「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2015年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.2821 5月31日(日):自分の人生をつまらなくしているのは自分自身である
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。こんにちは。遠藤です。間もなく、あと数時間でFBL大学勉強会のお申込み受付が自動的に終了します。東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、大阪会場は余裕があります。是非、以下よりお申込みください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

さて、今日はプライベート編というかなんというか。

読者の方はご存知ですが、私は先週のメルマガに「そもそも人生なんて悩むほど重要なものじゃない」、「日本という平和な国に生まれてピンチなんて起きない」と書きました。

その理由は私の周りにも悩んでいる人が結構いるからです。

日常をサポートしてあげられないので、メッセージを出すことで少しでも力になれればと思っています。

そこにも書きましたが、私は「自分の中の概念が自分をその方向に引っ張る」と考えています。

つまり、「悩む」という概念が自分の内面で具体的に意識されているから、自分がそうなってしまうのだと思うのです。

「イップス」みたいなものですかね。

これなども「上手くできない状態」が鮮明にイメージできてしまうことにより、自らがそちらに誘導されてしまうのです。

そんな中、またまた三男から武井壮さんの動画を紹介してもらいました。

約23分の動画ですが、「約9分~18分過ぎ」くらいを是非、見てください。

武井さんが母校の学生に語りかけるものですが、素晴らしい内容が詰まっています。

そのすべてがすべての大人に当てはまるものです。

武井さんの言葉を聞けば、自分の人生をつまらなくしているのは自分自身であることに気づくと思います。

わざわざ悩む必要なんて1%もないんですよ。

もちろん、私もそう言い続けてきたつもりです。

が、トップアスリートで著名人である武井さんの言葉にはより説得力があると思い、紹介させていただきます。

繰り返しですが、「約9分~18分過ぎ」くらいを是非、見てください。



*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-31 20:50
No.2820 5月30日(土):今、乗っている車を売ってしまえ!
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。明日、5月31日にてFBL大学勉強会のお申込み受付が終了します。東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、大阪会場は余裕があります。是非、以下よりお申込みください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

さて、今日は「学長に訊け」はお休みし、昨日の続きを。

昨日は成長しない人、停滞している人には「基準がない」ということを書いたわけですが、私がそのような人たちにアドバイスする1つは「今、乗っている車を売ってしまえ!」ということです。

例えば、毎月の車のローン返済額より自己投資が低いなんていう人は、もう完全に終わっています。

自分の成長ではなく、車のために生きているようなものです。

で、「新聞代は高い」なんて言っている。

もうどうしようもないと思います。

または、年収が300万円とか400万円なのに、200万円とか300万円の車を買っている人も同じです。

これなども救いようがないくらい金銭感覚が狂っているのです。

昨日、記したようにこのような愚行を指摘してくれる上司等がいないのも一因ですが、その前に自分で気づかないといけません。

「何かがおかしい」と。

はっきり言って、ベンツに乗っていてもバカはバカです。

その人物に憧れる人はいません。

ならば、ベンツが似合うような人物になるのが先なのに、そう考えることができないのです。

車なんて見栄以外の何物でもありません。

仮に「300万円の車を買いました」なんて言っている人は、今すぐ、売ればいいと思います。

で、20万円くらいの中古の軽自動車を買えばいいのですよ。

軽なら税金だって安いですし。

(あくまでも考え方として)、もしも半額の150万円で下取りしてもらって20万円の軽を買えば、差額は130万円だから、それを全額自己投資すればいいのです。

損をした150万円は「勉強量」です。

300万円のローンを払い続けて自己投資できないのと、どちらが成長すると思いますか?

考える余地はないわけですよ。

でも、絶対にやらない。

彼女とのデートとか、見た目を優先してしまう。

が、残念ながら車にレバレッジはかかりません。

むしろ、日々、価値は減価償却され、安くなっていきます。

気づかないだけで、実は「車の持ち主」もこうなっているのですよ。

レバレッジがかかるのは「自己投資だけ」です。

何故、これがわからないのかと思います。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-30 20:03
No.2819 5月29日(金):リーダーの最高の武器は「自らが示す模範」である
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日ですが、第5週目なのでお休みです。

なお、5月31日にてFBL大学勉強会のお申込み受付が終了します。東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、大阪会場は余裕があります。是非、以下よりお申込みください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

ちなみに昨日にシェアした「同志」とは以下の方々でした。

フェイスブックではシェアされたので、本ブログでも紹介させていただきます。
b0113993_22511568.jpg

(株)nanoの高橋さん、大岩さん、五十嵐さん、玉田さん、谷口さんとの「野郎飲み会」です。

「メンズトーク」を炸裂させて(20%くらい)おきました。

さて、今日は成長しない人、停滞している人を見ていて思うことを記します。

それは「基準」がないということです。

「基準」がないから、自分がどれだけズレちゃってるかがわからない。

だって、ホント「何もしていない」ですから。

給料がもらえるだけでラッキーですよ。

例えば、私に対して「新聞を読むようにしました」とか言ってくる人がいます。

たぶん、私が何かの媒体等で「新聞を読むべきだ」と言っているのを見たのでしょう。

しかし、一方で私は「新聞を読むことなど、パンツをはいて外出しているのと同じ」とも言っています。
※つまり、「新聞を読まない=ノーパン外出」。

が、こういう人はそれを知りません。

日常の情報量がまったく足りていないから、「何かで見ました」、「誰かから聞きました」という情報を嬉々として受け入れ、それをほんの少し行動するだけで自分を変えた気になってしまうのです。

所謂、「情弱」ですが、これが「基準がない」ということです。

が、責められません。

何故なら、「基準」になる上司がいないからです。

私がリスペクトする指導者は「指導者とは指導下にある人にとっての最高の手本でなければならない」と言っています。

私はこういう言葉にしびれるし、こうありたいと思います。

指導者の最高の武器は「自らが示す模範」です。

が、多くの役職者達は管理することや指示することが仕事だと思っています。

まったくバカげています。

私はフィットネス業界の著名なリーダー職の方々とは相容れないです。

とにかく、考え方が違う。

私と同じことを言って、それを行動に移している人は本当にごく一部です。

で、多くの次世代層がその配下で従属しているから、私はFBL大学を始めたのです。

大事なのは会社名とか給料とか待遇ではありません。

高い「基準」を持ち、自らが「模範」とならなければ、人生は「単なる自己満足」で終わります。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-29 22:51
No.2818 5月28日(木):「予算管理」なんてやめて「対話」をしよう!
こんにちは。遠藤です。本日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。
こちらからご覧ください。

また、5月31日にてFBL大学勉強会のお申込み受付が終了します。

東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、大阪会場は余裕があります。是非、以下よりお申込みください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

さて、今日は同志の方とMTGなどなど。

その中で新企画が2つ内定しました。

設計ができれば、高い確率で行動します。

これが「対話」の価値です。

また、私が常に「関係性の中からしか価値は生まれない」といっていることの実証です。

とにかく、人生を好転させたいなら、付き合う人を変えること、コミュニティを変えること以外に方法はありません。

例えばですが、ここ5年くらい人生が好転していないなら、またはその兆しがないなら、その関係性やコミュニティは絶対にダメ。

今後、5年も同じような日常が続きます。

が、給料はもらえます。

てなことをやっているうちに、「あっという間」に人生は終わるのです。

もっとも大事なのは「同じ目的、目標」を目指しているということです。

これがあればストレスというのは起き得ません。

悩んだり苦しんだりという不要なストレスが生じるのは、「同じ目的、目標」を目指していない人と一緒にいるからです。

追いかけるのは「同じ目的、目標」です。

が、ほぼ全員が追いかけているのは「予算」とか「数字」です。

こんなのは「ごっこ」ですからね、皆さん。

こんなものを追いかけて、苦しむなんてあり得ないんですよ。

では、どうして多くの人がその状態で苦しんでいるのか。

実は自分の人生に「目的、目標」がないからです。

結局、口だけ動いて行動しない人は人生に「目的、目標」がないのです。

だから、「予算」とか「数字」を追うしか選択肢がなくなるのです。

事実として、人生に「目的、目標」がある人は動いていますからね。

そもそも、「予算」とか「数字」から発想が生まれると思いますか?

あーくだらない。

必要なのは同志。

必要なのは対話。

同志と会って話すこと。

「予算管理」なんてやめて「対話」をしよう!

これさえやっていれば、人生は確実に好転します。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-28 20:10
No.2817 5月27日(水):今一度、「高重量」
こんにちは。遠藤です。5月31日にてFBL大学勉強会のお申込み受付が終了します。

東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、大阪会場は余裕があります。是非、以下よりお申込みください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

さて、今日は平日ですが日曜版みたいなことを。

先日の日曜日、三男の高校(バスケ)が大会で負けてしまいまして。

内容上、次週の日曜まで引っ張りたくなくないので今日に書きます。

試合はいきなり結構な強豪と当たって、ラスト2分まで1点差の攻防だったんですが、そこから粘れませんでした。

そんな中、ありがたいことに三男(高1)はスタメンで交代なしでフル出場しました。

これは予想しない展開だったので、私は固唾を飲んで試合を観ていました。

残念ながら負けてしまいましたが、1年生ながら3年生の中で躍動している三男の姿を見て私は嬉しかったんですよね。

そうしたら、「もっと俺も頑張らなきゃ」って思った。

そうじゃなきゃ、「頑張れ!」と言えない。

で、やれることは何かと考えたら、筋トレだなって。

もちろん、今もやっていますが、もっと高重量で追い込もうって。

バーベルと向き合うのは、自分と向き合う最高の手段の1つだと思っています。

何故なら、力を抜いたら終わるからです。

ベンチプレスなら死ぬかもしれない。

大袈裟にいえば戦いです。

日常でこんなことはありません。

仕事なんて、後回しにしても全然問題ないわけで。

なので、翌日のジムから回数を変えました。

次男も三男も、次の大きな大会(新人戦)が11月だから、それまでに過去の最高重量とは言わないまでも、一定の目標を設定しました。

食事も変えるから少し体重は少し増えるかもしれませんが、それは仕方ないということで。

これは頑張ろうと思います。

絶対に達成します。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-27 19:35
No.2816 5月26日(火):間もなく締切ります!
こんにちは。遠藤です。今週は若い方々とのMTGが多く、非常に楽しみであります。

さて、5月31日にてFBL大学勉強会のお申込み受付が終了します。

東京、名古屋会場はほぼ定員ですが、ギリギリまで受け付ける予定です。

で、どうにも大阪では人気がないみたいです。

不徳の致すところですが、今回のテーマで需要がなければ、今後しばらくは大阪会場では開催しないと思うので、都合のつく方はいらしてくださいませ。

以下に改めて詳細のご案内をします。

今回、私の担当部分は「テーマ設定」、「内容」において、おそらく過去に経験等されたことのない形式をとっています。

また、「参加費」も、従来と異なる形にしています。以下の内容をお読みいただき、是非、会場にお越しください。

【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【テーマ】
1.「フィットネス業界人のためのマーケティング脳の作り方」
講師:伊藤友紀
2.「個・クリエーション(価値共創)」
講師:遠藤一佳

【予定内容(多少変更する場合があります)】
1.「フィットネス業界人のためのマーケティング脳の作り方(13:20~14:35)」
・改めて「なぜ、マーケティングなのか?」
・フィットネスクラブがすべきアプローチとは?
・顧客創造のための観点など

2.「個・クリエーション(14:45~16:15)」
・当日の内容は参加される方々の質問によって決まります。
・お申込みされた方は申込みから1週間以内に以下のアドレス
(info@fbldaigaku.net)に「これぞ」という質問をお送りください。
・当日、「対話」するテーマは質問内容から幾つかを厳選させて
いただきます。当日、お答えできなかった内容は後日、動画にて公開いたします。

3.質疑応答(16:15~16:45)

【参加費(税込)】
・15,000円(税込)/名
・15,000円(税込)/2名
※2名合計で15,000円です。なので、1名あたり7,500円です。
※2名目の方の条件はありませんが、できるだけ後進世代でお願いします。
後進世代を学びの場に誘うのがリーダーの責任と考えて、この料金設定にしています。
※当日は有志による交流会を実施予定です(別途実費)。
申込みページの予備欄に交流会参加の有無をご記載ください。
※「2名」でお申込みいただいた方は、申込みページの「予備欄」にご同伴者の氏名、会社名、役職名をご記載ください。

【注意事項】
※お支払方法はカードと銀行振り込みを選択いただけます。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

ということで、よろしくお願いいたします。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-26 23:18
No.2815 5月25日(月):「自己満足」を追求しまくろう!
こんにちは。遠藤です。本日は無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」の配信日です。今回の内容は以下です。

(1)今、感じていること
・「フィットネス」って何だ?!
(2)フィットネスビジネスの視点
・子ども送迎サービス急成長 学校から塾、タクシーで
(3)今週の一冊
※ご登録者のみに公開
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録。

さて、昨日のラインダイエットの続きからスタートし、話を展開します。

ダイエットといえば、本日発売の週刊ダイヤモンドが「究極のダイエット~知らざれる2兆円市場~」という特集を組んでいます。

まぁ、一応、目を通すくらいはしておいた方がいいと思います。

で、昨日の続きですが、友人は体重や見た目だけでなく、身体の内部も変わりました。

それが以下。
b0113993_2016271.jpg

もう少し、HDLが上がってもいいかと思いますが、中性脂肪は半分になっているので、4ヶ月(ダイエット期間)の成果としては上々かなと。

友曰く、「これまで尿酸値だけは何をやってもダメだった」ということですが、見事に正常値となりました。

まぁ、肥満度と内科的疾患のリスクは比例関係にあるので、当然のことではありますが、実際に様々な結果が数字で示されることは良いことだと思います。

ここからのポイントは「ダイエット」という短期的な目標を、「フィットネス」という「生涯の習慣」に変えていくことです。

本日のメルマガにも書いたのですが、ダイエットとフィットネスはまったく違うものです。

だから、上記の特集も「一応、目を通すくらいでいい」のです。

フィットネス業界関係者はこの「境目」がまったくわかっていないと思いますね。

故に「ブレる」のです。

「ブレる」というのは、「アイデンティティ(存在意義)」を失うことです。

だから、実際、多くの会社に「存在意義」はないですよね。

で、「新業態」に忙しいという。

フィットネス業界に必要なのは「自己の価値を磨くこと」です。

が、この意味は基本的に伝わらないから、どうでもいいです。

私は同志とやるだけ。

今日もそういうMTGでした。

それが自己満足と言われようとも問題なし。

孫正義さんが言われるように、人生は「自分の登りたい山を登ること」です。

それが「究極の自己満足」でいいわけです。

自分のやっていることなんて国民のコンマ何%しか知らないのですから。

だからこそ、それでいいのです。
※単なる「ジコマン」とは違います。

「自分は何を成したいのか」

その「自己満足」を追求しまくりましょう!

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-25 20:19
No.2814 5月24日(日):ラインダイエット指導の結果
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。私の日大櫻丘野球部時代の友に「ラインダイエット指導」をしていることは本ブログでも述べてきた通りです。

コトの発端は昨年10月に開催された高校全体の同期会です(野球部単体ではありません)。

そこで先生(監督さん)を囲んでいたら、知らない人が輪に加わっていました。

100人以上来ていたし、皆、「他の部の人かな~」と思っていたら、なんと「○○ナ○です」。

「え~っ!(一同)」

その姿はあまりにも変わり果てていました。

で、その後、野球部単体で2度くらい再会したのですが、見るに見かねた仲間たちが今年1月の飲み会時に「ナ○、痩せた方がいいよ。死ぬぞ」となって、ラインダイエット指導が始まったのでした。

まず、スタート時(1月下旬)の体重は85.3キロでした。

そこから「1ヶ月に現体重の5%未満」を最大目標にすることを言明し、筋トレと食事のアドバイスをしました。

で、2月下旬の結果が以下。順調です。
b0113993_2183854.jpg

友は「ここから40日で75kgにする」と目標を再設定しました。

で、4月上旬の結果が以下。凄いですね!
b0113993_218503.jpg

続いて友は次の目標として、野球部の仲間で再会する5月22日までに「60kg台にする」と再び目標設定をしました。

それがこれ。
b0113993_219042.jpg

あー惜しい!

超悔しがっていましたが、凄いことです。

マイナス15キロですから。

ウエストは15センチ減で、背広等はすべて買い換えたそうです(笑)

見た目も軽く10歳は若返りましたね。

私は「ルール」は設定しましたが、「これを食べてはいけない」なんて言っていません。

伝えたのは「習慣」だけです。

4ヶ月の時間軸の中で「習慣」は確立しつつあるようなので、リバウンドする確率は低いと思います。

あとは仲間の存在が大きかったと思いますね。

皆、ラインで「ナ○、頑張れ!」と応援し、成果が出るたびに「スゲーな!」って褒めていましたから。

これで私から「ナ○」への「EDP(エンディ・ダイエット・プログラム」は完了です。

続いて、4月の下旬から女性の同級生が参加しています。

女性なので体重は書けませんが、こちらも1ヶ月で体重の約5%の減量に成功。

会社でも「痩せた!」と言われるみたいで、喜んでいました。

こちらも8月末日で10キロ減が目標なので、そこまでは付き合います!

最後に。

「ナ○」にしても、女性友人にしても、とにかく酷いのが通っているジムの指導。

トレーナーがデブだったり、無知だったり。

クラブが何年間も放置するから、私がプログラムを「組んであげている」のに、それを見てケチをつけてきたとのこと。

「僕は有資格者です。こんなプログラムはおかしいですね」と。

ちなみに、私が組んだプログラムは

・胸の押す運動
・背中の引く運動
・肩の運動
・脚全体の運動
・腹筋

以上(笑)。

「有資格者」にはこれがおかしいと思うらしい。

所謂、「ファンクショナル」とか「体幹」が入っていないからかな~。

ちなみに両方とも業界的には「有名クラブ」です。

ホント、情けないです。

というわけで、友の健康に乾杯!

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2015-05-24 21:13
No.2813 5月23日(土):新「プロとアマ」との分岐点
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。今日の「学長に訊け」は少し様式を変えて記させていただきます。

先日、フィットネスビズ社の勉強会で「遠藤さんにとってのプロフェッショナルとは何ですか?」という質問を受けました。

プロフェッショナルについては本ブログ上でも「人格を備えた上で、圧倒的な結果を出すこと」などと定義してきましたが、今回の質問には現時点における考え方を改めて示すだけでなく、今回は「お金をもらっている=プロといえるのか」という主旨が含まれていました。

この「お金をもらっている=プロといえるのか」というのは大変良い観点だと思いました。

何故なら、私もこれまで「お金をもらっている以上はプロである」と言ってきたからです。

しかし、体育系専門学校生だからと嬉々として採用し、数時間の研修の後にジムに立っているような学生トレーナー(※こんなのをトレーナーとは呼ばないが)が、プロであるわけがありません。

したがって、「お金をもらっているからプロ」という考え方は根本的に間違っていることがわかります。

私なりに考えた結果、以下の3つの結論に至りました。

1.自分で稼ぐことができる人。
2.または、高額を払ってでも、働いてほしいと頼まれる人。
3.その状態が10年以上続いている人。

以前、「お金をもらって働くのがサラリーマン」で、「働いて報酬を得るのがビジネスマン」と述べたことがあります。
※一般的にもそう言われていますが。

これに近いものがあるかもしれません。

ここではいくら稼ぐかとか、いくらが高額かが重要ではないので掘り下げませんが、突き詰めて考えれば、「人に雇われている」、「人から報酬を与えられている」のと、「自分に稼ぐ能力があるか」が、アマとプロを分ける重要な分岐点になるということです。

おそらくですが、大半の役職者が「月10万円」ですら自分で稼ぐことができないと思います。

しかし、各企業はその役職者に月30万円も40万円も50万円も払っています。

故に「アマなのにプロっぽい顔をしたプライドだけ高い役職者」が増えるのです。

月10万円も稼げない人に、(例えば)月40万円も払えば、絶対に組織にすがりつくようになります。

こうやって組織というのは稼げない人たちで埋め尽くされていくわけです。

私も支配人とか、営業部長とか、役員とかをやってきましたが、結局は「従属」なんですよ。

一方で、経済産業省発表の最新の「中小企業白書」によると、起業して10年以内に潰れる会社の数は全体の93%ということです。

これは相当にヤバイ数字です・・。

だから「脱従属だ!」と叫んでも、かえって良くないことになる可能性の方が高いのです。

ではどうするか?

そんなことも質問していただければ、勉強家ではリアルに回答できます。

「価値共創」を起こしますので、会場にいらしてください。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-23 21:17
No.2812 5月22日(金):「GIVE&GIVE」でいいんじゃない?!
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

今週は「60分de選書」です。これは私が書籍をピックアップし、琴線に触れた箇所を解説するものです。
b0113993_1193283.jpg


内容には「自信アリ」です。

さて、今日は日大櫻丘高校野球部などなどの仲間と再会飲み会。

先生(監督さん)にもいらしていただき、楽しい時間を過ごしました。
b0113993_1201426.jpg

ホント、51歳になっても最高の連中です。

さて、話し変わって、今日は「GIVE」と「TAKE」について。

私なんかの世代は「GIVE&TAKE」が当たり前と習ってきました。

が、今はメルマガでも紹介した「GIVE&TAKE」というタイトルの本でさえ、「GIVE&GIVE」の重要性が説かれています。

世のリーダーの一部においても、「GIVE&GIVE」が大切だと言っています。

勿論、フィットネス業界の経営陣でそんなことを言っているのはごくごく一部の人です。

多くの本音が「TAKE&TAKE」でしょう。

自分が得ること、自分が奪うことしか考えていません。

だから、周辺スタッフが離れていくわけです。

だから、社員が疲弊するわけです。

相手(経営陣)の利益に貢献しなければ認められないんですから、疲弊して当然です。

実際、私もFBL大学で以下のスライドを使って同様の説明をしています。
b0113993_120332.jpg

右上が「GIVE&GIVEゾーン」ですね。

昨今、この原則がかなり腹に落ちてきたと感じています。

徹底的に与えればいいのです。

パーソナルトレーニングとかで、「ここまでは無料です」的なテクニックか語られるのを耳にすることがありますが、はっきり言って「セコい」の一言。

無料であろうが有料であろうが、与えるだけ与えて「もっと教えてほしい」と思われるのが「プロ」でしょう。

結局、与えるものがない人か、そういうことをしたり、部下を管理したりするんです。

打算とか見返りとか不要ですね。

私は「GIVE&GIVE」でいきたいと思います。

★FBL大学勉強会のお申込みはこちらから。
【日程等】
・東京会場:6月12日(金)
・名古屋会場:6月15日(月)
・大阪会場:6月18日(木)
※時間帯は13時15分~16時45分です。

【お申込みページ】
※東京会場お申込みページはこちらをクリック
※名古屋会場お申込みページはこちらをクリック
※大阪会場お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-05-22 21:59



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧