「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2015年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.2851 6月30日(火):「情報感度」がすべて
こんにちは。遠藤です。今日は9時10分東京発の「新幹線」で出張。事件は11時東京発とはいえ、「怖い」と思いました。

巻き沿いになった方がお気の毒でなりません。

許しがたい暴挙でしょう。

その後、名古屋から新神戸に向かったのですが、19時に14時19分発の電車が到着です。
b0113993_20543684.jpg

さて、気を取り直してブログを書きます。

昨日はスピードについて簡単に触れました。

とにかく、「遅い」というのは致命傷です。

なのに、多くの人が遅い。

忙しいとか、時間がないとか言って遅い。

が、「これではマズイ」と思わないのは何故か。

視野が狭いからです。

自分の周辺しか見ていないからです。

自分の周辺にいる人などせいぜい数人の上司と部下スタッフだけです。

フィットネス業界のたいていの上司は「結果を出せ!」とか強要する割に、「学べ!」とは要求しません。

「学んだら結果が出るのか」という理屈だと思います。

で、部下スタッフはさらに自分より遅い。

故に、自分自身が周回遅れになっていることに気づかないのです。

こういう環境で、目の前の数字や業務を追うことに翻弄されているうちに、どんどん競争力がなくなっていくのです。

ただ、私が言っているスピードは「速い」というのとは少し違います。

どっちかというと私は遅いです。

「明日でいいことは明日にやろう」と考えます。

だからといってダラダラしているわけではないです。

「今やった方が結果に好影響だろう」と思うことを直感的に優先してやっています。

各種原稿でもギリギリまでやりませんから。

追い込まれないと言語が降ってこないんですよね。

前倒しでやっても良い文章にならないからやりません。

なので、私のいう「速さ」とは「感度」に近いです。

「これは必要か否か」を見極める感度(速さ)です。

私は多くの人において、この「情報感度」が決定的に劣っていると感じます。

「必要なこと」を「必要!」と感じられない。

「遅い」というより「鈍い」という感じですかね。

そうやってチャンスが去っていくんですよ。

情報感度が鋭いか鈍いか。

活躍するか否かは「それだけの違い」とさえ思えます。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考力変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-30 21:00
No.2850 6月29日(月):今後は「行動の遅さ」が致命傷になる
こんにちは。遠藤です。今日はFBL大学のオンラインセミナーの撮影をしました。良い内容が作成できたと思います。
b0113993_23464013.jpg

さて、既報の通り、2015年7月より、新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」がスタートします。

なので、現メルマガは今日の配信がラストです。

通巻404号だったので、2828日(約8年)に渡って配信を続けてきたことになります。

ということもあり、本日はメルマガ最終号に「ラストメッセージ」として記した内容を紹介させていただきます。
↓↓↓
●今回がラストメッセージです
こんにちは。遠藤です。既報の通り、本メルマガは2015年7月より「思考変容のスイッチ(有料版)」にリニューアルします。

最終確認ですが、新メルマガは新たにご登録いただいた方のみに届きます。なので、ご登録がない場合は「本号」を最後に現メルマガ内容による配信は終了させていただきます。

それぞれの事情により「申し込むのを忘れていた・・」という方が多いのが現状です。

今後も購読継続を希望いただける方は、以下のフォームよりお申込みください。

ただ、せっかくいただいた「ご縁」ですので、(現システムでの配信は終了しますが)、今後も不定期ながら「FBL大学通信」として、私の近況やセミナー情報などはご案内させていただきたいと思っています。

どうかよろしくお願いいたします。

●「すぐやらない(後回し)」のが「仕事ができない人」の共通特徴
最終号のメッセージを何しようか迷いました。最初は「脱支配」で考えていたのですが、そのテーマは「おすすめ本」のコーナーで記すことにしました。

で、考えたのが「行動の遅さが致命傷になる」です。要は「遅い」ということです。

何故、そう考えるに至ったか。上文に「申し込むのを忘れていた・・という方が多いのが現状」と記ました。

何事もそうですが、これが「その他大勢」の最たる行動です。

要は「すぐにやらない」のです。

「あとでやろう」と考えるのです。

これは「習慣そのもの」です。

習慣は「第二の性格」ですから、それで「人生の質」は決まりです。

今回の申込みでも典型的な行動パターンは以下です。

・習慣としてメルマガを読んでいない。だから、情報キャッチが遅れる。または知らないまま時が過ぎる。

・(前述のように)「すぐやる習慣」がない。思ったり、知ったりしていても「後ろ送り」をして、結果、忘れる。

これは本当に重要なことを言っています。

ポイントは本人が知らなかったり、後回しにしたり、忘れている間に、優秀な人は行動しているということです。

この日々の習慣の差が月日の経過の中で「埋めようのない差」になるのです。

説明するまでもなく、「仕事ができない人」の代名詞は「抜け・漏れ・ズレ・遅い」です。

これはすべて上記の「2つの習慣」が関係しています。

私が今まで出会ったすべての人が「成長したい」と言っています。

でも、それに見合った行動をしている人は4%程度しかいません。

4%になるというのは「100人中の96人とは明らかに違う行動をする」ということです。

知らなかった・・後回しにしよう・・忘れていた・・。

こういう人が成長できるほど、世の中は甘くありません。

「口だけ」、「気持ちだけ」の人が本当に多い。

まだ申し込んでいない方で、引き続き、私からの情報を得たい方は以下のフォームから申し込んでください。

登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

では、これにて最終号のメッセージを終わります。

今まで愛読いただき本当にありがとうございました。

★新メルマガの購読をご希望の方は、是非、こちらをクリックしてお申し込みください。7月以降も登録料無料は続けるかもしれませんが、今、登録いただければ、7月6日の創刊号までに、ボーナスコンテンツを配信する予定でいます。本日締切ですが、明日の朝6時くらいまではお申し込み可能です。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考力変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-29 23:49
No.2849 6月28日(日):新メルマガ「思考変容のスイッチ」の先行受付が明日で終了します
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。今日のなでしこは岩渕真奈選手のゴールで勝利。

以前も書きましたが、岩渕選手は高校の同級生の岩渕君の娘さん。

高校のフェイスブックグループは早朝から盛り上がっていました。

さて、今日は日曜ですが「ご案内」をします。

私の新メルマガ「思考変容のスイッチ」の先行受付が明日で終了します。

とにかく、このブログを読んでいる方は申し込んでいただきたいです。

多くの人が情報へのアクセスが足りなすぎます。

よく耳にしますが、「毎日、Yahoo!ニュースを見ています」とか、ホント、勘弁してほしいです。
b0113993_19135024.jpg

こんな「4コマ漫画」みたいな配信から、一体、何を学ぶというのでしょうか。

大事なのは「観点」です。

例えば、上記の「ワールド 希望退職500人募集」というニュースに意味はないわけです。

物事の表面だけをかじっている人は必ずこう言います。

「ワールドが希望退職500人募集ですってね」

それは知っている。

数千万人が知っている。

そうではなく、そこから何を読み取るかが重要なのです。

「ワールドが希望退職500人募集に至った背景は、これこれこういうことだと私は思う」ということを論理的に説明できる能力が必要なのです。

ここがわかりますかね?

つまり、起こったことに対して、その人独自の見解が発信できるかが重要なのです。

この能力は多くの人において欠落しているはずです。

が、昨日も書いた通り、上司になって、見せかけの権力を手に入れることで、自己否定ができなくなります。

「下方比較」になります。

そこで成長は止まります。

だから、私はせっかくこのブログを読んでいる方には申し込んでいただきたいのです。

毎週、「思考変容」は提供できると思います。

今までは何かと面倒なので自粛していた業界内の事例についても、今まで以上にコメントしていくつもりです。

言いたいことは山ほどあるんで。

7月以降も登録料無料は続けるかもしれませんが、今、登録いただければ、7月6日の創刊号までに、ボーナスコンテンツを配信する予定でいます。

是非、こちらをクリックしてお申し込みください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考力変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-28 19:22
No.2848 6月27日(土):できる人は上方比較、できない人は下方比較
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。「学長に訊け」はまたまたお休みで、別の話を。

昨日、本日と朝から自宅でスカイプMTG。
b0113993_21484778.jpg

「同志限定」なので、微塵のストレスもありません。

あるのは「希望」、「展望」だけです。

さて、昨日に公開したオンラインセミナー「上司としての部下スタッフとのかかわり方」は、自分でいうのもなんですが、とても大切な視点を提供できていると思っています。

簡単なことですが、昨日も記した通り、業界人の推定96%はできていません。
※できていると思っている人は半分くらいいると思う。

できている人、知っているだけで、できていない人、知らない人では、時間軸の中で決定的な差がついていくことになります。

「上司の存在」というのは、以下の3点のどれかが確実に機能しています。

・年が上
・入社が先
・社長が使いやすい人が任命される

これで「上司」になれるのです。

「上司」になるのなんて簡単なんです。

わかりやすくいえば、入社2年目になるだけで、新聞も読まなくても、本を読まなくても、自動的に(バカでも)上司になれるのです。

新入社員初日に「新人の方が優秀だから」と、いきなり部下スタッフにされる先輩社員はいないのです。

ここで大いなる間違いが起こります。

自分が成長することの方が数100倍大切なのに、そういう人が部下スタッフを教育するようになってしまうのです。

メンターなんていう制度で正式に任命される場合もあります。

かわいそうなのは教えられる側です。

プロスポーツで考えればわかりやすいですが、入団2年目の二軍選手にルーキーの教育ができるわけがありません。

こんな人に教わるのは「三流になるための教育」をされるようなものです。

この選手がやることは、猛練習をして一軍に上がることです。

後輩にかまっている場合ではないのです。

つまり、ここから既に「年功序列」や「先輩後輩」という「支配の概念」の植え込みが始まっているのです。

これが本当にヤバイのです。

先週、メルマガで紹介した本に「できる人は上方比較、できない人は下方比較」とかかれていました。

まったくその通りだと思います。

上司になって、見せかけの権力を手に入れ、後輩を得ることで「下方比較」になるのです。

このような私の論調も、多くの人にとっては自己否定をすることになりますから、段々、受け入れられなくなってきます。

そうやって、皆が「自分が否定していた上司」のようになっていくのです。

で、社内限定で威張る。

オンラインセミナーでは、そんなような話をしています。

FBL大学の方々は「その他大勢」とは断然違う思考と行動をしてほしいと願います。

★6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」の「登録料無料」のお申込み受付中です。ご希望の方は以下よりお申し込みください。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-27 21:51
No.2847 6月26日(金):「勝って欲しい同志がいる」ということ
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

今週は「上司としての部下スタッフとのかかわり方」です。
b0113993_1743819.jpg

シンプルながら、推定96%くらいの方に欠落している重要な視点を提示できていると思います。

さて、一昨日、関口さんの「筋トレ塾」を紹介させていただきましたが、ご自身のブログで私と伊藤さんについてコメントされていました。

そこにはこう書いてありました。

「私は遠藤さんや先日、筋トレ塾にスペシャルゲストとしてご参加頂いた伊藤さんに対して尊敬と憧れの念があります。しかし当然、私は遠藤さんや伊藤さんにはなれず、その叡智には足元にも及びませんが、お二方のような物事の正邪を見極められる方が『一丁、関口を応援してみよう』と思ってくださるような自分、そしてチームでありたいと強く思います」

そのように仰っていただけるのは本当に有難いことです。

が、これは正しくありません。

ただ1つの真実は関口さんが応援したくなる人柄と情熱をもって仕事をしているということです。

これがすべてだと思います。

昨日、「私は相手の人柄としか付き合わない」と書きましたが、それも同じことです。

売上とか店舗数とか、世間一般が評価する軸など、その人物を評価する上でまったく関係ないし、まったく意味がないことです。

実際、ほとんどのケースにおいて、有名な事業家のもとから「優秀な後進リーダー」は生まれていませんね。

私は常日頃、言っていますが、事業なんて経営者が勝手に始めたことに過ぎないわけですよ。

だから、規模とか売上とか上場の追求も、やりたければやればいいだけのことで、要はどっちでもいいし、どーだっていいのです。

そんなことより、私も伊藤さんも筋トレ塾等がうまく進んで、最終的には関口さんが多くのトレーナーからの尊敬と憧れの的になれば一番いいと願っています。

私はそれをひたすら応援するだけです。

このように私の周りにはそういう応援したくなる人がたくさんいます。

勝って欲しい同志がいるって、ホント、素敵なことです。

その同志が自己実現することが、私の生きがいの1つでもあります。

こうやって生きるのが「最高の幸せ」だと思う51歳の初夏です。

★6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」の「登録料無料」のお申込み受付中です。ご希望の方は以下よりお申し込みください。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-26 18:11
No.2846 6月25日(木):自分たちの信じる世界を創っていこう!
こんにちは。遠藤です。本日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。
こちらからご覧ください。

今日は名古屋に行って、(株)nanoの高橋さんとスタバで語り合いました。
b0113993_22441351.jpg

何を話したかはヒミツですが、いずれにせよ同志じゃなきゃ話せないことです。

数字を追いかけながら、トレーニングもせずに、カップ麺を食べて、夜中に寝ているような業界人とは無縁の話です。

私と高橋さんはほぼ同じ時期に起業しています。

もっとも、まっとうな志を立てて一直線に起業した高橋さんと、なし崩し的に起業した私を一緒にしてはいけませんが、時期だけは同じです。

今日は高橋さんが凄いと思うところを(勝手に)3つ紹介します。

まずは、ご存知、パーソナルトレーニングスタジオナノの経営で長きにわたって素晴らしい結果を出していることです。

もちろん、詳細は触れられませんが、裸一貫、この事実だけでも凄いことだと思います。

続いてはいつまでたっても謙虚なところです。

既に私から学ぶことなどないと思うんですけど、先般のFBL大学勉強会では「名古屋で参加できないので」と、わざわざ大阪会場までいらしてくださいました。

それだけでなく、参加できなかった名古屋会場では懇親会に駆けつけてくださいました。

これはなかなかできないですよ。

この業界には役職とか企業規模が変わることによって、偉そうになっていく人も多いですからね。

なんにも偉くないのにね。

私はその人の人格としか付き合わないから、高橋さんとは良い関係性が続いています。

このように接していただければ、自然と「高橋さんに何か貢献したい」って心の底から思いますよ。

最後は貪欲な自己投資と行動量です。

必要な知識、技術を習得するための自己投資を惜しまないし、距離に関係なく、必要な情報を得るために積極的に行動されています。

昨日の関口さん、今日の高橋さん、私は本当に同志に恵まれています。

ありがとうございます。

51歳でやっとここまで来たかという感じです。

トレーニングしない人。

トランス脂肪酸を平気で食べる人。

腹の出た人(デブ)。

タバコを吸う人。

あとはわけのわからない、足元が空っぽの業態論。

こういう人たち等が当たり前に温存されている既存のフィットネス業界に辟易している人は、私たちのチームに入って欲しいし、かかわりをもってほしいです。

これからは「個」がチームを組む時代。

「会社」と組む時代(使われる時代)はもう終わり。

フリーランスも無力。

同じ志を持った個人が集まって、腐った業界を変えていくんです。

力を合わせて自分たちの信じる世界を創っていきましょう!

★6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」の「登録料無料」のお申込み受付中です。ご希望の方は以下よりお申し込みください。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-25 22:49
No.2845 6月24日(水):関口さんの「Dr.筋トレ塾」
こんにちは。遠藤です。本日はFBL大学の撮影をした後、新宿でプレミアムフィットネスの関口さんとカフェMTGをしました。
b0113993_20315183.jpg

関口さんは自身でパーソナルジムを設立し、しっかり結果も出していましたが、「先々、必ず疲弊モデルになる」という私のアドバイスを参考にされて、今年の1月から「筋トレ塾」という月会費制のグループレッスンを導入しました。
※プレムアムフィットネスのホームページはこちら

私はこのビジネスを徹底的に応援しているので、定期的にMTGをしているというわけです。

地道な活動の結果、ビジネスも軌道に乗ってきており、ご本人は「やりがいの塊」みたいな顔になっています。

心の底から自分が「やりたい!」、「やるべき!」と信じていることをやっていますからね。

これが「自分の人生を生きる」ということです。

予算とか利益と会員数とか・・もういいんじゃない。

朝から晩まで働いて・・。

ヘトヘトになって。

このどこが「健康産業」なのさ。

私は関口さんと気が合います。

何故なら、ベースにトレーニングがあるからです。

私はトレーニングをしない業界人なんて、全員インチキだと思っています。

腹が出た業界人とかマジであり得ないです。

先日、ある若者からこんな話を聞きました。

「面接の時、当クラブはお客さまへの成果を重視していると言ったのに、入ってみたらトレーナー研修は数ヶ月に1回だけ。社員は誰一人としてトレーニングしない」

まぁ、こういう口だけのクラブばかりです。

とにかく、私がフィットネス業界で働く「次世代の方々」に言いたいのは、経営陣がトレーニングをしていないような会社はタイミングを見て辞めろということです。

そんな情熱だから、サプリ業界とかエステ業界とかアプリ業界に負けるんですよ。

この考え方については、つい先日、ある経営者の方から「素晴らしい視点」をいただきました。

その公開許可を申請したら「何の問題もありません」という返事をいただいたので、来週くらいに本ブログで炸裂させます。

やる気のある人が激しく共感する一方で、多くのフィットネス業界人からは反感を買うことになるでしょう。

が、今後はどんどん考え方の違いを明確にしていくつもりなので、それも仕方ないです。

いずれにせよ、やる気のある人は関口さんに続いてほしいですね。

行動することで自分たちの世界を創っていくんですよ!

★6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」の「登録料無料」のお申込み受付中です。ご希望の方は以下よりお申し込みください。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-24 20:34
No.2844 6月23日(火):「考える」=「自分と同志に問いを立て続けること」
こんにちは。遠藤です。今日は日帰り出張。地方感満載の電車で移動です。
b0113993_22424020.jpg

さて、昨日は「問い」の重要性について簡単に触れました。

私は考えることとは「問いを立てること」だと思っています。

「自問自答」という言葉がありますが、まさにこんな感じです。

「この課題はどうしようか?」と自問する。

「こうすれば解決するのでは」と自答する。

「でも、他のやり方があるのではないか」と自問する。

「いや、こんなやり方もあるぞ」と自答する。

これが「自分との対話」です。

私の日常はといえば、こんなことばかりやっています。

これが「考える」ということだと思うのです。

あれこれ思いを巡らしていても、それは考えていることにはなりません。

私は社内で「悩む」という言語を禁止しています。

何故なら、「悩む」というのは考えることをサボっている人の常套句だからです。

二言目には「悩んでいます」と言う。

で、考えないで悩んでいる人がどうなるかというと、どんどん悪い方、ネガティブな方に進んでいくのです。

「あれもやらなければ」

「これもやらなければ」

「そんなのできない」

「不安だ」

「この先どうなるのか」

要は「問い」が立っていないのです。

「今、不安があるが、この原因は何だろう」

「それはどうすれば解決できるのだろう」

これが「問いを立てる」ということです。

問いを立てない結果、「悶々としている」ということになります。

この「問いを立てる」を、対人(同志)とやるのが「対話」です。

つまり、「対話」とは「問いを立てること」で成立しているのです。

「コミュニケーション」とかいうのとは違うのです。

このことが実感としてわかりますかね。

ここから価値が生まれるのです。

実際、多くの人を見ていても、「優秀な人」=「問いを立てる能力が高い」のは間違いない傾向です。

皆さまの日常は問いが立っていますでしょうか?

もし「問いを立てること」を奪われたら、私はビジネスマンとして死ぬと思います。

それくらい重要なことでございます。

★6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ「思考変容のスイッチ(有料版)」の「登録料無料」のお申込み受付中です。ご希望の方は以下よりお申し込みください。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-23 22:44
No.2843 6月22日(月):「思考変容のスイッチ」。お申し込み受付スタート!
こんにちは。遠藤です。本日は無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」の配信日です。今回の内容は以下です。

(1)今、感じていること
・「豊かさの証」は自分の未来を自分で自由に選択すること!
(2)フィットネスビジネスの視点
・米「トランス脂肪酸」禁止 食品・外食、使用削減急ぐ
(3)今週の一冊
※ご登録者のみに公開

さて、今日はこのあたりで伊藤さんとMTGでした。
b0113993_1831011.jpg

イメージしていることが、次々と具体化していくから、本当に助かります。

が、これも私が問いを立てるからです。

「えっ?、遠藤さんが後進にあたる伊藤さんに質問をするの?」と思う方もいるかもしれませんが、私は平気でやります。

具体案というのは問いを立てることでしか生まれません。

自分の頭の中の思考を相手にぶつけ、そこから得た知見を自身の中で消化し、昇華させる。

その作業を繰り返すことを、私は「対話」と呼んでいるのです。

私が「対話からしか価値は生まれない」と言っているのは、このような時間を過ごすことを指します。

私からの情報発信ツールであるメルマガも一種の対話です。

もちろん、一方向なので正式な対話とまではいきませんが、私は常に問いを投げかけています。

その問いに対し、読者の方が考えることをすれば、プチ対話は成立します。

とにかく、多くの人が問いを立てることなく、目の前のことを無意識、無感覚に受け入れすぎています。

要するに自分に対する問いを立てていないのです。

だから、環境の支配を受けてしまうのです。

もっと自身の身の回りで起こっていることには問いを立てる必要があります。

既報の通り、本日、6月22日(月)~29日(月)の期間で新メルマガ(有料版)の「登録料無料」のお申込み受付を行ないます。

新名称は「思考変容のスイッチ」です。

世間の物事を見てみてどう思うか?

業界で流行していることを見てどう思うか?

これがすべてのスタートです。

ご希望の方は以下よりお申し込みください。

登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。

よろしくお願いします。

※新メルマガの詳細&お申込みはこちらから

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-22 18:20
No.2842 6月21日(日):「組織」ではなく「チーム」で戦え!
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。今日は違うかも。

こんにちは。遠藤です。今日はバスケ観戦です。
b0113993_22484439.jpg

夏休みの大会日程も仮確定したようで、今から楽しみでなりません。

で、そのチームというものを見ていて思ったのですが。

当然ながら、上級生が引退するので「新チーム」になります。

ここで重要なのが明確な目標設定です。

同時にそれを本気で達成したいのかということです。

さらにそのことを日々、確認しているかということです。

そしてそれに基づいた行動が徹底されているかということです。

「強いチーム」というのはここが違います。

子どもから聞く限り、新チームはこの点に良い変化があるようなので、期待できるのではないかと思っています。

言うまでもなく、企業も同じです。

「明確な目標」、「本気度」、「日々の確認」、「行動徹底」

これらことはFBL大学の講座でもお伝えしていることではありますが、改めてチェックすれば「まったくできていない」という企業やクラブが大半でしょう。

これまでもいろいろなクラブの問題点を見てきましたが、共通しているのは「明確な方向性」とか「明確な基準」をつくれていないことです。

目先の数字や目先のトラブルを仕事と勘違いし、もっとも肝心なリーダーシップをまったく発揮できていないのです。

目指すものがバラバラなのですから、各自の考え方や行動が乱れるのは当たり前です。

そんな時、FBL大学の方から以下のメッセージが届きました。

課題である「読書論文」で、企業文化を重視する企業が紹介されている本を読んでの感想です。

「当社の現状は数値を意識させ、効率だけを求め、各種制限をかけすぎたことで、サービスが滞るだけでなく、それがスタッフの離職率悪化にも繋がっていることに気づいた」

まったくその通りでしてね。

こうなるのは「組織」で考えるからです。

「組織」で考えるから、数値、効率、各種制限という発想になるのです。

こんなことが楽しいのが「従属人間」だけでしょう。

だから、離職率悪化になる。

すべては「理(ことわり)」です。

大切なのは「チームで戦う」ことです。

「個」の集まりが「チーム」です。

経営者の奴隷が集合したのが組織です。

今日、書いたことは本当に重要だと思うんですけどね。

ひとりでも多くの「次世代の方々」に伝わることを願っています。

※新メルマガ(有料版)について6月22日(月)の午後~29日(月)の期間、「登録料無料」のお申込み受付を行ないます。登録いただければ7月6日の創刊号(リニューアル号)からご覧いただけます。改めて本ブログ内でご案内するので、お見逃しなく。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「ビジネス向上力のヒント」のご登録
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-06-21 22:51



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧