「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

7月9日(水):「克己」:自分に打ち勝て!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。嵐のメンバーの一人を、関ジャニエイトだと思っていた遠藤です。体調優れず早めの更新です。

さて、一昨日(予告)の続きです。以前も記したことがありますが、以下のマトリクス(表?)をご覧ください。

    |     |
将  | 人材 | 人財
来  |_ _ |_ _ _
性  |     | 
    | 人罪 |人在・人済
    |_ _ |_ _ _ 
      
       成果・実績

ご覧の通り、「ジンザイ」には4つあります。

ややこしいですが、
将来性「低」、仕事の成果・実績「低」が人罪。
将来性「低」、仕事の成果・実績「高」が人在・人済。
将来性「高」、仕事の成果・実績「低」が人材。
将来性「高」、仕事の成果・実績「高」が人財。

ここで注意が必要なのが縦軸と横軸の定義です。

縦軸の「将来性」の判断基準は年齢ではありません。自己変革をし続けているか、つまり、年齢に関係なくたゆまぬ努力を続けているか。だから、25才でもサボっている人は「低ゾーン」だし、55才でも成長している人は「高ゾーン」です。

さらに、注意が必要なのが縦軸です。「成果・実績」と書いていますが、今後も成果を出し続けられる人は「高ゾーン」ですが、過去に実績を出したとか、過去の栄光にすがっている人は「高ゾーンでも下の部類」に入ります。もちろん、「成果・実績」がない人は「低ゾーン」です。

つまり!
努力をせずに、成果も出せず実績もないのが「人罪」。
努力をせずに、過去の栄光でメシを食っているのが「人済」か、ただ存在しているだけの「人在」。
結果は出ていないが、努力を続けているのが有力な素材である「人材」。
結果も出せて、努力も続けているのが「人財」です。


評価されるべきは「人材」と「人財」です。

ここに二人のスタッフがいたとしましょう。

A君は一生懸命努力しているが、なかなか芽が出ない。
B君は努力はそこそこだが、いつもいい結果が出る。

マネージャーのあなたはどちらを評価しますか?

私は「人在」のB君ではなく、「人材」のA君です!

A君が自分に打ち勝った時(これを「克己(こっき)」という)、必ず結果は出るからです006.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-07-09 21:54
7月8日(火):忘れる技術!気にしない技術!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは・・・。

この時間に・・・(夜です)。
b0113993_1105528.jpg


こんな遠い場所で・・・。
b0113993_1112043.jpg


これはNGだろうっ!
b0113993_11140100.jpg


・・・の遠藤です。

いや~まいったまいった・・・。何とか自宅にたどり着きましたが、こんなテンションですので、昨日に予告いたしました「評価について熱弁をふるう!」は明日にします。

しかし、まぁ終電は最悪の一言ですな。気色悪いのが多過ぎる!おっさんの「ふぁ~っ」というキタナイあくびの吐息が、私の嗅覚に届いたときは、鼻骨にグーパンチ047.gifを食らわしたい衝動に駆られましたが、社会人人生を棒に振るのでやめました。

最近は、食事中にチンピラみたいなババァ(すみません。でもこうとしか形容できないほどにヒドイ奴だった。)に絡まれたり(ちなみに、絡まれたのは伊藤です!仲間のピンチに口論を展開したのが私053.gif)、スポーツクラブ体験で史上最悪の接客をくらったり・・・(初めてクレームをつけました。)そして、そいつがマネージャーだというから驚く!さらにそのクラブから無邪気に「入会案内」の電話がきたからさらに驚く!(10秒で切りました。)

10年くらい前でしたら、こういうことがあるとカリカリして寝つきが悪かったものですが、数年前からさっと忘れられるようになりました。

かわいそうな人達だな~って。

思い悩むタイプの人は「忘れる技術」を習得しましょう!

ウジウジ悩んでいても、何一ついいことはないですからね。

気にしない!気にしない072.gif!(一休さん風で)

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-07-09 01:28
7月7日(月):人事の基本精神。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。七夕の夜は素敵な出会いがありましたか?の遠藤です。私はスポーツクラブ体験に行ったり、資料をつくったり、原稿をチェックしたりなど、実にノーマルな1日でした。

さて、先週末のことですが、7月4日(土)の日経新聞で小泉元首相が、「首相の最大の力の源泉は『解散権』と『人事権』だ。これで失敗したら退陣しかない。」と述べていましたね。

これを「強権」と言う方もいるかもしれませんが、私はリーダーシップを端的に表した「いい言葉」だと思います。また、小泉さんはそれを言行一致で断行していたと思います。

私は「リーダーシップ」とは以下の3点で決まるのではないかと考えています。

1、強い信念(志)
2、揺るぎない方向性
3、高い伝達力(徹底力)


クラブ運営においても、大事な方針がアルバイトスタッフまで徹底されていないということは、「クラブにリーダーシップがない」。つまり、「リーダーがいない」ことをはっきりと証明していることになります。

その場合は「人事」を実行すべきです。

ドラッカーは著書「プロフェッショナルの原点」でこう言っています。

「人事は究極にしておそらくは唯一の管理手段である。組織の成果を決めるのは人である。それは、誰を採用し、誰を解雇し、誰を異動させ、誰を昇進させるかという人事によって決まる。」

もちろん、人事で他人を蹴落とすような風土はつくってはなりません。しかし、「仕事」である以上、スポーツと同じで企業は「勝利」しなければなりません。

いつも言うことですが、「平等」と「公平」は違います。

「皆同じ」が「平等」。愚直に継続的に努力をしている者にチャンスが与えられ、そうでない者にチャンスが与えられないのが「公平」です。

義務教育の小学校でさえ、教育の機会は「平等」に与えられますが、手を挙げた子供、前に並んだ子供にチャンスは優先的に与えられます。これが「公平」です。


これは、社員、アルバイトスタッフを問わない、人事の基本精神だと私は思っています。

明日は人事の1つである評価について熱弁をふるいます!
※気分により変更の場合アリ。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-07-07 19:37
7月6日(日):フィットネスお悩み相談Vol.49
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「社員が現場に全く出てくれません。全てがアルバイト任せです。マネージャーに意見を述べたのですが『検討する』というばかりで改善の見込みはありません。このようなケースは他にもあるのでしょうか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
まず「他にもあるでしょうか?」については、私の調査?だとこれが普通です。

マネージャーの仕事は「現場力を高め、利益を出すこと」ですが、「事務所にこもり、策をこねくり回すこと」と本人も会社も勘違いしており、誰もそれを指摘しないことが一般的ですね。

もっとも、現場に出っぱなし!現場大好き!の責任者も問題があります。

大切なことは、「現場と数字」をつなげることなのですが、現場大好きマネージャーの多くはこの部分をサボっています。

「会社の立場に立って、お客様を優先することができる」のが優れたマネージャーです。

一方、二言目には「スタッフが!」とか「お客様が!」とか言いながら、厳しいマネジメントや数値管理から逃げているマネージャーや幹部は「お客様やスタッフの立場に立って、クラブの利益を減じている」ことに気付いていないのです。

こうなると、スタッフ同士やお客様との仲は良くなるかもしれませんが、仲良しクラブ=いいクラブではありません。この先は閉鎖か買収です!間違いない!

そのような職場で社会人生活に向けた成長は期待できませんね。

あなたが、フィットネス業界への就職希望をしている、していないに関わらず、一度、他のサービス業でアルバイトしてみてはどうでしょう?

一見、業界他社でやるのがいいように感じますが、残念ながら、転職しても社員が事務所から出ない現状は変わらないかもしれません。

もちろん、そんなクラブばかりではありませんが、面接段階で社内風土を見抜くのは至難の業。

多様な経験は、必ず将来のプラスになると思います。

その代わり、猛烈なトレーニングは欠かさないこと。絶対条件です!

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-07-06 22:51
7月5日(土):トレーニングしてますか?!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。プロテインをバニラ味からバナナ味に変えた遠藤です。我が家では小学3年生の子供にもプロテインを飲ませています。プロテインは「筋肉をつけるため」に飲むものではありません。もっと、多くがプロテインを飲むべきです!

さて、今週は月、火が中国地方、水が関西地方、木がセミナー、金が近畿地方となかなかトレーニング時間が確保できなく、本日、初めてゴールドジムさんに行けました。週末に「固め打ち」します!(1日足りないけど)。

さて、最近はジム066.gifの重要性について、いたるところで力説しているのですが、実に反応が鈍い!

スパだの温泉だの言っているうちは、永久にフィットネスは国民に根付かないぞ!

フィットネスクラブとは何をするところでしょうか?!

その理念を太くしないから、付け焼刃みたいな業態に打ち負かされるのです。

今、業界がすべきことは、「次の新アイテムはなんだ?」なんていう小手先の議論ではなく、「ジムの価値を徹底的に掘り下げること!」なのです!

そのためにも、経営者や幹部はひたすらトレーニングを実践しなさい!

自分が価値を感じていないことを広めようとしたり、自分が続いていないのに「退会を減らせ!」と激を飛ばしたり、まったくナンセンスだと思います。

当たり前だのクラッカーです072.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-07-05 22:21



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧