「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

№339 8月14日(木): 黒字でも倒産する。
「年間経常利益617億円!」

この数字は何かわかりますか? と、いきなり本題の遠藤です。

新聞を読んでいる方ならピンときていると思いますが、昨日6月13日付で倒産したアーバンコーポレイションさんの直近の業績です。

このように会社は黒字でも倒産します。しかも、年間617億円も儲けているのに倒産するのです。

何故だかはわかりますか?若手にはわからない方もいるかもしれないので簡単に説明します。

ここでは個人に置き換えて考えてみます。例えば、事業に成功し1億円の収入があったとしましょう。そして、そのお金で高級住宅を買い、外車も買い、豪遊した。2年目も人並み以上には頑張って5千万円の収入があった。

ところが、2年目は1億円の所得に対する税金の支払いが全体で60%くらいあるし、当然のこととして、住宅のローンの支払いもあり、手元資金がなくなってしまった。

人並み以上の収入があるにもかかわらず、ここで、THE END!040.gif040.gif040.gif

つまり、可処分所得(税引き後の所得)を上回って、支出や投資をすれば破綻します。企業も全く同じで、これが黒字倒産です。

利益を出していたら給料があがると考えている人が多いと思いますが、必ずしもそうではないことがこれで分かると思います。

ちなみに、当業界の直近年間経常利益を見ると、

セントラルスポーツさんが約11.5億円。
ルネサンスさんが約6.3億円。
メガロスさんが約10億円。
※フィットネスビジネス誌2008年7月号より引用。

ここからは仮の話をします。

仮にA社は店舗数が150店で、経常利益が10億円とします。10億円とは凄い額です。私も起業していますが、とてつもない利益だと思います。

しかし、1店舗あたりで考えるとどうでしょう?

年間約667万円です。

1ヶ月あたりだとどうでしょう?

約56万円・・・。

会員数だと?

約70人・・・。
※@8千円として。

前年比の会員数減は何人だっけ・・・。

もちろん現金や資産があるから単純にこうはなりませんが、少なくとも大手だから大丈夫なんてことはないのがわかると思います

個々が当事者意識を持って、マネジメント能力を磨くべきと私が主張する一つの理由です。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-08-14 22:39
№338 8月13日(水): 「プロフェッショナル」を目指すなら。
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。ホテルでの優雅な朝食時に、窓の向こうで停車中のタクシー運転手がずーっと鼻クソをほじくっていたのが許せなかった遠藤です。

さて、過日のブログに「私は『休みなく働け!』という考えには反対で、当社は完全週休2日制、年2回の1週間の強制連休を当社は目指している」というような内容を記しました。

その方針に偽りは全くないのですが、言っている本人は独立以来1日も休んだ日はありません(当たり前ですが)。もっとも、出張等で事務所には多くても週1~2回しかいませんが、「ボーダレス社会」&「知的生産性」を求められる現在は、世界中のどこにいても仕事ができます。「会社に出勤する=仕事をする」という感覚の人はとっても古いと思います。

稲盛和夫氏は著書「人を生かす」で次のように言われています。
「一般社員は労働基準法で定められた1日8時間という所定の労働時間内で働くが、経営の『プロ』である役員や部長は時間にとらわれずに無制限一本勝負で頑張らなければいけない。」

なるほど、こう考えると「経営のプロ」、または「経営のプロを目指す者」は自主的に365日働くし、文句も言わないということになります。

100回目?くらいの紹介になりますが、勝間和代氏によると、
「自分から情報を取りに行っている人」はビジネスマンの20%。
そこから、「自分の考えを持つ努力をしている人」はその20%(つまり4%)
そこから、「その考えを行動に移す人」はその20%(つまり、0.8%)

これを我流修正してみたのですが、
「土日に自主的に仕事をする人」はビジネスマンの20%。
そこから、「そこで自分と会社の将来を考える努力をしている人」はその20%(つまり4%)
そこから、「その考えを行動に移す人」はその20%(つまり、0.8%)

土日にゆっくり休んでいては「皆同じ」の「80%」は必至です。

私は、フィットネズビズという会社を「プロフェッショナルな集団にしたい」という強い想いを持って立ち上げました。

プロフェッショナルとは何かといえば「人格を備えた上で、圧倒的な結果を出すこと」です。

だから、目先のことで儲けようとする人間。

逆に一生懸命頑張っても結果を出せない人間。

どちらも「アマ」です。「アマ」とは「甘」と書いていいとも思うくらいです。

社員全員がプロフェッショナルを目指し、経営マインドを持った上で休暇を活用できれば素晴らしいと思っています。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-08-13 23:47
№337 8月12日(火):全力で働き、食べて、笑い、語る!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。野口みずき選手の欠場にショックを隠せない遠藤です。本当に楽しみにしていたのに・・・007.gif

オグシオも負けちゃうし・・・。そういえば、大久保進哉さんがブログで「潮田派」を主張していましたが、私も「潮田派」です。小椋選手も美人さんですが、「山本スーザン久美子さん」に見えてしまいます。

さて、新幹線でビールを飲んで赤ら顔になっている中高年にはなりたくないと思っている私ですが・・・。

今日は・・・。
↓↓↓
b0113993_0115589.jpg

某社長と一緒だったもんでつい。
※「みそたま」美味い!


追加でこれも・・・。
↓↓↓
b0113993_0123364.jpg

こりゃメタボってますね。明日、ゴールドさん行かなきゃ!
※写真を撮る瞬間に食品を追加されたので、こんなには食べてません。

で、酒を飲みながら話したことは・・・。

「やっぱり、向上心のない人はダメっすよね~。」

「でも、それで生きて行けちゃうのが日本というシステムですからね~。」

「遠藤さんの連載を読んだ後、古屋編集長のコラム読みましたけど、2人とも手厳し過ぎますよ~。」

「そうっすかぁ?じゃあ、もっとサザンの唄みたいな記事書きますよ~!」

「ガハハハハ~っ!041.gif003.gif058.gif056.gif

みたいな。

昨日も似た内容を記しましたが、「仕事のコミュニティ」というのは意識レベルで決まると思います。

そんな方々と全力で仕事をし、食べて、笑い、語る!

楽しいひとときでした072.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-08-13 00:25
№336 8月11日(月):成長したければ、付き合う人を変えよ!
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。

こんにちは。オグシオが負けてしまい残念な遠藤です。今日はお盆の匂いがする混雑感ある新幹線で「一人出張」です。最近、出張続きで考える時間が不足していたのでちょうどよかったのですが、連日、5時台の起床が続いたためか、名古屋まで寝てしまいました・・・014.gif

さて、昨日、あるイベントに参加したのですが、いろいろと考えさせられました。

そのイベントは20代の若者が興しているのですがリスクを恐れず、勇気を持って挑戦し、生き生き(活き活き)と活動している姿は本当に素晴らしいと感じます。

夢、希望、笑顔、仲間などに満ち溢れていて、「俺も頑張らないとな~」って気になるんですよ。

一方、世の中には何ら問題意識を持たず同じような環境に安住し続ける人もいるし、居酒屋で上司批判をしたり愚痴ったりしている人もいます。

どちらを選択するかは個々の自由ですが、少なくともそれぞれの環境にはそれぞれの身の丈の人しか集いません。

成長意欲の低い人たちと、過去の延長でいつまでも付き合っていることは決して有益とは思えません。

よく「金持ちになりたければ金持ちと付き合え!」といいます。

「金持ち云々」はわかりませんが、以下は確実に言えます。

「成長したければ、付き合う人を変えよ!」

それが自然の中で起き、その機会を掴める人が成長します072.gif

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-08-12 00:06
№335 8月10日(日):フィットネスお悩み相談Vol.53
★このブログは毎日更新予定です(意気込みレベル)。
※毎週日曜日は「フィットネスお悩み相談」をお届けしています。

【今回のお悩み内容】 
「私はチーフ時代に家庭を犠牲にしながらも朝から晩まで働き、役割責任を果たしてきました。その結果、離婚の一歩手前になってしまうほどでした。しかし、今の若手はプライベート優先の志向が強く想いが共有できません。遠藤さんは同じような悩みを持たれたことはありますか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
同じような悩みを持たれたことはありません(笑)。

私はあなたと3つの部分で考えが違います。
1、仕事を優先すると家庭不和になる。
2、朝から晩まで働くのが当たり前。
3、若手は「プライベート優先思考」である。

1つづつ簡単に説明します。

私は仕事が忙しいから家庭不和になるとか、(実によく耳にする)奥さんに「仕事と私のどっちが大事なの?」と問い詰められるということがまったく理解できません。スタッフにも「そういう夫婦にだけはなるな」と言っています。

何故、そうなるかといえば、「人生に占める仕事の位置付け」、および「お互いが力を合わせてこそ人生は充実する」という価値観を共有できていないからだと思います。

そこそこの年収でマイホームパパになりたいのか、仕事を通じて自己のポテンシャルを最大に発揮したいのかはお互いで話し合って共有しなければいけません。
※力まなくても、普通に付き合っていれば共有できると思います。

だから、今、仕事で忙しいのは妻を軽視しているのではなく、自己実現の過程であり、ひいては将来の幸せのためだとお互いが理解する必要があります。

部下があなたのように家庭不和になっていいはずがありません。

続いて、長時間労働について。

私が目指しているのは「完全週休2日制、年2回の1週間の強制連休」で、その代わり出勤した日は時間拘束の意識を排除し働くというようなものです。

とはいいつつも、当社社員の現状はそうなっておらず、私の主張は矛盾しています。

では何故、そうならないかと言えば、私を含めて会社に力がないからです。利益を出さない限り会社は潰れるわけで、創業1年強の私達は働く必要があるのです。

また、いつも言いますが、時間を忘れて働けるのは壮大な夢、理想、ミッションなどを持った者だけであり、「その意志なき者」に長時間労働をさせても、不満が爆発するだけでだと思うので、避けるのが賢明でしょう。

最後に、私の見る限り、今の若手が「プライベート優先でNG」なんてことはないと思いますよ。

古参社員のほうがよっぽど変化に対応できずに、お荷物ということはないですか?

当社を見ても若手は寝食を忘れて頑張ってますけどね。

総括して言えば、若手を責める前に、自分の過去を否定し、組織の目的、目標、働く意義、仕事の進め方などを「あなた自身が」まず理解することから始めるべきではないかと感じます。

******************
★ご質問、ご感想は以下のアドレスへ!お気軽にどうぞ!
info@fitness-biz.net
★2007年7月~2008年5月執筆「フィットネズビズのお悩み相談(全45回)」はこちら!
 http://fitbiz02.exblog.jp/
★フィットネスビズのメルマガ「マネジメント大学」の無料登録はこちらからどうぞ!
ホームページアドレス http://www.fitness-biz.net
# by fitnessbiz-01 | 2008-08-10 20:40



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧