「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2018年 04月 17日 ( 1 )
No.3873 4月17日(火):「がんによる死亡者は上昇の一途なのに、がんの死亡率は減っている」
こんにちは。遠藤です。今日は朝から一気に仕事をしたので朝ごはんは11時過ぎ。

ここからプロテインと缶詰の2食を挟んで夕ごはんです。
※どーでもいいことですが。。

さて、昨日は「長生きすることに意味があるのか」的なことを書きました。

「長生き」するには「死なないこと」が必要になってきます。

では、死なないためにはどうすればいいかというと「内科的疾患にならないこと」が求められます。

中でも、日本人の「がん」による死亡者数は上昇する一方です。
※以下資料は国立がん研究センターHPより。

b0113993_10203417.jpg
これだけ「がん予防」を推進しているのに「がん」が減っていないわけですから、「国や行政は何をやっているんだ!」と言いたくなる気持ちもわかります。

一方でこういうデータもあります。
b0113993_10251923.jpg

これは「がんによる死亡者数」を「年齢調整死亡率」にかけたものです。。

「年齢調整死亡率」というのは「人口構成が同じ場合の死亡率」ですので、これは「うちのクラブの退会率は1%です!」と自慢しているクラブの在籍の80%が高齢者で、これを全員20代にしたら「10%になりました」みたいなことが起きないように調整された数字です。

意外にも「がんによる死亡率」は減っています。

この数字を「ウソだ!自己弁護だ!」というのは昨今の行政実績からして十分な説得力がありますが、ここでは信じることにします。

「がんによる死亡者は上昇の一途なのに、がんの死亡率は減っている」とはおかしな話です。

なので、「年齢階級別死亡率の年次推移」というのを見てみます。

1965年、1990年、2015年(男性は紫)なので、かなり長期的に比較されています。
b0113993_12053510.jpg
交点を見れば、男女ともに40~60代の死亡率はあまり変わらないか減少傾向で、男性は80歳くらい、女性は85歳くらいから死亡率が急増しています。

要するに「高齢者が増えているからがんによる死亡者も増えていて、これを年齢調整すると率としては減る」ということになります。

これを見るだけだと、私などは「あれ、多少、確率が減るとはいえ、基本的にはがんで死ために長生きしているだけじゃん」などと思ってしまいます。

ちなみに「がんと診断された」という罹患率の推移は以下のとおりです(年齢調整後)。
※収集データの正確性から、山形、福井、長崎の3県に絞っているとのこと。
b0113993_10284343.jpg

やや増えている傾向です。

これは「早期発見」の結果と捉えるのが妥当だと思いますが、そう考えると「減ってはいないけど、そんなに増えてもいないのではないか」ともとれます。

このように見ていくと、巷でいわれている「食生活の欧米化や動物性食品の影響でがんが増えている」というのも「はたして、どこまで関係があるのか」と疑いたくなります。

「喫煙」にしてもこれだけ「禁煙率」が減っているのに肺がんの罹患率は横這いです。
※喫煙率の推移。こちらは厚労省資料より。
b0113993_12055005.jpg

「たばこは健康に悪い!」というのも、そんなにヒステリックに騒ぐことなのかと思ってしまいます。

欧米食もたばこも「適度ならいいんじゃないのか」と。

数字だけを冷静に見ればそうなってもおかしくはありません。

とはいえ、「如何にがんにならないか」は重要です。

明日以降も、もう少しこの話を続けます。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2018-04-17 17:20



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧