「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
No.2943 9月30日(水):「上下」の時代は終わっている
こんにちは。遠藤です。明日から10月ということで、今年も「終わったも同然」です。

今から何をしたところで、ここまで何も起こっていない人には、絶対に何も起きません

さて、昨日は「伊藤さん以外の4名の方々に『推薦コメント』を出していただく予定」と記しました。

私はその「見出し(キャッチ)」を「学びをともにした素晴らしい同志たち」としています。

これは伊藤さんのアドバイスもあったのですが、私の「こだわり」も込められています。

とにかく、「遠藤さんが先生」、「遠藤さんから学んでいる」いうニュアンスだけは絶対に出したくなかったし、出してはいけないと思っていました。

何故なら、全員が「ブランド」だからです。

そして、全員が「対等」だからです。

人間関係に「上下」はありません。

これは「親子」でもそうです。

これはFBL大学の「基本精神」でもあります。

だから、「学びをともにした」と書きました。

何よりも、私だって、その方々から学んでいるのです。

昨日も書いた「ギブ&ギブの関係性」です。

人間的に未熟な権力者ほど「上下」を持ちこんできますが、「人」としては「終わっている」と思いますね。

よく私のことを「先生」と呼ぶ人がいますが、私は必ずその場で是正します。

「遠藤さんでお願いします」と。

職業としての「先生」でもないのに、「先生」とか言われて、それを否定しないような人はどうかしています。

「コンサルタントの先生」なんてあり得ない。

まったく、何様のつもりなのかと。

私もFBL大学で「学長」と言われる時がありますが、それは「ニックネーム」としての場合だけ可としています。

言ってみれば、安田大サーカスの「団長」みたいなものです。
b0113993_19424846.jpg

FBL大学でも伝えていますが、今後の個々の関係性は「上下」ではなく「円」です。

その「円」が個々のチームです。

AさんにはAさんのチームがある。
BさんにはBさんのチームがある。
CさんにはCさんのチームがある。
DさんにはDさんのチームがある。
EさんにはEさんのチームがある。

それぞれが「中心」です。

その各々の「中心同士」が交差するところに価値が生まれるのです。

この感じって伝わりますかね。

当然のことながら、「上下の世界」に生きる「三角形」みたいな人は、「円」に入ってくることができません。

今は「大きいことがいいことだ」の時代ではありません。

1社が100億円を稼ぐより、自立した100人が1億円ずつ稼いだ方がいいでしょう。

後者の方が「個」が強いし、何よりもその方が断然、面白いはずです。

ということで、明日もこの続きです。

※既報の通り、10月5日(月)から、久々にFBL大学の「第5期スタートコース」を募集します。多くの方々の参加をお待ちしております。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-30 19:43
No.2942 9月29日(火):これが「最高(最幸)」!
こんにちは。遠藤です。既報の通り、10月5日(月)から、久々にFBL大学の「第5期スタートコース」を募集します。

多くの方々の参加をお待ちしております。

さて、昨日は「1/3600のブログセミナーでも、一般的な企業の2時間の会議より価値を提供するつもりです」と書きました。

とは言ってみたものの、それに価値を感じていただけるかは、私のアウトプット次第であるし、それができたとしてもその情報に触れた個人次第です。

私の提供するものに確実に価値があるわけではありません。

何事も「個人が価値を感じたことのみに価値ある」ということになります。

皮肉ではなく、私からすれば「意味がない」の一言である多くのSNSの発信も、多くの個人にとっては意味があるから続けているのでしょう。

私からしたら威張っているだけの経営者の演説でも、「うちの社長はすごい」というケースだって多々あるわけです。

また、私は「読書をすべき」と言っていますが、「買ったままテレビの上にあります」なんていう話が笑い話になるのも、「本人の感じ方」であり、致し方ないことです。

要は価値の感じ方は、その人のレベルと関わっているのです。

このことからも、私は「そのことに誰が価値を感じているか」が、その人物やサービスを判断する上で重要な指針になると思っています。

FBL大学でいえば、伊藤さんが「推薦コメント」を書いてくれています。
こちらです

これをプー太郎みたいな人が書いていたらどうなるでしょう。

全然、信用性がありません。

だから、「誰が認めているか」ということが、とてつもなく大事なのです。

今後、FBL大学では伊藤さん以外の4名の方々に「推薦コメント」を出していただく予定でいます。

FBL大学の方々は、皆、素敵な方ばかりなのですが、今回は、
・自分で会社等を設立されている
・私と毎月1回の何かしらの接点がある
・お人柄が共感できる
という同志に、私からご依頼しました。
※10月上旬にアップする予定です。

すべての方が快く受けてくださり、私は涙が出るくらい感激しました。

「やっぱり、この世は『人』しかないんだな」と。

これが「お互いに与え合う」という状態です。

書籍でも紹介してきた「ギブ&キブ」ですね。

これが「最高(最幸)」なんですよ!

というブログを書いていたら、今日、お世話になっているクラブさんから「いつもありがとうございます」とお礼の品をいただきました。
b0113993_2114188.jpg

私が「ギブ」できたかはわかりませんが、「ギブしよう」とはしてきました。

だから、嬉しかったです。とても。

多くの人が、奪い合っているんですよ。

ビジネス上も、部下スタッフからも。

だから、つまらないし、疲弊するんです。

明日も今日の続きです。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-29 21:22
No.2941 9月28日(月):FBL大学の「第5期スタートコース」を募集します
こんにちは。遠藤です。本日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
b0113993_20214528.jpg

今回はフィットネス業界にいながら、「当業界は不動産ビジネスだ」とか「成功要因は施設・立地・料金だ」とか言っている人が「何故、終わっているか」について書きました。

関心のある方はこちらからお申込みください。

登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

さて、10月5日(月)から、久々にFBL大学の「第5期スタートコース」を募集します。

ついては10月5日(月)からしばらくの間、このブログで「ブログセミナー」をやろうかと思っています。

これまでFBL大学では72回のオンラインセミナーを提供し(臨時を入れればもっとです)、毎回、最低でも約50枚くらいのスライド資料を教科書として配布しています。

なので、参画されている方には「約3600スライド分」の知識が注入されたことになります。

もちろん、量が多ければいいというわけではありませんが、これは「目に見える学び」としては一定の価値があると思っています。

私はその昔、「うだつの上がらない支配人」だった頃、師匠に「頑張ってるか?」と問われ、苦し紛れに「頑張っています」と答えたら、「その頑張りをここに見せてみろ」と両手を差し出されました。

私は何も出せませんでした。

この時、私は「ここに出せないということは、何も学んでいないということだ」と確実に認識しました。

今なら、約3000回のブログ、1000冊近い本、約450回のメルマガ、幾つかの結果を「頑張り」として差し出すことができます。

だから、毎回、きちんと学んでいる方にとっては「約3600枚分の知識注入」には意味があると言えるのです。

で、「ブログセミナー」では、この中から1枚を選択し、内容を解説します。

なので、「1/3600」です。

わずか「1/3600」でも、一般的な企業の2時間の会議より価値を提供するつもりです。

是非、ご期待いただければと思います。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-28 20:24
No.2940 9月27日(日):「人生を良くする旅」はまだまだ続く
※日曜日はプライベート的な内容(あくまでも予定)です。

こんにちは。遠藤です。再開する「無料メルマガ」の「一旦、締切」が本日です。

詳細は昨日のブログを参照いただくとして、是非、以下からご登録ください。明日の朝くらいまではサイトはあけておきます。

ご登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※ご登録はこちらからお願いします。

さて、高校に大学に相変わらずのバスケ観戦で忙しいです。

土曜日はかなり遠いところまで行ったら、バスが貸切状態。
b0113993_16562587.jpg

暇人・・(※バスで本を読むと酔う・・)。
b0113993_16563844.jpg

日曜はこちらで、既に大学キャンパスが似合わない51歳。
b0113993_16564798.jpg

で、有料メルマガの「月1動画」でも述べましたが、こんなことをやっている私ですが仕事をしていないわけではありません。

例えば、「今日は正午で終わり~」などと軽口を叩いていても、朝6時から集中していたり、夜に4~5時間、デスクに向かっていたりします。

でないと、現在の私の能力下において、現状の「質量」の発信はできないです。

よく詐欺同然の情報配信の中には「先月は5日間しか働いていないのに月収100万円」とか、「寝ながら月収100万円」といった類が多々ありますが、私はそういう価値観は好みません。

結構、頑張っています。

一定以上の結果を中長期に渡って出していくには、一定以上の労働(※労働というより長時間努力)が不可欠だと確信しています。

結果として、私がこだわっているのは「自由度」です。

FBL大学の「設立主旨」のページにも「最終的に自由を手に入れてほしい」と明記していますが、「自由度」とは以下のようなものです。

働く時間の自由度。
休日の時間の自由度。
働き始める時間の自由度。
働き終える時間の自由度。
働く場所の自由度。
住む場所の自由度。
住む家の自由度。
食べるものの自由度。
買うものの自由度。
などなどなど。

これらを要約すると、私たちの生活は「仕事」、「時間」、「おカネ」というものに支配されていることがわかります。

これらに拘束されることで「自由度」を奪われているのです。

私は「不自由」=「自分で決められないこと」だと思っています。

多くの人が、働く時間も、休日の時間も、働き始める時間も、働き終える時間も、働く場所も、住む場所も、住む家も、食べるものも、買うものも「自由」に「自分」で決められていません。

会社に決められたり、家族に決められたり、おカネの有無によって決められています。

だから、これらと決着をつけない限り、いつまでも「不自由」なままです。

「こんな会社、やってられっか!」と簡単に辞めてしまえば、「時間的自由」はふんだんに手に入りますが、「おカネの自由」は悪化します。

なので、すべてと決着をつけなければなりません。

では、どうすればいいか?

私はそういうことを真剣に考えてきました。

20歳代はプー太郎同然でしたが、30歳代に入り「このままでは人生がマズくなる」と思いだしました。

そこから「結果を出すための能力習得」にこだわってきたのです。

そうしたら知らぬ間に51歳になっていました。

今では「人生がマズイ」とは思っていませんが、「もっと良くなるはずだ」と考えています。

「人生を良くする旅」はまだまだ続くのです。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-27 18:15
No.2939 9月26日(土):「リーダー」は周囲が決める、「リーダー職」は会社が決める
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。今日は「学長に訊け」はお休みしてご案内です。

これまで「無料メルマガ」を再開することをお伝えしてきましたが、明日で一旦、登録を締切ります。

もちろん、登録は10月以降も続けますが、以下に記すプレゼントを一括してお送りする事情などもあるので、一度、締切ります。

その「一旦、締切」が明日なので、本日は最後の詳細のご案内をします。

なお、個別メールで繰り返していますが、FBL大学、有料メルマガにご登録されている方は「自動送信」されますので、登録はしないで大丈夫です。

・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!」

・内容
「遠藤一佳のリーダー観」
これは卓越したリーダーの考え方や価値観を「こういうリーダーを目指そう」、「こういうリーダーになろう」という願いを込めて、私が「リーダー観」として解説します。短めですがキレのある内容をお届けするつもりでいます。

・配信頻度
2015年10月より毎月2回を予定
※発行日は追ってご連絡します。

・ご登録特典
登録いただいた方には「マネジメント道場100選」というPDF資料をお送りさせていただきます。これは2008年~2010年当時のメルマガに記していた「マネジメント道場(名前は多少変遷しました)」から「100テーマ」を選んだものです。読み返すと良いことが書いてあるし、私自身も詳しく覚えていないので、読者の皆さまにも「リバイバル」として新鮮な視点を提供できると思います。PDF資料とはいえ、100ページ規模なので、小冊子くらいのボリュームになると思います。

ご登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※ご登録はこちらからお願いします。

内容の「遠藤一佳のリーダー観」ですが、最初は「FBLのリーダー観」にしようかと迷いました。

でも、「私はこう思う」と書いた方が内容も明確になり、伝わるのでなないかと考え、そうしました。

いつも言っていますが、「リーダー」と「リーダー職」はまったく違います。

「リーダー」は選ばれし存在ですが、「リーダー職」は誰でもなれます。

「リーダー」は周囲が決めますが、「リーダー職」は会社や社長が決めます。

だから、「リーダー」はお客さまや周囲に貢献します。

だから、「リーダー職」は会社や社長に気に入られようと頑張ります。

「リーダー」というのは「存在」です。

「リーダー職」というのは「役職」です。

この違いはあまりにも大きいです。
b0113993_18351540.jpg

リーダーというのは昇格とか昇級でなるものではないです。

「結果的になっているもの」だと思います。

自分はどちらになりたいのか。

そんな価値観を出していくので、関心がある方はメルマガにご登録ください。
※ご登録はこちらからお願いします。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-26 18:39
No.2938 9月25日(金):会議は個が弾けあうもの
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

今週は「60分de選書」です。これは私が書籍をピックアップし、琴線に触れた箇所を解説するものです。
b0113993_22543362.jpg

さて、昨日は個別コンサルを受けたと記しましたが、正確には少人数の「グループコンサル」です。

参加者は起業しているか、起業を目指している個人です。

会社の経費で学んでいるような「ド・サラリーマン」はいません。

なので、当然、個人に主体があります。

コンサルする側はアドバイスとか助言をするだけで、あくまでも解決策を考えるのは個人です。

ちなみに、この「グループコンサル」の主旨とか参加条件がそうというわけではありません。

中には「答えが欲しい」と思っている人もいるかもしれません。

が、私はこの「考えるのは個人である」という状態が最高に心地いいと感じています。

いつも言っているように、結果が出ない人ほど「答え」を欲しがり、結果を出す人ほどその仮説に至るまでのプロセス(因果)にフォーカスした質問をする傾向にあります。
※昨日がそうという意ではないです。

個人に主体があるから、人の質問も真剣に聴きます。

自分以外の質問や対話にもヒントが満載だからです。

非常に望ましい状態です。

私は企業やクラブの会議も本来はこうあるべきだと思っています。

しかし、ほぼすべての会議は違います。

「真逆」とも言っていいでしょう。

権力側が「答え」を与えています。

自分が仕切り、「やること」を命令しています。

この「与えた答え」も根拠があるとは言い難く、実質は「俺がこう思うからやれ」的なものです。

こうなると参加者は「自分の番を無事にこなすこと」しか考えなくなります。

出番が終われば「あー終わった」で、人の話など聞いていません。

このような環境から自立型のリーダーが生まれる可能性は0%です。

というより、こういう環境に自分がいることに強烈な違和感が生じない時点で、その人にはリーダーとしての資質が1%もないと思います。

そんな「従属会議」ではなく、あくまでも担当者に主体があり、リーダーは有効な示唆を与えればいいという状態を目指すべきなのですが、現実はそうなりません。

それは権力側に「仕切りたい」というメンタリティがあるという理由以上に、担当者レベルに能力も気迫もないからです。

仮に権力側が「現場の意見重視」の姿勢を取っても、それがトンチンカンな見解であればOKは出せません。

この壁を超えられなければ、一生、「支配される人生」です。

会議は個が弾けあうものです。

各自はそういう「個」になる必要があります。

そこで初めて「仕事が楽しい」と思えるのです。

★「無料メルマガ再開」のご案内
・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!」
・内容
「遠藤一佳のリーダー観」

登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※とりあえず9月27日(日)で一旦、締切ります。

是非、こちらからご登録ください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-25 22:56
No.2937 9月24日(木):常に自分を「別人化」させていく
こんにちは。遠藤です。本日はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。
こちらからご覧ください。

さて、今日はオンラインセミナー撮影→ジムでトレーニング→個別コンサルを受けるという流れでした。

実は昨夜、過去最大級のパソコントラブルがありまして、今日はその回復にあてることになるだろうと考えており、ジムとコンサルはなくなることを覚悟していました。

コンサルがなくなるのもショックでしたが、それ以上にパソコンが復旧しなかったらどうしようと、かなり落胆していました。

仕事のものはバックアップしてありましたが、バスケ関連の動画はパソコン上にあり、これがなくなるのは立ち直れないほどのショックです。

昨夜はAM1時半まで、ありとあらゆる方法を試みましたが回復せず。

落ち込んだまま就寝し、今日中に自宅訪問修理を呼ぶつもりでいたものの、朝方に「ダメもと」で昨夜と同じことをしたら、何と回復しました。

おそらく「放電」の問題だと思うのですが、とにかく、データ管理の甘さについて心底反省した次第。

で、無事、コンサルに行けたのですが、「行く、行かない」で人生が変わると本当に思います。

そこで衝撃的な学びを得たというわけではありません。

そういうことより、その場にいて、話を聞いて、質問するということが何よりも重要なのです。

その証拠は行く前と行った後の状態が違うという事実です。

極端に言えば「別人」です。

自分自身の考えとは明らかに違う角度から意見が来るので、自分の中にある限界点がいとも簡単に壊れます。

「もっとできることがある」と確信でき、具体的な行動までイメージできます。

念のため確認しておけば、「売上を上げる方法」なんて1秒も出てきません。

視点、観点から、私が勝手に気づいているだけです。

結果、「別人」です。

行くことができて本当によかったです。

行かなければ「同じ人」だったわけですから。

常に自分を「別人化」させていくことが成長だと思います。

それには「日常外」に出ることが絶対条件です。

そう言えば、今日、撮影したセミナーで以下のスライドを使いました。
b0113993_2221762.jpg

本当にそうなんで。

私はこれからも「行動」を強みに生きていきたいと思います。

★「無料メルマガ再開」のご案内
・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!」
・内容
「遠藤一佳のリーダー観」

登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※とりあえず9月27日(日)で一旦、締切ります。

是非、こちらからご登録ください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-24 22:02
No.2936 9月23日(水):「流れ」を読んで、「運(現実)」を最大化する!
こんにちは。遠藤です。連日、バスケ観戦中です。

で、拮抗した勝負だと、つくづく「流れ」というものがあると感じます。

これをつくったり、つかんだりしたチームが勝利に近づきます。

関連して、先日、たまたま海外でのサーフィン選手権の模様をTVで観ました。

まったく知らなかったのですが、サーフィンという競技は制限時間が定められていて、その中でよいパフォーマンスを発揮した選手が合計点数で勝利するということでした。
※間違っていたらすみません。

ということは、制限時間内で「良い波」がこなければ不利になります。

選手はその動向を見極めています。

「良い波が来ない」と判断したら、多少、小さな波でもそれを選択し、その中で最大のパフォーマンスをすることが求められています。

で、その時は感じなかったのですが、その数日後、ふとしたことから「人生も、まったく同じだな」と思いました。

1つは「流れを読む」ということ。

もう1つは「運を生かす」ということです。

「流れを読む」については「流れを読めない人が多いな」とよく感じます。

特段、私が流れを読むプロというわけではありませんが、明らかに「乗るべき波」が来ているのに躊躇したり、判断できない人をよく見かけます。

結局、これは飼い慣らされているからです。

「鎖につながれた象の話」と同じで、自分で判断するという能力を抹殺されているのが主たる原因です。

あとは少し前に書いた「直感力」と同じで、判断のための経験値、論理、根拠等の不足ということになるかと思います。

「運を生かす」についての私の観点は「運がいい」とか「悪い」ではなく、今、目の前で現実に起きていることの中で、最良の判断をし、最大の結果を出すのが重要だということです。

なので、「運を生かす=現実を最大化する」となります。

大波が来るか、小波が来るかは「運」といえますが、それはコントロールできるものではありません。

ましてや日常の時間の中で「運」を感じることよりも、現実問題に対応していることの方が圧倒的に多いはずです。

もちろん、消極的な思考は「不運を呼ぶ」という点で厳禁ですが、そうでないとすれば、「運」に期待するのではなく、大波が来ようが、小波が来ようが、現実の中で最大成果を出すことを考えた方が現実的だと思います。

まとめると「流れを読んで、運(現実)を最大化する」ということになります。

振り返ってみれば、私はそうやって生きてきています。

サーフィンをやったことは1秒もなく、今後も予定はありませんが、サーフィンみたいに流れを読んで、波に乗って人生を生きられたら楽しいですね。

多くの人が溺れちゃってるんで・・。
b0113993_1852511.jpg

★「無料メルマガ再開」のご案内
・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!」
・内容
「遠藤一佳のリーダー観」

登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※とりあえず9月27日(日)で一旦、締切ります。

是非、こちらからご登録ください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-23 18:55
No.2935 9月22日(火)「マネジメント力」とは「運転免許」みたいなもの
こんにちは。遠藤です。今日は珍しく次男、三男がともにオフということで、長男の練習終わりを待って、私の両親家族と食事会。
※子ども達がこの10倍くらい食べましたが。
b0113993_20494449.jpg

「敬老の日」のイベントです。これが喜ぶわけですわ。

さて、昨日は「健康産業に携わっているという実感が持てずに数字に忙殺されているだけなら、そんな会社はさっさとやめた方がいい」と記しました。

で、続いての私からの問いかけは「では、辞めてどうするのですか?」ということです。

私は「とりあえず辞める」という考え方には反対です。

圧迫され、拘束されて(例えば)月給30万円なら、ここから解放されて月給15万円を選択する道も間違えではないと思います。

が、「とりあえず辞める」という人は、次の職場に行ってもまた「とりあえず辞める」を繰り返します。

これは思考の問題なのです。

この「辞め癖」は歴史が証明しています。

で、職場を転々とする中で、似たような考え方の人と出会います。

このグループは自分を否定する人が誰もいないから居心地がいいわけです。

そしてつるむ。

いつも言っていますが、日本では食いっぱくれる方が難しいです。

パーソナルトレーナーでいえば、実力がなくても会費外収入が欲しいだけの頭の悪いクラブがフリー契約で採用してくれます。

なので、当面はなんとかなってしまいます。

結婚していれば、奥さまが働くことで(既婚女性が働くことを特別視しているわけではありませんので、念のため)、さらに確実になんとかなります。

まぁ、こんな人生も悪くはありません。

しかし、優秀な人とは付き合ってもらえません。

となれば、「人生=人間関係」ですから、この人が精神的、物質的に豊かな人生を歩む可能性は極めて低いということになります。

私はこのような展開は少し考えればわかると思うんですよ。

この状況に陥らないためには「マネジメント力」を身につけるしかありません。

「マネジメント力」とは「運転免許」みたいなものです。

取得しなければ、道路は走れません。

ちなみに「マネジメント力」とは、利益をあげることだけを指しません。

自分をマネジメントすること。

人をマネジメントすること。

チームをマネジメントすること。

すべて「マネジメント」です。

確認しておくと、「マネジメント力」とは「管理」ではなく、「最大成果を達成するためのプロセスを創ること」です。

この「運転免許」を持たずして、人生という道路に出るから「事故る」のです。

そういえば、10月に入ったら、FBL大学の第5期スタートコースを久々に募集するので、「運転免許」を手にしたい方は積極的にご参加ください。

★「無料メルマガ再開」のご案内
・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!」
・内容
「遠藤一佳のリーダー観」

登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。
※とりあえず9月27日(日)で一旦、締切ります。

是非、こちらからご登録ください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-22 20:56
No.2934 9月21日(月):「自分の可能性」vs「会社の業績」
こんにちは。遠藤です。本日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
b0113993_1952219.jpg

今回の内容は以下です。

(1)2015年9月21日の視点
・給料を上げたければ「お客さま」にフォーカスせよ!
(2)フィットネスビジネスの視点
・Facebook 「いいね!」以外のボタンを間もなくテスト開始と発表
(3)今週の一冊
・ご登録者のみに公開

配信ご希望の方はこちらからお願いします。

さて、昨日は「仕事なんて人生の一部に過ぎない」と書きました。

こういうことを言っていると、「社員が影響されるから、そういうことは言わないでほしい」的にやんわりと指摘を受けることがあります。

しかし、私からすれば「そういうことを言っていない日常」の方が問題なのですよ。

大事なのは「人生観」でしょう。

人生観を通じて仕事とどう向き合うかを語るのが、経営者の役割責任の1つではないのでしょうか。

そこに共感を得られないのなら、経営者の資格はないというのが私の考えです。

もちろん、私の考え方が正しいと言っているのではありません。

が、「仕事なんて人生の一部に過ぎない」という価値観に共感する人が多数いるのが現実です。

そう思うなら、「経営者が何と言おうが、自分の人生を始めなさいよ」というのが私の考え方です。

働く各自は「自分の可能性」と「会社の業績」のどちらが大事なのでしょうか?

もちろん、会社の業績向上を目指す中で自分の可能性が最大化するのが最高の状態です。

実際、私はそれを狙っています。

でも、ほぼすべての人はそうなっていません。

ここが重要なのですが、私からすれば多くの人が「健康産業に携わっている」と勘違いしています。

だって、実際にやっているのは予算達成の「数字ごっこ」ですよね。

これなら自動車産業であろうが、不動産産業であろうが、やっていることは同じであり、この仕事である意味はありません。

「健康産業」とは名ばかりで、実際は「私は人々の健康づくりに貢献する仕事をしている」という自己催眠状態にあるだけです。

健康産業に携わっているというのは、お客さまの身体を良くすることに直接的に関わることを意味します。

その実感が持てずに数字に忙殺されているだけなら、そんな会社はさっさとやめた方がいいと思います。

「自分の可能性」vs「会社の業績」

どちらが「自分の人生」にとって大切かよく考えましょう。

★「無料メルマガ再開」のご案内
・メルマガタイトル
「自分の人生のリーダーになろう!(たぶん)」
・内容
「遠藤一佳のリーダー観」

登録は「メールアドレス」、「性別」、「勤務地(都道府県名)」のみを記載するだけで、「30秒程度」で終わります。

是非、こちらからご登録ください。

*****************
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは以下のホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&お申込みはこちらから
▼FBL大学のホームページ
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2015-09-21 19:52



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧