「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2017年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧
No.3694 10月20日(金):FBL大学の「第9期スタートコース」の募集を開始します
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第3週目は「読書論文」です。これは自主課題ですが、全員に取り組んでほしいと思っています。

なお、勉強会ですが、東京会場、名古屋会場とも、今日あたりで締切るので、迷っている方は是非、ご参加ください。
※お申込みはこちらをクリックしてください。

で、その勉強会(大阪)の模様。

フィットネスビズの前田君が送ってくれたのでアップします。
b0113993_10073660.jpg

さて、本日よりFBL大学の「第9期スタートコース」の募集を開始します。
※なので、早めにアップします。

基本精神は「ハチドリのひとしずく」です。
※昨日ブログ参照。

ここには社内のような上下関係はありません。

皆さん、私のことを「学長」と呼びますが、それはニックネームです。
※半分は茶化している。

今回の勉強会でも述べているのですが、今はインターネットとSNSの普及で、人間関係の基本はフラット化しています。
※そもそも、これが当たり前。

「上下の時代」「上から下の時代」は完全に終わっているのです。

先日、某勉強会で「遠藤さんは何で社員をまとめているのですか?」という質問を受けました。

今、私は実質的な社長業はやっていませんが、その前提で言わしていただくなら「理念」です。

「理念」とは「共通の目的」です。

「共通の目的」を達成するときに指揮命令や規律のルールはあっても、「上下」など必要ありません。

むしろ、「一体感」を醸成するときに、「上下」は邪魔です。

しかし、多くの企業の経営陣は「支配」や「管理」で組織を統率しています。

そして、子どもの頃から「従属」をたたき込まれてきた、多くの個人はその「支配」を当たり前に受け入れています。

HP等には記していませんが、FBL大学の裏テーマは「脱支配」であり「脱従属」です。

「脱支配」とは「反権力」であり、「カウンターカルチャー」です。

「カウンターカルチャー」とは「対抗文化」であり、もっといえば「ロック」です。

「ロック」というと、私のイメージとは合わないかもしれませんが、私はそう考えて生きています。

「支配」や「従属」の先に「自分の人生」はありません。

逆にいえば、権力者は各個人に「自分の人生」をさせないために、つまり、「会社の人生」に従属させるために「支配」というツールを使っているのです。

そんな人生を拒否する方は、以下を参考にFBL大学に参画してください。

★FBL大学の「第9期スタートコース」受付中!
【お申し込み特典】
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日よりコンテンツ内の「特別動画」にて「11本」がご覧いただけます。
・その2:10月27日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます。
※ライトコースの方は除きます。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

★カリキュラム&料金のご案内はこちらをクリック
★お申込みページはこちらをクリック

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-20 11:56
No.3693 10月19日(木):基本精神は「ハチドリのひとしずく」
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※いよいよ、明日からスタート!

私は今から約2年前の2015年11月30日号のメルマガで「ハチドリのひとしずく」という本を紹介しました。
※FBL大学のKさんから紹介していただきました。

そこには以下の記載があります。
※赤い字。

森が燃えていました。

森の生きものたちはわれ先にと逃げていきました。

でも、クリキンディという名のハチドリだけは、行ったり来たり、くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは、火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て、「そんなことをしていったい何になるんだ」といって笑います。

クリキンディはこう答えました。

「私は私にできることをしているだけ」と。

・・・。

ハチドリは体長7センチです。

広大な森に対して、あまりにも無力です。

それでも「私にできること」として、森火事に一滴ずつ水を運びます。

この物語の最後がどうなるか?

森が燃えているのを見たハチドリは仲間を増やそうと思います。

「それぞれが1羽ずつ仲間を増やすように伝えて!」と。

すると2回伝わると4羽が。3回伝わると8羽が。10回伝わると1024羽が。20回伝わると100万羽以上が。

そして、40回伝わると1兆羽以上のハチドリがやってきて、火事を消してしまいます・・。

私は感動しました。

実は私は、その少し前の2015年10月26日の本メルマガで以下のように述べました。

「ここ30年間、フィットネス参加人口は変わっておらず、医療費が高騰の一途である。私たちがやっていることはあまりにも無力に感じる。とはいえ、その結果、自分がこの仕事への情熱を失っていくような展開はあまりにもおかしなことだ。ならば、私はフィットネス参加人口が変わらなくても、医療費が下がらなくてもいいから、自分の周りにいる人を運動を通じて徹底的に幸せにすればそれでいいんじゃないかと考えてはどうか」と。

が・・・。

この本を読んで、「少し違うな・・」と。

ハチドリのようにもっと真剣に仲間を増やしていく必要があると思いました。

もっと「一人ずつ仲間を増やすように伝えて!」と言っていく必要があると思いました。

ちなみに私は「健康経営ブーム」等に目をつけて、商売として健康事業をやっている人とは絶対に組みません。

自分の「富や名声」が欲しい人とも組みません。

自分は「ひとしずく」でもいい。

それを仲間とやっていくんだ。

そういう思いを持つ人と行動していきたいと思っています。

「ひとりひとり」の力は体長7センチのハチドリのように小さいかもしれません。

しかし、仲間が増えれば「医療費」という「山火事」は消えることはなくても・・減らすことはできるかもしれません。

それをやっていくのが、私たちにできる「ひとしずく」だと思うのです。

同じ思いを持つ人はFBL大学に参加してください。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。
b0113993_09240747.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-19 20:00
No.3692 10月18日(水):「頑張っているかどうか」は相手が決めること
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「管理をする人は、人や組織の本質を知らない」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

本日は大阪勉強会でした。

九州地方、中国地方、北陸地方などからもご参加いただき、感謝しかありません。

どうもありがとうございました。

こちらは「内々」で行なった懇親会です。
b0113993_00241053.jpg
かけがえのない情報をキャッチしたので、確実にFBL大学でシェアしていきます。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※明後日から。

昨日は「何かを継続したいのなら、環境を変えるべきだ」と記しました。

繰り返しますが、「継続しなくてもいい環境にいるから、行動が変わっていかない」のです。

簡単にいえば、熱湯風呂に飛び込めば、瞬時に行動が起きます。

対して、ぬるま湯に浸かっていれば、「いつか出ればいいや」でその場はしのげます。

ここでのポイントは「自分では自分がぬるま湯に浸かっていることに気づかない」ということです。

私は今まで何百人単位の人たちから「勉強会(研修会)はとても刺激になりました。これからも頑張ります」的なメールをもらったと思います。

しかし、ほとんどの場合、その人たちを見て、私は「頑張っている」とは感じません。

よく、職場にもいるでしょう。

「私は頑張っています」という人が。

このことが意味しているのは「頑張っているかどうかは相手が決める」ということです。

冷たいかもしれませんが、自分で「自分は変わりました」なんて言うことには1%も意味はないと思っています。

自分以外の人に変わったと認められて、初めて自分が変わったことになるのです。

先日、FBL大学でともに学ぶ方から「遠藤さんはご自分が人助けをしていることに気づいていますか」というメールをいただきました。

心の底から光栄なことなので感謝の意をお伝えしましたが、私には「人助けをしている」という意識はありません。

それは相手の方が感じることだからです。

もちろん、貢献はしたいと思っています。

が、それを含めて相手の方が決めることです。

多くの人は相手からは「変わっていない」と思われているのに、自分では「変わった」と思っています。

昨日も述べたとおり、自分で自分を変えようとする努力は必要ですが、自分だけで自分は変えられないのです。

だから、「有識者の視点(アドバイス)」が必要なのだし、「環境」が必要なのです。

ここに「時間」と「お金」を投じることができるか。

これがすべてです。

「意気込みだけ」では何も変わっていかないのは、まわりの人たちを見れば明らかだと思います。

★2017年10月に定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-10-18 23:59
No.3691 10月17日(火):何故、「元に戻ってしまう」のか
こんにちは。遠藤です。寒暖差にまいっております。体調管理に注意です。

10月の勉強会は、東京、名古屋会場ともに、あと1~2名は参加できるので、迷っている方は是非、「行動」をしてください。
※勉強会へのお申込みはこちらをクリックしてください。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※あと3日後。

昨日は「今、知っていることしか行動しない」ということを記しました。

それと少し関連することとして、「勉強会直後は読書等ができても、2~3週間すると元に戻ってしまう」という人が実に多くいます。

推定95%はこの症状だと思います。

が、私からすれば「それが当たり前」です。

私も何もしなければそうなります。

ダイエットの「リバウンド」も同じことです。

自分で自分を厳しく律することができる人など「数%」です。

だから、「環境」を変える必要があるのです。

私からすると「元に戻ってしまう」という「95%行動」から、「環境を変える」という次の行動ができる人がいないのです。

いても(これまた)「数%」でしょう。
※「数%」とは2~3%。

皆さん、自分でなんとかしようとします。

が、これまでも自分でなんとかしようとして、なんともなってこなかったのです。

だから、自分でなんとかしようとしてもムダです。

ここに気づけないからキツイんですよ。

もちろん、「自分でなんとかしよう」という「自立的精神」は重要です。

が、「自分だけでなんとかしよう」というのは不可能です。

世の中は「相互依存」によって成立しているからです。

だから、「自分を変えなければ」と本気で思った時点で、「新たな環境」に飛び込んでいくべきなのです。

そうしないと、100万%、元に戻ります。

何故なら、(昨日の観点と同じですが)、「現在の環境が元に戻る環境だから」です。

その環境にいるから、今までも「元に戻ってきた」のです。

私はHPを通じて「FBL大学は環境です」と言い続けてきました。

「環境」を変えない限り、「自分」は絶対に変わりません。

もっとも、FBL大学に参画しても「続かない人」はいます。

が、こうやって「途中で行動をやめる」から、置いていかれるのです。

これはマラソンと同じです。

走るのをやめるから、置いていかれるのだし、一気に差をつけられるのです。

「環境を変えたい方」は、この機会にFBL大学に参画してください。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。
b0113993_09233670.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-17 18:32
No.3690 10月16日(月):「今、知っていること」が「今の行動」をつくっている
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

なお、10月の勉強会は、各会場、2名前後は参加できるので、迷っている方は是非、「行動」をしてください。
※勉強会へのお申込みはこちらをクリックしてください。
※大阪会場は本日で締切ります。

既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をしますので、本日はそのこととメルマガ内容を関連づけます。
※あと4日後。

本日のメルマガで紹介した「おすすめ本」には「知識がなければ戦えない」と記されていました。

で、私は昨日、「何かを目指すなら、まず行動を」と記しました。

が、多くの人は行動しません。

では、何故、そうなるか?

答えは簡単で「知識がないから」です。

「行動しない人」というのは「行動すべきである」という「知識」を持っていないのです。

逆からいえば、「行動しなくていい」という「知識」を持っているということです。

人間は「知っていること」しか行動できません。

例えばですが、「ディズニーランドに行きたい」とします。

これは「ディズニーランドがあることを知っている」ということです。

「ディズニーランドがあること」を知らなければ、「ディズニーランドに行く」という行動はできません。

つまり、「現時点で知っていること」が、その人の「行動」をつくっているのです。

「行動しない人」というのは、「現時点の自分の知識」が「行動しなくていいという行動」をつくっているということです。

したがって、「行動しない人」というのは「行動した方がいい」という「知識」を増やさない限り、絶対に行動は起きません。

ややこしいかもしれませんが、「そういうこと」です。

身の回りを見れば明らかだと思いますが、「パッとしない人」というのは、例外なく、行動していないし、学んでいないはずです。

行動しないし、学んでいないということは、頭の中に「過去の記憶」しかないということです。

で、「過去の記憶」は「行動しない自分」なわけですから、100億%「行動」しません。

極めて単純、かつ重要な論理です。

この感じは伝わるでしょうか。

一人でも多くの方に伝わったことを祈ります。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。
b0113993_08331834.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-16 18:14
No.3689 10月15日(日):目指すは「自由」で「自在」であること
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。この週末はバスケ観戦もなし。

長男のリーグ戦が終わったので、しばらく「観戦なし」かと思いましたが、次男、三男(高校3年)の後輩たちの「秋の大会」がありました。

もはや変態の域ですが、22日から参戦予定です。

ちなみに、10月の勉強会は、各会場、2名前後は参加できるので、迷っている方は是非、ご参加ください。
※「行動」してください。
※大阪会場は明朝くらいに締切ります。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※あと5日後。

昨日は「現場スタッフがこき使われているのが見ていられない」と記しました。

というか、その状況を率先して認めている経営陣を「ギャフンと言わせてやれ」と思うわけです。

ただし、これは復讐ではありません。

私がいう「ギャフンと言わせてやれ」というのは、「三行半をつけろ」ということです。

妻が「これ以上、あなたとは生活できません」と手紙を置いて出て行ってしまうように、精神的にも物理的にも縁を切ればいいだけのことです。

問題はここからです。

会社の方針に不満だ、経営陣に不満だ。

ここで多くの人は転職か起業、フリーランス等を選択します。

が、この選択の結果、どれだけの人がうまくいっているのでしょうか。

転職の次は、また転職。

起業しても食えない。

フリーランスになったが、再び、前職に舞い戻った。

こういうケースが続出しています。

とはいえ自業自得。

強い目的も動機もないまま、その場の感情を優先して軽はずみな選択をするから、こういうことになるのです。

私はHPを通じて「FBL大学で自由を手に入れて欲しい」と述べてきました。

が、ある時から「自由」を「自由自在」という表現に変えました。

FBL大学の講座を創っているプロセスで「自由を手にしても、そこに『自在』が存在しない限り、意味がない」と思ったからです。

「自在」とは「自分が在る」ということです。

例えば、独立して自分のジムを開設して「自由」を手にしたと思っても、朝から晩まで働いて、おまけに薄給では「自在」は存在しません。

コンサルタントとして独立して「自由」を手にしたと思っても、やりたくもない相手と仕事をしているようでは「自在」は存在しません。

「自由を手にしたつもりが、かえって不自由になった」という状態です。

かくいう、私も独立したての頃は「そんなようなこと」をやっていました。

しかし、「今」は違います。

大事なことは現状に問題意識を持って、何かを目指すことです。

私は「自分が在って自由な状態(自由自在)」を目指しました。

だから、週末はバスケ観戦ができるし、平日は自宅で仕事ができるし、昼間のすいている時間にジムに行けるし、夜は家族と過ごすことができるようになったのです。

目指して、動かなければ、「永久に今のまま」です。

5年後、10年後の「自由自在」を目指すなら、動いてください。

動かないから変わらないのです。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_08321207.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-10-15 20:26
No.3688 10月14日(土):こんな人生とは決別せよ!
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。今週の「学長に訊け!」はお休みです。

10月の勉強会は、各会場、2名前後は参加できるので、迷っている方は是非、ご参加ください。

というか、「行動」してください。
※勉強会へのお申込みはこちらをクリックしてください。

さて、既報の通り、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※あと6日後。

本日は「何故、FBL大学を始めたか」を記します。

設立初日からHPにアップしていることですが、それは現場スタッフにはリーダーシップやマネジメントを学びたいというニーズがあるのに、フィットネス業界にはそのような知識や技術を十分に学ぶための場が「ない」からです。

ただし、「だから、私が立った!」というような意気込みはありません。

別にそれで私が困るわけではないからです。

私が腹立たしいのは、現場もわからず、フィットネスビジネスへの理解も乏しい経営陣が、「数字」だけを求めて、威張り腐っていることです。

「そいつらを倒せ!」「そいつらと縁を切れ!」というのが、私のメッセージです。

この時、戦うためには「武器」が必要です。

その「武器」を身につけていただくのが、FBL大学だと思ってもらえれば結構です。

単純に「武器」がないから負けるし、屈するんですよ。

とにかく、現場スタッフがこき使われているのは見ていられません。

もちろん、「それでいい人」というはそれでいいです。

が、かつての私のように「これはおかしいんじゃないか」と思う人は、10月の勉強会に来るなり、FBL大学に入るなり「行動」をしてもらいたいです。

「売上を上げろ!」
「予算を達成しろ!」
「仕事がつまらない・・」
「望まぬ単身赴任を命じられる・・」

これらは「会社の人生」、「支配される人生」です。

こんな人生とは決別することを誓うのです。

自分が情熱を注げる仕事に、同じ思いを持った仲間と一緒に全力で取り組み、高い結果を出し、適正な報酬を得る。

そして、仕事だけでなく、家族との時間も、自分の時間も充実させる。

これがFBL大学がHPトップに掲げている「自分の人生を生きる」ということです。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。

b0113993_10112239.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2017-10-14 18:03
No.3687 10月13日(金):「11日間限定」:FBL大学第9期スタートコースの募集をします
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第2週目は主に「ビジネス専門力」に関する講座を提供しています。
※以下は「健康産業界を斬る(2017年10月)」です
b0113993_13483258.jpg

なお、勉強会ですが、東京会場はジワジワ増加、名古屋会場は勢いストップ、大阪会場が盛り返し中という感じで、各会場、あと2~3名くらい大丈夫ですので、迷っている方は是非、ご参加ください。
※勉強会へのお申込みはこちらをクリックしてください。

さて、2017年10月20日(金)~30日(月)の「11日間限定」で、FBL大学第9期スタートコースの募集をします。
※1週間後からです。

現在は11月スタートと4月スタートの「年2回」の募集としていますが、2018年以降は「年1回」にするかもしれません。

カリキュラム等の詳細は追ってご案内していきますが、とにかく私が思うのは「早く始めた方がいい」ということです。

初期から参画している方で、しっかり学び、行動している方は、業績を伸ばしたり、自ら起業したりといった結果を出しています。

もちろん、成功の道を歩んでいるのは、ご本人の不断の努力によるものですが、FBL大学も「成長環境の一部」にはなっていると思います。

日頃、「がっかり」したり、「もったいない」と感じるのは、私が5年も10年も前から言っていることを知らない人が多いことです。

「ベネフィット」であり、「ピッチ率」であり、「分解法」であり、「KPI」であり、FBL大学では300項目以上の原理原則をお伝えしているわけですが、そういうことをまったく知らないでクラブを運営しているのです。

これで成立しているとすれば、そのクラブは「誰がやっても同じ」です。

つまり、「施設、立地、料金」に依存しているだけで、「マネジメント不在」です。

こういう環境にいても「管理人」くらいの能力しか身につかず、中高年になったときには「低年収で支配を受ける人」になります。

実際、多くの人のまわりは、こういう中高年で溢れているはずです。

ビジネスや仕事において、基本能力の差はありません。

差がつくのは「始める」か「始めないか」。

そして、「続ける」か「途中でやめるか」。

要は「始めて、続けた人」が勝っているだけです。

だから、「まずは始めること」が大事なのです。

というわけで、多くの方の参画をお待ちしています。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!。
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2017-10-13 19:29
No.3686 10月12日(木):「原田メソッド認定指導員」になりました
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

勉強会のご案内を中心的にしていくのは今日までとします。

そろそろ定員になりますが(大阪会場を除く!)、開催日の5日前くらいまではお受けする予定なので、都合のつく方はご参加ください。
※お申込みはこちらをクリックしてください。

さて、先日、「原田メソッド認定指導員(認定パートナー)」の試験に合格しました。

ご存じない方のために説明しておくと、「原田メソッド」とは目標達成指導の第一人者である原田隆史先生が提唱される「技術」であり、現在は著書が、英語、オランダ語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語なのに翻訳され紹介されています。
b0113993_21502436.jpg
最近では大谷翔平選手の「オープンウィンドウ64」が一躍有名になりましたが、その原形を指導しているのは原田先生です。

とはいえ、私が原田先生の存在を知ったのは15年くらい前で、大阪で体育教師をやっていた頃だと思います。

独立後も早々に当社媒体で著書を紹介してきました。

今回、「直接、学ぼう」と考えたのは、FBL大学の皆さまや家族の「目標達成」にもっと貢献したいと強く思ったからです。

ならば、「本物から学ぼう」と思いました。

こういっては語弊があるかもしれませんが、「資格」を取ることで傘下に入って「目標達成セミナーの講師として稼ごう」などとは1%も考えていません。
※合宿等でお伝えはしていきますが。

前述の理由と、それなりの投資をしているので、自分へのけじめとして試験を受けました。

相当な量の「手書き課題」の提出が一次試験。

それに通ると、「5分間の動画プレゼン」があるのですが、後者はFBL大学の経験が生きてうまくいきました(笑)

とはいえ、「手書き課題」はこの20~30年で、もっとも手を動かしたと思います。

なお、「原田メソッド」の資料は著書などでも公開されています。

なので、わかったような顔をしつつ、それを少し変えて、勝手に使っても問題はないはずです。

が、そういうセコいことはしたくないことからも、正式認定を受けました。

最後に。

勉強会テーマは「部下スタッフの目標達成」です。

今回の勉強会は「原田メソッド」をお伝えするものではありませんが、当然のことながら、新たな学びから得たエッセンスは入っています。

私は単なる理論習得者ではなく、実践で結果を出しているという自負があります。

自分のためでも、部下スタッフのためでもいいいので。

「目標達成」に関心のある方は勉強会にいらしてください。

明日からは「違う案内」を大々的にしていきます。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-12 21:50
No.3685 10月11日(水):勉強会に参加しない5つの理由:その④
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「お客さまを喜ばせたいと腹の底から思っていないようなビジネスは長続きしない」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、引き続き、「勉強会に参加しない5つの理由」について述べます。
※お申込みはこちらをクリックしてください。

が、「5つの理由」としたものの、主たる理由ありませんが「その4」の今日を最終回とします。

それは「あとで申し込もう」です。

これは実に多くの人に見られる習性です。

「最終的に参加するか否か」とか、「予定がわかってから」ということではなく、単に「すぐ行動しない」「後回しにする」という癖であり習慣です。

関連したことで、私はバスケ観戦をしていて、強く感じることがあります。

それは「ミスをすると倍の損をする」ということです。

例えば、Aチームがイージーシュート(簡単なシュート)を外したとします。

ここで「2点」を失ったことになります。

で、強いチームというのは相手のミスの後に確実に得点をします。

これが2ポイントなら2点、3ポイントなら3点です。

この時、心理的には「4点離された」と感じます。
※3ポイントなら「5点」。

実際は「2点」しか離されていませんが、心理的には「4点」に感じます。

この心理的ダメージを突いて、一気に点差が離れる場合があります。

これが「流れ」です。

実力が拮抗している場合、この「流れ」をつかんだチームが勝ちます。

このことは経験者の方なら、よくわかると思います。

私は「仕事も同じだ」と思っています。

バスケの「ミス」に該当するのが「行動しない」「行動が遅い」です。

こういう人は「行動しない間に倍、失っている」と私は思います。

何故なら、その間に「行動している人」がいるからです。

「2点だけど4点」と同じで、ここには「二乗作用」のようなものが働くので、その差は2倍、4倍、16倍となっていきます。

これが「人材の二極化」です。

経験上も明らかにそうなっています。

だから、「好循環の流れ」をつかみたければ、行動しない人がノロノロしている間に行動すべきだと思います。

「あとで申し込もう(あとでやろう)」は致命的な習性であることに気づくべきです。

「皆と同じ」では困るのです。

★2017年10月に定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※お申込みはこちらをクリックしてください。
b0113993_17540499.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2017-10-11 17:51



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧