「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

No.3674 9月29日(土):学長に訊け!Vol.217(通巻407)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「遠藤さんはご自身のことを『転職スペシャリスト』と言われていますが、転職に際して、というか、会社を辞めるにあたって重視している考え方はありますか? 現場を見ることもなく、ひたすら予算の達成だけを求めてくる経営陣の存在に、もはや会社へのモチベーションは皆無な状態です」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
最初に言っておきたいのは、多くの企業で同じような心境の社員がかなりの数、存在しているということです。

もちろん、私はたいして努力もしていないのに、不平不満ばかり言っている社員を1%も擁護するつもりはありません。

だとしても、経営陣は鈍感すぎます。

「うちの社員は絶対に辞めない」という根拠のない自信を持っているのかもしれませんが、「ここならやってみたい」と思えるようなモデルとなる会社が現れれば、今後、信じていた社員はバンバン去って行くことになります。

現場も見ずに、規模の追求、売上利益を追求し、社員を命令的、支配的にこき使っていれば、社員のやる気は低下する以外にありません。

なんで、こんな単純なことがわからないのかと思います。

私は以下のような会社にいる意味は「まったくない」と思います。

・経営陣が現場に関心がない。
・経営陣が威張っている。
・経営陣が売上利益の増大だけを求めてくる。
・経営陣に権力が集中し、服従体制が正当化されている。
・自分の成長が得られない。

こういう会社は「さっさと辞めるべき」です。

何故なら、こういう会社の社員は「奴隷同然」だからです。

わかりやすくえば、社長のことをプライベートで「さんづけ」で呼べないような会社の社員は「奴隷同然」です。

「奴隷同然」で成長できるわけがありません。

成長させないために「奴隷同然」にしておく必要があるからです。

なので、成長したいのであれば、「さっさと辞めるべき」です。

以前は「最速のタイミングで辞めるべき」と言っていたのですが、ズルズルと続けるだけの人が多いので、であれば、さっさと辞めて具体的に次の行動を考えた方がよいと思います。

昨今も昨年、三菱電機の新入社員の男性(当時25歳)が自殺したニュースが報じられています。

記事には以下のように記されています。

「男性はソフトウエアの開発に携わったが、自身のレベルを超える技術を要求された。上司や先輩からのフォローはほとんどなく、質問に答えられないと非難されたり嘲笑を受けたりした。遺書には『私は自殺をします。私は三菱につぶされました』とつづられていた」

私が強く思うのは「人を精神的に追いこむような会社や人間は頭がおかしい」ということです。

こういうことが当たり前に正当化されすぎているのです。

こんな会社や人間がまともであるはずがないのです。

だからこそ、「そんな会社は辞めてしまえ!」と思います。

ただし、その決断には重要な条件があります。

既に長くなったので、この続きは来週の「学長に訊け」で(あくまでも予定)。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_19044877.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-09-30 19:07
No.3673 9月29日(金):通勤の40分には必死で、1日40分の読書はできない
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

が、今週は第5週目なので「お休み」です。

さて、先日の日経新聞に「8割の人が満員でも短時間通勤」という調査結果が掲載されていました。
b0113993_07453580.jpg

もっとも、比較対象が「20分」と「2時間」でしたが。

「周囲に圧迫されて身動きできない満員電車で20分通勤」vs「座り続けて2時間通勤」の戦いです。

倍率が「6倍」ですから。

せめて「3倍くらい」で調査してほしかったと思います。

が、これは「頭の中」で考えていることなので。

仮に「20分vs1時間」として、「頭の中」では「座って1時間」を選択しても、行動段階では「満員電車で20分」となる人が続出すると思います。

多くの人が、時間がなくて困っていますから、片道40分も犠牲にすることはできません。

一方で多くの人が「1日40分の読書ができない」と言っています。

「通勤の40分はムダにできないのに、1日40分の読書はムダにできる」というのは、なんともメチャクチャな考え方だと思います。

本当にムダにしているのが「自分の成長」であることに早く気づくべきでしょう。

いずれにせよ、「通勤=痛勤」といわれるように、「満員電車」というのは諸悪の根源だと思います。

私は「独立して何が良かったですか?」と問われたら「満員電車から解放されたこと」と答えます。
※他にもたくさんありますが。

正確には「満員電車」ではなく「通勤から解放されたこと」です。

基本的にオンラインセミナーの撮影時以外はオフィスには行かず(撮影場所がそこなので)、あとは自宅で仕事をしています。
※オフィスはシェア型なので、誰も使わないデスクが1つ置いてあるだけ。

現在は出張時に「朝の満員電車(痛勤)」と遭遇してしまうので、可能なときは前泊をするようにしています。

それくらい「嫌」です。

大事なのは「今の時代は通勤なんてしなくても仕事はできる」という認識を持つことです。

独立初期は私も「オフィスがないような会社は信用されない」といった見下されるようなアドバイスをもらいました。

「自宅でお子さんが近くにいるような環境で仕事はできませんよね」的な、もっともらしいアドバイスも。

が、今はまんまと「自宅オフィス」です。

笑ってしまったのですが、この調査では「通勤時の混雑が原因で引っ越したいと思っている」という人が「33.2%」もいました。

「だったら、引っ越せばいいじゃん」と思います。

が、行動はしない。

思っているだけで、行動は起きない。

これこそが、連日、述べてきた「人生を変えられない人」の典型的思考です。

評論家みたいな人生に意味はないですね。

「引っ越しもできないで、人生が良くなるわけがない」ということです。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!。
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-09-29 18:30
No.3672 9月28日(木):「自分を管理できない人が他人に管理される」
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、昨日は「環境を変える理由」を「行動しない人」の観点から述べました。

今日はその反対の「成功している人の観点」から。

ちなみに私のいう「成功」とは「自分の人生の目的、目標を実現している、またはそれに向かって努力している」という意味であり、「社長さん」や「お金持ち」のことではありません。

で、この「成功している人」を見れば明らかだと思うのですが、例外なく、一度は会社を辞めています。

または、自分で会社をつくっています。

これが私が「環境を変えるべきだ」と言っている大きな理由の1つです。

「自分の人生」を歩んでいる人は「自分で環境を変えた人である」ということです。

もっとも、(これも常々、言っていることですが)、環境を変えたからといってうまくいくとは限りません。

そこには重要な資質があって、それが昨日の無料メルマガでも触れた「自己管理力」です。

私は「管理」されるのが大嫌いで、これまでの人生も「管理」を拒否し続けてきましたが、「自分自身」のことだけは(なんとか)「管理」してきました。

「自己管理力」とは「やるべきことを、やるべき時に、自分にやらせる能力」です。

私は「成長する人」と「ダメな人」の違いはここにしかないと思っています。

とにかく「ダメな人」は自分に甘い。

「忙しい」とか「時間がない」とか「疲れた」とかいう自己弁護を連発しては、「やるべきこと」を先延ばしにしたり、怠ったりしています。

で、結果、「他人に管理されている」のです。

つまり、「自分を管理できない人が他人に管理される」のです。

こういう人が「環境」を変えても意味を成しません。

業界中に溢れる「転職事例」は大半がこのパターンです。

新聞を読みませんとか。

読書をしませんとか。

外部セミナーに行きませんとか。

トレーニングしていませんとか。

すべて「自己管理力が低い人」の行動です。

普通に考えればわかると思うのですが、日々の日記も書けないような人が「環境」を変えてうまくいくはずがないでしょう。

「成長=自己管理力(自立)×環境」です。

「自己管理力(自立)」がゼロなら、「環境」が100でも、「成長」はゼロということです。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_17581764.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-09-28 17:59
No.3671 9月27日(水):会社も辞められないような人に人生を変えられるわけがない
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「他人からの管理を受けなくする方法」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、昨日は「自分をとりまく環境を変えよ!」と述べました。
※いつも言っていることですが。

何故、そう言い切れるかといえば、「うまくいかない人、停滞している人は、とにかく日常でつき合っている人間が悪い」と感じるからです。

「日常でつき合っている人=環境」です。

ここを変えない限り、人生が望む方向に進むことは絶対にありません。

結果、職を転々としてみたり、いつまでも企業奴隷状態のままだったり、いつまでも低年収のままだったりということになるのです。

そういう人がFBL大学で学んでもうまくいかないと思います。

その他、ビジネス塾やビジネススクール等へ行くのも同じです。

その学びを活かしたいのであれば、「まず、そちらの人間関係を変えてください」ということです。

私は独立して数ヶ月(数週間?)の段階で、前職時代の社員、関係者の連絡先をすべてスマホ(携帯)から削除しました。

独立して成功にするには「新しい環境」に身を置かなければダメだと感じたからです。

だから、独立した後に前職関連の仕事をチョロチョロと紹介等でやっているような人はダメだと思います。

それでは「身を置いている世界」が変わらないわけですよ。

ということは人間関係が変わらない。

人間関係が変わらなければ、自分の位置や場所や階層が変わらない。

したがって、前述のとおり人生は変わっていきません。

多くの人が「人生を変えたい」と思っているのですよね。

であれば、人間関係を再構築することです。

私は「会社も辞められないような人に、人生を変えられるわけがない」と思っています。

何故なら、会社を辞めることの方が、人生を変えることよりはるかに簡単だからです。

それができないのは、そのために固定給や保証を失うのが怖いからです。

結局のところ、「人生は変えたいけど、現実の生活は変えたくない」という人が大半なのです。

念のため言っておくと、会社を辞めることを奨励しているのではありません。

「自分の人生が変わっていかない理由」「現在の状況が変わっていかない理由」をよく考えてはどうかということです。

そうなるのは「それを邪魔する人がいるから」でしょう。

明日もこの続きの予定です。

★2017年10月の定例勉強会のお申込み受付中です!
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_18191992.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-09-27 18:20
No.3670 9月26日(火):「12.4%」
こんにちは。遠藤です。今日の午前中は三男とゴールドジムさんでトレーニング。

重量(回数)も伸びるし、心なしか体調も良くなるから不思議です。

さて、昨日は「本物にしかニセモノはわからない」と記しました。

ということは、「自分が本物になりたければ、本物と一緒にいるしかない」のです。

何故なら、本物といれば「本物の感性」が身についていくからです。

私はこの重要性に気づく人が「ほとんどいないこと」が不思議でなりません。

多くの人が「本物がいない日常」を当たり前に受け入れています。

マイナビの調査によると、社内に憧れの上司がいる確率はたったの「12.4%」です。
※「憧れ=本物」ではないので「本物」だともっと低い。

これは経験上も正しい数字だと思います。

念のため言っておくと、フィットネス業界は「憧れレベル」でも「12.4%」もありません。

おそらく、この「半分以下」だと思います。

多くの会社には「権力者の犬」しかいません。

「権力者の犬」が求めているのは「自分の犬」です。

会議を増やす、報告書を増やす、やたらとケチをつける。

すべて「犬の仕事」です。

常に言っているとおり、「管理」でしか自己保身ができないからです。

このことは私が言うまでなく、多くの部下スタッフたちが心の底から納得していることでしょう。

ということは「社外に出る」しかないわけですよ。

が、これをしませんよね。

これが「わかっていない」ということの証左です。

もしも、社内に本物がいるなら、その人と一緒にいる時間を増やすことです。
※確率は5%くらいですが。

社内に本物がいなければ、社外の本物のもとに出向き、一緒にいる時間を最大化することです。

最近、「言葉にすると同じだけど、中身が全然違う」と思うことがよくあります。

どういうことかと言うと、「私も遠藤さんと同じで、何事も後回しにするタイプです」的な共感をされるケースが実によくあるのです。

が、おそらく「後回しにするまでにやっていることの量」が違うと思います。

「だったら、もう少しきちんと仕上がっているんじゃない?」と思いますから。

これと同じで多くの人が「行動している」「努力している」と思っているのかもしれませんが、「的が外れている」と感じます。

自分をとりまく環境を変えよ!

居場所を変えよ!

簡単なことでしょう。

たくさん本を読んでも、高いセミナーに行っても、自分の環境を変えていかない限り、人生も仕事もより良い方向には拓けていかないのです。

★2017年10月に定例勉強会を開催します。
テーマ:「部下スタッフを目標達成に導く面談方法」
・10月18日(水):大阪会場
・10月23日(月):東京会場
・10月24日(火):名古屋会場
※いずれも18時30分~20時45分を予定。
※詳細はこちらをクリックしてください。
b0113993_08423313.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


# by fitnessbiz-01 | 2017-09-26 18:30



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧