「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2017年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.3705 10月31日(火):「覚悟がない人」とは
こんにちは。遠藤です。本日で10月も終了。

あと2ヶ月は「今年の仕上げ」です。

さて、昨日でFBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付が終了しました。

行動した方、迷ったまま終わった方、まったく関心がない方、それぞれだと思います。

なお、関心がないという方は本ブログを読む意味もないのではないかと思います。

少し前に以下のようなメッセージをいただきました。

「自分のビジネス力が低いことは分かってはいたものの、それを受け入れられない自分や、デキない自分を周囲に知られて恥をかきたくないなどという理由から、FBL大学の申し込みのボタンをクリックできずにいました。また遠藤さんを怖いと感じており『すごく怒られるのだろう』などとも考えて、尻込みをしてもいました。しかし今のままではいけないと強く感じていたので、清水の舞台から飛び降りる想いで申し込みのボタンをクリックしました。申し込みは、今思えば当たり前の行動ですが、当時の自分にとっては本当に大きなことでしたので、その決断をした自分を少し褒めてあげたいなと思います」

「FBL大学」=「清水の舞台から飛び降りる」です・・。

そのような印象を与えているのは「よろしくない」とは思いますが、それなりの覚悟を持って入ってきてくださるのは「よいことだ」と考えています。

「覚悟がない人」というのは「他人に依存している人」のことです。

昨日の表現でいうなら「決定権を持とうとしない人」「決定権から逃げている人」のことです。

もっとも質(たち)が悪いのは、中途半端に部長とか課長とかの肩書きがあるのに、決定権がない人です。

こういう人は、決まり文句で「上の者に確認します」と言います。

であれば、名刺に「私は決定権のない部長です」とか「社内専用課長」とか書いておいてほしいものです。

リスクを負えないなら、肩書きを外してくれと。

「だったら、お前が出てくるなよ」と思います。

そんな肩書きは相手に失礼なんですよ。

「人を引きつける力」「人に応援される力」の根源にあるのは「覚悟」でしょう。

だから、私はFBL大学に参画した方を応援するのです。

もちろん、それは自ら「やる気」を見せる方、積極的に「行動」する方が優先です。

つまり、「双方向性」を確立しようと努力する方です。

オンラインセミナーを観ているだけでは何も起きません。

勝っていく人の「行動パターン」は決まっているのです。
b0113993_10474193.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-31 17:47
No.3704 10月30日(月):「不自由な安定」を求めていないか? ~「本日締切り」です~
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントしますが、本日はお休みです。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中です。

「本日」が締切りです。
b0113993_17542082.jpg
明日の朝くらいまではサイトは利用可能にしておくので、迷っている方はそこまでに行動をしてください。

私がFBL大学で提供しようとしているのは「自由」です。

が、このいかにも自己啓発的な「自由」という言葉は、あまり好きではありません。

何故なら、既に日本は自由だからです。

そんなところにもってきて「自由になろう」というのは気持ち悪すぎます。

と、それ以前に私は多くの人が「自由」など求めていないと思っています。

求めているのは「不自由な安定」です。

「自由な不安定」と「不自由な安定」があるなら、間違いなく後者を選ぶはずです。

これが多くの人が「奴隷的労働」を当たり前に受け入れている理由です。

が、権力に服従する自分を全面的に認めるのは悔しいから、「自由が欲しい」的なことを言っているのだと思います。

私が言っている「自由」とは、そんな希望的観測ではありません。

私が言っている「自由」とは「決定権」のことです。

私が本ブログで初めて「決定権」という言葉を使ったのは2008年6月23日です。

「私は『決定権』を得るために独立した」と。

他人に「決定権」を握られるほど「不自由」なことはありません。

それが納得できるものならいいですが、そんなことは滅多にありません。

先般、読んだ本にも「成功者は必ず決定権を持っている」と記されていましたが、当たり前です。

また、公民の教科書には「自己決定権:個人は生き方、生活、仕事を自分で判断できる」と書いてあります。

ということは、「決定権」がない人は「成功」することもできなければ、「公民」でもないのです。

では、今後、どうしていくのか。

そのあたりを熟考して、FBL大学への参画をお考えください。

★FBL大学の「第9期スタートコース」お申込み受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-30 17:55
No.3703 10月29日(日):あなたの会社の上司は時代を捉えているか? ~締切りまで「あと2日」~
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。今日は「プライベート編」ではありません。

先日、「日曜ブログを楽しみにしています」というメッセージをいただいたばかりなのですが、大変申し訳ありません。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中です。

締切りまで「あと2日」です。
b0113993_10482317.jpg
昨今はソフトバンクなどが「社員の副業OK」の方針を打ち出しています。

これは「極めてまっとうな方針」です。

何故なら、今の時代は「自分の会社」「自分の仕事」がいつどうなるかが、まったく予測できないからです。

その際に「社員の食いぶち」を会社側が確保しておくのは当然の責任といえます。

報道では「副業OK」の理由を「社員のスキルアップや成長につながる」としていますが、それはあるとしても、社員側から見たメリットは「収入源が複数ある」ということです。

これは重要な戦略です。

しかし、多くの会社、経営者は「副業」を認めません。

認めないのであれば「いつどうなっても食っていける能力」を身につけさせることに責任を持つべきですが、それもやっていません。

要は「飼い殺し」です。

だから、各自は自分の身を自分で守っていくしかないのです。

今は「自営が自衛の時代」です。
※私は「自営が自衛」を次号のクラブビジネス誌(連載)のタイトルにしています。

当たり前ですが、「副業」に勝る自衛が「起業」です。

私はFBL大学を「起業前提」で展開しています。

もちろん、会社を辞めなくても結構です。

「自分株式会社」の代表として、会社に影響力を発揮できれば立派な起業です。

(ユーチューバーが炎上中ですが)、今はVALUのような「個人株式」さえ発行できるようになったのです。

時代は完全に変わっています。

180度どころか、1周回って540度、変わっています。

そんな時に「同一賃金同一労働」とか言っている「働き方」は終わっているのです。

あなたの会社の経営陣や上司は「本ブログのようなこと」を話しているでしょうか?

話していなければ、その人たちは時代を捉えていません。

そんな環境に身を委ねるのは危険すぎると思います。

FBL大学は来年からは募集頻度を減らすかもしれません。
※私が大変になりそうなので・・。

第二次世界大戦後に制定された、時代錯誤の働き方のルールから脱したい方は、この機会にFBL大学に参画してください。

★FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-29 17:49
No.3702 10月28日(土):締切りまで「あと3日」です
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。「学長に訊け!」は来週から再開予定です。

昨夜はシークレットな飲み会でした。

場所も中身も非公開ですが、良い方向に動けば、多くの方々を「自分の人生」に誘導できるのではないかと思っています。

それにしても、この2週間くらいは疲れました。
※充実の結果ですが。

とはいえ、しばらくはゆっくりできないので、気合いを入れて頑張っていかなければ。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中です。

締切りまで「あと3日」です。
b0113993_20550793.jpg

「迷っている方」は参画してください。

「迷っている方」というのは「申し込もうかどうか迷っている」というのもありますが、それ以上に「今のままでいいのか」と迷っているか方です。

で、あれば「環境」を変える以外に方法はありません。

昨今、有名企業の「隠蔽問題」が報じられていますが、経営者の怠慢ぶりは論外として、実際に現場で「隠蔽」をしていた社員は、おそらく「善人」です。

くしくも、昨日に配信したFBL大学の講座で「まじめで、人を疑うことをせず、人の話を素直に聞けて、責任感が強い人は『運の悪い人』の代表的例」と述べたのですが、そういう人です。

「まじめな人」が「環境」によって「隠蔽をする人」になってしまったのです。

先日、家で観ていたシャールックホームズの映画でも普通の人が殺人犯になって、最後には殺されてしまうのですが、これと同じです。

良くも悪くも「環境」は人間を変容させます。

私は常に言ってきましたが、「今の自分は、今の環境」がつくったのです。

だから、「環境」を変えない限り、「今の自分」が変わることはないのです。

が、ほとんどの人は「自分を変えよう」とします。

だから、自己啓発本や自己啓発系セミナーに人気が集まるのでしょうが、そんなもので自分が変わるわけがありません。

自分を変えるのは「圧倒的努力」と「環境」です。

それに気づけない人は、「先々、本当にヤバくなる」と思います。

締切りまで「あと3日」。

FBL大学で仲間たちと参画をお待ちしています。

★FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-28 20:56
No.3701 10月27日(金):パッとしない人は「考え方にセンスがない」
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ」です。

今回のテーマは「考え方のセンスを良くするための17のルール」です。

以下のスライドでも示したとおり、日頃、多くの人を見ていて、「とにかく考え方にセンスがない」と感じます。
b0113993_10222322.jpg

どう考えてもAを選ぶべき局面で、平然とBを選びます。

先日に記した「ピザパイ的自己投資」もそうです。

典型的な「センスがない人」の行動です。

また、会社の経費で研修を受け、学んだ気になっているような人も同様です。

経験上、断言できますが、こういう人は例外なくパッとしません。

中高年になっても、「権力者に支配される人生」を送っています。

そうなるのは「考え方にセンスがないから」です。

その「センスのなさ」が「運のなさ」を招いているのです。

実際、成長している人で、このような考え方をしている人はいません。

そんな時、某書に「センスとはその人の行動パターンのことである」と書いてあるのを読みました。

私は読んだ瞬間に「行動パターンというは、脳の反応パターンのことだな」と感じ、そうしたら思考が一気にまとまりました。

そこから(同書を参考にしつつ)「脳の反応パターンを変える方法」を「17のルール」で表現したのが本講座です。

傲慢を覚悟で言いますが、本ブログや伊藤さんのブログを読んでいるのに「FBL大学で学ぶ必要がない」と感じる人は「センスがない」と思います。

「FBL大学で学ばないからセンスがない」と言っているのではありません。

「研修会は勉強になりました」とか「ブログで学んでいます」とか「これからもよろしくお願いします」とか言っているにもかかわらず、「ならば、もっと学ぶにはどうしたらいいか」と考えられない人は「センスがない」のです。

たぶん、一生「支配されたまま」です。

「センス」とは、ラテン語に語源があり、もともとは「感じる」という意味だったようです。

これを知れば「センス=感じ方」ということに説得性が増します。

講座内でも示しましたが、「センスがない人」というのは、親、兄弟、家族、友人、上司、同僚、後輩などなど、日頃、一緒にいる人たちが同じように「センスがない」のです。

このことは脳科学的に明らかになっています。

「環境を根こそぎ変えなければ、人生は変わらない」ということです。

このことに気づけるかどうかも「センス」です。


★FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-27 23:21
No.3700 10月26日(木):全員で成功する!
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

本ブログも「3700回目」です。

1年以内に「4000回」になるということですね。

そこで「記念飲み会」やろうかな。
※5000回だと、そこから3年待たねばならないので。

今週は月曜が東京勉強会。

火曜が名古屋勉強会。

水曜が名古屋から会場直行で、オンラインセミナーの撮影。

そして、本日は神奈川大学で臨時講義。
b0113993_16552467.jpg
話しっぱなしです。

今日の講義のテーマは「全員が起業を目指せ!」です。

大学生相手の講義は初でしたが、校風やご担当教授の活動の素晴らしさに感動しました。

さて、昨日は「職業としての教師でもないのに『先生』とか言われている人は、他者には貢献できない」と記しました。

何故か?

「先生」なんて言わせている時点で、相手が距離を感じているからです。

距離を感じているのに一体感を醸成できるわけがありません。

一体感がなければ、一緒に何かをやっても成功しません。

だから、「先生なんて言われている人は貢献できない」と言うのです。

こういう人は自分に権威付けすることで、他の何かをやりたいのでしょうね。

または、「先生」と呼ばれたいだけとか。

実際、今も昔も講師業とかセミナー業をやりたい人は多いようです。

以前、FBL大学の方に「セミナー業をやりたい」という相談を受けたことがありますが、速攻で「やめておけ」と言いました。

何故かといえば、月に5回も6回もセミナーを開催し、それを1年も5年も10年も継続していくのはほぼ不可能だからです。

なにが不可能かといえば「集客」です。

はじめは100人来たとしても、その数は徐々に減っていきます。

何よりも毎回毎回、集客していれば疲弊します。

で、何をするかといえば、「高額バックエンド商売」です。

セミナーを開催し、そこから高額塾や高額教材を売りつける。

これは完全な「情弱対象ビジネス」であり、こうなったら終わりです。

私はそうではなく「少人数」で「濃い関係性の方々」と「全員で成功する」ということを志しています。

有名人になるために講師をやっているんじゃないんだから。

私はよだれも垂らすし、ウンコも漏らす。

人間として相手の方にかかわり、雪だるまのように一緒になって転がっていければ理想です。

その結果、とにかく全員で成功する。

これだけは譲れない姿勢です。

というわけで、ともに成功したい方はFBL大学に参加してください。

★FBL大学の「第9期スタートコース」お申込み受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-26 18:12
No.3699 10月25日(水):「やる気のある人たち」といると「やる気」が出る
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「お客さまに『恋』ができているか?」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

昨日は名古屋勉強会でした。
b0113993_17134841.jpg
早々に「懇親会をやります!」というお申し出もあり、夜遅くまで盛り上がっていました。

こんな「遅寝」なら大歓迎です。

既に独立や起業をして活躍している方も多く、非常に意識が高いコミュニティになっていると思います。

ご参加者同士も社内という狭い価値観の枠を越えて、多くの刺激を受けているようです。

当然、そうなるはずです。

一昨日の東京勉強会もそうでしたが、30歳を超えたくらいでバリバリに活躍している人がたくさんいますので。

「自分は何をやっているんだろう」

「社内で起きていることは正しいのだろうか?」

このように気づいていくのがまっとうな感覚です。

が、部長とか課長とか主任とかいった超狭い社内のヒエラルキーの中で過ごしていると、この感覚が失われていくのです。

私はこのコミュニティをチームだと思っています。

常に言っていますが、「コミュニティの質」が結果の高さを生みます。

だから、このコミュニティの主催者である私は自らを徹底的にレベルアップしていくことが求められます。

と、同時に(昨日もお伝えしましたが)、各個人の方々のまわりにもコミュニティを創っていってほしいと思います。

私の影響力などたかが知れているからです。

そうやって「輪」が大きくなっていくことが理想です。

「縦型」の関係性は終わりです。

今は「円」の時代です。

職業としての教師でもないのに「先生」とか言われている人は本当にダサいと思います。

この「上下意識」でやっている限り、他者には貢献できないと私は思っています。

やる気のある人たちと一緒にいると、自動的にやる気が出ます。

「やる気」に上下なんてないでしょう。

未来は「やる気のある対等なコミュニティ」から生まれるのです。

「我こそは!」という方はFBL大学でお待ちしています。


★FBL大学の「第9期スタートコース」受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-25 18:04
No.3698 10月24日(火):リーダーの仕事は「相手に良い影響を感じてもらうこと」
こんにちは。遠藤です。本日はこれより名古屋勉強会です。

本日にて10月の勉強会は終了。

参加いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

次は12月の「FBL大学大納会2017」に向けて準備です。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中です。
※期間は10月30日(月)までです。

FBL大学は「ビジネスリーダー」を目指す人を対象としているわけですが、「ビジネスリーダー」の必須能力の1つが「影響力」だと私は思っています。

ちなみに「影響力を与える」ではありません。

これは煽動的能力であり、むしろ否定しています。

私が考える影響力は「相手が良い影響を得ていると感じること」です。

しかし、世の中でいわれる「影響力」は、明らかに「影響力を与える」の方向で理解されています。

だから、多くの人が「強い」とか「統率する」といった資質を「リーダーシップがある」と解釈しています。

しかし、それは「単なる思い込み」に過ぎません。

私は「そんなことはどうだっていい」と思っています。

ちなみに私はFBL大学の講座で以下のような説明をしています。
b0113993_10315675.jpg
世の中に「強い」とか「統率する」といったイメージが定着しているのは、そうしておいた方が権力側の都合がいいからです。

こんなことを信じてはいけません。

で、ここからが不思議というか、笑えるのですが・・。

せっかく、「強い」とか「統率する」といった権力側に有利なルールがあるにもかかわらず、多くの企業のリーダー職(「職」であって、リーダーではない)は、まったく「影響力」を発揮できていません。

その証拠は「まわりから優秀な人材が輩出されていない」ということです。

で、不思議なことに、そういう人に限って、社内限定で「あの人は凄い」的に崇拝されています。

が、その人が本当に凄ければ、「影響力」という「薫陶」を受けた人材は間違いなく活躍します。

が、そうなっていません。

これは「リーダーとは何か」という定義が間違っているからです。

リーダーの仕事は、良い影響を受けた人材が活躍することです。

優秀な人材が輩出されれば、売上も利益も勝手に上がります。

私はその信念に沿って、自身の活動を展開していきたいと思います。

★FBL大学の「第9期スタートコース」受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-10-24 17:40
No.3697 10月23日(月):「ピザパイ的自己投資」はやめたほうがいい
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

ところで、間もなく、東京勉強会スタート。

台風の悪影響もなく、無事、開催できそうです。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」のお申込み受付中です。
※期間は10月30日(月)までです。あと「1週間」。

今日はそのこととメルマガを関連づけます。

有名な「7つの習慣」には「豊かさマインド」と「欠乏マインド」という考え方が示されています。

後者の「欠乏マインド」とは「貧乏マインド」ともいわれ、これは「全体の量が決まっている」という考え方です。

「欠乏マインド」は、わかりやすく「ピザパイ」にも喩えられます。

「ピザパイ」は、誰かが一切れ食べると、他の人の食べる分が減ります。

つまり、「損得」です。

誰かが「得」をすると、(実際にそう思うかは別にして)自動的に誰かが「損」をするというのが「全体の量が決まっている」という考え方です。

これは自己投資に関して「まったく同じ傾向」が見られます。

典型的な共通事例ですが、「稼げない人」は「自己投資」をピザパイで考えます。

仮にピザパイ全体が3000円だとしたときに、新たに1000円の自己投資をしたとします。

この時、1/3に該当する1000円の投資をするために、1/3のピザパイを削ってしまうのです。

つまり、「入れ替え」です。

全体量を変えずに、中身を入れ替えるのです。

残念ながら、このような考え方をしている人に未来はありません。

何故なら、「ピザパイの大きさは変わらない」からです。

「ピザパイの大きさ=本人の能力」です。

そうではなく、ピザパイの大きさを4000円、5000円にしていく必要があるのです。

いっそのこと、こういう人は「自己投資」など1円もしなくていいと思います。

「ピザパイマインド」のまま、中途半端に「自己投資ごっこ」をしていても結果は同じだからです。

成長している人は自己投資を増やし続けます。

その事実をしっかりと心得るべきだと思います。

★FBL大学の「第9期スタートコース」受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック
b0113993_09483894.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-23 17:26
No.3696 10月22日(日):「学び」は「有料の必要がある」
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。本日は衆議院選挙。

まだ開票前ですが、おそらく国民は「独裁主義」を選択したことでしょう。

さて、FBL大学の「第9期スタートコース」の受付中です。

期間は10月30日(月)までです。

当業界内には「自己投資にお金がかけられない」という人が多くいます。

「お金がない」とか「奥さんの許可が出ない」とか、(情けない)理由はいろいろあるのでしょう。

そういう人は「成長したい」とか「年収を上げたい」とか、生涯、口にしない方がいいです。

何故なら、絶対にムリだからです。

ムリなことを口にしても、自己消失感が増すばかりです。

これは真剣に言っているのですが、「自分は優秀な従属者だ」と思った方が精神衛生上もいいはずです。

そういう人には届かないとは思いますが、「学び」というのは「有料の必要がある」のです。

関連した話で、先日、FBL大学の方とスカイプMTGをしているときに、「(その方が)某有識者のオンライン講座を数万円で購入した」と言われていました。

その有識者は大変素晴らしい方で、メルマガでも幾度か紹介しました。

が、その有識者の講座風景はネット上に「無料」であるのです。
※同じものではありません。

問題はここからです。

ここから「稼げる人」と「稼げない人」の差が露骨に出ます。

「稼げない人」は「動画で無料なら、このオンライン講座を買ったら損だ」と考えます。

これが典型的な「稼げない人」の発想です。

対して、「稼げる人」は「無料かどうか」なんて考えません。

「自分がそれを欲しいかどうか」で考えます。

そこには「本気さ」があります。

「有料」と「無料」の最大の違いは、情報を得る側の「本気さ」です。

「それだけ」と言ってもいいでしょう。

だから、その方が有料のオンライン講座を購入したのは「大正解」です。

私はよく言っているのですが、そもそも、有料であろうが、無料であろうが「その人」の言っていることに大きな違いはありません。

「有料購入」というのは、その人の「本気さ」の象徴です。

それが時間軸の中で「違い」を生んでいくのです。

先日、フィットネスビズ社の社員が「1ヶ月分の給料が数日間の研修費用に消えました・・」と泣いていました(笑)

私は「半額くらい会社に負担してもらったら?」と優しい提案をしたのですが、「自分のための学びなので、それはいいです」と言っていました。

こういう人間が伸びるし、先々、勝っていくのです。

対して、研修は会社負担。

それ以外の学び(自己投資)はしない。

日経新聞は高い。

成長している人でこんなことを言ったり、やったりしている人は一人もいません。

すべての物事は「因果」です。

「パッとしない人」や「伸び悩んでいる人」は「そうなる原因」を自分でつくっているのです。

そこを変えられない人は、おとなしく「支配される人生」を歩むべきだと思います。

★FBL大学の「第9期スタートコース」受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック
b0113993_09482969.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-22 18:43



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧