「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2011年 01月 19日 ( 1 )
No.1227 1月19日(水):数字の背後にあるもの。
★このブログは毎日更新予定です。(意気込みレベル)

こんにちは。遠藤です。今日もまた前向きな方と建設的なMTGができてラッキー!でした。

さて、昨日は「数字に強い」=「数字が読める」ではないということを記しました。

ということで、本日はその点を簡単に掘り下げてみます。

例えばですが、テストで「80点」をとったとしましょう。

一般的に「80点」は「優れた結果」です。

しかし、同じ「80点」でも以下のような観点があります。

・「60点」が「80点」になったのか?「90点」が「80点」になったのか?

・仮に「60」点が「80点」になったとして、「60点」の時にどの程度の努力をしていたのか?

・もっと努力をすれば「80点」ではなくて、「90点」にはならなかったのか?

・テストそのものの難易度はどうだったのか?

などなど、多面的に判断しないと「80点が優れているのか?」の判断はできないわけです。

つまり、「数字の背後にある要因」を正確に捉えられることが、「数字を読める」ということであり、それこそが「習得すべき能力」なのです。

会計関係の有資格者には、この点が見えていない人が多くいます。何故なら、自分で実践したり体験したりしていないからです。

同様に、業界内を見ていると、こういう数字の意味がわからずに、表面的な「80点」が正しいと思い込んでいるケースが目立ちます。

実例ですが、私が指導した某クラブは「ある数字」が1ヶ月で40%から75%になりました。

これを「結果が187%アップ!」とやれば、注目されるのかもしれません。

こういうことでよければ、私は100でも200でも事例を紹介できます。

大手に行けば、1000くらいは事例があるでしょう。

しかし、こういうのは一過性のことなのです。

「真の改善」というのは、こんなに簡単に成されることではないのです。

なので、かつて私は、「そんなことは簡単なことなのだ!」ということを示すために、あえて「入会が●●●%増えた」的なアピールをしたことがあります。

そうしたら、すぐに経営者の大先輩から、「遠藤さんはそういうことを書くべきではない」と注意を受けました。

私が「理由」をいうと「だとしてもやめるべきだ。見る人が見ればわかる。」と言われました。

ありがたく受け止め、反省し、それからは意図をもってそういうことを書くことは一度たりともしていません。

繰り返します。

数字というのは、その様々な背後要因を正しく認識し、組み合わすことができて、初めて正しい行動に結びつくのです。

それがわからない人は、「ハウツー本」的な小手先の知識に翻弄され、いつまでも目先の対応を繰り返すことになります。

明日は、核心である「数字を捉えられるようになるにはどうしたらいいか」を記す予定です。

*****************
★メルマガ「リーダーシップ&マネジメント大学(L&M大学)」の無料登録、本ブログへのご意見、ご感想等は本ページ上部の各フォームよりお願いします。
※以下の広告は私の意思とはまったく関係なく勝手に表示されております。
by fitnessbiz-01 | 2011-01-19 21:38



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧