「自分の人生」を生きる「個」をサポート! フィットネスビジネスリーダー大学

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
No.3797 1月31日(水):部長の時給は「2272円」?
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「仕事という『拘束着』を脱ごう!」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。

▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、昨日は「会社員は割に合わない」ということを述べました。

そのことについて、今日は「如何に給料面が割に合わないか」を数字で説明します。

例えば、各企業にいる部長職。

この人たちの「年収」はだいたい600~800万円でしょう。

もちろん、「名ばかり部長」もたくさんいますが、所謂、大企業ならこのくらいだと思います。
※当業界の。

問題はこの人たちの「労働時間」です。

大半は自宅でもメール処理などをしていますから、少なく見積もっても「週50時間」は働いているはずです。

ということは、「月220時間」、「年2640時間」になります。

この時間数で「年収」を割れば、その人の「時給」になるわけです。

年収800万円の人は少ないと思うので600万円で計算すると、その人の「時給」は「2272円」になります。

これが多いか少ないかですが、「信じがたいほどに少ない」といえます。

一般的に「プロ」と呼ばれている人の「時給」は「最低1万円」といわれています。

一流のコンサルタントになれば「時給10万円」くらいになります。

それが「たったの2272円」です。

派遣会社だって「時給2000円くらい」を請求します。

つまり、各自が「プロ」であれば「時給1万円」と考えて、年収は「2640万円」にならないとおかしいのです。
※この条件の場合。

1万円が高いなら、「半分(5000円)」と考えても「1320万円」くらいになります。

が、全然そうなっていないでしょう。

だから、給料面だけで考えても「まったく割に合わない」のです。
※ついでに精神的自由も、時間的自由もない。

当たり前ですが、各企業の経営陣はこういうことにまったく触れません。

で、「生産性を上げろ!」とか言っています。

「年収」が上がっても、「時給」が下がっていれば、「生産性」は悪化しているというのにです。

各自はそれに気づかないと。

今日は「部長クラス」で考えてみましたが、これは「若手社員」も同じです。

「若手社員」はもっと「割に合わないこと」をやらされています。

明日はそのことに触れる予定です。
b0113993_16483153.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2018-01-31 17:41
No.3796 1月30日(火):経営陣の仕事は「解放すること」
こんにちは。遠藤です。明日で2018年も「1/12」が終了です。

この時点で変化の予兆がなければ、今年も「同じような一年」のまま終わると思います。

さて、一昨日のように「社員は自分で稼げるようになるべきだ」という主旨のことをいうと、経営陣から賛同を受けたりします。

多くの経営陣は「社員の自立が足りない」と考え、それを不満に思っているからです。

もちろん、社員の自立が足りないのは現実的な課題だと思いますが、私が上記のように考えている理由は全然違います。

それは「会社員は割が合わない」と思っているからです。

常に言っているとおり、組織が大きくなればなるほど、社員が増えれば増えるほど、社員は「部品」と化していきます。

もともと会計上は「コスト」なのだから、当たり前のこととして「コストの一部」になっていきます。

多くの経営者が「人件費を減らせ」というのは、社員を「コストの一部」としか見ていない最たる現れです。

さらに働く場所から、給料から、評価まで、すべて会社に決められてしまいます。

文句のつけようがない、完全な企業奴隷です。

だから、自分が会社員なのに、会社員の社員に対して「社員は自分で稼げるようになるべきだ」と考えるのは明らかに矛盾しています。

「社員は自分で稼げるようになるべきだ」というのであれば、「起業せよ」「会社を辞めろ」という方向に持って行くのが当然の論理です。

起業には「社内起業」も含みますが、要は「自分の給料は自分で決める」という状況に持っていくことです。

しかし、多くの経営陣は絶対にこうは言いません。

心の底では管理下に置くことを望んでいるからです。

また、個人の給料を増やせば会社の「取り分」が減りますから、絶対に言うわけがないのです。

で、要求だけを厳しくしています。

この正体が何かといえば「もっと、手を煩わすことなく、会社の利益に貢献してくれよ」ということです。

ここを見破らないといけません。

経営陣の仕事は「解放すること」です。

社員に経済的自由、精神的自由、時間的自由を与えることです。

もちろん、そうなるには時間が必要です。

私は「35歳論」を提唱していますが、社員個々も必死で努力して、35歳までにこれらを手に入れる権利(実力)を獲得すべきでしょう。

私はこういう「自立した個人」の育成に貢献していきたいと思っています。

そうなって始めて、全員がハッピーになれるからです。
b0113993_10321708.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-30 17:29
No.3795 1月29日(月):40歳で起業できない人は人生の設計を間違えている
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

今日は「おすすめ本」から。

そこには「50歳になって自分で起業できなかったり、自分が勤めている会社より小さな会社から社長や副社長になって欲しいと頼まれないような人は、基本的に人生の設計を間違えたと自覚すべきである」と記されていました。

この本は20年近く前に出版されたので、今や50歳ではなく40歳だと私は思いますが、いずれにせよ、現実を見れば、推定90%は「人生の設計を間違えた人たち」でしょう。

この人たちがどうなっているかというと、40歳を過ぎて強みも独自性もなく、身動きが取れなくなっているのです。

結果、売上とか利益をひたすら追求する経営者の我欲達成の協力者となり、会社の価値観に縛られ、人生の大半を権力に支配されています。

要は「選択肢」がないのです。

人生でもっとも悲惨な状態です。

そんな「会社の人生」から「自分の人生」を取り戻す必要があります。

この本が出版された際、私は36歳くらいでしたが、「このまま行けば、会社に人生を支配される」という危機感を持っていました。

住む場所も給料も役職も「すべて決められてしまう」と。

が、ほとんどの人はこういった危機感を持つことはありません。

「そこそこの安定」と「それなりの生活」を優先します。

そして、「学びをやめる」という致命的行動に出ます。

ここで、人生は「THE END」です。

本書に「人は皆、死ぬまで学生である」という記載があるのですが、まったくその通りだと思います。

社会人こそ、学生時代の10倍も20倍も学ぶべきなのに、その努力をしません。

大学であれば、年間100万円近くを学び(学費)に投資していたのに、社会人になると年間10万円ですら投資しなくなります。

しかも、学生時代は大半が「親のお金」。

これが「自分のお金」となった途端に「もったいない」となる。

「情けないの極致」だと思います。

こんな社会人にリーダーの資格は1%もありません。

あなたの上司がこのタイプなら、さっさと縁を切ること。

そして、自分がそうならずに自己投資にお金を回すこと。

これをしないから、「人生の設計を間違えた人」になってしまうのです。

「ヤバい」という人は、さっさとリカバリーしましょう。
b0113993_17250160.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-29 17:26
No.3794 1月28日(日):「父さんは利益と顧客と社員のどれを一番大切にしているの?」
※日曜日はできるだけプライベート的な内容の予定ですが、その日によります。

こんにちは。遠藤です。先週の金曜夜はFBL大学の「フォローアップセミナー&語りBAR」でした。

もの凄く少ない参加者でしたが、もの凄く楽しい時間でした。
b0113993_17101699.jpg
私はFBL大学の中で、もっとも良いプログラムだと思っているんですけどね。

「スカイプ」もそうなのですが、多くの人がこういう「主体的に質問をする」という形態のプログラムが苦手のようです。

参加しやすい「企画もの」を選択しているだけではダメだと思います。

さて、先日、次男から「父さんは利益と顧客と社員のどれを一番大切にしているの?」と問われました。

今後の進路の関係もあって、こういうテーマに関心を持ったのだと思います。

なので、以下のように答えました。

「FBL大学は顧客。フィットネスビズは社員」と。
※FBL大学の仲間を「顧客」とか「クライアント」とか(偉そうに)捉えているわけではないので、くれぐれも念のため。

すると、「何故、両方とも顧客じゃないの?」というので、「FBL大学は社員がいないから。フィットネスビズは社員がいるから」と答えました。

続いて、「俺が見た番組では顧客が一番大事だと言っていたけど、顧客じゃないんだ」と言うので、「もし、泉川君や小川君が困っているのと、顧客が困っているのを見たら、彼等を助けるよね。そういうこと」と言ったら、納得していました。

こう言うと「綺麗ごと」のように思われるかもしれませんが、私は彼等にも「家族とあなた方では家族を助ける」と伝えております。

私は「嘘の社員愛」を演出したりはいたしません。

さらに次男が「利益は?その番組では従業員をもっとも大切にする会社も紹介されていて、利益は3番目だった」ということなので、「利益は最終的に自分で稼いでくれたらいい」と答えました。

そこでも伝えたのですが、私は世の中で紹介されている「働きやすい会社」に違和感があります。

こういう会社の大半は社員を手厚く優遇しています。

それが悪いとは言いませんが、この環境から自立型リーダーが輩出される可能性は極めて低いと思います。

「働きやすい会社の社員」と「飼い社員」は紙一重です。

そうではなく、自分の希望する年収は自分で稼いだらいいのです。

「1000万円ください」ではなく、「自分で1000万円稼ぎます」です。

本来、これが「基本中の基本」ですよ。

会社に「給料を上げてください」なんて不満を言っている時点で、完全に「終わっている」と思います。

ちなみに薄給は別です。

今の給料を労働時間で割って、最低時給を下回っているようであれば、その会社は「ブラック企業」です。

そんな会社はさっさと辞めましょう。

話を戻します。

実際、彼等は5年、10年という時間軸の中で、自分の得意分野を活かして稼げるようになっています。

会社はそれを「共通の理念」のもとに「相互依存状態」によって相乗効果としていけばいいのです。

そうすれば「稼げるようになったから辞めます」とか「キャリアのために辞めます」なんてならないですよ。

と、ここまでが次男に伝えたお話。

どう感じたかは彼次第です。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2018-01-28 17:13
No.3793 1月27日(土):「学長に訊け!」Vol.226(通巻416)
※毎週土曜日は「学長に訊け!」です。

【今回のご相談】 
「遠藤さんはよく『他人の目を気にするな』といわれています。その一方で『自分という存在は相手の中にいる』ともいわれます。この違いがよくわかりません。自分という存在が相手の中にいるとすれば、それは『相手の目を気にする』ということになるのでないでしょうか」

【現場たたき上げの遠藤からのアドバイス】
全然、違いますよ。

「他人の目を気にする」というのは、相手に合わせる、相手の機嫌を伺う、相手に気に入られようとするといった思考や行動です。

だから、気づいたときには「会社好みの人間」「権力者好みの人間」に仕上がります。

そこに「自分自身」はいません。

これは日本中のほぼ全員のサラリーマンが該当しています。

たいていの権力者は心の底で「自分に合わせろ」と思っているものです。

「これは俺の会社なんだ!」とかね。

お隣の国の外交官等は全員が胸に将軍様のバッチをつけていますよね。

あれと同じです。

そんなのは無意味だと思うから「他人の目を気にするな」と言うのです。
※というか、そんな会社は辞めた方がいい。

対して、「自分という存在は相手の中にいる」というのは「自分」という人間を相手に印象づけるプロセスを指します。

当たり前ですが、「自分は勤勉な人間です」といくら言ってみたところで、まわりの人から「あいつは怠惰な人間だ」と思われていたとすれば、その人は「怠惰な人間」なのです。

が、こういう光景に実によく出くわします。

自分は個性的だと思っているのに、まわりからはわがままと思われている。

自分は元気があると思っているのに、まわりからは元気がないと思われている。

自分はかっこいいと思っているのに、まわりからはダサいと思われている。

などなどなど。

こういう人は「自分という存在は相手の中にいる」ということがまったくわかっていないのです。

当然、仕事もできません。

もし、「自分は個性的だと思われたい」とか「自分は元気があると思われたい」というのであれば、そう思ってもらえるような印象を相手に与える必要があります。

なので、そこには「プロセス」であり「時間」が必要になってきます。

前者は「迎合」で、後者は「努力」です。

前者は「不要」で、後者は「必要」です。

このように理解していただければよいのではないかと思います。
b0113993_08584920.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-27 17:20
No.3792 1月26日(金):「自分の未来」を機械に決められる人生
こんにちは。遠藤です。本日、金曜日はFBL大学のオンラインセミナーの公開日です。

第4週目は「リアルタイム・ケーススタディ(健康産業界を斬る)」です。
b0113993_10550783.jpg
さて、世の中では「ビッグデータ」とか「レコメンデーション機能」的なサービスが活況です。

上の画像もその類いです。

SNS画像をマーケティングに役立てるサービスです。

そういった企業に資金が流れています。

が、私は講座内で「そんなサービスはすべて無視すべき」とお伝えしました。

何故なら、「自分の過去から自分の未来を勝手に決められているから」です。

しかも「機械」に。

これはもう最悪ですよ。

本人は「自分で決めた」と思っているのかもしれませんが、すべては「術中にはまっている」のです。

または嬉々としてアップしたインスタ画像が企業のマーケティングに利用されているのです。

これって「相当ヤバい」と思います。

こんなサービスを「ありがたい」なんて思った瞬間に「その他大勢」「情報弱者軍団」の仲間入りです。

人生には「過去」と「現在」と「未来」があります。

「未来」というのは「やったことがないこと」をやるから楽しいのだと思います。

例えば、登山でも「登ったことがない山」に挑むから楽しいのでしょう。

「過去に登ったことがある山」を何度も何度も登っても(さほど)楽しくないはずです。

が、「ビッグデータ」とか「レコメンデーション機能」的なサービスは、各個人を「過去の延長」に誘導するものです。

同じような山を何度も登らされるのです。

冷静に考えれば、「トマトが好きな人」に「あなたはパプリカも好きではないですか?」とか「トマトが好きな人は、この野菜も買っています」とか「余計なお世話」の一言です。

だから、IT技術等に「あなたにはこれがいいですよ」と言われたら、あえて逆に行くことです。

そうしていかないと「既知」が強化されていくだけです。

これは本当に「太刀が悪い」のです。

宗教を見ればわかるように「過去に自分が信じてきたことだけ」をどんどん強化していくのは最低最悪の習慣です。

逆にいえば、教祖様とかワンマン経営者は「既知」を強化させていくことが、社員等を従属化させていくのに効果的な戦略になるわけです。

すべては「術中」です。

「ビッグデータ」なんかより「直感」ですって。

「直感力」が退化したら人間は終わり。

機械に過剰に依存した人生は「直感力」を退化させるだけだと思います。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック

by fitnessbiz-01 | 2018-01-26 22:54
No.3791 1月25日(木):「チームワーク」でごまかすな!
こんにちは。遠藤です。木曜はプロフェッショナルトレーナー原田一志さんの「間違いだらけのフィットネストレーニング」のアップ日です。

是非、こちらからご覧ください。

さて、日本人は「チームワークが良い」といわれています。

これは皆さまもよく耳にすることでしょう。

これに対し、年末だったと思いますが、日経新聞で柳井正氏が「いつも言っていることだが、日本人にはチームワークがない」と言い切っていました。

この観点は聞いたことがなかったのですが、読んで納得です。

「1つのボールがあると、皆でそっちに行ってしまう。自分の強みを生かして連携するという発想がない」というような主旨のことが記されていました。

たしかにその通りです。

皆さん、自分を押し殺して、経営者という権力者のもとで1つにまとまることに美学を感じているように思えます。

私はチームスポーツ出身ということもあり、「チームワーク」を重視しています。

全員が一体にならないとチームは勝利できません。

が、ここで数日前に書いたような問題が起こります。

補欠になった選手が全力で応援しない心理になることです。

先日、テレビを観ていたら、スキーの葛西紀明選手が長野五輪で自分が団体の選考から漏れた際、仲間のジャンプを見ながら「落ちろ!」と念じていたと語っていました。

後にレジェンドと呼ばれる選手でさえこの状態です。

こういう悔しさがあるから大成するという見方もあるかもしれませんが、これが一般的な心理だと思います。

私はこの心理になるのは避けられないと思っています。

だから、ポーズで応援すれば、それでいいと思います。

が、それでは「真のチームワーク」にはならない。

では、どうするか?

それは各自がひがんだり、恨んだりといった心理にならないようにすることです。

つまり、全員が勝利に貢献できる人材になることです。

だから、私は全員に対し「リーダーになれ!」と檄を飛ばすのです。

仕事というのはチームで喜びを共有するものです。
※経営者だけが得をしているような会社は「クソ」である。

「チームワーク」を高めない限り、仕事の喜びは共有できないのです。

逆から言えば、自分が勝利に貢献できない限り、「チームワーク」にも貢献できないということです。

そのならぬために各自は「リーダー」になる必要があるのです。

こう考えていくと、柳井氏が言われているのは「リーダーがいない」ということだと理解できます。

多くの企業が「リーダー」がいないことには目をつぶったまま、「チームワーク」という概念で問題の所在をごまかしています。

「リーダー」がいないところにあるのは「まやかしのチームワーク」だということです。

会社は「仲良しクラブ」ではないのです。

b0113993_08455419.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-25 17:23
No.3790 1月24日(水):「環境を変えずに自分磨きをしても意味がない」
こんにちは。遠藤です。水曜は無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」の配信日です。

今回は「『わずかな違い』が結果に大きな違いをもたらす」ということを書きました。

数秒で終わるので、是非、ご登録ください。

▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから

さて、今日は今週のメルマガでおすすめした本の話を。

昨日の内容とも関連しています。

世の中には数々の「成功法則」が存在しています。

それらを積極的に紹介する書店の「自己啓発本コーナー」の前には「何かをつかみたい」と思い悩んでいる人たちが群れをなしています。

気持ちの悪い「自己啓発系セミナー」も、相変わらず人気のようです。

このように多くの人が「自分磨き」に必死です。

が、今回、おすすめした本には「自分を改善することは大切な心がけだが、私たちの根本的な個性や能力はそれほど変化しないことが研究で示されている」と記されていました。

私は拍手喝采を送りたいと思いました。

もちろん、記されているように「自分を改善することは大切な心がけ」です。

また、私は個性や能力は改善すると思っています。

では、何故、拍手喝采か?

この本の著者が「成功とは環境である」と言い切っているからです。

わかりやすく言えば、「環境を変えずに自分磨きをしても意味がない」ということです。

これが昨日も述べた「環境の重要性」です。

ちなみに、本から引用すると「環境」とは「自分の能力を最大限に発揮できる場所」のことです。

なのに、多くの人は現在の環境を変えようとせずに、資格を取ったり、ビジネススクールに行ったり、社内試験に合格しようとしたりしています。

結果、「どれだけの人が変わりましたか?」と問いたいです。

すべて「合格しただけ」「能力が上がった気がしただけ」「少し給料が上がっただけ」でしょう。

もちろん、今の環境で成長しているなら何も問題ありません。

が、そんな人はごく僅かだし、実際、成長感がないから資格を取ったり、ビジネススクールに行ったりするのですよね。

ここが「間違っている」のです。

これまでも言い続けてきましたが、成長の公式は「自助努力×環境」です。

せっかく、資格を取ったり、ビジネススクールに行ったりといった自助努力をするのであれば、環境変化をセットにしないと効果はありません。

残酷かもしれませんが、それが当然の法則ということです。
b0113993_18470003.jpg

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-24 18:47
No.3789 1月23日(火):「日向(ひなた)と日陰」の絶望的な違い
こんにちは。遠藤です。昨夜は大雪&交通機関大混雑の中、青息吐息で帰宅してからの除雪作業・・。

疲労困憊でまるで化け物です。
b0113993_17341475.jpg

さて、今日も朝から除雪作業をして、そこから車で三男とジムに行きました。

そこで感じたのが「日向(ひなた)と日陰」があまりにも違うことです。

当然、道路状態は悪いわけですが、それでも「ひなた」は太陽が降り注ぎ、雪はほとんどなく、雪が溶けた水に太陽が照り返しキラキラと輝いています。

対する「日陰」は泥にまみれた汚い雪が固まったまま残っています。

「ハンサムvsブサイク」。

「日陰」が気の毒になるくらい好対照です。

が、ここには重要すぎる教訓があります。

ポイントは両者とも「ほぼ同じ場所である」ということです。

同じ場所なのに、太陽が当たっているかどうかだけで、片方は輝き、片方は醜くなるのです。

実は数日前、FBL大学の第1期の方々に「農場の法則から考える環境について」という「音声メッセージ」を送りました。

くしくもそこで私は「太陽のもとにいないと資格を取っても、ビジネススクールに行っても成長しませんよ」ということをお伝えしました。

もちろん、「太陽」とは日常の「環境」のことです。

私から見る限り、「太陽」のもとにいる人はごく一部です。

多くの人は「日陰」で腐っているか、寒さを耐え忍んでいます。

なのに、「ひなた」に行こうとしません。

今日、見た光景はそのデジャブのようでした。

いずれにせよ、これが「環境の力」です。

つまり、ほぼ同じ能力のAさんとBさんがいるとしたら、その差は環境によって生じるのです。

それも劇的に。

会社には同期入社(ほぼ同じ年齢のケース)という私には理解できないシステムがありますが、この人たちは3年、5年とほぼ同じように昇格等をしていきます。

何故かといえば、ほぼ同じ能力で入社し、ほぼ同じ環境で過ごしているからです。

であれば、その人たちには差が生じません。

だから、当然の結果として「同じような感じ」に仕上がり、ほぼ同じような昇格等になるのです。

これが「馬鹿馬鹿しい」ということに、早く気づいた方がいいと思います。

入社から5年くらいでまわりから突出した存在になれないようではダメだと思いますね。

その時に「同期のみんなでめでたくでチーフになりました」では話にならないということです。

明日もこの続きの予定です。

*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック


by fitnessbiz-01 | 2018-01-23 17:38
No.3788 1月22日(月):「ルール」というのは「楽しむため」にある
こんにちは。遠藤です。月曜日は有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の配信日です。
★「思考変容のスイッチ」はこちらからお申込みください。登録料をいただくことでバックナンバーも読めるようにしています。

毎週月曜日はメルマガで取り上げた内容の「関連したこと」についてコメントします。

が、今日は昨日の続きを。

昨日はVリーグの観戦をしたわけですが、「スポーツは人生と同じだ」と思いました。
※帰りの途が大雪であやうく立ち往生しそうになった・・。

先日、私は「生きる意味なんてない」と記したわけですが、その部分が同じだと思ったのです。

スポーツも「それ自体」には意味がありません。

例えばですが、バレーボールであれば、ネット越しにボールを打ち合っているだけです。

バスケットボールは小さな網にボールを入れ合っているだけです。

剣道は竹刀でたたき合っているだけです。

フェンシングは剣で突き合っているだけです

それだけを見れば、実に馬鹿馬鹿しいし、意味があるとも思えません。

しかし、人々はそれに熱狂します。

何故か?

それは「ルール」があるからです。

「ルール」があるから向上性が生まれ、競技として楽しめるようになるのです。

こう考えれば「ルール」というのは「楽しむためにある」ということがわかります。

人生も同じです。

それ自体に意味はありません。

先日の繰り返しになりますが、単純に「生まれてきただけだから」です。

だから、それを楽しいものにするために「自分の人生を楽しむためのルール」が必要になるのです。

が、そんなことは誰も教えてくれません。

故に多くの人に「自分の人生を楽しむためのルール」はありません。

あるのは「管理されるためのルール」です。

というか、「ルールは管理するため、管理されるためにある」と思っているかのようです。

この裏返しとしてダメな会社、ダメな上司に限って、「ルールという管理」を増やしていきますね。

「あれをやってはいけない、これをやってはいけない」「あれはこうやれ、これはこうやれ」とがんじがらめにして、ゲームをどんどんつまらなくしていきます。

結果、多くの人が「権力が決めたルールに従う人生」になっていくのです。

そうではなく、自分が楽しめる「ルール」を自分で設定すべきです。

残業はしないとか。

嫌な上司とはつき合わないとか。

月に1回は旅行に行くとか。

スポーツに負けないように、自分の人生の「ルールづくり」の天才になってください。
b0113993_19013960.jpg
*****************
▼FBL大学のホームページ
▼無料メルマガ「自分の人生のリーダーになろう!」のご登録はこちらから
▼有料メルマガ「思考変容のスイッチ」の詳細&ご登録はこちらから
▼私の初の出版本である「自分自身を取り戻せ!」のお申込みは上記ホームページから、下部の「書籍の販売」をクリックしてください。
▼遠藤一佳のフェイスブック



by fitnessbiz-01 | 2018-01-22 18:49



「家族」、「仕事」、「自分」。この3つを最高に進化向上させるのが「人生」だ!「最高の人生」を目指して、最善を尽くそう!
by fitnessbiz-01
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
検索
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧