「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2018年 04月 14日 ( 1 )
No.3870 4月14日(土):「学長に訊け!」Vol.231(通巻421)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「マスコミで(またしても)『糖質制限論争』をやっています。あまり関心がないかもしれませんが、このような動きを見ていてどう思われますか?」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「糖質」を制限するのは当然だと思います。

ただし、それは「食べ過ぎの人」です。

食べ過ぎの人は制限すべきだし、適量な人は今のままでいいし、不足している人はもっと食べるべきです。

それだけのことです。

信頼していいのは現段階の医科学で定説になっていることだけです。

それ以外のことは「独自の主張」に過ぎません。

私は某書に記されていた「もっとも信頼できないのは専門家の意見である。私の研究室ではとか、私の患者ではといったところで、メタ視点のエビデンスに基づいていない限り信頼度はゼロである」という考え方に賛同しています。

だから、「肉には発がん性があるから食べてはいけない」なんていうのが「もっとも言ってはいけないこと」なのです。

自分がそう判断してやるのはいいですが、人に勧めたり、強制してはいけません。

こういうのを「正しさの押しつけ」といいます。

常に言っていますが、この世の中に「絶対に正しい」ということはありません。

日本人の特性なのでしょうが、何事も「正しいか、正しくないか」という尺度から見たがるから、考え方が偏屈で窮屈になっていくのです。

意外かもしれませんが、私の父は喫煙者です。

が、私は「吸いすぎない方がいいよ」とは言っても(それすら言いませんが)、「やめた方がいい」とは言ったことがありません。

「喫煙は悪だ」という尺度から見れば「正しくない」ということになるのかもしれませんが、81歳になってもかなりの遠方まで孫のバスケの応援にひとりでスタスタやって来るのであって、父にとっては「それが正しい」のです。
※念のため補足しておくと、業界人の喫煙は「金髪の警察官」みたいなもので、職業倫理上NGであると言っています。

「自分が正しい=相手が間違っている」です。

これまでも言ってきたとおり、「正しいか、正しくないか」という「二元論」を突き詰めていけばいくほど、その人の視野はどんどん狭くなっていきます。

「二元論」の先にあるのは宗教ですから。

食事に関する議論に宗教的な臭いがするのはそのためです。

以前、メルマガに書きましたが、瀬戸内寂聴さん(95歳)は(僧侶としてあるまじきことと批判されながら・・)、毎日、肉を食べ、お酒を飲んでいるのが有名です。

私はこうありたいですね。

「楽しんで生きること」に勝る「健康法」はないと思います。
b0113993_09574999.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-04-14 17:52



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧