「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.3340 10月31日(月):「ウルトラ忠犬ハチ公社員」が出世する
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「一部」について簡単にコメントします。
※コピペするわけではなく新たに書き直します。

今回のおすすめ本の中に「日本の会社は『ウルトラ忠犬ハチ公社員』が出世する」と書かれていました。
b0113993_11204897.jpg

その他では「空気を読み続けた人」、「理念なき妥協の名人」が出世や評価の有力候補だということです。
※実に言いそうですが、私が言っているのではありません。

当然のことながら、私は大きく頷きました。

ちなみに著者は会社批評家、社会批評家といった、よくわからない職種の人ではありません。

日本を代表するような「(ダメ)企業」を幾つも再生してきた凄腕のトップリーダーです。

その方が「リアルな現場の実態」を通じて、そのように言っているのです。

つまり、これは「ウルトラ忠犬ハチ公社員」が評価されているような会社は、そのうち再生機構や再生ファンドのお世話になることを意味しているのです。

著者も指摘していますが、このような会社からは「優秀な人材」が率先して辞めていきます。

フィットネス業界にも似たような会社がたくさんあると思います。

社長だけが「裸の大様」となり、周囲は「その他大勢」の「ウルトラ忠犬ハチ公社員」ばかりの会社です。

「ウルトラ忠犬ハチ公社員」は御主人さまからご褒美(給料)をもらうために忠誠を誓います。

著者が再生してきた会社は、例外なくこういう体質をしています。

結果、業績は低迷に向かったのです。

これは「因果」です。

そうなりたくないのであれば、著者のような鋭く、的確な指摘を受け入れるべきです。

しかし、多くの経営者は目を背けます。

「ウルトラ忠犬ハチ公社員」に比べたら、圧倒的に気分が悪いからです。

手前味噌ですが、私も「リアルな指摘」を心掛けているつもりです。

だからでしょうが、多くの経営者から煙たがられています。

では、そういう会社で社員が成長しているかといえば、していません。

これは「社会主義国」の姿です。

「日本は世界で一番成功した社会主義国だ」と揶揄されていますが、これは「平等主義」や「保護主義」が行き過ぎているからだと私は思います。

つまり、「従順な羊」を養成しているのです。

が、もはや「従順な羊」では食っていけません。

「裸の大様」と「従順な羊(=ウルトラ忠犬ハチ公社員)」では、組織の弱体化は必至です。

それでも「忠犬」で行くか。

それとも「野生」で行くか。

各自は「人生観」に基づいて、よく考えないといけません。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-31 18:20
No.3339 10月30日(日):晴れて「プラットフォーム戦略(R)ビジネスモデル構築コンサルタント」に!
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。FBL大学の「第7期スタートコース」受付は、昨日で終了いたしました。

参画いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

参画いただいた方の起業、ビジネス、自分の人生を徹底的に支援していく所存です。

その支援に際して、以下の理由で私はワンランク成長しました。

この度、晴れて「社団法人プラットフォーム戦略協会」が認定する「プラットフォーム戦略(R)ビジネスモデル構築コンサルタント」になることができました。

「プラットフォーム戦略(R)」は、フェイスブックや楽天、グーグル、アマゾンなど、21世紀の勝ち組企業共通の最新経営戦略、そして最新のビジネスモデルとして注目されているものです。

それを「プラットフォーム戦略(R)」の本家本元であり、提唱者である平野敦士カール教授から学ぶのが本講座です。

フェイスブック上で平野教授に写真をタグ付けいただいたので、本ブログでも写真を掲載したいと思います。
※失礼があってはいけないので。
b0113993_2026013.jpg

FBL大学では述べていますが、私は「プラットフォーム戦略」、特に(同じく平野教授が提唱する)「パーソナルプラットホーム戦略」に強い影響を受け、著書を読みまくりました。

それがFBL大学の誕生にもつながっています。

その平野教授から直接、「プラットフォーム」について学べるのですから、私にとっては夢のような時間でした。

さらに「認定コンサルタント」になることができたのですから、二重の喜びです。

平野教授もご自身のフェイスブックで「4ヶ月間の研修の最終日。小生の持てるすべてのノウハウをご提供できたと思います。とくに今年開発した最新の『プラットフォーム戦略構築7つの虎の巻』は超強力なフレームワークです」とコメントされていました。

今回、それだけ凄い内容の認定コンサルタントになれましたので、ご要望等があればフィットネス業界にもお伝えしていきたいと思います。

また、ここからの様々な「発展系」も予定されているので、本当に参加することができて良かったと思います。

もっとも、私にとっては平野教授に「お会いする」というのが、本講座のメインイベントでした。

常に言っているように「出会いで人生は変わる」からです。

とはいえ、本当に大切なのはこれから。

今はスタートラインの手前に立っているだけです。

引き続き、自分への投資を怠らずに精進していきたいと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-30 20:33
No.3338 10月29日(土):未来は希望しかない!
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。が、今日はお休みです。

こんにちは。遠藤です。今日はFBL大学の「第7期スタートコース」の「締切日」なので、早目にアップします。

期間の延長はありませんが、(私の都合で・・)申込みサイトは明日の午前くらいまでは利用可能になっているので、手続きが漏れてしまった方はそのくらいまでは大丈夫です。

さて、今も昔も、相変わらず多くの人が悩みを抱えながら仕事をしているように感じます。

会社を辞めたいと思っている人も多いのかもしれません。

たまに「遠藤さんには悩みがありますか?」的なことを尋ねられます。

私は「悩み」という言語を自分の辞書から消しているので、建前的には「ない」となりますが、現実は仕事のこと、健康のことなどで不安になることはあります。

ただ、そういう時の対処法を習得してきたので、比較的、早く脱することはできますが、それでも最終的に不安を打ち消してくれるのは「良い仲間」の存在です。
b0113993_9393760.jpg

自分の中に「仲間のために頑張ろう」とか「こういう仲間といれば何とかなるんじゃないかな」という感覚があります。

私からすると、悩んだり、不安になっている人は「良い仲間」がいないのだと思います。

未来に希望を持たせてくれるような仲間がいないのです。

だから、私はFBL大学でともに学ぶ同志の未来に希望を与えたいと思っています。

それこそがFBL大学というコミュニティの価値だと思っています。

というか、活動を通じて、そう思い、確信するようになってきました。

先日もFBL大学でともに学ぶOさんという方とランチMTGをして、FBL大学の運営についていろいろとアドバイスをいただきました。

記載を間違えているのではなく、私がアドバイスをいただいたのです。
※私から「会いましょう」と言いました。

大変参考になりました。

これも未来を創ったことになります。

これこそが「関係性の力」であり、「コミュニティの力」です。

一貫して言っていますが、FBL大学に上下はありません。

私は「全員が同じ年」だと思っているくらいです。

「上下」の指示、命令から価値は生まれません。

私は今後、「関係性の力」、「コミュニティの力」を強化し、今まで以上に関わり合いのある方々の未来に貢献していきたいと思っています。

一昨日も書きましたが、早く気づいて、早く正しく行動した人が「自分の人生」に近づくのです。

未来は希望しかありません。

FBL大学でともに輝く未来を創っていきましょう!

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!本日が「締切」!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-29 15:30
No.3337 10月28日(金):成長しない人は「もしかしたらの予定」にエネルギーを使う
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ」で、今回のテーマは「成長するためのエネルギーの使い方」です。

さて、FBL大学の「第7期スタートコース」の受付も「明日」が締切です。

本日、配信した「成長するためのエネルギーの使い方」は「特典」にもなっており、申し込みと同時に観ることができます。

良い内容になっていると思うので、是非、申し込んでご覧いただければと思います。

で、私はオンラインセミナーの中で「成長しない人は『もしかしたらの予定』にエネルギーを使う」と述べました。

以下です。
b0113993_759445.jpg

本当に多いと思います。

何をやるにしても「予定が入るかもしれないから」とか「その時期はやることが多いかもしれない」とかいって、「自分の予定」を決められない人のことです。

こういう発想の人は絶対に成長できません。

何故なら、会社の事情によって、自分の行動を決めているからです。

「会社の事情」=「自分の予定」です。

これでは一生、会社や権力の支配を受け続けます。

気づけば、「会社の人生」の完成です。

これは勉強会等への参加も同じです。

「成長しない人」は「予定があいたら行こう」と考えます。

私の知る限り、成長している人でこんな発想をしている人はいません。

「行く」と決めた瞬間に申し込みます。

先に「行動」を決めて、あとで調整します。

「もしかしたらの予定」など、入れなければいいし、断ればいいだけのことです。

「そうは言っても、遠藤さんは起業しているからそうできるのであって、会社員の私には難しいです」的なことをよくいわれますが、その時点で「洗脳されている」と思います。

「プライベートなことで仕事を休んではいけない」と思い込まされているのです。

そういえば、私が20代の頃に「遠藤君、仕事というのはプライベートを犠牲にしてでもやるべきものなんだよ!」と居酒屋で力説していた年上の銀行員がいたのを思い出します。

当時から「相当、イタイ人だな」と哀れんでいました。
※当時、「イタイ」という表現はありませんでしたが。

ちなみに私は大事な仕事をキャンセルしてでも、自分の予定を優先すべきだと言っているのではありません。

「何事も自分が主体になって決めるべきだ」と言っているだけです。

「決定の主導権を会社に委ねるな」と言っているのです。

でも、まわりに従属サラリーマンしかいないと、「委ねる」のが当たり前になっていきます。

「仕方ないよね・・」と慰め合って。

このマインドがマズイのです。

まさに「成長しないエネルギーの使い方」です。

人生は「行動」で変わっていくものです。

「行動」以外にやることはないと思います。

自宅と会社を往復しているだけであれば、人生が退屈になるのが当たり前だと思います。

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-28 18:17
No.3336 10月27日(木):勝手に始めて、自動的にこうなった
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、一昨日は「情報発信」的なことを、昨日は「関係性の強化」的なことを書きました。

いずれも大事だと私は思います。

だから、何年も前から「大事です」と言い続けてきました。

ブログのいいところは、その主張が証拠として残っていることです。

このブログは2007年からスタートして、気づけば3300回を超えています。

その頃は既にタレントブロガーの存在が下火になり始めていた時期だと思います。

私はそのタイミングで果敢にブログを始めたわけです。

その後、アフリエイト的な「錬金術」が登場し、フェラーリに乗れるとか、海外で暮らせるとか、異性に持てるといったカネ儲け、物欲、色欲を求める頭の悪い人たちを集める手段として、再び、ブログ等が活用されるようになりました。

ブログ等で暮らしぶりを自慢し「こうなる方法を教えます」と言って高額塾や高額教材を売りつけるのです。

調べてみると「ブログで食っていく」という類の本が、2012年くらいに結構、出ているようなので、その頃が再ピークだったのかもしれません。

いずれにせよ、私はそういう時流云々とはまったく関係なく勝手に始めて、自分のペースで続けています。

もしも私が「ブログで儲ける本」に感化されて、2012年にブログをスタートさせたところで、そんな腐った取り組みには誰も見向きもしなかったはずです。

私の感覚では「情報発信」というより「叫び」です。

前の会社を実質、クビになって「無収入」になりましたから。

自分のことを知ってもらわないと話にならない、といった状況でした。

だから、必死になって叫んでいました。

それを3年、4年と続けていたら、同志が集まってきました。

だから、5年目くらいから定期的にリアルの場で勉強会を始めました。

世間では「オムニチャネル(リアルとネットの融合)」が「戦略」みたいにいわれていますが、私の場合、自動的にそうなったんですよね。

この頃くらいからブログのアップ日付を間違えたりすると「ブログがアップされていませんが、体調を崩されたのですか」なんていうメールが届くようになりました。

こういう経験から「自分はネットの中でも生きているんだな」と感じるようになり、より発信内容の質に気を配るようになりました。

こういう活動を強化すればするほど、お互いの間に信頼感が醸成されていきます。

これが私がいうところの「関係性」です。

「関係性」が強化されると「もっと役に立てることがあるんじゃないか」と考えるようになります。

それで始まったのがFBL大学です。

で、FBL大学を続けていると「もっと、リアルの場を増やしていかないと」と感じるようになります。

このように「オンライン」と「リアル」がスパイラルのようになって上昇していきます。
b0113993_8344215.png

これは私が実践を通じて生み出した「オリジナルパターン」だと思っています。

が、一方では再現性があるとも思っています。

時間はかかりますが「自然なこと」だからです。

だから、「情報発信(=叫び)」とか「関係性」とか言っているのです。

実際、目的や主旨を理解して、取り組みを始めた人の現実は変わっていっていますし。

何事もまわりの動向を見ながらやっているようでは「遅い」んですよね。

それでは「先に始めている人」が増える一方なのですから。

私の場合は「2007年に気づいてよかったな~」と思う次第です。

最後に。

FBL大学の「第7期スタートコース」受付締切まで「あと3日」です。

迷っている方は躊躇せずご参画ください!

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!締切まで「あと3日」!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-27 18:51
No.3335 10月26日(水):これだけは「自慢」したい!
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「何故、洋服は買えるのに、本は買えないのか?」ということを書きました。
※メルマガでは「買える」を「変える」と書いてしまった・・。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、東京、大阪、名古屋での勉強会が終わりました。

とりあえず、以下の写真をご覧ください。
b0113993_17332674.jpg

全体から「良い雰囲気」、「良いエネルギー」が伝わるのではないかと思います。

この方々が私がつながっている仲間たちです。

ちなみに名古屋勉強会では写真を撮り忘れたので、先月にフィットネスビズの社員がやってくれた誕生会の写真を指し込みましたが、こちらもかけがいのない仲間たちです。

また、東京は最後の最後のワンショットなので人数が少ないですが、笑顔の質に「本当に楽しい」という気持ちが溢れ出ていると勝手に思っております。

起業から約9年半、FBL大学を始動させて約3年。

このような「関係性」や「コミュニティ」を形成できたことは、声を大にして「自慢」したいです。

売上や利益や店舗数はショボイですが、これだけは「スゲーだろぉ~!」って自慢したいです。

私はこれまで「人と人との関係性からしか価値は生まれない」といい続けてきました。

よく考えれば、これは当たり前です。

世の中にすべての商品やサービスは人と人が出会ったり、話し合ったりする中から生まれているからです。

中には「たった一人で考えた」という人もいるかもしれませんが、これにしても周囲の協力やサポートがあってのことです。

と、考えれば、成長するために、はたまた自分の価値を上げていくためにすべきことは以下の2つしかありません。

1つは「自分自身」に投資をすること。

2つは「人と人との関係性」に投資をすることです。

でも、ほとんどの人はこういう考え方をしません。

自分に投資もせず、社内の意識の低い仲間とつるんでいます。

こんなところから、価値が生まれるはずがありません。

「自分はそうなりたくない」という人は、上記2点を実行すべきですが、その前に「土台」となる大切な考え方があります。

「良い雰囲気」、「良いエネルギー」の中で仕事をするための考え方です。

それについては明後日に公開するFBL大学のオンラインセミナー「成長するためのエネルギーの使い方」で述べています。

確実に「腹に落ちる」と思います。

FBL大学の方は楽しみにしていてください!

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!締切まで「あと4日」!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-26 18:11
No.3334 10月25日(火):「ICT社会」に必要な3つの考え方
こんにちは。遠藤です。昨日は名古屋勉強会でした。

懇親会は大盛り上がりでしたが、不覚にも写真を撮るのを忘れてしまいました・・。

さて、大前研一氏のメルマガに数ヶ月前に起きた「トルコのクーデター未遂事件」のことが記されていました。

もちろん、今の時期に書いているということは「政治的観点」ではなく、「ビジネス的な観点」で何かしらの意味があり、それを本事件と関連づけることで、その強化を狙っているからです。
※私も政治的な正邪を言いたいのではありません。

私の解説は不要なので、そのまま再掲します(※青い字)。

この事件は、トルコ国軍の一部がイスタンブールや首都アンカラなどで反乱を起こし、国営テレビ局を占拠して外出を禁止する戒厳令を宣言したものの、休暇でリゾート地に滞在していたエルドアン大統領は難を逃れてイスタンブールに戻る機上からスマートフォンのテレビ電話アプリFaceTimeを利用してCNNトルコに出演、国民に広場や空港に集まってクーデターに抗議するよう呼びかけた。それに対して、多くの国民が応じて反乱軍は正規軍に鎮圧され、クーデターは12時間足らずで失敗に終わったのである。

この事例は、従来のピラミッド型組織の時代が完全に終焉したことを意味している。そして、ICT時代のネットワーク社会では、一人ひとりの個人が年齢、経験、肩書、性別、国籍、民族、宗教に関係なく、経営トップからダイレクトに指示を受けて、どれだけ組織に貢献できるか、ということだけが問われるのだ。


(以上)

非常に示唆に富んでいます。

このことは私がこれまで主張してきた以下の3点と合致しています。

・トップはインターネットを使った情報発信をすべき。

・発信により「関係性」を強化すべき。

・組織に階層は不要。トップ以外はフラットでいい。

幾度となく言ってきたことです。

ちなみに「ICT」とは、「IT」の間に「コミュニケーション」を挟んだ概念です。
※かなり前からあります。

私がいうところの「情報発信による関係性の強化」は、これに類似した考え方だと思うのですが、総務省のHP等を見ると、かなり違います。
※まぁ、詳細はどうでもよい。

そして、大前氏はこう続けます。

「ピラミッド型組織の要とされてきた部課長などの中間管理職は不要になる」

「今後は経営トップからダイレクトに指示を受けて、どれだけ組織に貢献できるかということだけが問われる」

いずれも納得できます。

というか、少し真剣に考えればこうなるしかないとわかるはずです。

が、経営トップも部下スタッフも「まったくダメ」だと思います。

経営トップで「ICT」を実践している人はごく僅かです。

いまだに多くの人が昭和の時代のようなコミュニケーション(?)をしています。

部下スタッフも部下スタッフで「階層」の中で出世しようとしています。

わかりやすくいうと、「課長」の人が「部長」になろうとしています。

一体、いつまで「従属」を続ける気なのかと。

課長が部長になったところで「従属1等級」が「従属2等級」になっただけだと思います。

大前氏の指摘に従えば、これは「不要になるための努力」をしているようなものです。

前述した3点の重要性が理解できない人、実践できていない人は、経営トップ云々に関わらず間違いなく「不要」になります。

では、「不要」にならないためにはどうすればいいか?

それを考えないと。

いつまでも何もしないから、いつまでも何も変わらないのです。

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。
b0113993_15141878.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-25 18:44
No.3333 10月24日(月):「働き方」も重要だけど「稼ぎ方」はもっと重要!
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「一部」について簡単にコメントします。
※コピペするわけではなく新たに書き直します。

今日は「働き方の前に稼ぎ方」ということを書きました。

今、政府は「働き方」の改革に躍起になっています。

が、私は一貫して「無意味」といい続けてきました。

もちろん、会社がこのような制度を整備するのは良いことですが、「個」を目指す人にとっては「まったく関係ないこと」と認識した方がいいと思います。

仮に新制度で「勤務時間の半分までは在宅ワークをしてもいい」と決められたとします。

そうなれば、多くの人が「これで満員電車に乗って出勤しなくていいんだ」などと喜ぶことでしょう。

が、これは「決めたことに従っている」に過ぎません。

こういう発想だと、会社に「やっぱりやめた」といわれたらおしまいです。

そこでまた従うことになるのです。

そうではなく「自分の働き方」は自分で決めるものです。

自宅でやりたい人は自宅でやればいいし、オフィスでやりたい人はオフィスでやればいいのです。

「どちらがいいか」という問題ではありません。

このような「従うマインド」に加えて、さらに問題なのは多くの人が「稼げない」ということです。

自宅であろうが、オフィスであろうが「稼ぐ力」がありません。

だから、「働き方」をいくら変えたところで、稼げるようにはなりません。

「稼ぐ」という言葉には抵抗がある方がいるかもしれないので、「給料を上げる」と言い換えても結構です。

ほぼ100%の人が「今より給料を上げたい」と言っていますから、これなら抵抗がないと思います。

では、何故、「稼ぐ力」がないのか。

理由は簡単で、ほとんどの人が今に至るまで「稼ぎ方」を習っていないからです。

親も先生も上司も「稼ぎ方」は教えてくれません。

習うのは「従うこと」です。

つまり、「稼ぐ力」がない状態で「今より給料を上げたい」と言っているのです。

こうなれば会社に「お願い」をして、給料を上げてもらうしか手段はありません。

だから、私は「脱従属」「脱支配」といい続けているのです。

この枠組みにいる限り、「お願い」以外に自分の給料を上げることはできません。

「働き方」は重要ですが、「稼ぎ方」はもっと重要です。

では、そのためには何をすればいいか?

それがわかって、行動している人が「自分の人生」に近づいているように感じます。

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。
b0113993_23565852.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-24 23:54
No.3332 10月23日(日):「価値」が先、「お金」は後!
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。FBL大学の「第7期スタートコース」受付は、あと1週間程度で終了ですので、迷っている方などは早期に決断ください。

さて、昨日は「人が先、お金は後!」と書きました。

続いて、今日は「価値が先、お金は後!」と主張したいと思います。

何故なら、多くの人と接していて「成長しない人」「低年収に泣く人」が、例外なくこの「逆」、つまり、「お金が先、価値は後!」という考え方をしているからです。

「価値」と「お金」を考える時に、避けて通れないのが貨幣誕生の歴史です。

私も詳しく学んだわけではありませんが、誰もが知っていることとして「お金」ができる前は「物々交換」をしていました。

それが時代の進化とともに「貨幣」に変わったのです。

つまり、「貨幣」というのは「価値」が紙(や硬貨)に変わっただけです。

千円札も1万円札も単なる紙です。

コピー用紙と変わらない紙です。

「この紙には千円の価値がある」「この紙には1万円の価値がある」と、人々が勝手に「価値」を感じているだけです。

ということは「価値」が先にあることになります。

と、同時にその起源が「物々交換」だったということは、「モノとモノを換えること」が「価値」ということになります。

つまり、「価値」とは「交換」です。

私は「成長しない人」「低年収に泣く人」は、このことがまったくわかっていないと思います。

貨幣というものが誕生したことにより「何かと何かを交換する」という発想が死んでいるのです。

だから、「貯金」をしてしまいます。

だから、お金を使うと「価値が増えた」ではなく「お金が減った」と考えてしまいます。

これはもう会ったり、話したりすればわかることです。

その一方でマイカーには100万円も200万円もお金をかけています。

マイホームも同じです。

3000万円とか4000万円の買い物ができて、新聞代が高いとか、本代が高いとか言っている人は「頭がおかしい」と思います。

それは何の「交換」だったのでしょうか?

手に入ったのは「ささやかな自己満足」と、「ローン地獄」でしょう。

一体、何を交換しているのかと・・思います。

まず手に入れるべきは「価値」です。

「価値」と「お金」を交換するのです!

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。
b0113993_2159696.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-23 22:00
No.3331 10月22日(土):「人」が先、「お金」は後!
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。本日の「学長に訊け!」はお休みです。

さて、今週の動きですが。

月曜と火曜は東京。

水曜は大阪(勉強会+飲み会アリ)。

木曜は北陸方面(お仕事+飲み会アリ)。

金曜は名古屋(お仕事)
※地震の影響で新幹線が遅延する中、帰宅。

土曜(今日)は山梨(長男の大学バスケの応援)。

でした。

で、明日(日曜)の午前は東京(三男の高校バスケの応援)で、午後は埼玉(連日の長男の応援)。

月曜は名古屋(勉強会+飲み会アリ)。

そして、火曜の午前に帰京です。

以下は北陸方面でのワンショット。
※掲載許可いただいています。

企業名は伏せておきますが、ご覧いただけばわかるかと思います。
b0113993_7452822.jpg

(どうでもいいことですが)、今週はジムに1回しけいけませんでしたので、来週に3回行ってリカバリーをします。

今のところ月曜の朝に行って、帰宅してから名古屋に向かう予定です。
※ジムに出張バックで行きたくないのと、出張にとトレーニング後のウェアを持っていきたくないため(レンタルも好きじゃない)。

で、今週は慌ただしく動いたわけですが、(家族関連はもちろんのこと)すべての関係は「人とのつながり」です。

「人とのつながり」とは仕事なら理念とか思いとか、家族なら愛情とか、友人なら友情とかです。

「人」でつながっているから「やる気」が出るのです。

だから、移動嫌いの私でも動くことができます。

対して、(以前も書いたことがありますが)多くの人の関係は「お金のつながり」です。

特に会社とは「お金」でつながっています。

だから、動きが鈍いのです。

私は「人とのつながり」が先にあって、「お金」は後からついてくるものだと思っています。

何故なら、価値というのは「人と人」との関係性からしか生まれないからです。

「お金」は後です。

なのに、多くの人は「お金(雇用契約)」が先にあって、「人間関係」を後回しにして我慢しています。

よく見かける無能のまま社歴だけで役職者になっているような中高年幹部はこの代表です。

彼等は会社と「お金」でつながっているから、価値を生めません。

価値を生めないから、給料も上がっていきません。

原因ははっきりしています。

彼等が「人」でつながっているのは学生時代の友人と、何も考えていない後輩社員くらいです。

ここから何かが創出される可能性は1%もないでしょう。

私からすれば「お金」でつながっているから「管理」という発想になるのです。

「管理」しないと動かないです。

でも、これほどつまらないことはないんですよ。

多くの人が「マネジメント」を「管理」と思っているようですが、それは違います。

「マネジメント力」というのは「最大成果を出すこと」であり、チームがそれを自発的に達成するように仕向ける能力です。

「人」でつながれば、最終的にはすべてが「自動化」するはずです。

それが本来の「仕事」の姿です。

★FBL大学の「第7期スタートコース」受付中!
●募集期間
2016年10月17日(月)~29日(土)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:10月28日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。
そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。
なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

カリキュラム詳細はこちらです。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック
by fitnessbiz-01 | 2016-10-22 21:27



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧