「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3508 4月17日(月):朝一番は「思考のゴールデンタイム」
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「一部」について簡単にコメントします。
※コピペするわけではなく新たに書き直します。

が、今回は別のことを。

本日ですが、午前11時半くらいには「大事な仕事」が終わってしまいました。

もちろん、その後も「やること」はそれなりにありました。

終わったのは「生産性が必要とされる仕事」のことです。

とにかく、朝から昼前くらいまでは「ゴールデンタイム」です。

この時間帯は脳が冴えており、価値を生むべき仕事には最高の時間です。

感覚的には3倍くらい思考が回転します。

3倍というのは、夜だったら3時間くらいかかるものが、一気に1時間で終わるといったイメージです。

私は毎朝6時に起床して、子どもたちと雑談をしつつ見送っています。

彼等は6時20分過ぎに出ていくので、そこから仕事をスタートさせます。

食事も新聞を読むのも後回しです。

以前は食事も新聞を読むのも仕事の前にしていましたが、余計な情報等を入れずに仕事に向かった方が脳の調子がいいのでそうしています。

最近は考えがあって散歩も後回しにしています。

UCCのアイスコーヒーを用意して(万全の体制!)、デスクに向かいます。

そこからは、まさに「没頭する」という感じで、「あっという間」に時間が経ちます。

一気に正午くらいになるときもあります。

3~5時間くらい集中すれば「相当なこと」ができます。

今日もそこで一段落させてジムへ行きました。

とにもかくにも、仕事で最も大切なことは「生産性」です。

どこで何をしていようが、何時間働こうが「一切関係ない」のです。

(脳科学的にも明らかな)「もっとも生産性を発揮できる時間帯」に退屈な会議をやったり、メールをチェックしたりなんてなことをしているから、生産性が低下し、さらに長時間労働になるのです。

特に「朝一番」のメールチェックは「最低最悪の習慣」です。
※自身の経験も踏まえて。

「今日一日、他者の都合に合わせて時間を使います!」と宣言しているようなものです。

そうではなく「朝一番」は「もっとも重要なアウトプット」のために使うべきでしょう。

立場上、メールを見る必要があるなら、6時に出勤して「朝時間」を3時間くらい用意した上で、9時にメールを見ればいいと思います。
※7時だって構わない。

で、18時に退社しても11~12時間も働いています。
※こんなに働くことはありませんが。

こういう考え方が「生産性向上」の理にかなった第一歩です。

結果、それが「いい仕事」につながります!
b0113993_11271111.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



# by fitnessbiz-01 | 2017-04-17 18:03
No.3507 4月16日(日):時代錯誤の進路指導
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。今日の東京は半袖でもOKのポカポカ陽気。

不穏なニュースとは好対照な一日でした。

さて、次男、三男が高校3年生になり、学校側も進路指導(大学受験等)の動きが活発になってきました。

が、教員の多くが「いい大学に行くべきだ」、「そして、いい会社に入るべきだ」と指導しているようです。

「いい大学」とは偏差値の高い大学のことです。

「いい会社」とは大企業のことです。

わかっていたこととはいえ、「いまだにこんなことを言っているのか」というのが正直なところです。

それに毒されたのか高校生で「安定しているから公務員になりたい」と言っている生徒もいるようで「お前は老人か!」と思います。

「いい大学に行って、いい会社に入るべきだ」という考え方が正当性を持つとするなら、それは「右肩上がりの経済成長」が前提です。

「それが良い人生かどうか」の議論を別にすれば、大企業に入ればその流れに乗っていける可能性が高くなります。

大企業は「学歴」を重視するわけですから、ならば「偏差値の高い大学」に入ることが合理的な考え方といえます。

が、説明するまでもなく、そんな前提はとっくに崩壊しています。

自分が企業で働いた経験がなく、さらに学校という閉鎖的空間から出たことがない多くの教師はこういうことすら理解できていないのです。
※全員とはいいませんが。

当然、私はそういった考え方が「何故、間違っているか」を子ども達に伝えています。

ちなみに長男は大学3年になったので、こちらは就職活動です。

あくまでも本人が決めることですが、私は就職活動などしなくていいし、就職もしなくていいと言っています。
※したければすればいい。

そんなことよりもやりたいことや、得意なことを追求しなさいと。

そうすれば、いつか仕事は向こうからやってきます。

特にこれからは「お願いして仕事をもらう人」のではなく「仕事をお願いされる人」にならないと生きていきません。

就職活動なんて「土下座外交」の典型だと思います。

そもそも何故、「3月卒業→4月即就職」なのかという話です。

義務教育じゃあるまいし、そんな必要はまったくないでしょう。

私は今から約30年前の段階でそのことに疑問を感じ、何一つ就職活動をしなかった人間です。

親がコレですから、説得力がある(笑)

いずれにせよ、子ども達には「自分の道」をしっかり歩んで欲しいと願っています。
b0113993_20112892.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-04-16 20:12
No.3506 4月15日(土):「独自の集客手法」を有さないビジネスは終わっている
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

こんにちは。遠藤です。今日の「学長に訊け!」は「上司にビジネススクールに行ってはどうかといわれているのですが・・」という内容を用意していたのですが、気分により来週以降に変更します。
※個別には詳しくお答えしていることもあり。

さて、ご存じの通り「共同購入型クーポンサイト」というものがあります。

こんな感じでたくさんあります。
b0113993_06592090.png


私はどんなものかを知るために登場時からいくつかのサイトに登録だけしています。

なので、日々、広告メールがバンバン届きます。

日頃は開くこともなくゴミ箱直行なのですが、先日、珍しく覗いてみました。

理由はタイトルが「ボディーメイク特集、夏も間近!痩身、フィットネス、ヨガ、加圧、パーソナルなど」だったからです。

もちろん、購入する気は1%もありません。

「惨状ぶり」を確認するためです。

某県の特集だったのですが「惨状ぶり」どころではありませんでしたね。

お客さまを軽視しているとしか思えないような値引きが平然と行われています。

くしくも私は昨日にFBL大学の第1期、第2期の方向けの講座で以下の2点を強調したばかりでした。

・安売りをしてはいけない。
・(グリーがやっていて潰れた)レスパスのようなサイトに広告を掲載してはいけない。
※このことはこのサイトができた瞬間から指摘していた。

「名店」であれば100億%この類いのサイトには掲載しません。

そんな矢先に上記2点を見事に満たした事例を目にしたので、思わず呆れてしまいました。

ここには「ビジネスモデル」がありません。

ビジネスの「設計図」を描くことなく、とりあえず入会獲得を目指しているのは明らかです。

「集客」はビジネスの根幹です。

根幹である以上、当然、「独自の手法」で行うべきものです。

それを戦略もなく「外部依存」している時点で、そのビジネスは終わっているのです。

共同購入型クーポンサイトであれ、ユーチューブであれ、ラインであれ、これらは木になった果物のようなものです。

美味しそうに見えるのでしょうが、それをつくり出しているのは「土」であり「幹」です。

「土」や「幹」という土台であり基本がなければ、果物(収穫)という成果は出せないのです。

当然、「独自の集客手法」は「土」や「幹」に該当します。

そこが空っぽである以上、美味しそうに見える果物も収穫されずに腐っていくことでしょう。

読者の皆さまにはくれぐれもこのような判断に至らないことをお祈り申し上げます。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

# by fitnessbiz-01 | 2017-04-15 19:49
No.3505 4月14日(金):「リーダーぶっているのに従属している」という致命的矛盾
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第2週目は主に「ビジネス専門力」に関する講座を提供しています。

で、今回はそのオンラインセミナーについて。

今週は第8期の方向けに「フィットネスビジネスリーダーのリーダーシップ」という講座を提供しています。

文字通り「フィットネスビジネスリーダー」という「人」に必要な「リーダーシップ」という「能力」を説明しています。

私はこの「フィットネスビジネスリーダーのリーダーシップ」という講座は「永久保存版」なのではないかと思っています。

そう言い切れるくらい、フィットネス業界(一般社会も)に当たり前のように蔓延している「腐ったリーダーの姿」を指摘し、今後、求められている「リーダー像」を明確に示せていると思っています。

第8期以外でも過去分を観ることができる方は繰り返し確認していただきたいです。

必ず「忘れていること」が見つかるはずです。

この業界だけではないのかもしれませんが、とにかく「まともなリーダーが少ない」と思います。

年齢が上であるとか、社歴が長いとか、昇進試験に受かったからとかいう理由で、勝手にリーダー職(リーダーではない)になっています。

まったく迷惑な話です。

本来、リーダーというのは「まわりの人たち」が決めるものだと私は思っています。

喩えるなら、プロレスのようにファンがエースを決めるものであって、大相撲のように協会が横綱を決めるものではないということです。

もちろん、会社なので経営陣が決めるのは当然だし、部下スタッフが適切な判断ができるとも思いません。

経験上も部下スタッフに人気があるのは、決まって「ダメリーダー」です。

だとしても、結果、「まともなリーダーが少ない」というのは、やり方や考え方が間違っているということです。

そうならぬための方向性や考え方を提示しているのが本講座です。

また、本講座では(以下のスライドの通り)「今後はリーダーの人生(決定側の人生)とフォロワーの人生(従う側の人生)の2つに1つしかない」と言い切っています。
b0113993_10190910.png
だから「どちらで生きるのかを選んでください」と。

世の中のリーダー職(繰り返しますがリーダーではない)の「最大の問題点」は「リーダーぶっているのに従属していること」です。

つまり、部下スタッフの前ではリーダーぶって振る舞う。

なのに、権力の前では一転して従属する。

これほど「みっともないこと」はないと思います。

こんな人間にリーダーの資格はありません。

リーダーには一貫した「リーダーの行動」があって然るべきです。

私からすれば警察が泥棒をやっているようなものです。

この致命的な矛盾も講座内では指摘しています。

当然、解決策も示しています。

本当に全業界人に観て欲しい内容です。

「不適者だらけ」ということが具体的に理解できると思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-04-14 18:25
No.3504 4月13日(木):「RYOZAN PARK」で会いましょう!
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

本日も「おすすめ本」からの抜粋を続けたいのですが、読者数が減ってしまいそうなので、ここらで止めにします。

さて、以下はどこでしょう?
b0113993_10031717.jpg


わかるわけがないですね。

FBL大学のオフィスがある東京巣鴨の「RYOZAN PARK」です。

ベンチャーや個人向けのシェアオフィスなので、こんな感じで仕切られています。

以前も記したことがありますが「RYOZAN PARK」は「梁山泊」から来ています。

当然、「RYOZAN PARK」には「優れた人物たちが集まる場所」、「有志の集合場所」という意味が込められています。

オーナーさんは私が20代の頃、三菱養和会巣鴨スポーツセンターでトレーナーをやっていた時の会員さんです。

年齢は一回りほど上の方です。

その後、三菱系超有名企業を辞めて起業し、不動産事業等をされています。

数年前、その方が某きっかけから私の動きを知り、20年振りくらいに連絡をくださいました。

お互いの近況を話し合っている中で、「今度、RYOZAN PARKをやる」とお聞きしました。

その場で「ならば、僕、入ります」という感じでしたね。

私は「人生は縁だ」と思っていますが、「RYOZAN PARK」には何もかもに「強い縁」を感じるのです。

この「RYOZAN PARK」に「FBL大学から起業した人たちが個人オフィスを構えたらいいのにな~」なんて考えるんですよね。

写真のように個人事業主が仕事をしやすいようになっていますし。

まさに「優れた人物たちが集まる場所」、「有志の集合場所」ってことで。

定期的にざっくばらんに人生とかビジネスの話をしてですね。

なんか楽しそうじゃないですか。

仕事なんて、そんな感じでやった方がいいんですよ。

堅苦しい背広を着て、監獄のような会社でやるものではない。

そんなことを考えながら撮ったワンショットでした。

皆さん、是非、「RYOZAN PARK」に来てください!

****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-04-13 18:10



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧