「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.3613 7月31日(月):給料は「学歴」より「住所」で決まる時代
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

今回は「おすすめ本」より。

そこには「給料は学歴より住所で決まる」ということがデータに基づいて記されていました。

ざっくり言ってしまうと「一生懸命、スキルアップするよりも、どこに住んでいるかの方が大切だ」ということです。

かねてから私は「地方にいる人は情報の中心地(日本なら東京等)に出てこないと優れたビジネスリーダーにはなれない」という主張を展開してこともあり、「これは当然」というか、「こういうことを考えるべきだ」と思います。

もちろん、「大都市と地方の格差問題」は、私がいうまでもなくかねてから叫ばれていることでもあります。

また、2017年5月の日経新聞には「東京23区の所得格差が拡大しており、トップである港区の1100万円は最下位の足立区の320万円と約780万円、約3倍の開きがある」と報じられました。

このように大都市と地方の格差だけでなく、大都市内での格差も拡大しているのです。

というわけで、「お金持ち」になりたいのであれば、麻布、青山、白金といった街に住むことが必要なのであります。

もっとも、このような指摘を受けるまでもなく、(おそらく20世紀の段階で)、大前研一氏は「人間が変わる3つの方法」として、「住む場所」、「人間関係」、「時間配分」を挙げています。

今に始まったことではないということですね。

私個人は「どこに住むか」より、「どこで誰といるか」が「超」重要だと思っています。

大前氏も「お金持ちが住む場所に住みなさい」とは言われておらず、「住む場所を変えることで、目線を変える必要がある」ということを言われています。

これらを総括して、私は給料を上げていく(=活躍するの意)には以下の4つの実行が必要だと思っています。

・いろいろなところへ行く
・情報の中心地にいる
・優秀な人と一緒にいる
・毎日、2時間は勉強する(学ぶ)

「いろいろなところへ行くこと」で、視野を広く持つことができます。

「情報の中心地にいること」で、ビジネスの流れを読むことができます。

「優秀な人と一緒にいること」で、成長することができます。

「毎日、2時間学ぶこと」で、上記3項目を活用できる人材になっていけます。

1つが欠けてもダメだと思います。

特に最後の「毎日、2時間学ぶこと」が欠ける人は「給料を上げる資格なし(活躍する資格なし)」です。

こういう人が引っ越しをしたり、一流講師のセミナーに行ったりしても意味がないということです。

これまで出会った人のほぼ全員が「今より給料を上げたい」と言っています。

であれば、自宅と会社を往復し、朝から晩まで仕事をし、SNSを眺めて、ビールを飲んで寝る生活をやめることです。

必要なのは「視点を変えること」なのです!
b0113993_18303435.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-07-31 18:31
No.3612 7月30日(日):私は「ファシリテーターだった」という話
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。先日の「SPORTEC」の話。

メールやフェイスブックに「ファシリテーター、お疲れさまでした」というコメントをいただいています。

もちろん、褒めていただいたり、ねぎらっていただけるのは大変光栄なことですが、私はそれらのコメントをいただくまで「自分がファシリテーターであること」を知りませんでした。

綺麗事だと思われても結構ですが、私が当日に考えていたのは「パネラーの3名を輝かす」という一点でした。

「ファシリテーター」という概念は今から15年くらい前に登場したのではないかと記憶しています。

ビジネスにおいては「会議の進行者」の意味で用いられることが多く、「議事進行やセッティングなどを担当するが、中立的な立場にあり、会議中に自分の意見を述べたり自ら意思決定をすることはない」と意味づけされています。

「ファシリテーター」で思い出すのは前職時代の採用面接です。

「私はファシリテーションの専門家です」という女性が応募してきたのです。

で、「これからの企業(会議)はファシリテーターの存在で決まる」と熱弁していました。

一緒に面接に出た人はすっかり感化されてしまい、「是非、採用したい」と言っていましたが、私は速攻でお断りしました。

理由は「ビジネスの経験がなかったから」です。

「実体験」や「実学」がなければ、会議で社長の独壇場になるのを抑止したり、時間通りに進行することはできても、「結果を最大化すること」は到底できません。

こんな存在は「まったくの不要」です。

それなのに「これからはファシリテーターの時代です」なんて言っている時点で「この人は何もわかっていないな」ということになるわけです。

皆さまの感想からも、私は「ファシリテーター」が務まったようです。
※上記の「中立者」、「進行者」的な意味とは違います。

では、何故、そうなったかを自己分析するなら、私が大手、ベンチャー等の複数業態、複数クラブで支配人を経験してきたからです。

または自分で起業を経験したからです。

はたまた、自分で直営クラブを買い取った経験をしたからです。

ついでにFBL大学で二度目の起業を経験したからです。

当たり前ですが、その間、「順調ではない経験」もしています。

「経験」がすべてです。

だから、私は「そういう人の気持ち」がなんとなくわかります。

なので、「相手はこういう質問をして欲しいのではないか」とか、「こういう展開から質問をすれば答えやすいのではないか」ということが(これまた)なんとなく意識できます。

ま、私が前に出る時代でもないんで。

中心で頑張るのはFBL大学という「パーソナル・プラットフォーム」だけにして。

微力ながら「一人でも多くの原石を世に出すこと」をやっていきたいと思います。
b0113993_11250523.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-07-30 18:38
No.3611 7月29日(土):相手のことなど知らなくても生きていける国
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。本日の「学長に訊け!」はまたしてもネタ満載ながら、他のネタも満載なのでお休みです。

さて、昨日は「自分が正しいと思い込んでいる人間はダメだ」と述べました。

そんな時、ある方からFBL大学の課題である「読書論文」が届きました。

「彼」は今、理由があって遠い異国の客船の中で「仕事」をしています。

結論からいうと「苦労している」ようです。

その「彼」が以下のように記していたのです(※青い字)。

「そこで感じたのは、相手の国を知ることが重要だということです。何故なら相手の国を知ることで見えることが広がるからです。相手の国を知ることで、①信頼関係が生まれる、②より深い話が出来るようになる、③新しい着想が生まれるといったことが生まれます」

それに対し、私は以下の主旨の返信をしました(※青い字)。

「『7つの習慣』にも、『理解してから理解される』という原則がありますが、日本という『同質国家』にいると、それが必要ありませんね。日常のほとんどは予定調和であり、相手を知らなくても困ることはありません。また、相手を知らなくても困ることがないから、『自分が正しい』という自分勝手が通用するのだと思います」

昨日も述べたように、私はよく「無人島論」を例に出します。

「無人島」に行ったら、「自分が正しい」などという考え方は一切通用しません。
※主張する相手すらいませんので。

いきなり異国の船の中に飛び込んだ「彼」は、まさに「無人島にいるのと近い心情」にあると思います。

そこで「自分は理解されていない。だからもっと相手のことを深く理解しなければいけないと痛感している」というのです。

「大切な話」だと思いました。

私が昨日記した「自分という存在は相手の中にいるという言葉は、今の私に大変沁みる言葉です」というメールも(相当遠い海の上から)届きました。

このような「異環境」を通じて、まわりの状況や助言を受け入れていくから視野が広がります。

視野が広がることで「自分は間違っているかもしれない」ということが「見えてくる」のです。

それが見えていない人というのは「同質環境」の中で甘えているだけでしょう。

その結果が「自分と違う意見は間違っている」という偏屈な考え方になるのです。

同じ地域もそう。

同じ会社もそう。

同じ仲間もそう。

狭い世界の中で「自分はこうです」とか言っている人は、「彼」に仕事を紹介してもらって、一年くらい異国の海の上に行ったらいいと思います。
b0113993_10092967.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-07-29 18:03
No.3610 7月28日(金):昨日はしばらく「心地いい余韻」が残っていました
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ」です

今回のテーマは「60分de選書」。以下のスライドだけでもよく見ていただければと思います。
b0113993_17182496.png
今日は家族からの要請もあり、「アンダーアーマーのシークレットセール」へ。

5時半起きの6時出発。大混雑を想定し9時開場のところ7時15分到着。

が、既に千人単位の行列。。

なんとそこから2時間半並んで、会場入りが9時45分。

「人生でもっとも並んだ日」です。
※ちなみに商品は年々、お得感がなくなっている印象。

でもそこからゴールドジムさんに行ったぜ!

さて、昨日は「父親の仕事」があったので、セミナー終了と同時に帰宅したのですが、しばらくの間、「心地いい余韻」が残っていました。

一言で表すなら「快の感情」という感じです。

何故、そうなるかを自分なりに考えると、理由は2つです。

1つは「ナイスガイ」な方々と密度の濃い時間を過ごせたこと。

もう1つは少なからず「自分以外の方々に貢献できたのではないか」という思いがあるからだと思います。

昨日は「負けた人」がいません。

山岡さん、大岩さん、伊藤さんにとって「良い場」だったと思います。

講座に参加された方にとっても「良い場」だったはずです。

「できれば、お一人に1時間30分くらい欲しかった」

「3名の方々の起業への想いやビジネスモデルに共感し、感動した」

といったメールもいただけ、嬉しく思いました。

途中から山岡さんは「サムライ」に見えてきましたからね。

ということは、私にとっても「良い場」だったということです。

私はこれまでFBL大学の講座で「人を勝たせるのがリーダーの仕事だ」と言い続けてきました。

もちろん、3名の方々は「私が勝たせた」のではありません。

そういう解釈ではなく、「輝いていただけたのではないか」という意味で貢献できたかなと考えています。

対して、今でも「嫌な思い」をすることがあります。

「快の感情」に対比させるなら「不快な感情」です。

「心地悪い余韻」がしばらく続きます。

原因は「人」です。

「快の感情」になるのも「人」。

「不快な感情」になるのも「人」。

「人」がすべてです。

相手を不快にさせる人に共通しているのは「自分が正しい」と思い込んでいることです。

企業によくいる「私は相手が誰であってもはっきりモノを言います」などと言っているような人です。

「自分はこういうタイプの人間だから仕方ありません」みたいな。

もちろん、はっきりモノを言うことも、自分のタイプを知ることも大切ですが、それが「相手のため」に役立っていなければ、そんなものは単なる自己正当化に過ぎません。

「わかりました。では、さっさと無人島へ行って、一人で生活してください」ということでしかないですね。

そこで初めて、自分の身勝手さや視野の狭さに気づくことでしょう。

自分という存在は「相手の中」にいるのです。

当たり前ですが、3名の方々はそれがわかっています。

だから、相手を「快の感情」にすることができるのです。

「人として素晴らしいことだな」と思うとともに、強く自省した次第です。

いずれにせよ、「快の感情」が続く人生が最高です。

私はそこに貢献できるような人間になりたいと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-07-28 18:19
No.3609 7月27日(木):やっぱり、「人」と「出会い」は最高だ!
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、合宿の疲れが1日寝ても抜けなかったものの、今日の午前中は三男とゴールドジムさんでトレーニング。

そして、そこから「SPORTEC2017」へ。

テーマはパネルディスカッション「成功する小規模目的型クラブのビジネスモデルづくり」。

目的を持って参加された方はかなり刺激になったのではないかと思います。

とにかく、山岡さん、大岩さん、伊藤さんは業界屈指の「知的頭脳」の持ち主ですから。

このようなタイプの方が社内にいることはかなり確率が低いと思います。

私はビジネスを成功に導くには「情熱」、「ビジネスモデル」、「戦略」、「専門力」、「人間性」の5項目が必須だと考えています。

この場合の「専門力」とは「結果を出す能力」のことで、「解剖学」のことではありません。

言うまでもなく3名の方は5項目を有しています。

もちろん、5項目がなくてもビジネスを飛躍させることはできます。

これは昨今のウーバーの経営者の醜態を見れば明らかです。

「常識なし」でも「スケベ」でも、側近が続々と辞めても、会社を世界的企業にすることはできるのです。

司会をしながら、山岡さんからは経営者としての覚悟が学べました。

お人柄も変わらず素晴らしいし、ますますリアンさんファンになりました。

大岩さんからは「常識を翻す戦略」だけでなく、国家資格保有者の理想的な仕事ぶりを「第3の医療」というワードで学べました。

伊藤さんとは多くの時間を過ごしてきましたが、改めて「トレーナーが主役のビジネス」と、それに対する信念の強さを学べました。

カリスマトレーナーとかは必要ないですね。

繰り返しですが、会場にいらした方はかなり参考になったと思います。

それは3名の方々の思考や考え方が「実学」だからです。

そこに時流や流行などありません。

「実学」こそが、現実を変えていくのです。

私も久々の方と多く再会できました。

やはり、「人」と「出会い」は最高ですね。

もっとこういう場をつくってかないと・・と思いました。

セミナー後は古屋さんを含めて記念撮影。

とても充実した嬉しい時間でした。

司会者としては10分超過させてしまったので、来年は呼んでもらえないかもしれませんが・・。
b0113993_20074088.png

****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-07-27 20:08
No.3608 7月26日(水):FBL大学合宿2日目 ~ほとんどがうまくいく~
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「苦しみは喜びに変わらなければ意味がない」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、FBL大学合宿が終了しました。

と、その前にクタクタなので、メールの返信等はサボっておりますことをご了承ください。

2日目は初日に構築した「商品」を「営業戦略」に組み込んでいきます。

また、「リアルプラットフォーム」としてのフィットネスクラブの存在を理解し、さらに「集めてから集める」という重要な考え方を講座形式でお伝えしました。

なので、「商品づくり」、「営業戦略」、「プラットフォーム発想」、「集めてから集める」を意識して、自社商品の独自性やポジショニングを強化するのが、本合宿の主旨になります。

フィットネス業界では「ここでしか学べない内容」だと自負しています。

こういう「型」を知った上でクラブ運営をするのと、ただひたすら頑張ってクラブを運営するのでは、中長期的な優位性や疲弊度が大きく変わってくると思います。

2日目の午後には本合宿を通じて到達した「現時点で考えられる最高の商品」を上記4観点を考慮して発表していただくのですが、私の感覚だと「あと2~3ヶ月」議論して詰めていけば、高い確率でうまくいくと思います。

というか、おそらく、この2日間の方が業界各社の新業態や新事業等より的を得た議論ができていると思います。

この合宿を通じて「もっと新業態支援ができるな」と思いました。
※ま、依頼があればですが。。

こうやって議論を通じて新業態を開発していくのです。

これまでというのはそのプロセスに一切関与せず、「集客してください」みたい感じですので。

今回の2日間でも実行にさえ至れば「年間何千万円(何億円)」の売上を生めます。

この「実行支援」ができれば、「新たなWIN×WINの世界」をつくれると思います。

もちろん、そこには当事者本人の「自己責任意識」があることが条件です。

「後がないつもり」でやれば、うまくいきます。

というわけで、終了後は「スーパービュー踊り子号」で帰宅の途へ(写真は伊藤さんブログより拝借)。

明日は「SPORTEC2017」で司会を務めます。

読者の方で会場にお越しになる方は、是非、お声掛けください。
b0113993_20294061.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-07-26 20:44
No.3607 7月25日(火):FBL大学合宿1日目
こんにちは。遠藤です。今日から伊豆高原でFBL大学の合宿です。

昨年に続いて2度目の開催になります。

昨年は台風直撃で急遽、レンタカーでの移動だったのですが、今日は問題なく現地入りできました。

宿泊は緑の中のコテージです。
b0113993_01475518.jpg
写真はありませんが、会議室隣接なので、しっかり学べます。

初日は商品づくりについての深堀りです。

ここがバシッとくるかで半分以上は決まりです。

学びの後はBBQ。
b0113993_01480497.jpg
楽しい時間でした。
※いろいろあって、おひとり写真NG。
b0113993_01481239.jpg
本合宿ですが、本当は「あと1~2名」はいらしていただきたいところです。

そこには幾つかの阻害要因があります。

確実に耳に入ってくることでも、気後れするとか、恥ずかしいとか、他社の方と交流するのに抵抗がある・・などなどがあります。

すべて、私の不徳のいたすところですが、そのあたりは何とか一歩を踏み出して欲しいところです。

こうやって日常を離れることで、見えてくることがあります。

多くの人が今の自分に満足していない現状があります。

予算が達成できないもそう。

自分らしくないもそう。

給料が低いもそう。

だとすれば、日常から出るしかないのです。

何故なら、「今の現状」は「今の日常」によってつくられたからです。

その中で悶々としていても、絶対に何も解決しません。

てなわけで、今日はここまで。

BBQの後は温泉掛け流しからの「部屋飲み」。

こういう関係性を通じて成長し合っていくのです。

楽しいから、年に2回くらいやりたいなと考えております。

では、明日も頑張ります!

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-07-25 23:59
No.3606 7月24日(月):「便利」でバカになる
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

今回は「フィットネスビジネスの視点」で「ボツ」にしたニュースより。

それが以下(※青い字)。

テーマ:グーグル、検索アプリに新機能 「知りたい情報」自動配信
「米グーグルは主力のスマートフォン(スマホ)向け検索アプリについて新機能の追加やデザイン変更を発表した。利用者一人ひとりの検索履歴や位置情報などを基に、関心がありそうな情報を自動配信する『フィード』機能を拡充。人工知能(AI)の機械学習による分析と予測の精度も高めた」

というもの。

一体、どこまで「自動化」すれば気が済むのですかね。

「自動化」=「無能化」です。

「自動化」されればされるほど、人間は「無能化」していきます。

私は一貫して言っていますが、こういった「AI化」が推進されるべきは「医療分野」など高度な専門領域です。

これは真面目に言いますが、「関心がありそうな情報を自動配信するアプリ」なんてなことに頼っている時間があるなら「紙の新聞」を読むべきです。

理由は以下の3つです。

・自分の頭で「検索」する能力が落ちる。
・同じニュースにも異なる視点があることがわからなくなる(複数ニュースに触れることがなくなる)。
・見出しと、簡単な記事を読んだだけで「知っている気」になる(表面的な人間になる)。

たまに著名ビジネスマンの方が「新聞を読むのをやめた」と言われているのを聞きますが、これは上記のような問題がない方です。

少なくとも私のような「凡人」は「紙の新聞」が必須です。

実際、上記とは逆の人が多発しています。

・ニュースはスマホのみ(誰だかわからない人が勝手にチョイスして、勝手に並べたニュースを情報だと思っている)。
・それしか読んでいない(見ていない)。
・表面的な知識で「知っている」と思っている。

つまり、「狭くて、浅くて、何も考えていない」。

そういう人が「新機能」に飛びつくのでしょうが、読者の皆さまにおいてはこんな「新機能」は使わないことをおすすめします。

というわけで、明日からは伊豆高原で「FBL大学合宿」です。

2日間はその模様をお伝えする予定です。
b0113993_08300757.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-07-24 18:05
No.3605 7月23日(日):親子でゴールドジム
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。次男、三男の高校バスケが終わってから、早1.5ヶ月が経過。

親(私のこと)が「抜け殻」になるかと思いきや、意外にも楽しくて仕方ないです。

第一に彼等の時間的自由度が増えたのが大きいです。

彼等と話す時間が圧倒的に増えました。

二人とも毎日、朝練に行って、帰宅したら寝るという生活の繰り返しでしたから。

やはり、「時間の自由度=日々の充実度」と感じます。

よく双子だと「同じ学校に行く」という先入観があるようですが、高校の段階で別ですし、大学進学の考え方も違います。

今はそれぞれがそれぞれの目標達成に向けて、自分で考えて時間を使っているようです。

そういう私も時間的余裕が増えました。

実際、今まで週末は結構、タイトだったしな~。

バスケ会場でメルマガとかを書いていましたからね。

学生に「なんで、遠藤のお父さんはパソコンやってるの?」とか言われたりして。

そういうことがなくなったので。
※といっても、9月からは毎週末、長男のリーグ戦が開始。

先日は三男が私が通うゴールドジムさんへ入会しました。
b0113993_08181718.png

大学でもバスケを続ける意向のようで「カラダを大きくしたい」と。

最初は家の近隣のジムにしようかと思ったのですが、「本格的にやりたい」という本人の意志もあって、片道50分はかかるゴールドジムさんにしました。

身長は私より3~4cm高く、既に下半身は私より強いです。

ジム内には「デカい人」しかいないし、トレーニング方法を見ているだけでも刺激になるようです。

これまで3回行きましたが、一人で行くのは「アウエー感が強すぎる」とのこと。

おかげで夏休み中は私のジム通い頻度も「週2」から「週3」になりそうです。
※少し筋肉つくかも。

いずれにせよ、こうやって身近な人に役立っていれば楽しいですよ。

これからもできるだけ周囲の人に役立っていきたいものです。

そうすれば「人生はなんか楽しいな」と感じることができると思っています。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-07-23 18:31
No.3604 7月22日(土):続:多くの「小型ジム」が苦戦する理由
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。本日の「学長に訊け!」は先週同様、その他のネタが満載なためお休みです。

さて、昨日は「多くの小型ジムが、この先、苦戦するであろうし、先々は閉鎖もあり得るであろう理由」として「ビジネスモデルの欠落」を挙げました。

実はもう1つ欠落していることがあります。

それが「マネジメントの欠落」です。

「ビジネスモデル」という「設計図」が良好で、正しい家が建ったとしても、時間の中で部屋は汚れるし、建物は劣化します。

これをメンテナンスするのが「マネジメント」です。

私は「マネジメント=事前修正力である」と言い続けきました。

何故なら、物事というのは絶対に計画通りにはいかないからです。

うまくいく場合、うまくいかない場合を含めて、絶対に計画通りにはいきません。

この時、「うまくいかないケース」の方が多く発生します。

だから、計画通りに行かないものを計画値に戻していく修正力こそが「マネジメント力」なのです。

が、うまくいかないことがわかってから、何とかしようと思っても「手遅れ」です。

これは雨が強く降り出して、ずぶ濡れになってから傘を買っているようなものです。

そうではなく、「雨が降りそうだから傘を持って外出し、ずぶ濡れになるのを事前に防ぐこと」が求められます。

故に「事前修正力」となるのです。

こう説明すると「そんなのわかっている」と感じる経営者が大半のはずです。

しかし、私の30年以上の業界経験から断言しますが、「事前修正力のマネジメント」が機能しているクラブは1%未満です。

わかっていてもできていなければ意味がないでしょう。

が、潰れない。

何故か?

図体が大きいからです。

当業界では、この図体の大きさを「施設・立地・料金」と表現します。

「施設・立地・料金」が普通なら、よほどのことがない限り、会員さんは集まってきます。

が、実体は「穴の空いた船」に乗っているようなものです。

図体が大きければ「小さな穴」に気づきません。

また、「小さい穴」があいても簡単には沈みません。

しかし、これが「小さな船」だったらどうでしょう?

簡単に沈みます。

これでわかると思います。

ここに問題があるから、図体の大きい「大型船」のことしかわからない当企業の多くは「中型船」である「ジムスタジオ型クラブ」や、「小型船」である「単体クラブ」を上手に経営することができないのです。

これはマネジメント経験が恐ろしいほど希薄なまま、パーソナルジム等に手を出しているトレーナーも同じです。

でも、プライドがあるのか、このままでもいけると思っているのかわかりませんが、ここを改善しようとしませんね。

逆にいえば、「ビジネスモデル」と「マネジメント」が機能していれば、そうそうに崩れることはないし、高い確率でうまくいくと思います。
b0113993_17044447.png

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-07-22 18:03



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧