「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2017年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧
No.3637 8月24日(木):「論文力」、「文章力」の必要性
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、伊藤さんが「論文」について書いていたので便乗します。

私はFBL大学をスタートさせてから、赤ペン課題、読書論文、テーマ論文などなど、とてつもない量の資料や論文に目を通しています。

基本的にすべてにコメントをつけて返信しています。

自分で始めたこととはいえ、毎週、必死でございます。

今も某駅のタリーズで3名の方に赤ペン課題のコメント返信した後、このブログを書いております。

で、その論文ですが、人間と同じで「第一印象」というものがあります。

まずはこの絵をご覧ください。
b0113993_17324640.jpg

一目で「子どもが書いた」とわかるはずです。

続いて、この絵を。

b0113993_17322848.jpg

さぁ、何でしょう?

何を書いているのかよくわかりません。

どうやら、「ヘッドスライディング」のようです。

これは伝わりませんね・・。

もうおわかりと思いますが、論文も同じです。

「論文」ではなく、「文章」と言い換えてもいいです。

「幼稚である」、「伝わらない」というのが、論文や文章の「二大悪」です。

ブログやSNSの発信も「見た瞬間」にクオリティが伝わります。

昨日、「行きました、食べました、会いました」について触れましたが、これなどは上記の「絵」を発表しているようなものなのです。

もちろん、論文力や文章力などどうでもいいという意見もあるでしょう。

今がそうであるように、口を使って話していれば、日常の生活で困ることはないからです。

作家になるわけでもないですし。

が、書けないことは伝わりません。

実際、身の回りの人の大多数は「伝わっていない人」、「伝えられていない人」なはずです。

間違いなく、この人たちは「文章が書けない人たち」です。

「優秀なリーダー」で「言葉」を持っていない人は、世界中を探してもいません。

それでも「論文力」、「文章力」を磨かずにいくのか。

それはあまりにも危機感のない態度だと思います。

****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-08-24 18:02
No.3636 8月23日(水):やっていることのレベルは「ナイトプール」と同じ
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「ほとんどの人が口だけ、最初だけ」」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、昨今は「ナイトプール」が人気のようです。
※ここのところ雨続きでしたが・・。

言わずもがな、そこで撮った写真をインスタにアップするためです。

我が子たちには「頼むからやめてくれよな」と願うばかりです。

が、将来のことなど何も考えていない「自分大好き」な若者が、このような遊びに夢中になるのは結構なことですが、大人が「これ」では困ります。

たまにまったく見る気がないのにファイスブックの投稿が操作上、目に入ってしまうときがあります。

相変わらずの「行きました、食べました、会いました」です。

それらしいことが書いてあったとしても、「底の浅さ」が透けて見えてしまいます。

やっていることのレベルは「ナイトプール」と同じです。

いっそのこと「ナイトプール」でのナイスショットをアップしてくれた方が「私はどーでもいいことを発信しています」というコンセプトがわかりやすく伝わってよいと思います。

先日、MTGをした女性リーダー(業界外の方)は「ファイスブックはやめました」と言われていました。

今後、まともな人ほど、どんどんそうなっていくでしょう。

例えば、「孫正義さんの1日」を研究するためにSNS等を見るというのならわかります。

が、ほぼどうでもいい他者の「1日の出来事」を確認して一体、何になるのかと思います。

これらの時間は「死んでいる」のです。

このことに気づかないという事実こそがすべての致命傷だと思います。

これまでも言ってきたことですが、「想像力」がなさ過ぎるのです。

「こういうことをすればこうなるだろう」ということが想像できない。

誰もが「万引きをしたら逮捕される」ということはわかるはずです。

これと同じで「こんなことをやっていれば、その他大勢の人間になる」と気づかなければいけないのです。

暇つぶしのような発信をするのはやめたほうがいいし、見ない方がいい。

そんな時間があるなら徹底的に自分と向き合ったり、読書をして著者と向き合ったりする方が1億倍重要です。

どちらが自分未来を良くするかは考えるまでもないでしょう。
b0113993_18310828.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-23 18:32
No.3635 8月22日(火):人生のチャンスは1回ではない
こんにちは。遠藤です。今日はオンラインセミナーの教科書作成を8時から13時30分まで一気にやりました。

「集中力の力」は最強です。

さて、昨日は「残念な人」について述べました。

「残念な人」とは意見や感想を言うだけでの人のことであり、別名「社内評論家」です。

「社内評論家」ばかりの会社では解決すべき問題に対して、その周縁をなぞるような議論だけが延々と続き、結果、何も解決しません。

これを「会議ごっこ」、「議論ごっこ」といいます。

このような環境にいても向上するのは「社内処世術」だけです。

個人の「市場価値」は1%も向上しません。

では、こういう会社にいてしまっている人はどうしたらいいか?

とにかく「辞める」と決めることです。

時期は未定でいいから、とにかく「辞める」と決める。

で、それまでの期間は、できるだけ「残念な人」と一緒にいないようにすることです。

仕方なく一緒にいることになっても、礼儀の範囲内でかかわらないことです。

人間というのは「環境に適応する生き物」です。

そういう環境にいればいるほど、その環境に適応していくのです。

何故、私がそこまで言い切れるのか。

それは今まで変わってこなかったものが、今後、変わっていく可能性はないからです。

今週の「おすすめ本」にも社員の「会社愛」が強い会社が「いつかなんとかなる」と思考し続けた結果、倒産していく旨が記されていましたが、冷静に考えれば「そうなるに決まっている」と思います。

で、ここからが大切なのですが、民事再生後、その会社は立ち直りました。

当然、倒産時は多くの社員がリストラ等にあったわけですが、再就職先などで活躍しているケースも少なくないようです。

つまり、情緒的な感情でズルズルと経営を続けるより、結果的に倒産した方が多くの人が豊かになったのです。

私はこの考え方はリーダーの必須視点だと思っています。

綺麗事ではなく、リーダーの責任というのは、次世代人材の未来を良くしていくことです。

自分が有名になることではありません。

このケースであれば、「倒産」という選択をした方が、次世代人材の未来が良くなる可能性が高かったわけです。

話を戻せば、会社でいう「倒産」は、個人でいう「辞める」です。

だから、言い切れるのです。

ズルズルやる意味は「ない」と。

人生のチャンスは1回ではありません。

自分と自分にかかわる人の未来を良くしたいのなら、「リセットする」という選択肢も必要だと私は思います。
b0113993_18531440.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-22 18:54
No.3634 8月21日(月):「残念な人」になってはいけない
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

今回は「おすすめ本」より。

そこには「残念な人になってはいけない」という項がありました。

私は思わず笑ってしまったのですが、それは以下のような人です。

・「うちの会社はここがダメだ」と言っている。
・「うちの社長はここがダメだ」と言っている。
・「コンサルタント顔負け」の指摘方法ながら、内容はそこまで的を得ていない。
・視点が高いわけではないので、部分しか見えていない。
・しかも、他責的で当事者意識がまるでない。
・どこまでいっても「私はこうしたい」という意見がまったく出ない。

繰り返しますが、私が言っているのではありません。

本からの抜粋です。

著者は「社内評論家気取りの人」と括っていましたが、社内がこうなったら「終わり」だと私は思います。

が、実際、こういう会社はたくさんあります。

この著者にしても一流企業を対象に社外取締役や教育活動等を行なっている方ですが、その立場からでもそう見えるわけです。

こんなことをやっている時間はムダ以外の何物でもありません。

日頃、私はこの類いの時間が一秒もないので、こういう場面に出くわすと細胞レべルで違和感があります。

「だったら、行動して改善すればいいじゃん!」

ただそれだけのことですよね。

こう言うと、再び、評論が始まり「こういう理由でそれはできない」という話になります。

「だったら、そんな会社は辞めたらいいじゃん!」

が、こう言うと、「この会社には世話になっている」とか「まだ期待している部分がある」みたいな話になります。

「だったら、文句を言わずに従えばいいじゃん!」

要するに結論が出ません。

だから「社内評論家」なのです。

「評論家」とは意見や感想を言うだけで、問題を解決できない人のことです

仕事というのは「未来の話」をするものです。

仕事というのは「希望」です。

「予算」や「数字」のことではありません。

「意識の高い人」と仕事をすることの楽しさや充実感を、もっと多くの人に知ってもらいたいものです。
b0113993_17082560.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-21 18:14
No.3633 8月20日(日):「感じたことを書く」
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。今日は終日、自宅デスクで執筆活動。

万歩計は462歩です・・。

さて、長渕剛さんのニューアルバム「BLACK TRAIN」が発売されまして。

早速、初日に購入しました。

これは応援者の使命です。

長渕剛さんからは相当な「生きるエネルギー」をもらっています。

一時、残念な時期もありましたが、見事に復活されて嬉しい限りです。

昨今はプロモーションも兼ねてか、頻繁にテレビに登場しています。

先般もインタビュー形式で夕方の番組に出演していました。

これはマスコミを招待して行なった公開リハーサル後に質問に答えるものでした。

面白かったのは長渕さんが記者たちに「メモはしない方がいいと思う」と言って、ケタケタと笑った部分です。
b0113993_17043036.png
その模様を新聞記事にする責任がある記者たちは公開ライブ中も必死にメモを取っていたようです。

その光景に対し、以下のように言っていました。
b0113993_17034619.png
グルーブは「高揚感」を指すようです。

そして、「あとで感じたことを書く」。

これは重要な感性だと思います。

私もセミナーをやっていて、メモばかりしている人が多いから「講師の言葉を追いかけても意味がない。感じたことを書くように」と強調しています。

一方、まったくメモをしない人もいます。

これはこれで呆れます。

こういう人は「自分はわかっている」とでも思っているのでしょうね。

だったら、今頃、社長くらいにはなっているはずなのですが。

まったく、自分の力量が見えていないのです。

いずれにせよ、今でも後でもいいので「感じたことを書く」のが重要です。

そのままメモをしてアウトプットされたのは「相手の意見」です。

対して、「感じたことを書く」のは「自分の意見」です。

学校教育で「先生が黒板に書いてあることをそのままメモすること」を当たり前に繰り返してきた私たちは、大人になってもこれを繰り返しているのです。

今にして思えば、この方法は全くの時間のムダですな。

だって、何も考えていませんから。

大切なのは感じることであり、考えること。

これを徹底的にしないから「自分の意見」を持たない大人が量産されてしまうのです。

今日は何を考え、何を感じたか。

「何もない」ということはあり得ないでしょう。

それを日記に書けばいい。

「日記が書けません」というのは、「何も考えていません、何も感じません」と言っているのと同じだと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-20 18:03
No.3632 8月19日(土):私の「お葬式」は
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。今日の「学長に訊け!」はお休みです。

今日は先日、他界してしまった高校時代の友人の告別式へ参列。

最後のお別れをしてきました。

友への感傷的なことは抜きにして、そこで思ったことを。

まず、子どもはできるだけ親より先に死なないほうがいいということです。

もちろん、これは「不慮の事故」等であるケースが大半ですが、それでも親は子どもの生まれた姿は見ても、最後の姿は見なくていいなと思いました。

あとは残された人たちが笑って死んでいくにはどうしたらいいかということです。

涙ではなく、「サンキュー!ありがとう!頑張るよ!」的なことを言ってもらうにはどうしたらいいか。

というようなことを考えながら帰宅しました。

ちなみに告別式の後は高校野球部関連の仲間と長時間トークをし、さらに雷雨で電車が遅れたことなどあり、帰宅は18時前。

その後、家族で外食ということになったので、食事の待ち時間に子ども達に上記の考え方を話してみました。

そうしたら、なかなか良い提案がありました。

それが以下のプラン。

まずは私の遺体を燃やしてしまいます。

で、告別式はその後です。

そこには「くす玉」があります。

続いて、「パンパカパーン」というファンファーレとともに、くす玉が割れます。

そして、その中から紙吹雪とともに私の遺灰が飛び散るという。

それを観て、参加者は拍手喝采です。

という式次第。

が、ここで問題が。

それは遺体を燃やすときが悲しくないかということ。

私の親族には献体を望む叔父や叔母もおり、そのシステムを説明したら「じゃ、父さんもそれでお願いします」とのこと。

でも、これだと「くす玉から遺灰が出ない」という問題が。

が、仮に遺灰が出たとしても参加者が私の遺灰を浴びたくないという問題も無視できません。

ここで食事が来たので議論は終了しました。

こんなことでは成仏できませんかね。

皆さまも以下の名言をご存知でしょう。

「あなたが生まれたとき、あなたは泣いていて周りの人達は笑っていたでしょう。だから、いつかあなたが死ぬとき、あなたが笑っていて周りの人たちが泣いている。そんな人生を送りなさい」

でも、私は自分が死ぬときにまわりの人に泣いて欲しくないんですよね。

そうなるにはどうしたらいいかを考えて、これから生きていきます。
b0113993_21572379.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-08-19 21:59
No.3631 8月18日(金):駄馬には駄馬の戦略がある
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第3週目は「読書論文」です。これは自主課題ですが、全員に取り組んでほしいと思っています。

さて、今朝は出張先のホテルで8時から大岩さんとスカイプMTG。

お互いどこにいてもMTGはできます。
※電波があれば。

それにしても、SPORTECから3週間とは早いものです。

で、この3週間でさらに進化していたから驚きました。

詳細は記せませんが、まさに「引く手あまた」。

素晴らしいと思いました。

もう一人のパネラーである伊藤さんも昨日のブログに、お客さまから「私の地元に出店して欲しいと頼まれた旨」が記されていました。
※山岡さんとはお会いできていませんが、相変わらず全力疾走でフルマラソンをされているはず。

この「出店依頼」は非常に理想的ではないですかね。

ふたりとも30代です。

大岩さんが32歳。

31歳で起業しています。

伊藤さんが37歳。

24歳くらいで営業部長をやっていました。

比較論でいうわけではありませんが、私は30歳くらいで支配人すら任せてもらえない人というのは「かなり、ヤバい」と思います。

しかも、フィットネス業界ですよね。

優秀な人材はほとんどいません。

その環境でそうであれば、他業種に行ったら「使い物にならない」と思います。

決して私は卑下して言っているのではありません。

「自分はヤバい」、「自分は無力だ」ということにもっと気づいた方がいいのです。

私と伊藤さんは「自分なんてクソだと思った方がいいよね」と話すときがあります。

特に私はサラブレッドじゃないし、完全な駄馬ですよ。

でも「駄馬には駄馬の努力の仕方や戦略がある」のです。

これを「自覚」しない限り、何も始まりません。

「無知の知」といわれる通り、「自分など無知である」という認識に立たない限り、正しい努力や行動は起こらないはずです。

が、「明らかな駄馬」なのに「自分はサラブレッドです」みたいな顔をしている人がいる。

これほどみっともないことないと思います。

優秀だったら、時間軸の中で大岩さんや伊藤さんのようになっていますので。

優秀な人は放っておかれませんから。

優秀じゃないから「30歳主任」とかになるのですよ。

その事実を自分に突きつけられない人は成長できません。

そこから真の「自分改革」が始まるのです。

念のため言っておくと、私は「32歳嘱託社員」でした。

そして、「自分は無能だ」と気づけたのは35~36歳くらいです。

30歳で「自分は無能」だと気づければ、まだリカバリー可能です。

ま、ここから先は自分次第。

これこそが「センス」ですので。
b0113993_19344654.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-18 19:39
No.3630 8月17日(木):ゆっくり、ゆったりがベース
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、通称「お盆明け」の本日は朝から出張。

出張時は電車に遅れが出ていないかを確認するのが朝の必須行動です。

特に連休明けは自殺者が増える的なこともいわれておりますし。

で、今朝もそうしたら、いきなり遅延との情報。

なんでも「人身事故」とのこと。

オイオイ・・ですね。

ここで改めて感じたのですが、皆さん、「必死の形相」で出勤しておりますな。

なんとしても「1本でも早く」乗ろうとしています。

今週の「おすすめ本」に書いてあったことでもあり、私は(それとは関係なく)以前から心掛けているのですが、「あえて1本遅く乗る」という選択肢はどうですかね。

昨日も三男と新宿方面から帰宅したのですが、「1本前の急行」ではなく「1本後の各駅停車」に乗りました。

「座れるし、本も読めるし、10分程度しか変わらないし」ということで、三男もなんなく納得です。

とにかく、そんなに急ぐ必要がどこにあるのかと思います。

もちろん、「スピード」は大事です。

が、それは「スピードが必要なときだけでいい」というのが私の考えです。

「時間がもったいない」的にあくせくと動くのは疲れます。

そういう人の方が「時間を管理しているようで、実は時間に管理されている」のではないかと思います。

「チンタラ」できるところは「チンタラ」したらいいと思います。

夜なんかもそうです。

私の場合、アルコールを飲みながらダラダラした方が、明日の生産性は上がります。

というか、その方が楽しいじゃないですか。

人類は昔からそうしてきたわけですし。

人類は自然現象の中でアルコールを身近に感じ、生活に取り入れることで人生を楽しんできたのであります。
※アルコールが飲めない方には恐縮ですが。

ゆっくり、ゆったりがベースです。

その中で急ぐところは急いだらいいのだと思います。

「急ぐ」も、言い方を変えれば「忙しい」。

「忙しい」は「心」を「亡くす」。

「スピード」も(アルコールも・・)行き過ぎれば、人生から豊かさを失わせるだけだと思います。
b0113993_23302896.jpg
****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-17 23:31
No.3629 8月16日(水):「お盆休み」という前提
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「企業体質は社長が変わらない限り、絶対に変わらない」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、世間は「お盆」でした。

一般的に「お盆」と呼ばれる時期は8月13日~16日といわれているので、今日までということになります。

この時期、「お盆休みはいつですか?」と聞かれることがあります。

「テキトーにとっています」的に答えていますが、実際は「ない」です。

「ない」と言っても「忙しいからない」のではありません。

お盆に限らず、日頃から「休みの間に働いているようなもの」だから「ない」のです。

「5勤2休」等が前提なのではなく、基本が「休み」で、やることがあれば「働く」ということです。

こういうと傲慢に聞こえるかもしれないので、昨日も触れた「今週のおすすめ本」の著者の話を引用します。

この著者は日本を代表する教育家の方なのですが、この本の出版時は「それでも教育に関する活動は年に100日強くらい」ということでした。

残りの約200日強は「プー太郎のようもの」と、ご自身で言われています。

で、3日に1回、テニスをやっていたこともあって、「職業は何ですか?」と問われたときに「テニスプレイヤーです」と答えていたそうです。

これには爆笑していました。

メチャクチャですね。

が、こういう「生き方」もあるのですよ。

私の場合、「休みの間に働いているようなもの」といっても、だいたいインプットかアウトプットはしているので「売れない作家です」とか答えようかと思いました。

「お盆休みはいつですか?」と聞かれるのは、「日頃は5勤2休で働き、まとまった休みはお盆とか年末年始に取る」という前提条件が確立しているからです。

多くの人がこの呪縛から脱するべきだと思います。

だから、あえて私はこのような言い方をしています。

ちなみに現在、この著者は「テニスプレイヤー」ではありません。

60歳を過ぎても「引く手あまた」で、また新たな公職に就いています。

対して・・。

多くの人たちが、1回しかない人生を、ほぼ一年中、朝から晩まで働き続け、会社の規定通りに定年を迎えます。

このように一生かけて「1つの山」を上って、下るだけなのか。

はたまた、この著者のように時折、休憩を挟みながら「3つの山」、「4つの山」に挑むのか。

私は「断然、後者」です。

すると、「お盆休み」という概念は消えるのです。

「テニス」にしても、その合間にやっているだけ。

常に戦っているのであり、決して「休んでいる」わけではないのです。
b0113993_08585216.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-08-16 18:12
No.3628 8月15日(火):自分を不幸にしているものに気づくべき
こんにちは。遠藤です。東京は梅雨のように雨続き。夏はどこへやらです。

さて、昨日は「もはや、役職などどうでもいい時代になっている」と記しました。

その他にも会社には「どうでもいいもの」がたくさんあります。

昨日述べた「おすすめ本」の中にも「日本の大人たちは自分を不幸にしているものに気づくべきだ」という記載がありました。

この著者は欧州の国々で暮らした経験があり、日本への疑問を述べていました。

「日本人には幸せそうな顔をした人が明らかに少ない」と。

私は欧州で暮らした経験はありませんが(5ヶ国くらいは行ったことがある・・)、まったく同感です。

暮らさなくてもわかることがたくさんあります。

例えば、(昨日述べた)「役職」というか「肩書き」。

会社は「肩書き」という「ニンジン」をぶら下げて、社員に食いつかせようとします。

が、それに食いついたところで、(これも昨日述べたように)「実務能力」は低下するし、次第に「肩書き」じゃないと自分を語れなくなります。

著者は「名刺を持つな」とまで言っているのですが、私も「そうなって本物」と思います。

自分にとっての最大の「肩書き」は「名前」以外にありません。

それを理解した上で、ニンジンに食いつくべきでしょう。

あとは「業績評価」ですね。

多くの人が当たり前に受け入れていますが、これほどまでに「自分を不幸にしているもの」はないと思います。

これも「ニンジン」です。

もちろん、「ニンジンに食いつく能力」も必要です。

なので、若い時にこの能力をひたすら磨くことには意味があると思います。

が、それも最大で35歳まで。

「一体、いつまでやっているのか」ということです。

40代や50代になっても、毎年毎年ニンジンをぶら下げられ、結果、会社に評価され、会社に給料を決められということで、一体、何が楽しいのかと思います。

もちろん、それも悪くありません。

その方が「ラク」なので。

そう考える人にとって、このニンジンは「自分を不幸にしているもの」ではないかもしれません。

いずれにせよ、「何が自分を不幸にしているか」はよく考えるべきでしょう。

著者も言われていましたが、「なんか変だな」と思いつつ、どんどん流されていくうちに人生は終わってしまうのです。
b0113993_17195027.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-08-15 18:07



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧