「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

2018年 05月 17日 ( 1 )
No.3903 5月17日(木):「エビデンス=正しい」ではない
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、今日は専門家が大好きな「エビデンス」について私見を述べます。

「エビデンス」とは、証拠や根拠という意味です。

月曜に触れた「高血圧基準」でも「従来の140/90mmHg未満であっても血管系疾患のリスクの上昇が無視できないというエビデンスが集積したため」という表現をそのまま引用しました。

が、以前も書いたことがありますが、相反するA理論、B理論の双方が「エビデンスがある」と言っています。

この時点で「エビデンス=正しい」ということにはなりません。

だって、両方が違うんですから。

が、これは致し方ありません。

巷の「エビデンス」というのが「ある仮説が一定の有意性に基づき証明できた」ということに過ぎないからです。

だから、A理論、B理論の双方に「エビデンスがある」ということがあり得るのであって、それをもってして「自説にはエビデンスがあります」なんて言っていること自体がナンセンスなのです。

巷で乱発されている「エビデンス」というのは「私達の実験や研究ではこうなりました」ということです。

それが少数意見であればあるほど、どれだけ自信満々であったとしても「医科学的な信頼度はゼロ」です。

本に書いて発表しているようなことは信用に値しません。

が、世の中はこういう情報で溢れています。

以前も言いましたが、もっとも信用してはいけないのが「専門家個人の意見」です。

その少数意見を一個人が「正しい」と思ったり主張するのは自由ですが、そこに自分以外の他者を意図的に巻き込むのは「絶対にやってはいけないこと」です。

それは何故か?

医者や教師で考えれば明らかです。

医者や教師が「自分が正しいと思うこと」を教えだしたらどうなるか?

歴史的な事象が「あった」とか「ない」とか言っているのと同じで、教わる側を不要に混乱させることにしかなりません。

何よりも罪なのは「反論する知識を持たない個人」が、それに影響されることです。

が、多くの現実は「それをやっている」のです。

そうではなく、蓄積されてきた学問の普遍的な法則に従うのが医者や教師の責任です。

当然、トレーナーも同じです。

「世の中が違うんだ」と言うのであれば、その主張を学問の世界で認めさせることが必要です。

それができないとすれば、能力を含めて「実力不足」なのです。

いずれにせよ、「エビデンス=正しい」という思い込みは捨てる必要があります。

司馬遼太郎氏が言われたように「自分が正しいという思い込み」こそがすべての間違いの根源だからです。

★2018年6月18日(月)、19日(火)に開催する「身体管理力向上講座」のご案内
※18時30分~20時45分(懇親会別途)。

・テーマ:「トレーナーが知っておくべき血管・血流・血液の知識」
※詳細&お申込みは明日、5月18日(金)より。
b0113993_12594099.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-05-17 18:12



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧