「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.2425 4月30日(水):言葉によって自分を説得する
こんにちは。遠藤です。昨日は完全OFFでしたが、ここからは結構予定が入っておりGWは堪能できそうもなく残念でございます。

さて、今日の日経新聞に「説得力は自分の言葉から」という記事がありました。

「自分の言葉で話すことの大切さ」と説いたものですが、これには同感です。

「言霊」という言葉がありますが、人間は自分が日頃、どのような言葉を発しているかに多くの影響を受けるはずです。

例えばですが、「はぁ~っ」とため息ばかりついている人がいるとします。

この人に「幸」は訪れるでしょうか?

絶対に訪れません。

自分の言葉で「幸」を遠ざけているのです。

以前も書いたかと思いますが、私は「万が一、ため息をついたら吸いこめ!」と言っています。

周囲に公害を与えるし、自分としても「なかったこと」にするのです。

「はぁ~っ」とため息をついている人と、「はぁ~っ」の後に「なぁ~んちゃって!今日も私は元気ハツラツなんだよね~!」と言っている人では、どちらが楽しい人生を送れますかね。

単純な心掛け(習慣)ですよ。

「言葉」だけでなく、「書くこと」も重要です。

日々、自分が思ったことをすべて口に出すわけではありませんから、むしろ「書くこと」の方が自分の思考を具体化していくには有効だと思います。

昨今、FBL大学の方がよく使う「思考の言語化」です。

だから、私はFBL大学の方に毎日ブログを書くことを勧めています。

本当は強制したいくらいですが、ご本人に「意志」がない限りは意味がないので、勧めるにとどめています。

読者の方は少なからず「私(遠藤)は自分の言葉を持っている」と感じていただいていると思います。

それは毎日書いているからです。

まさに「言葉によって自分を説得している」のです。

それによって「私はこう思う」という思考の主体性も強化されていきます。

「流されない自分」をつくるためにも「書くこと(思考の言語化)」は非常に大切だと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-30 19:54
No.2424 4月29日(火):いまだかつてない「OFF」!
こんにちは。遠藤です。今日はタイトルの通り、いまだかつてない「OFF」でした。

中学バスケが2試合、高校バスケが2試合ありまして、いずれも春季大会です。

まず中学が9時から。

続いて高校が12時から。

中学は勝てば14時20分から。

高校は勝てば16時30分から。

奇跡的に分散しました。

ちなみに中学の会場から高校の会場までは1時間かかります。

で、そのうち20分間は「チャリ」です。

まず8時すぎに家を出て、中学バスケへ。

シードで出ているのですが、(失礼ながら)勝ち上がってきたまったく強いとは思えない相手に大苦戦。

4P途中で10点差をつけられてしまい、万事休すかと思われましたが、そこから大逆転して2点差で勝利しました。

ホント、危なかった・・。

ここで負けてたら、失意でブログ書けなかった・・。

第2試合が次にあたる相手だったので(親父(私のこと)が分析したところでまったく関係ないのに)、前半だけ視察して「チャリ」&「電車」にて全速力で高校バスケへ。

高校バスケは危なげなく勝利。

途中出場の長男も活躍し、観戦に来ていた私の父も大喜び。
※父は9時の試合も来ていましたが、ここで力尽きました。

で、そこからまた「電車」&「チャリ」で中学バスケへ。

こちらは接戦が予想されていましたが、三男が33点取る活躍で勝利。

「アホか!」と思うかもしれませんが、そこからまた「チャリ」&「電車」にて全速力で高校バスケへ。

で、この試合も勝利!

やったぜ、4戦全勝だ!

この時点で18時。

そこから「電車」&「チャリ」で帰宅したら19時。

今日は「夫婦」で行動していたので、妻は疲労状態。

なので、長男を帰路の途中まで迎えに行って、家族5名で食事。
b0113993_22375139.jpg

こういうのを「OFF」というのだなと。

だって、何もしていないんですから。

今日は朝からメールも開きませんでした。
※帰宅後に見ていますが、返信は明朝です。

これで中学、高校とも「決戦」の舞台にコマを進めました。

このような幸せな体験をさせてもらい子ども達には感謝感謝です。

全力で応援したいと思います!

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月29日(火)までです(※明朝に締切ります)。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-29 22:41
No.2423 4月28日(月):「アラフィフ世代」は●●が終わったら起業せよ!
こんにちは。遠藤です。本日、思考力強化マガジン「Power of Thinking」等を配信いたしました。

今回のテーマは「低迷クラブを『5ステップ』で再建する方法の第3ステップ(回答)」と、「もし、あなたがボディケアチェーンの営業責任者だったら?(出題)」です。

なお、FBL大学の「第2期スタートコース」は本日29日(火)で締切らせていただきますので、ご検討中の方は以下よりお申し込みください。
こちらをクリックしてください

さて、今回の「Power of Thinking」には幾つかのメッセージを込めました。

その一部をブログで紹介したいと思います。

今週は「お薦め本」のコーナーで堀江貴文氏の「ゼロ」を紹介したんですが。

私は個人的に堀江氏には関心がなく、本書も読んだことがありませんでしたが、とある事由からFBL大学の中でシェアされたので手に取ってみました。

獄中にいた堀江氏のもとには一般読者(※同氏のメルマガ等)から仕事や人生の質問が多数届いたといいます。

「塀の中にいる人」に、「塀の外で自由を謳歌している人」から相談が来るわけですよ。

その時、堀江氏は以下のように思ったといいます。

「みんな塀の中にいるわけではないのに、どうしてそんなに不自由を選ぶんだ」

「ホント、そうだよね!」って思います。

続けて、日経産業新聞で「カルシウム一筋20年」と紹介されていた(株)ユニカの西村社長についてコメントしました。

西村社長は江崎グリコでカルシウムに出会ったのですが、そこで開発したスナック菓子は「失敗作」と判断され、さらに商品開発に関するトラブルも発生。おまけに社内昇進試験にも落第してしまいます。

それでも西村社長のカルシウムへの思い入れは尽きることはなく、16年間勤めた江崎グリコを辞めて、起業の道を選びます。

苦境はあったものの創業5年目に黒字を達成し、今は10億円の売上をあげるに至っています。

私と同じ「アラフィフ世代」は、この話から感じるものはありませんかね?

ないとしたら、もう「ファイティングポース」を取ることを忘れてしまったということですね。

一生、1つの会社にいることなんてないでしょう。

だって、人生は1回しかいないんですよ。

「やりたいこと」をどこに置き忘れてきたんですか?

前述の「ゼロ」の中で堀江氏は「オヤジ化」という表現も使い、「常識に縛られ、前例を重んじ、新しい可能性や未知へのチャレンジをすべて拒絶し、酒を飲めば『あの頃はよかった』と思い出話を繰り返し、若い世代の頭を押さえつける人間」を「オヤジ」とし、この状態を「後ろに手を回され鍵をかけられている」と表現しています。

「アラフィフ世代」の多くは「オヤジ化」して「手錠」をかけられています。

年々、話が保守的で面白くなくなっていることに気づいてほしいものだ。

幾度か言ってきたことですが、私と同じ「アラフィフ世代」には、せめて子どもの教育費に目途がたったら「会社なんか辞めて起業しろ!」と言いたいです。

その段階になっても「住宅ローン」で行動できないとか・・。

そんな人生はやめちゃえよー!

その気になった人は「飲み」に誘ってください。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。本日4月29日(火)で締切ります。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-28 23:26
No.2422 4月27日(日):GWは「爺孝行」
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。FBL大学の「第2期スタートコース」は明日29日(火)で締切らせていただきます。

ご検討中の方は「一歩前へ!」。この「一歩」が二歩目、三歩目につながっていきます。
こちらをクリックしてください

さぁ、気づいたらGWです。

今日は7時台には家を出て、9時から世田谷方面で行われた中学バスケの応援へ。

1Pと2Pだけ観戦したら、10時半から新宿方面で行われた高校バスケの応援へ。

今後、勝ち進めばよりハードな日程になりますが、大歓迎です。

高校バスケは私の父も観戦に来ており、帰りは久々に二人でランチをしました。

長男の出場機会も多かったということで、「爺孝行」と「親孝行」といった感じでした。

私は「父の日」とか「母の日」とか「誕生日」に何かをプレゼントしたことが一度もありません。

今は子ども達にお願いして「電話」はしてもらっていますが、自分で何かをした記憶はないのです。

これはあることがきっかけになって「普段と変わったことをするとよくないことが起こる」と思うようになってしまい(※占いとかそんなことではなく、ある事実から)、それが大学生くらいの頃だったので、それ以来何もしていません。

ただ、両家で食事に行ったりはしています。

また、仕事の報告はよくしているし、父親も聞いてきます。

私が連載しているフィットネスビジネス誌のコピーを知人に見せたりしていたこともあるようで、そのような会話や仕事上のささやかな活躍が「親孝行」だと思っている次第です。

とはいえ、昨今の喜びは「孫」のようですね。

最近、我が子は3人とも年頃なので、以前よりは口数が減っています。

「お話」は面倒かも知れないので、このGWの試合をしっかり勝ち進んでほしいです。

特に高校バスケは関東大会が狙える状態なので、そうしたらまた(勝手に)忙しくなります。

まぁ、私の父もそこまで(神奈川県の小田原)は応援には来ないでしょうが。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-27 23:59
No.2421 4月26日(土):学長に訊け!Vol128(通巻319)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「部下スタッフへの口調やメール内容が、どうしても冷たくなってしまいます。自覚はしていますし、良くないことだとはわかっているのですが、感情が抑えきれません。これまでの役職者経験で同じように感じたことはありますでしょうか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「あります」としか言いようがありません。

前職では「社内メールの内容が部下スタッフのモチベーションを下げる」という理由で禁止されたこともあるくらいです。

が、今、当時を振り返ってみた時に「自分が未熟だった」という反省も半分くらいはありますが、「全然、甘い」という気持ちも半分あります。

とはいえ、自分でも「内容がキツイかな」と自覚していたので、送信前には必ず斜め前に座っていた伊藤さん(現フィットネスビズ社長)に「この内容で大丈夫かな?」と確認していました。

で、「まったく問題ないですねー」と言うから送信していたのですが「禁止」になりました(笑)

要は私達の求めるレベルと受け手のレベルが良くも悪くも合っていなかったわけです。

それでも、私が大手企業時代に経験していたことより「数段、楽」でしたよ。ベンチャー企業でこれではね・・という感じでした。

ただし、だとしても上司が「冷たい口調」、「冷たいメール」を送っていい理由にはなりません。

必要なことは「的を得た内容」、「本質的な内容」です。

「冷たい」と自覚しているなら、直ちに止めるべきです。

おそらく、「なんでできないんだ」とか「意識が低い」と感じているから、そのような内容になっているだと思いますが、とすると、「相手を見下した感じ」や「好き嫌いによる差」も出ているはずです。

「感情を抑えられない」というのは「子どもと同じ」です。

「リーダー」どころの話しではありませんので、注意が必要です。

厳しくするのは「仕事の質」と「規律」です。

そこに注力すれば「冷たい内容」、はたまた「罵声を浴びせること」など一切、必要ないのです。

あと、(毎度の繰り返しになりますが)、言っている本人に「言う資格」があるのかということですね。
※自分がそう思っているかではなく、周りにそう思われているかです。

「仕事の質」と「規律」でリーダーシップを発揮したら、「自分が結果を出すこと」に注力することが必要です。

最後に1つ。

「社内メールで苦言」は「ダメ」ですよ。

特に店舗内であればメールは議事録送信などの「共有事項」だけに留め、「会話」は「メール禁止」が原則です。

すべてを「直接のコミュニケーション」にすることです。

以上、参考になっていればと思います。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-26 22:25
No.2420 4月25日(金):武井壮さんの「運動理論」からの学び
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナー公開日です。

今回から新しいコンテンツとして「リアルタイム・ケーススタディ」をご提供しています。

今週は「デモケース」として、

・総合型クラブ
「新業態で何をすべきか」の考え方
・ジムスタジオ型クラブ
「何故。初期集客に失敗するか」
・パーソナルトレーニングジム
「低予算で集客する方法」

をお届けしています。

FBL大学に参画いただければ、時間軸の中で上記のようなことがすべてわかるようになります。

「行き当たりばったり」ということがなくなるのです。

さて、あるスポーツ指導者の方から、「笑っていいとも」で武井壮さんがタモリさんに語った「運動理論」が実に本質的あるという話を聞きました。

ユーチューブにアップされているということで、早速、観てみたのですが・・。
※動画は最後に貼り付けておきます。

「これは凄い!」と思いました。

武井壮さんは陸上十種競技元日本チャンピオンで、2013年には世界マスターズ陸上競技選手権大会200m(40~44歳クラス)で銅メダルを獲ったことが有名です。

ゴルフもプロ級の腕前だし、今はスポルト(スポーツニュース)でもプロ選手を相手に引けを取らない運動能力を披露しています。

で、武井さんは「十種競技の練習をほとんどしたことがない」というのです。

何をやっていたかと言えば、「自分の身体を自分のイメージした通りに動かす練習だけをしていた」ということで、「十種競技の動きは陸上グラウンドで強い選手の動きを見ていただけ」だというのです。

さらに武井さんは「日本のスポーツ選手は間違った動作で猛練習をしている。猛練習をしているから上手くはなるが、『それは間違った動作で最高にうまくなっただけである』」と言い、「それ故に他の動きや他のスポーツにまったく対応できない」と指摘しています。

それを証明するかのよう「笑っていいとも」の他の回では「逆立ちのできない子ども」を舞台に上げて、「上記の理論」を説明した後、見事に逆立ちができるようにしてしまいました。
※この動画も貼り付けます。

何故、この話を取り上げたかというと、私の「マネジメント論」、「健康論」と似ているからです。

既に長くなったので簡単に留めますが、「マネジメント論」において「武井理論」が該当するのが「原理原則」です。

私は多くの人が「間違ったことを繰り返している」と思います。

「健康論」においても、私は(原田さんの教えもあって)「原理原則」に観点があります。

「カラダを柔らかくしなさい」、「まっすぐ立ちなさい」、「大筋群に10RMの負荷をかけなさい」、「腹筋のトレーニングは毎日しなさい」、「バランスを整えなさい」などなど。

これに栄養と休養が加わり、そのためのシンプルな方法やツールだけ教えてくれます。

ややこしいトレーニング法の話はしません。

それに比べて、多くのフィットネストレーナーの言っていることは「自分の好きな理論」に偏っていて、さらに面倒臭いと思います。

私の話はこれで終わります。

武井さんの話から何かを感じてほしいと思います。

●「運動理論」の話しはこちらをクリック
※埋め込みコードが削除されていたので。

●「逆立ち」の話し


★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-25 23:59
No.2419 4月24日(木):同じことだけを学んでいれば同じ人になる
こんにちは。遠藤です。本日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。
こちらからご覧ください。

さて、昨日はフィットネスビジネス勉強会だったわけですが。

テーマは「営業会議のマネジメント」です。

いつものようにスライド用資料の配布もしているので、多くのご参加者から資料請求メールをいただいています。
※いつも言っていますが、「3日後」とかに資料請求するようではいただけません。

で、大切なのはここからです。

私が講師のものでなくても、勉強会に参加すれば学びも刺激もあります。

が、多くはそこで終わってしまいます。

勉強会というのは全員が同じことを聞いているに過ぎません。

学校を考えてもらえばわかります。

みんなで同じ授業を習います。

結果、みんな同じような人になっていきます。

多くの企業で当たり前のように行われている集合研修というのもこれと同じです。

「それだけ」では「研修ごっこ」に過ぎません。

そこからの「個別指導」が不可欠だと思います。

学生においては、授業態度や塾に行ったりすることで学力に差は出ますが、「みんなが同じことを習っている」という点にかわりはなく、その範囲の中で差がついていることになります。

ただ、その範囲の中でも、「自分はこうなりたいからこの勉強をする」と考えていた方が、将来的には大成するはずです。

一方、「この学校に入りたいから勉強する」では、学力は高くても「皆、同じ」の優等生になるはずです。

私は「勉強ができるかどうか」など、「より良い人生」を送る上でまったく関係ないと思っています。

特にこれからは「学力の差」ではなく、「個性の差」が大事です。

社会人であればなおさら「学び」を「独自化」につなげていくことが必要です。

大事なことは「自分に合った学び」に持っていくことです。

「自分に合った学び」とは、「復習」とは異なります。

勉強会から何を感じて、何を自分に取り入れるべきかと向き合うことです。

ここを考えることができる人が伸びます。

勉強会や研修会はそうやって活用していくべきだと思います。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-24 21:21
No.2418 4月23日(水):あなたが「理想の上司(リーダー)」になる
こんにちは。遠藤です。本日はフィットネスビジネス勉強会で講師を務めさせていただきました。

思い起こせば、自社媒体で一度も告知しないまま本日に至りました・・。

FBL大学のコンテンツについて熟考していたらこうなってしまいまして、もし、気づかなかった方がいらしたらどうもすみません。
※ライブ(?)画像は撮り忘れました。ちなみに飲み会は5時間半に及びました。

さて、「理想の上司」に男性は堺雅人さん、女性は天海祐希さんが選ばれています。

ドラマをほとんどみない私ですが、子どもたちに引きずられて堺雅人さん主演の「リーガルハイ」は録画で、半沢直樹はレンタルDVDで観ました。

「リーガルハイ」は笑ってしまいましたね。

それはそれでいいのですが、今朝、テレビを眺めていたら、その関連で新入社員が「理想の上司」についてインタビューに応えていました。

皆、「ついていける人」とか、「頼りになる人」とか、「相談できる人」とか言っていました。

残念ながら、この段階で既に「奴隷マインド」の洗礼を受けています。

かわいそうに・・。

当然のことながら、以下のようなことを言う新人はいません。

「上司を頼っている時点でダメですね」

とか、

「3年で起業するんで、上司は誰だっていいです」

とか。

もっとも、いてもマスコミが流しませんが。

いたとしても、その人間がどう見ても「常識はずれ」だったりします。

このあたりがどうもね・・。

こうなる背景は教育システムがおかしいんですよ。

小学校1年生から始まって・・

小学校で最上級生になったら、中1からやり直し。

中学校で最上級生になったら、高1からやり直し。

高校で最上級生になったら、大学1年生からやり直し。

大学生で最上級生になったら、社会人1年生からやり直し。

いい面もありますが、マインド的には定期的に「奴隷」に戻る。

中学・高校・大学は3~4年だからまだいいけど、社会人は20年くらい下積みが続くという。

このようなシステムから「理想の上司」が輩出される可能性は低いです。

というわけで、「上司」を見るときは以下の視点で見るといいです。

「この人は会社が変わっても、または業界が変わってもやっていけるか」

相談できても、引っ張ってくれても、これを満たしていない限りは「上司」とはいえないです。

そういう環境で日常を過ごしていれば、今後、頻発化するであろうM&Aやクラブが閉鎖した瞬間に人生が狂います。

ただただ無力な自分が立ち尽くすだけです。

だから、「個で勝負せよ」と言っているのです。

そのためには自分に投資することです。

そして、あなたが「理想の上司(リーダー)」になることです。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-23 23:59
No.2417 4月22日(火):「ライブ」に生きよう!
こんにちは。遠藤です。今日は約1年ぶりに某クラブへお邪魔したのですが、久々に現場で見るスタッフがとても成長していると感じました。

成長は上司の方々の支援と本人の努力があってこそ成し得るもの。大変嬉しく思いました。

さて、昨日は「エネルギー」という言葉を使いましたが、関連して今日の日経MJには「コンサート費用を増やす人が増えている」という記事がありました。

そう答えた人達が「何故そうするか」は書いていなかったのですが、いずれにせよ好きなアーチストとか、好きなスポーツ選手は観に行ったほうがいいです。

理由は「ライブ」だからです。

本人の「エネルギー」を肌で感じるには「ライブ」に勝るものはないと思います。

会社の上司と居酒屋で「ライブ」しても、恐ろしいまでにつまらなくて退屈でムダなだけで何も得るものはないでしょう。
※もちろん、リスペクトできる上司は別ですが、これは非常に低い確率です。

そんな時間があるのなら、「ライブ」に行って何かを感じた方がいいです。

なんでコンサートのことを「ライブ」と呼ぶようになったのかは知りませんが、「ライブ」とは「LIVE」であり、これは「生きる」ということですからね。

「ライブ」には「生きる力」があるんです。

だから、例えばイチロー選手が好きならヤンキースタジアムに行くんですよ!

それが「人生」ってもんでしょう。

会社には年間250回以上も行くのに、ヤンキースタジアムには10年とか15年で「ゼロ回」っておかしいと思いません?

「何のために生きてんの?」となります。

「全然、ライブじゃないよね!」って。

人の魅力というのは前向きな「エネルギー」をどれだけ発するかと関連しているように思えます。

だから、「コンサートを観に行く」だけではなく、自分自身も「良いエネルギー」を出せる人を目指すべきです。

そのためには「良いエネルギーを出す人」の「ライブ」に行くことです。

というわけで、今年は「Tsuyoshi Nagabuchi」の「ライブ」に行こうかなー。7年振りに。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-22 23:51
No.2416 4月21日(月):「WEB大学」をやる!
こんにちは。遠藤です。本日、思考力強化マガジン「Power of Thinking」等を配信いたしました。

今回のテーマは「低迷クラブを『5ステップ』で再建する方法の第3ステップ(出題)」と、「もし、あなたがはとバスの営業責任者だったら?(回答)」です。

さて、タイトルの「WEB大学」は「FBL大学」の誤りではありません。

「WEB大学」というのは、私が「FBL大学」のような取り組みを始めようと思った際にメモに残した言葉です。

昨日、本を整理していたら見つけました。

そこには以下のように書いてあります。2013年の前半のことです。
※青い字。原文のままです。

「WEB大学」
多くの人が「自分に人生を生きたい」、そう願っているはずだ。しかし、多くの人はそうなっていない。会社の人生を生きている、飼われたような生き方をしている。誰もそんなことは望んでいないはずだ。

そうなっている理由は何か。「個」で勝負する能力がないからだ。「個」で勝負せよ!本来、組織というのは「個」が中心であるべきだ。「個」というのは人間本来の要請だ。昨今、聞かれる「時代の要請」ではない。本来あるべき姿だ。

では、「個の力」とは何か?自分で考え、チームを通じて結果を出す能力だ。独りよがりの我がまま勝手なバカ者では断じてない。「個」になるには「考え方」をベースに自己開発力とビジネス能力を身につける必要がある。

組織の時代は終わった。今後は組織に新たな価値を提供できる「個」が求められる。私は「自分の人生を生きた」と実感できる「個」の輩出に貢献する。


このように書き殴っています。

そこから数ヶ月後に行動しました。

正確な記憶ではないですが、多分、このメモは自身の内面に大きな影響を与えたのだと思います。

こう書くと「行き当たりばったり」に感じるかもしれませんが、「イメージ」していたものが「目標」に変わったということです。

私は「おおまかなイメージと達成可能な具体的な目標を持つ」という考え方なので、少し遠くにあったものが近づいてきた瞬間です。

今日もFBL大学の撮影をしてきました。

伝えたいことが多過ぎて60分の予定が・・大幅に超過してしまいました。
※皆さま、忙しいのに申し訳ありません。

動画とはいえ言葉の中に「エネルギー」を込められるうちは続けていきたいと思っています。

それがなくなった時が引退かな・・。

★FBL大学では新年度を迎え「新たに学ぶことの必要性」を感じている方のために「限定10名」の追加募集を行います。期間は4月16日(水)から4月29日(火)までです。参加した方が手にするものは以下のような「成長環境」です。

・年間24テーマ以上、約200項目の「ビジネスの原理原則」
・月3~4回のオンラインセミナー受講による「学びの継続」
・刺激を与えてくれる「意識の高い仲間」
・「専用コミュニティ」での考え方のシェアによる「叡智」
・困ったことや、悩んでいることをいつでも「相談できる環境」

FBL大学は今、お申込みいただくことで以下の特典がございます。
・FBL大学は消費税増を実施していませんので(料金改定時期は未定ですが)、旧料金で参加いただけます。
・4月コンテンツである「個のマインドと従属のマインド」、「フィットネスビジネスリーダーに必要なリーダーシップ」を5月15日まで特別視聴できます。

是非、以下のお申込みページよりお手続きください。
こちらをクリックしてください

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「FBL大学通信」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2014-04-21 22:26



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧