「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2018年 04月 03日 ( 1 )
No.3859 4月3日(火):「自由な働き方」の選択を!
こんにちは。遠藤です。床屋に行きたいのに行けない・・。

何故か時間が足りない今日この頃です。

さて、昨日は「雇用」について、「採用したければすればいいし、採用したくなければしなければいいだけのことであり、それを社会的責任云々にまで発展させて論じるのは理解に苦しむ」と記しました。

そんな正義感より、今、必要なのは雇用に多様性を導入することです。

今も昔も働くことに「制限」がある方は数多くいます。

身体に障害がある方、専業主婦、高齢者などなどです。

今の時代はこういう方々の社会進出が期待されているとともに、一方では働く必要にも迫られています。

しかし、こういった方々が希望する「制限」は雇用側からは歓迎されません。

例えば、勤務時間、勤務日数、勤務場所などなど。

したがって会社側は「社員はフルタイムで働いてもらわないと困ります」とか「週3日勤務、1日4時間というのは認められません」とか「早番だけでは、他の社員から不満が出ます」といったことを言います。

が、今の時代にこんな「一律的な働き方」を強要しているような会社は働き手から選んでもらえなくなります。

会社側は会社の成長とともに、本人が働き方を自由に選択できるようにしていくべきです。

お子さまが保育園等に通っている主婦を遅番勤務にしている会社もありますが、こんなのは話になりません。

「当社は会社への忠誠心は不要ですよ」と言っているようなものだと思います。

もちろん、会社側には「仕事とプライベートは関係ない」という理由があるのでしょうが、であれば、そんな会社は働く側から三行半を突きつけたらいいのです。

本来、雇用のアドバンテージは「雇用側」になければおかしいと私は思います。

こうやって、時代錯誤の働き方を正当化させている会社は時間とともに衰退していくことになります。

昨日、私が述べた「創り出すべき雇用」とは、こういう雇用(多様性のある雇用)です。

月給30万円の中途半端な社員が1名いるよりも、「私は都合上、月収5万円でいいです」という優秀な主婦が6名いるほうが、はるかに意義があります。

いずれにせよ、「社員を雇用しなければならない」というのは幻想です。

各自は相手との合意に基づき、自由な働き方を選択すべきだと思います。
b0113993_09381949.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2018-04-03 18:42



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧