「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3485 3月25日(土):学長に訊け!Vol.200(通巻390)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「FBL大学のHPには『自由を手にすることが、本当の幸せだと思う』と記されています。改めてなのですが、遠藤さんがいうところの『自由』とはどういう定義になるかを教えてください」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
まず前提として、日本にいる時点で自由です。

これだけ何もかも豊かな国にいる時点で不自由はあり得ません。

だから「自由が大切!」などと声高く叫ぶつもりは1%もありません。

私が「自由が大切」というのは、多くの大人が不自由そうにしているからです。
b0113993_07522137.jpg

ここでいう不自由とは窮屈そう、息苦しそうという意味です。

ほぼすべての社会人が会社という檻の中で管理、拘束されています。

同時に多くの経営者はそれが当然かのように振る舞っています。

単純にこの状況が腹立たしいというか、見ていられません。。

従っている方にも、威張っている方にも疑問しかありません。

で、私のいう「自由」ですが、根本にあるのは「自分で決める自由」ということです。

常に言っていることですが、ほぼすべての社会人は、人生のほぼすべての重要事項を国とか会社に決められています。

国でいえば労働時間です。

最近では残業時間まで(新たに)決められています。

「権力者に働く時間を決められ、それに基づいて報酬をもらう人」を別名で何というか?

ここでは明記しませんが、屈辱的な立場であることはわかると思います。

会社に決められているのは以下のようなものです。

・働く場所
・働く内容
・働く人
・住む場所
・給料
などなどなど。

これらすべて会社に決められています。

これを国が決めた「労働時間」の中で、せっせと遂行しているのです。

つまり、人生のほぼすべての時間を国と会社に決められたルールの中で過ごしているということです。

私は「そんなのは嫌だ」と思います。

だから、「脱権力」、「脱従属」という意味で「自由」という表現を使っています。

ただし、その獲得プロセスは簡単ではありません。

当たり前ですが、能力、実力が不可欠です。

「日々の内省」も必要です。

それらができない人は不満を口にするだけで、永久に権力に支配されるであろうことを最後に付け加えておきます。

★FBL大学「第8期スタートコース」受付中!締め切りまで「あと6日」です。
●募集期間
2017年3月21日(火)~30日(木)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:3月24日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます(※ライトコースの方は除きます)。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

▼FBL大学のカリキュラム詳細はこちらをご覧ください
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-03-25 18:35
No.3484 3月24日(金):「自分らしさ」には13年?!
こんにちは。遠藤です。まずはご案内です。

2017年3月21日(火)~30日(木)の期間でFBL大学の「第8期スタートコース」のお申込み受付中です。

本ブログ最下部のご案内を参考にしていただき、是非、ご参加ください。

続いて、本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ」で、今回のテーマは「企業文化格差と競争力」です。以下のスライドだけでもよく読んでいただきたいと思います。
b0113993_07585277.png
さて、昨日は「自分らしさは修行の上に立脚する」と述べました。

個人的に「修行」という言葉は好きではありませんが、「自分らしさは甘くない」ということを強調するにはいいのかなという感じです。

様々な配信を見ると「この資格を取ると年収が上がる」、「この広告媒体を使うと売上がアップする」といったことがまことしやかに記されています。

もちろん、それでうまくいっている人がいる以上、嘘ではありません。

が、私からすると「うまくいった手法」を売っている時点で「詐欺同然」です。

教えるべきは「知識」なのです。

もちろん、「知識だけ」ではロボットに惨敗します。

今、必要とされているのは優れた発想や優れたアイデアです。

求められている能力は「インプット力(知識力)からアウトプット力(創造力)」に変わっています。

しかし、インプットがなければ、アウトプットはできません。

良いアウトプットをしたければ、良いインプットをするのが当たり前です。

腐ったものを食べれば(インプット)、腐った便(アウトプット)が出るのと同じです。

さらに良い便を出し続けるには、つまり、「健康」でい続けるには良いインプットをし続けるしかありません。

私が「1万時間の学びが必要」という理由はここにあります。

活躍したように見えた人材が時間軸の中で消えていくのは、このプロセスを軽視しているからです。

私はFBL大学を設立した瞬間から以下のことをHPに掲載しています(※青い字)。

「自分の人生」を生きるには土台をつくるだけでも3年はかかります。そして、10年間は結果を出し続けなければ「個人戦で戦っていける人材」とはいえません。「それは大変だ・・」と思うかもしれませんが、力むことはありません。日々の経験を地道に積み重ねていけばよいのです。その「プロセス」と「時間軸」こそが、「差別化された存在」になっていくための必要条件なのです。

ということで、「自分らしさ」には13年くらいかかりますかね(笑)

でも、仮に22歳から努力して35歳になっても、その先のビジネス人生は30年くらいあります。

40歳を超えて「従うことしかできない人」となり、疲弊した中高年人生を歩むのとどちらがいいのかということです。

「そんなのは面倒だ!」という方は。

「流行のビジネス」をやりましょう。

ダイエット系、モテる系、もうかる系、自分らしさ系が「おすすめ商品」です。

★FBL大学「第8期スタートコース」受付中!
●募集期間
2017年3月21日(火)~30日(木)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:3月24日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます(※ライトコースの方は除きます)。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

▼FBL大学のカリキュラム詳細はこちらをご覧ください
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-03-24 19:35
No.3483 3月23日(木):「自分らしさ」は修行の上に立脚する
こんにちは。遠藤です。まずはご案内です。

2017年3月21日(火)~30日(木)の期間でFBL大学の「第8期スタートコース」のお申込み受付中です。

本ブログ最下部のご案内を参考にしていただき、是非、ご参加ください。

続いて、木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、昨日は「自分らしさは気持ちが悪い」と書きました。

先に申し上げておくと「自分らしいこと」は人生の基本です。

なので、大切です。

私が気持ち悪いと言っているのは自己啓発系やスピリチュアル系のアプローチをする人です。

心の底から「キモっ」と思います。
※あくまでも個人的見解。

先週に三大都市で開催した勉強会でも話したことですが、私が「自分らしさ」について説明する際に用いる喩えが「守破離」です。

念のため説明すると、「守」とは師匠に言われた「型」を守ることであり、修行です。

「破」とはその型を自分と照らし合わせて研究し、自分に合った、より良いと思われる型をつくり、既存の型を破ることです。

「離」とは最終的に師匠の型、そして自分自身がつくり出した型の上に立脚した個人が、型から離れて自由自在になることです

つまり、こういうことです。
b0113993_17370085.png

したがって、「守」という修行プロセスを経ていない人は「自分らしく」はなれません。

自己啓発系やスピリチュアル系のセミナーに行って「明日から変われる!」と思い込まされているだけです。

私は「守」の時間は「1万時間」といっています。

「1万時間」の中身は「具体的なスキルを習得するために主体的姿勢を持って取り組んだ時間」です。

なので、日々、言われたことだけをやっているような人は「永久に0時間」です。

この「1万時間」の間は「修行期間」です。

こういう修行を嫌がる人がネットビジネス等に手を出すのでしょうが、「守」がない人が活躍できるのは(できたとしても)短期的です。

だからネットビジネス系には「金儲け」、「モテる」、「やせる」といった短期的な成果を売る商材しかないのです。

辛抱できない人が辛抱できない人を搾取している構図です。

世の中を見れば、立派な人格をして長期間活躍している方には「守破(修行)」の段階が存在しています。

「自分らしさ」は修行の上に立脚するのです。

まっとうな修行期間もないままに人生を良くしていこうなど「甘い」の一言です。
※「まっとう」であることが重要。

ましてや「自分らしさ」などあり得ません。

そういう「甘さ」に共感してくれるのは、同じように「甘い人」だけだと心得ましょう。

★FBL大学「第8期スタートコース」受付中!
●募集期間
2017年3月21日(火)~30日(木)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:3月24日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます(※ライトコースの方は除きます)。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

▼FBL大学のカリキュラム詳細はこちらをご覧ください
***************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-03-23 18:02
No.3482 3月22日(水):多くの経営者がいう成長と私がいう成長は違う
こんにちは。遠藤です。まずはご案内です。

2017年3月21日(火)~30日(木)の期間でFBL大学の「第8期スタートコース」のお申込み受付中です。

「フィットネスビジネスの原理原則」を手に入れたい方は、是非、ご参加ください。

続いて、水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「誰が何を言ったかを重視せよ!」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、私はよく「成長」という言葉を使います。

が、もっと的確な表現はないものかといつも思っています。

その理由は多くの経営者がいう成長と私がいう成長は違うからです

多くの経営者がいう成長とは売上拡大とか利益拡大とか店舗数拡大とか世界一とか日本一とか、そういうことを指しています。

要は「規模の拡大」です。

「規模の拡大」のことを「成長」といっているのです。

私は「そんなものはどうだっていい」と思っています。

むしろ、嫌悪感さえあります。

私のいう成長とは「自己充実感」のようなものです。

わかりやすくいえば、「週末に子どものバスケ観戦に行けるようになってよかった」と感じられるような自分になることです。

私は大手企業に勤務時代、子ども(当時、小学生)の運動会の最中に何度も何度もクラブから電話がかかってきたことがあります。

最初は無視していたのですが、何度もかかってくるのでかけ直したら、予想通り「クレーム」でした。

「今すぐ話し合いに来い」みたいなことを言っている。

もう「うんざり」ですよ。
b0113993_11015067.jpg

自分がこんな心理状態にあるのに、会社の売上が上がったり、店舗数が増えたりしたところで、嬉しい人なんてこの世にいないはずです。

「規模の拡大」を「成長」と思っている人は、ここのところが全然、わかっていないと思います。

だから、「どうだっていい」のです。

私はFBL大学で、その「どうだっていい」ということを伝えようとしています。

ホント、「どうだっていい」んで。

そんなことの犠牲になる必要なんて1%もないのです。

今週の金曜日に配信するオンラインセミナー(第1期の方向け)でも述べる予定ですが、一般的には「会社の成長と個人の充実感はトレードオフする」みたいなことがいわれていますが、そもそもこれが洗脳なんです。

そんな風に思い込まされているから「搾取の犠牲」になってしまうのです。

だからといって、巷でいわれているような「自分らしく!」なんていうのは気持ちが悪い。

明日はそのことを述べる予定です。

★FBL大学「第8期スタートコース」受付中!
●募集期間
2017年3月21日(火)~30日(木)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:3月24日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます(※ライトコースの方は除きます)。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

▼FBL大学のカリキュラム詳細はこちらをご覧ください
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-03-22 18:24
No.3481 3月21日(火):FBL大学の「第8期スタートコース」の募集をスタートします
こんにちは。遠藤です。既報の通り、本日、3月21日(火)よりFBL大学の「第8期スタートコース」の募集をスタートします。
b0113993_18162834.png

今日は改めて、何故、私がFBL大学を始めたかについてお伝えしたいと思います。

理由は大きく2つです。

1つは現場のことがまるでわからない経営者が威張り腐っていることです。

そういった経営陣の下で多くの現場スタッフが疲弊しています。

では、何故、こんな馬鹿らしいことがまかり通るかといえば、この業界がいまだに「不動産業」だからです。

ということは、必然的に「大資本」を持っている人と「不動産」を持っている人が力を持つことになります。

が、そんな時代は終わりを告げているのです。

昨今はフィットネスビズ社が展開している「健康習慣クラブ」のように「小規模&小投資」のクラブが登場しています。

しかも「成果重視&月会費制」というビジネスモデルです。

もう「大資本」も「不動産」も要らないのです。

このようなものに頼らなくても、人々を幸せにするビジネスができるようになっているのです。

2つ目の理由は上記と関係します。

それは「上記のようなビジネスができる人」を増やすことです。

私は「リーダーを増やすこと」にしかフォーカスしていません。

これさえできれば、問題はすべて解決します。

すべての問題は「リーダー職(リーダーではない)の無能さ」から発生しているのです。

ただし、私は努力していない人をサポートする気は1%もありません。

だから、この業界の推定90%くらいの人たちにはまったく関心がありません。

が、中には「やる気があるのにやり方がわからない人」がいます。

私はそういう方々に貢献したいと思い、50歳を境に「そろそろ教育をやってもいいかな」と考え、FBL大学を始動させました。

結果、一人、二人、三人・・と「自分のビジネス」をスタートさせたり、新たな役職で活躍したりしています。

本来、これが「当たり前」なのです。

明日は「成長のとらえ方」について、さらに大事なことを書く予定です。

★FBL大学「第8期スタートコース」受付中!
●募集期間
2017年3月21日(火)~30日(木)
※延長はありません。

●お申し込み特典
・その1:門外不出で、FBL大学に参加された方だけが観ることができる、私がフィットネスビズ社社員に対して行った社内講座を公開させていただきます。お申込み当日より専用サイト内の「特別動画」にて「11本」をご覧いただけます。
・その2:3月24日(金)に配信される「リアルタイムケーススタディ」を特別にご覧いただけます(※ライトコースの方は除きます)。
・その3:消費税は5%の状態でお申込みいただけます。

●申し込み方法
以下の「カリキュラム詳細」を確認の上、最下部の「申込みページ」をクリックしてください。そこから「希望コース」をクリックいただくと「申込みページ」となりますので、そこからは画面の指示に準じてください。なお、お支払方法は「カードのみ」となりますのでご了承くださいませ。

▼FBL大学のカリキュラム詳細はこちらをご覧ください
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-03-21 18:25



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧