」
ぼくは大人になったら、世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる。
世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。
だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。
Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれてヨーロッパのセリエAに入団します。
そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。
プーマとけいやくしてスパイクやジャンバーを作り、世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれることを夢みている。
一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ4年に一度のWカップに出場します。
セリエAで活躍しているぼくは日本に帰りミーティングをし10番をもらってチームの看板です。
ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。
この得点も兄と力を合わせ、世界の強ごうをうまくかわし、いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。
(以上)


小学生ですよ。

翻って、大人が「目標がありません」。

「単に自分に甘えてきただけでしょ」って話。

私はこれまで「今後は年収200~300万円層と、800万円以上で二極化する」と言ってきました。

対して、40億円ですって。今から15年くらい前の小学生が。

こうやって「明確な目標設定」で差がつくわけです。

当然ですよね。

で、年末年始はどうしますか?

FBL大学の新春のオンライセミナーは1月3日からスタートします。

人が休んでいる時に、一緒になって休んでいる人は「従属人」ですんで。

というわけで、FBL大学でお待ちしています。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。締切まで「あと2日(28日まで)」です。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-26 21:03
No.2299 12月25日(水):FBL大学で「知的筋トレ」を
こんにちは。遠藤です。今日はクリスマスですが、以前よりチャラチャラした感じは無くなりましたね。

バレンタインもそうですが、完全に仕掛けられているわけですから、「ほどほど」が良いと思います。

さて、FBL大学の「1月スタートコース」の受付締切まで「あと3日」です。
※28日(金)です。本ブログは26日に読まれると思うので。

本ブログをお読みの方で迷っている方は、行動してください。

35歳まで、どんなに遅くとも40歳までには「一人前」になっていない限りは、その後の人生は「従属」して終わりです。

会社や上司の言うことにハイハイ従って終わりです。

身の周りを見ればわかるでしょう。

優秀なリーダーは20歳代、30歳代のうちから頭角を現しているはずです。

そこまでに自分を何とかしなければ手遅れです。

今後は買収(M&A)も進みます。

そうなれば、自分の意思はまったくないままに、いくつもいくつも自動的に会社が変わっていくことになります。

私がそう言い切れるのは、そういう人を数え切れないくらい見てきたからです。

決まって努力をしていないんですよ。

今もA社で通用しない人が、うまい話に乗ってB社に行ったりしています。

ホント、人事担当者は「こういう採用をするなよ」って思います。

フィットネスビジネス誌(2013年11月号)でも記しましたが「ロクなのがいない」ですからね。

だから、先々は活躍できないし、どこかでまた辞めるか、実質、与えてもらっているだけの役職にへばりついて、サラリーマン人生を終えることでしょう。

それにしても何故、フィットネス業界の人達は「口だけ」なのかと思います。

「変わりたい!」

「成長したい!」

と言いながら、結局はなにもしない。

典型的な「従属人」の行動です。

グダグダ言っている暇があったら、動けっていうんですよ。

成長したければ「行動せよ!」と。

ホント、それ以外にないわけですよ。

でもね・・

何も行動しなくても結局は生きていける。

会社が守ってくれるから。

そして、ムダな時間だけが過ぎていく。

でも、「自分は違う」と思い込みたい。

そんな自分と決別したいなら、FBL大学に参加して「知的筋トレ」をしてください。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。締切まで「あと3日(28日まで)」です。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-25 23:59
No.2298 12月24日(火): 死んだような同年代たち
※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

こんにちは。遠藤です。本日、思考力強化マガジン「Power of Thinking」等を配信いたしました。

今回のテーマは「年上部下スタッフとの接し方(出題)」と、「もし、あなたが靴販売チェーンの営業責任者だったら?(回答)」です。

さて、今日の日経産業新聞に「大樹に寄らず挑戦」という特集記事がありました。

二人の方が取り上げられており、一人は伊藤忠グループからMBOで独立し、ヘッドハンティング会社を立ち上げた方。

もう一人はサイバーエージェントの専務まで務めながら、若手起業家の支援事業に乗り出した方。

前者の方は年収が下がったそうです。

後者の方はネットカフェでの仮眠が増えたといいます。

これまでも言ってきましたが、この「ランクダウン」こそが挑戦です。

この記事を担当した記者は日経所属にしては珍しくまともなコメントを記しています。

「ミドル層は社会に自分の居場所を築き、家庭を持ち、時に身動きが取れなくなる。そんな時、個々人の一歩踏み出す勇気が、社会を動かす原動力となる」

その通りですね。

日頃、私はアラサー世代にメッセージを送っていますが、一方で私と同年代の連中って「どうなってんの?」と思いますよ。

「あの時のあなたは何処へ?」って。

会社の予算を追いかけることが、そんなに楽しいですかね。

どんな立派な肩書を持っていたところで、そこに主体性は「ゼロ」でしょ。

所詮は会社がなければ、何もできないわけ。

だから、私は「自店を買い取れ!」って言うんですよ。

少なくとも私はOBとして、それをやったから、そういう権利はあります。

でも、そういう行動をしても聞こえてくるのは「冷ややかな声」だけじゃないですか。

行動しない人のことを「評論家」って言うんですよ。

サイバー元専務はこう言っています。

「肩書きにはこだわらない。自分の役割を果たしたい」

これこそが「自分の人生」です。

「大樹に寄らず挑戦」ならぬ「大樹にすり寄って安住」。

こんな人生でいいのか?

先週の本ブログでは「若い人たちに言いたい!」という内容を記しましたが、今日は「中高年よ!もっと奮起しろ!」と言っておきます。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-24 22:09
No.2297 12月23日(月):「ダメ組織」は共通している
※「Power of Thinking」等を配信は明日(火曜日)です。
※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

こんにちは。遠藤です。まだ「1日中眠い」ですね。仕事に集中できるようになったのは、今日の昼過ぎからで困ったものです。

さて、今日は「Power of Thinking」内の「フィットネスビジネスの視点」で「没ネタ」にした内容を記します。

「没ネタ」といっても、3つに選ばれなかっただけでいい加減なものではありません。

それは「大学改革」の話。

大学名は出ていませんでしたが、「日本の大学関係者」と「米国の大学関係者」の会話です。

日本の大学関係者:「日本では今、留学生を積極的に受け入れる計画をしている」

米国の大学関係者:「それは素晴らしい!米国の大学でも多様性が成長を促進している。日本もそこまで来たか!」

続:米国の大学関係者:「ところで、学長は外国人か?」

日本の大学関係者:「日本人だ」

米国の大学関係者:「役員は何%が外国人か?

日本の大学関係者:「0%」

米国の大学関係者:「では、教職員は?」

日本の大学関係者:「無言・・」

米国の大学関係者:「それでは不可能だ。学生にだけ多様性を求めるやり方は成功しない」

(以上)

笑えますね。

私がこの話を引用したのは、フィットネス業界も同じだからです。

旧態依然とした経営陣が自らは変わることもなく、社員にだけ「変わること」を求めているじゃないですか。

「あんたらが先に変われよ」って思いますけどね。

自らは何1つ勉強していないのに、「部下が成長しない」と嘆いている人も同じ。

組織は頭から腐る。

当たり前です。

学生も企業も「ダメ組織」は共通しているということです。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集中です。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-23 23:59
No.2296 12月22日(日):すべては「顔」を見りゃ、わかる
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。が、今日は違います。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集をスタートします。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

こんにちは。遠藤です。昨日、今日と長男のバスケの応援に行った以外は眠っていました。

一気に疲れが出ている感じです。

さて、「魂の経営(富士フイルムホールディングス代表取締役兼CEOの古森重隆氏(著))」からの格言引用の最終回です。

それが「ビジネス五体論」。

古森氏は「その人のあらゆるパフォーマンスは、その人が持つ『人間力の総和』である」といわれています。

それを「人間の五体」と重ねて、以下の8項目を挙げています。
※「ビジネス八体論」にすればいいのにと思いましたが。

①目、耳、第六感等(本質を掴む)
②頭(脳)
③ハート(思いやり)
④腹(勇気)
⑤足腰(行動力)
⑥腕(技術)
⑦口(コミュニケーション)
⑧顔、姿勢(人格)

実際はもっと詳しく記されていますが、おおむねこのような感じです。

実に的確な「観点」だと思います。

多くの人がこのような全体像を描いていません。

だから、「ちょっとしたこと」を評価された程度で、誤った方向に進んで行く。

または、一部の著名人に到底人格者とは思えないながらも、一定の地位を築いた人がいると、それに影響されて「自分もこれでいいんだ」と考えてしまう。

昨今はフィットネス業界も起業を促すような流れがあるし、フリーランスを含めて組織を離れる人も散見されます。

が、今も昔も、そのような人達の中には基本的な礼儀さえ身につけていない人が数多くいる。

では、そうなるのは何故か?

「注意してくれる人」がいなくなるからです。

「あなたのその行動が間違っている」と言ってくれる人がいなくなるからです。

これは致命的なことだと思います。

その中でもっとも重要なのが、古森氏がいわれている「顔、姿勢」、つまりは「人格」です。

一般社会を見ても、ビジネスで成功したところで「悪顔」をしている輩はたくさんいます。

だから、逆からいえば「人格」なんてどうでもいいわけです。

「無礼者」でも、利益を出せば評価される。起業すれば評価される。

あとは自分がどうなりたいかだけ。

私は伊藤社長など身近な人には「先日、会った誰々さんは顔や態度がダメになっている」と言います。

そういえば、ここ数日、偶然にもFBL大学の専用コミュニティで「本音は顔に書いてある」という本がシェアされています(※私はまだ読んでいませんが)。

タイトルの通りだと思います。

すべては「顔」を見りゃ、わかるんです。

※FBL大学の「1月スタートコース」の募集をスタートします。20日から28日までの期間限定となります。
★FBL大学の申し込みはこちらからどうぞ!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2013-12-22 23:41



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧