「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2018年 04月 21日 ( 1 )
No.3877 4月21日(土):「学長に訊け!」Vol.232(通巻422)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「FBL大学の特別動画で『生まれてきたことに意味はない』といわれていました。私の思い込みかもしれませんが、『意味を持って生きろ!』といわれている印象があったので驚きました」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
「生まれてきたことの意味」を1つ挙げるなら、「両親がそれを望んだ可能性が高い」ということくらいではないでしょうか。

私の知人で結婚式の日に奥さまのお腹の中に赤ちゃんがいて「すみません、快楽に負けてしまいました」と挨拶した者がおり、あまりの面白さに爆笑してしまったことがあるのですが、このくらいまでは含みます。

だから、私は「両親より早く死なない方がいい」とは思っています。

私の命を望んだ唯一の人たちが悲しむからです。

両親以外の人で私の命を望んだ人などいません。

「孫の顔が見たい」と思っているなら、せいぜいじいちゃん、ばあちゃんくらいまででしょう。

それ以外のケースは、たまたま知り合って、たまたま仲良くなったくらいのことです。
※それを軽視しているのではありません。

私が死んだって葬式では泣いてもらえるかもしれませんが、2~3日もすれば忘れ去られます。

この程度のことに「重要な意味がある」とはいえないでしょう。

先だって、叔母が亡くなった際、葬儀の場だというのに私の父は次男(孫)が「〇〇大学に行くことになった」とか、一生懸命話していました。

私が業界誌で連載を始めた際も、雑誌を持ち歩いて自慢していました。

こういう光景を見ると「ああ、よかったな~」と思います。

つまり、自分も嬉しいし、まわりにいる人も嬉しい。

ということなので、「生まれてきたことの意味」はさほどないにしても、その結果、もたらされる人生の中でやるべきことは「望んでくれた人を悲しませない」「まわりの人を喜ばせる」の2つだと思っています。

それを「人生の意味」とか「使命感」とか捉えるかどうかは個人次第です。

結果、それが「使命感を持って生きている」ということになるのは一向に問題ないですが、まず「意味ありき」「使命感ありき」みたいになるのは、堅苦しいというか面倒くさいです。

もっとも、あまりにも何も考えていない人が多いので、流れの中で「使命感」的な言い方をすることはありますが、基本的にはこのような感じです。

高田純次さんみたいにテキトーに見えつつも、裏では多大な努力をし、やるときはやるみたいのがいいです。

いずれにせよ、1回しかない人生で、拘束的な価値観に縛られながら生きる必要はまったくないと思います。
b0113993_08343300.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-04-21 17:25



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧